遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
10月の宝篋山
at 2017-10-14 09:30
2017会津三岩岳~窓明山周回
at 2017-10-03 21:33
速報 三岩岳~窓明山
at 2017-10-02 00:39
8月の宝篋山
at 2017-08-06 23:09
7月の宝篋山
at 2017-07-23 20:43
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
以前の記事
最新のコメント
charmy さん 週..
by 92robin at 22:40
週末天気がもったら行く予..
by charmy at 05:09
ケーコちゃん なんかゴ..
by 92robin at 16:16
chikoやん あ~..
by 92robin at 16:08
bettyさん 毎年春..
by 92robin at 15:31
毎年恒例の山行があるって..
by ケーコ at 16:54
テントを背負ってあの急登..
by chikoやん at 12:51
今年も行ったんですね!!..
by betty at 12:40
charmyさん 久..
by 92robin at 00:26
のんびりで好きな山を満喫..
by charmy at 05:08
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
三斗小屋温泉大黒屋&那須朝日岳
さて、冬那須。雪山訓練第3弾。

■概要■
12/18 900県営大丸温泉無料駐車場→峰の茶屋避難小屋
→13:40三斗小屋温泉大黒屋(泊)

12/19 900大黒屋→1150峰の茶屋避難小屋→1310那須朝日岳→駐車場

18日は、駐車場付近は弱風、峰の茶屋避難小屋手前から
三斗小屋温泉に降りる途中までかなり厳しい強風 ブリザード的な状態。
途中から風は弱まったけど、降雪。
全道雪道だが、凍結箇所はほとんどなく、アイゼンなし。

19日は、晴天!
でも、前日降雪があったので三斗小屋温泉から峰の茶屋までは、
所々膝まであるような積雪箇所もあった。
峰の茶屋~朝日岳までは、時間が遅かったこともあってか、雪も
柔らかく、アイゼンなしでOK。(着けている人もいた)

●駐車場について
12月になると、県道17号は県営大丸温泉駐車場手前で冬季閉鎖。
どこに停めるんだろ?と思ったが、クローズドゲートの前まで行けば
標識がある。

●三斗小屋温泉について
通常だと12月から冬季閉鎖とのこと。(正月は常連のために営業)
しかし、今年は大黒屋は12月まで宿泊可能。
ただし、土曜のみの営業。

●装備について
11月下旬の八ヶ岳の時の装備。
アウターをカッパからハードシェルに変更。
ハードシェルは、以前から持っていたが、八ヶ岳の時はカッパで
しのげるかどうかテスト、今回はハードシェルの効果をテスト。
→結果:荒天の場合はよいが、晴天では暑過ぎ。


■詳細■
12/18 900県営大丸温泉無料駐車場→峰の茶屋避難小屋
→13:40三斗小屋温泉大黒屋(泊)

545自宅出発、途中で同行K嬢を拾い北関東道真岡ICから東北道。
830駐車場着。
今回は初冬山のK嬢と、前回八ヶ岳同行のM嬢と総勢3名。

さて、出発。風が出てきて、雪が吹かれて舞っている状態。
a0157297_1401425.jpg



途中からかなりな地吹雪状態で、時々前に進むのも困難。
ここで、偶然山仲間K氏と交差。茶臼をあきらめ下る所だそうだ。
a0157297_1401997.jpg



峰の茶屋避難小屋でしばらく休憩後、外に出ると、激烈強風で身体が
持っていかれる程。
顔を上げると息が詰まるし、サングラスでは目を開けていられない状態。
とにかく、足を前に進められない。
天気が良ければ、茶臼に・・・なんて思ってたけど、ムリっ!

どうにかこうにか下り、いくぶん余裕も出てきたが、まだ風雪。
トレースは無く、バージンスノー状態が気持ちいい!
a0157297_1402473.jpg



延命水など手を触れることもなく横目で通り過ぎ、大黒屋着。
ふい~~~!
a0157297_1403185.jpg



玄関まで廻りこむと「休業」札。
予約してあっても、ちょっと不安になるねw
宿は一番乗り♪
a0157297_1403566.jpg



さっそく風呂だ!
a0157297_1403932.jpg


a0157297_1404235.jpg



風呂は2か所。
それぞれ源泉が違う。
一時間交代で男女が入れ替えになっている。

長風呂してだらだらしていると夕食。
夕食は1700から1730ごろ供される。
a0157297_1404649.jpg



この日の夕食は、鳥とワカサギの唐揚げ、うな玉、ほうれん草のおひたし、
とろろ、白菜の漬物と豚汁風な味噌汁。
どれも手作り感たっぷりでとてもおいしい。
おひつのおかわりをしたのはナイショww

夕方から夜半は降雪&強風。
なんか天気予報ずれ込んでる?

夜はM嬢が担いできたお酒でムフフ。


12/19 900大黒屋→1150峰の茶屋避難小屋→1310那須朝日岳→駐車場
翌朝はピーカンだ!
所々、膝まである雪だけど、なんせ私たちが最後なので
トレースもあり楽。
a0157297_1404944.jpg



那須岳避難小屋で撮影会?
a0157297_1405329.jpg



那須岳避難小屋から上がったトラバースでまた撮影会。
左奥に茶臼岳。遠景もばっちりで山座同定と張り切るがよくワカラン。笑
(クリックすると大きくなります)
a0157297_141041.jpg



この日は風もなく晴天だったので、歩きはじめはハードシェル上下
着込んでいたけど、暑くって上を脱いだ。
ソフトシェルも暑くって脱いだ。


峰の茶屋避難小屋直前から茶臼岳。
美しいったら。
a0157297_1411391.jpg



峰の茶屋避難小屋でさあ休憩だ~!
なんてやっていたら、なんとなんと!飯豊を一緒に降りたN氏とU氏が!
しかもタイミング良く、お互い峰の茶屋に登りついた所で出逢うなんて~!
那須行くよ~とは伝えてあったんだけど、や~~も~タイミング良くって
びっくり!
a0157297_1411782.jpg



峰の茶屋~朝日岳はN氏とU氏にエスコートしてもらい進む。


剣ヶ峰のトラバースも今年4月に来たときよりも楽。
念のため峰の茶屋からアイゼンを着けるが、途中で外した。
a0157297_1412282.jpg


4月に来た時は一面雪の壁だった。

今年の4月の剣ヶ峰トラバース↓
a0157297_21343286.jpg


4月の朝日岳はこちら

剣ヶ峰トラバース終点付近から朝日岳へ。
ブログアップしてからステキ写真と気付いたので、
追加ですがサイズ大でw
a0157297_08557.jpg




朝日の肩に到着。朝日岳をバックに。
a0157297_1412732.jpg



ここで、股関節痛のM嬢はN氏と待機。
U氏とK嬢とで朝日岳を上がることにする。

朝日岳山頂。バックには茶臼岳でニクいわ~。
a0157297_14133100.jpg



昨日とは打って変わっての晴天無風で、景色のごちそうを満腹し降りる。
もうニコニコなK嬢。
a0157297_1462026.jpg



ずんずん降りて峰の茶屋避難小屋→峠の茶屋→大丸駐車場へ。

帰りに温泉に寄って長湯、夕ご飯を食べてFin.

帰りの高速では、栃木都賀JCTを見落とし北関東道に分岐しそびれて、
佐野藤岡で降りるというポカをやらかしたけど、とてもよい山行だった~!

同行の2名、合流していただいたN氏U氏に大感謝!


最後に天気図を振り返る。
18日12時
a0157297_21394770.jpg


18日15時
a0157297_21402692.jpg


19日9時
a0157297_21404689.jpg


[PR]
by 92robin | 2010-12-20 01:46 | 栃木の山 | Comments(23)
Commented by charmy at 2010-12-21 06:11 x
乙でした!那須ももうこんなに積もったんだぁ!両親が11月でこっちに帰ってきてしまったので私の那須行きは春までありませんw

>>激烈強風で身体が持っていかれる程。


本当にあの小屋周辺の強風は凄いですよね・・・


朝日からの景色って最高ですよね。私も大好きです
Commented by yamasanpo at 2010-12-21 16:21 x
今の時季に那須ですか。やりますね。
雪が少ないように見えますが・・雪シーズンはこれからなのでしょうか。
陽気な3人娘、さぞかし楽しい山旅であったことでしょう。
今時期の那須岳の様子がわかり参考となりました。
Commented by takearaiso at 2010-12-21 18:15
2日目快晴で写真で撮る山も映えますね 那須岳バックにの記念撮影もみなさん 個性的なポーズでGOODです(笑)
Commented by キレンゲ at 2010-12-21 18:51 x
ずいぶん、楽しそうですね。
ふかふかの雪も羨ましい。 (私の方はガチガチの氷でしたので・・)

那須というと、
強風で少し・・(いや、かなり)怖かった記憶があるのですが、
晴天・無風なんて珍しいんでしょうね。
くにさんのブログ見て、那須に行ったりしたら、
これまた強風だったりするんだろうなぁ、きっと・・

ほんと、天気に恵まれて良かったですね~。
Commented by 92robin at 2010-12-21 19:55
charmyさんのご両親ってうらやましいな~~。
朝日岳からの風景、なんか4月に行った時となんか印象が違うんですよね。
4月はイワヒバリでウハウハして景色がよく目に入らなかったのかもww
Commented by 92robin at 2010-12-21 19:57
yamasanpoさん
少しずつ無理なく雪山に入って行こうと思っています。
今年の4月のときよりも積雪は少ないですね。
これから多くなるんでしょうね。
女3人でにぎやかでしたよ~。笑
Commented by 92robin at 2010-12-21 20:07
たけさん
も~おバカ写真でおかしいですよね~~。笑
やっぱり女3人集まると・・・笑
冬の晴天の山はほんときれいですね。
Commented by 92robin at 2010-12-21 20:07
キレンゲさんこそ、12月の赤岳なんてすごいじゃないですか!!
ブログを見てうらやましくなりましたよ。
がちがちの氷も是非体験してアイゼントレーニングしたかったな~。

那須、一日目はほんとすごかったです。
進むかどうかちょっと躊躇しました。
風がちょっと弱まる間隙をついて少しずつ進みました。
たかだか数十メートルがなんと長かった!
Commented by ぼんぼん at 2010-12-21 22:42 x
うひゃぁ~ すげいや!!
これは超天国な山行でしたネ(^^♪
楽しさが画面越しにこっちまで伝わってくるぜ~

あ、、雪訓、、、 もうこれならいりませんネ(苦笑)
次の行き先は西穂独標あたりでしょうか!!
お正月のアルプスも良いっすヨ~
Commented by noplanforever at 2010-12-22 00:15
しっかり歩いて、雪を堪能して、温泉につかって、美味しい食事を食べて、お酒を飲んで・・・
いいなぁ〜、うらやましいなぁ〜

この冬の目標は雪見酒です。
手っ取り早く、地元で降らないかな。
Commented by 92robin at 2010-12-22 22:48
ぼんぼんさん
雪訓!いらなくないです~~~。
本格的な冬のアルプス方面は、もう想像も及ばない世界~。
行く時、是非ご一報を~~!

その前に、ワタシ、冬靴買わなくっちゃなのです。
サイズがあるのと、見た感じではボリエールのスーパーラトックか
パミール辺りがいいかな~なんて思っているのですが、どうでしょう?
ちなみにぼんぼんさんは、何を履いてらっしゃる?
Commented by 92robin at 2010-12-22 22:50
noplanforeverさん
この那須岳はあまり積雪はないほうなのです。
もうちょっと真っ白な山だったらいいのに。なんて。
でも、激烈な強風で苦心しました。
温泉があるからめげなかったかも~。笑
Commented by ぼんぼん at 2010-12-22 23:22 x
あはは、、雪訓はミックス帯のアイゼンワークや、急登、引っかけやすい樹林帯での注意事項、、等々が主になりますので(滑落停止やザイルワーク等もちょっとだけありますが、、)
すでに92さんはもう出来てますネ♪

行く時は一報入れますネ!!

靴くつクツ。。。 私はスーパーラトックです 保温性はシングルとしては結構良いと思います 厳冬の3000mでも問題無いと思います ちなみに家内はakuのアイガーⅢ(ici扱い)です
ラトックに比べると保温、堅牢さは1歩譲りますが、扱い易い様です 厳冬期1、2泊程度でしたらパミールとか、こう言うランクもイイと思います!

厳冬期3000m縦走を今後目指す様であれば、ラトックが良いと思います(^^)

何にせよ、冬靴は硬く、フィット感も得づらいので充分な試着が必要ですよネ~ 
場合によっては気に入らないイメージ?の靴を選ぶ事もあります

何かありましたらまた♪
Commented by 92robin at 2010-12-22 23:46
ぼんぼんさん
アイゼンでの歩き方やらはネットで学べるだけは学んでみましたが、
滑落停止とかザイルワークはさすがにネットで見ただけではダメですね。

ぼんぼんさんは、スーパーラトックですか。
で、奥さまはアクのアイガー・・と。
私、なんせ靴のサイズがサイズなんで、もう選ぶのが大変。
私のサイズで選べるメーカーは、ボリエールかアクかって位。

ところで、ボリエールも本国のサイトを見ると、ラインナップが
全然違うんですけど、これってやっぱり向こうの山と日本の山の
違いってことなんでしょうか?

しかしながら・・・そうか~冬靴は硬いんだ・・。
硬い靴苦手なんだよなぁ~。
とりあえず、東京詣でして、さかいやと石井スポーツで履いてこようかな。
Commented by y at 2010-12-23 20:55 x
山は ソロもいいが 小グループも いいね うらやましいな。    
Commented by 92robin at 2010-12-24 23:09
yさん
那須ではお世話になりました!
大福のおいしかったこと!!
今度からもっていこうね、とみんなで話しましたよ。

私は団体行動が苦手なので、グループでもせいぜい3~4人位が
いいですね。
ひっそりとソロで歩くのも大好きです。
Commented by あき at 2010-12-31 22:29 x
1日目は厳しい天気だったようですが、2日目はドピーカンで
よかったですね~。

冬山の素晴らしい景色、観ているだけでワクワクしてきます(^^)

ソロもいいでしょうけど、気の合った仲間と歩くのはさぞかし
楽しいでしょうね。あと、あまりかた苦しいことを言うのも
どうか、と思いますが安全の面からもプラスになりますよね。

三斗小屋温泉も雰囲気よさそうですね。一度行ったといっても、
かなり昔で完全に忘れていますし、是非、もう一度行ってみたい
ものです。積雪期は無理ですが・・・。

最後の大丸温泉も、三斗小屋にくらべれば普通っぽくなりますが、
二日間の疲れを癒すのには、十分だったのでは・・・(^^)


一年の締めくくりに、お楽しみになられてなによりでした。

遅くなりましたが、お疲れ様でした。
Commented by くに at 2010-12-31 23:06 x
あきさん
冬山はきれいですよね。
スキーのゲレンデで見る山もきれいですが、自分の足で
登る山は格別です。

三斗小屋温泉は、4月に煙草屋、今回は大黒屋でした。
雪山&温泉は病みつきになりそうです。

良いお年を!
Commented at 2011-08-21 22:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by C2 at 2011-08-21 23:39 x
昭和の時代、古ッ!!。初山キーで訪れた、大黒屋さんに2泊で
8月10~12日で、流石山・井戸沢に沢登りに行ってきました。
初日は峠の茶屋Pより入山するだけ。ちと昔までは、朝日岳・東南稜を登攀して峰の茶屋避難小屋経由で大黒屋入りしてたんですけど。
 当時は「三斗小屋温泉まったり独り合宿」と称して入山してました。現在は、合宿の看板は下ろしています。
翌日はサブザックで7時過ぎに宿を、軽快に出発。井戸沢出会いから
遡行開始。実に爽快な滝を登り、稜線へ。流石山・大峠経由で大黒屋
さんに戻った。ここ数年他のパーティーと会っていないが、今年もゼロ。
宿には14時頃ついた。本日も昨日同様空いていて、のんびりまったり
温泉ライフを楽しむ。来年は3泊してみよう。3泊めを予備日または、沢靴、ハーネス等の手入れとする、家出やるのは面倒だし。ここはカラッと涼しくてとてもよい。ラジオもFMがよく入る。
那須でやれないものは、アイスくらいかな。山スキー、雪山、縦走、沢登り、クライミング等何でもやれます。アプローチが近くて温泉が魅力。
Commented by 92robin at 2011-08-22 20:59
C2さん
那須っていろいろ出来るんですね。
C2さんのような技量があれば。
まったく別世界のようで、なかなか想像が追い付きません。笑
C2さんはブログなど持ってらっしゃらないんですか?
是非、C2さんの記録を写真付きでみたいです^^
Commented by C2 at 2011-08-22 22:06 x
近くに、那須、安達太良山(くろがね小屋泊)、会津駒~大戸沢、尾瀬等
が在るのですから、遠くに行かなくても楽しめます。

スキーの腕前なんか、 92robinさんの方が遥かに上手と思いまが、
山スキーやら無いのは、なんとも勿体無いです。

沢登りも同様ですね、3年前の夏に、東北・北部にグループで行きましたが、60~70台の女性が3人いましたが「沢登り」を知って良かったと
感動していました。岩ゲレンデで岩トレを何度か実行したそうですが。

わたしも、佐野、鹿沼の岩ゲレンデには昔、何度か通いましたが。

スキーと同じで、沢、岩も基礎が根底にあり、特別なものではありません。用具のセレクトだけが入門者の方は悩むことがあるかもしれませんが。

山には、現実の世界には無い「自由」というものがあります。たっぷりと
山に浸って遊んでみましょう。

残念ながらブログ等はもっていません、リードオンリーです。

Commented by 92robin at 2011-08-24 21:21
C2さん
望んでいさえすれば、きっとやる機会もあることでしょう。
と思いつつひとまずは山自体の経験を積んで行くことにします。
岩や沢もやってみたいのですが、私、手首の調子があまり
よくないので、ちょっとたいへんそうですね。
まあ、もっとも手首の調子が悪くならなければ、ずっとオートバイや
自転車ばかり乗っていたことでしょうけど。