遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
以前の記事
最新のコメント
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
素晴らしい設営地ですねw..
by charmy at 05:03
betty さん い..
by 92robin at 22:38
お疲れさまでした! 前..
by betty at 22:14
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
滑川温泉~東大巓(ひがしだいてん)
や、ホントは西吾妻山まで行こうかと思ってたんだけど。


夏休みだったんである。
ここ数年夏休みはバイクで北海道だったんだけど、山道具出費も
痛かったんで、温泉でのんびり。
と山形県は滑川温泉に5泊。
湯治・自炊の部というのがあって、1泊2500円なり。

その後、滑川温泉から東大巓~藤十郎~中大巓~西吾妻山と
行ってみようと思った。
行程が長いし、ゆるりと行こうと思って避難小屋2泊の予定。

でも、予定通りではなかったな。

■概要■
9/2
9:10滑川温泉→12:10姥湯分岐12:20→14:45明月荘→東大巓
→明月荘(泊)

9/3
9:50明月荘→11:20潜滝11:30→11:40姥湯分岐→13:20滑川温泉

<登山道について>
●登山道は明らかだけど、何カ所か笹が生い茂っている所があった。
●4カ所程渡渉するところがある。
●ゆるゆるとした登山道でなんだかひたすら長く感じた。
●やや急登は明月荘手前であるけど、木の階段がついていて、ふ~。
●水場は明月荘手前の金明水、でもちょろちょろで汲むのに時間がかかった。

<その他>
●避難小屋泊まりで、イスカの150X(最低温度8℃)を使ったけど、
入って寝たら暑くって起きてしまった。掛け布団状態でちょうどいい感じ。


滑川温泉~東大巓 ルートデータ(カシミールより)
a0157297_12523510.jpg


さて、行ってみよう。

と、その前に。

滑川温泉逗留中に、滑川大滝って言う所に行ってみた。
まあ、東大巓に登る登山道の途中から降りてくんだけど。
降りていく手前に滑川大滝の案内標があるけど、そこからはちろりと
見えるだけ。
そこから降りていくと沢に出るけど、そこからは大滝は見えない。
なんだか間近に見てやろうという気になって沢を歩いて行くことにした。

これがナメ床ってやつなんだろうか。
下が砂とか砂利でなくって岩盤が続く。
気持ちいいんだこれが。
a0157297_12132940.jpg


で、滑川大滝。
上の画像の様な所を歩いて、真下まで行ける。
しばし、飛沫を浴びながらぼ~っとする。
落差100mはあろうかという立派な滝。
a0157297_1214117.jpg



さて、今度は行きます。笑
■詳細■
9/2
9:10滑川温泉→12:10姥湯分岐12:20→14:45明月荘

まずは滑川温泉の駐車場を奥に入って行ってつり橋を渡る。
画像は登山道に入って吊り橋を振り返ってみたところ。
ちなみに登山者は滑川温泉の駐車場でなくって、滑川温泉のちょっと手前に
ある路側帯の駐車場に停めること。
a0157297_12555766.jpg


山道に入ってしばらくすると
ツルリンドウの白花が。               オヤリハグマ。葉っぱが分かれる所がミソ。
a0157297_12561176.jpga0157297_12561195.jpg



滑川大滝に降りる道は、何日か前に来たので華麗にスルー。


ノギラン。ネバリノギランと違って花が全開。  ウメバチソウ。たくさんあってきれい。
a0157297_12561075.jpga0157297_12564720.jpg



さて、ここら辺はだいぶ笹が茂っているぞ。 ずいずい歩いて一つ目の沢を渡る。
a0157297_1333492.jpga0157297_133406.jpg


渡った所に道標。
この赤い道標はポチポチとずっとある。画像はマル10だけど44位まであったかな?
a0157297_133372.jpg



途中沢がきれいに見えるところもあり。
a0157297_134231.jpg


黄色い「滑川~東大巓」の道標もポチポチ出てくる。
a0157297_134832.jpg


アキノキリンソウがポチポチ            クロバナヒキオコシはここら辺だけ
a0157297_134567.jpga0157297_1341124.jpg


サラシナショウマの立派な株も
a0157297_13122376.jpg


テンニンソウ                     オオカメノキの赤い実
a0157297_1312442.jpga0157297_13125589.jpg


エゾシオガマ                    ヤマハハコももう終わりだね
a0157297_1313986.jpga0157297_13154155.jpg



なんて言っているうちに、滑川鉱山跡。
レールが出てくる                昔使われていたんだろうね、水場がある
a0157297_1318759.jpga0157297_13181120.jpg


鉱山跡の水場を過ぎると笹藪。
下に登山道とレールが隠れてるので迷う心配はない。
a0157297_13181538.jpg


ハクサンシャクナゲが出てきた。
アズマシャクナゲとの違いは、葉の付き方の違いとと葉の裏の毛。
ないのがハクサンシャクナゲ。
a0157297_13182239.jpg


ノリウツギ                     また渡渉、二つ目
a0157297_13182429.jpga0157297_13182612.jpg


きれいにミズゴケが育ってる所があった   ようやく姥湯分岐
a0157297_13182815.jpga0157297_13183067.jpg



姥湯分岐から少し行ってまた沢を渡る    それにしてもきれいな沢
a0157297_13505311.jpga0157297_13505667.jpg


また少し行くと潜滝(もぐりたき)         またここで渡渉
a0157297_13505970.jpga0157297_1351273.jpg


好きなシラタマノキ
つぶすとサロメチールの香り          今度はアズマシャクナゲ、葉の裏に毛
a0157297_13521091.jpga0157297_13521496.jpg


この後から朽ちた階段、そして朽ちてない階段がでてくる。
ヤダな階段。それも結構続く。
a0157297_13521882.jpg


その間にはこんな素敵な道も。エゾオヤマリンドウ咲き誇る。
a0157297_1402341.jpg


花のなかのアップ
a0157297_1524069.jpg


階段が終わると木道       金明水は水ちょろちょろで約3L汲むのに20分位
a0157297_1422849.jpga0157297_1424886.jpg


金明水から10分位でようやく見えてきた!
明月荘    1810m地点らしい     
a0157297_1445413.jpga0157297_14454482.jpg


中も・・・きれいだ!
a0157297_14454893.jpg


だれもいない。
それじゃ~と2階に上がって隅の一角にザックを置き、サブザックで東大巓へ。

でも、いったん弥兵衛平湿原へ向かい散策。
地溏もたくさんあった。
a0157297_14482257.jpg


クロマメノキ、ブルーベリーそっくりの実      ゴゼンタチバナの赤い実
a0157297_14482535.jpga0157297_14482768.jpg


東大巓に向かう途中の山々。なにがなんだかさっぱり分かんない。
a0157297_14483054.jpg


山頂は展望なし。
荷物が軽ければコースタイムを切って歩ける。
a0157297_14483212.jpg


東大巓降りる山道から見た明月荘と弥兵衛平湿原。
湿原はだだっぴろい。
a0157297_14483951.jpg


木道夕暮れ。
a0157297_14484363.jpg


明月荘2階からみた夕暮れ。
a0157297_14484665.jpg


すごかったのは、夜。
小屋を出ると、もう満天の星。ほんと360°。
天の川も見えた。
おそらく今まで見たことがない素晴らしい星空。

しかし、この避難小屋、管理人の居ない無人避難小屋なんだけど、
本日の泊まりは私一人だった。

さて、明けて
9/3
9:50明月荘→11:20潜滝11:30→11:40姥湯分岐→13:20滑川温泉

いや、起きるのは7時前には起きてたんだけどね。
起きたらうす曇り~どんより曇りで風がびゅーびゅー。
やだな~台風の影響かな~。
どうしようかな~西吾妻山・・・・。
と迷いに迷って、結局この時間に降りることを決断した。

でも、ちょっと降りたら案外天気はよかったんだけどね。
ま、そんなもんか。
この後天気は、晴れ、曇り、霧雨的な小雨と目まぐるしく変わるが、
滑川温泉に降りる頃には、てかてかの晴れ。

オトギリソウ?イワオトギリ?          幾度めかの渡渉の美しい沢の風景
a0157297_1448524.jpga0157297_14485520.jpg


だらだらとした傾斜が緩い山道を行き、滑川温泉着。
滑川温泉入湯でfin.

帰路に向かう途中の峠駅を見物。
1990年まではあった有名なスイッチバックの駅。
新幹線が通っちゃったからもうスイッチバックはないけどね。
a0157297_1449158.jpga0157297_14492429.jpg

この線路駅舎の隣にもうひとつなんにもない駅舎空間があったんだけど、
それって、もしや滑川鉱山の専用線があった名残?
(もちろん軌道はもうなかったけど)
なんてことを考えながら帰路についた。

ホントは西吾妻山までいって明月荘でもう一泊だったんだけど、
まあ、こういうこともあるよね。

それにしても、出会った人はわずかに1人。
たしかに花の多い季節ではないにせよ、ずいぶんと静かだった。
[PR]
by 92robin | 2010-09-04 12:18 | 東北の山 | Comments(10)
Commented by noplanforever at 2010-09-05 20:08
滑川大滝、一眼と三脚があればいい写真が撮れそうですねぇ。

それにしても一人で行かれたのですか?
タフですね。
度胸もいりそう。
無人避難小屋に一人で泊まるのも怖いかも。
でも、『木道夕暮れ』は一度は見てみたい光景です。
Commented by 92robin at 2010-09-05 20:29
noplanforeverさん
一眼だったら!と思ったのが夜の星空です。
ホントにきれいでした。
GRでは一等星がかろうじて写る位。

無人避難小屋の一人は、なんだかテントの一人よりも不気味でした。
山は8割がた単独なんですけど、まあのんびり登れるし、写真も
好きなだけ撮れるので、それはそれでよし。かな。笑
でも、たまには複数名で登って脚力をつけねば!
Commented by charmy at 2010-09-05 20:35 x
>>下が砂とか砂利でなくって岩盤が続く。
気持ちいいんだこれが。

なにこれ!超きもちよさそう!!

小屋も綺麗で快適そうだけど、確かに1人ならテントが良いかな。


Commented by 名無しの電車区 at 2010-09-05 20:38 x
峠駅キタ━━(((゜∀゜)))━━!!!

私が訪問したときも既にスイッチはしてませんでしたが、のんびりとした時間が流れアノ薄暗いホームに立っていると今にもEF71が旧客(すいません、マニアな話で)を牽いてやって来そうな感じでした。


そして山形新幹線が猛スピードで通過していって、ふと元の時代に戻されました。
Commented by 92robin at 2010-09-05 21:05
キタ━━(((゜∀゜)))━━!!!
謎の「名無しの電車区」さんだ♪

ここらへんの区間のスピードアップを図るために板谷の下あたりを
トンネル掘る計画があるんですってね。

しかしながら滑川、姥湯に来る時にいつも見たいと思っていた峠駅を
見られて満足です。
あの薄暗いホームに新幹線が飛び込んでくる所を見てみたかったですよ。
Commented by 92robin at 2010-09-05 21:12
charmy さん
沢やさんは、この大滝沢をやる方も多いようで。
岩盤の上を流れる沢は、水がつらつらと流れとても気持ちのいいものでした。
営業山小屋、管理人アリの避難小屋、テント、無人避難小屋と
ひととおり?やってみました。
今期の密かな目標は、山上で泊まるということだったので十分すぎる
ほど達成。

無人避難小屋での一人泊まりは、なんだか風でドアがきしむ音とかが
か~なり気になっちゃったりしてちょっと怖かったです。
トイレ(ぼっとん)に落ちたネズミを救出もしました。
だって、ネズミが上がっては落ち上がっては落ちする音が怖くって
怖くって~。
Commented by あき at 2010-09-05 23:29 x
明月荘は避難小屋、というには立派ですね~。
そして、広いし・・・。
確かに、こんなところに一人だと落ち付かないし、ちょっと怖いですね(^^;

出会った人が一人だというのも、平日だったせい?なのかもしれませんが、
そんなこともあるのですね。あまり賑わっているのもイヤですが、少しは
人がいたほうがいいような気がします。
Commented by 92robin at 2010-09-07 21:44
あきさん
管理人のいない避難小屋の一人はたしかにちょっと不気味でした~。

どうも吾妻連峰は東側の方がにぎわっているようです。
とても静かでよかったですよ~。
でも、何かあったときにだれも見つけてくれなそうですが。笑
Commented by KA at 2010-09-12 06:28 x
うーん、避難小屋に一人かあ。考えたくないです。私も、庚申山荘で一人になりそうだったのですが、後から一人来てくれたので、非常にうれしかったです(笑)

百名山とはいえ、このコースはやはり空いているんですねえ。雰囲気はいいと聞いてますが・・・。

今の時期、西吾妻山はイマイチでしょう。展望ないし。西大巓まで歩くと、展望が良くて気持ちいいですね。
Commented by 92robin at 2010-09-13 21:07
KAさん
避難小屋に一人はちょっと不気味でした。笑
吾妻連峰はやっぱり吾妻スカイラインの方からの方が
人気があるんでしょうね。
西吾妻山まで行けなかったのが残念。