遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
8月の宝篋山
at 2017-08-06 23:09
7月の宝篋山
at 2017-07-23 20:43
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
岩手山  ~そんなアオイに騙されて~ 岩手遠征第二弾
やや、なんだか百名山ハンターのようになってしまいましたが。

第一弾の早池峰山はこちら

(下山後、網張温泉へ向かう途中の岩手山)
a0157297_059326.jpg





ええと、11(土)の夜です。
『道の駅とうわ』で夕ご飯&温泉。
先にご飯か風呂か迷ったけど、お腹が減っていたのでご飯。
そして作戦会議。
でね、道の駅のHPと東和町のHPでは温泉の営業時間が
22時(最終受付21:30)になってるけど、実際は
21時(最終受付20:30)までです。
 
担当者はHP書き換えといてください。(((キッパリw)

だってね、作戦会議終了し、さあさっぱりとお風呂に♪って
思ったら、受付に締めきり札が出ていた。(!)
風呂の券は食事前に買っておいたので、まあ、ちょ~急ぎで
入ったのだけど、その時20時50分。笑

作戦会議で上がったのは、岩手山、七時雨山(ななしぐれやま)。
さんざん迷った後、がっつり行くことにした。

ちなみに七時雨山は、八幡平市(旧安代町と旧西根町の境界)にある
1063mの山。
そのベースになる田代平あたりは、オートバイでのお気に入りの
お散歩コースだった。

私は、生まれも育ちも土浦だけど、学生時代は盛岡だったのだ。

岩手山は南部富士とも言うけれども、威風堂々なその姿はやはり
印象的だった。

早池峰を歩いたばかりで、次の日岩手山というのは、体力的に
不安もあったけど、やってみるか!岩手山。
(((なんせ、体力ナシですからねぇ~~)

6/12(日)
0545馬返し登山口→1130山頂→1635馬返し登山口

快晴、馬返し登山口駐車場からの朝の岩手山。
a0157297_261533.jpg



ちなみに岩手山の山開きは7/1。

さて、行きます。
a0157297_0591211.jpg


馬返しキャンプ場内を通り抜けると登山届を入れる木箱がある。
馬返し登山口駐車場にはトイレは無いけど、隣接するキャンプ場には
トイレと水場があった。
水場は鬼又清水という湧水で、水がドバドバ。

そこを過ぎると山道。

山道には、あまたのオオバキスミレが。
はぅ~。ウチの方では絶対見られないのに、こんなに惜しげもなく。
で、これがずっと7合目あたりまで続くのだ。
a0157297_059943.jpg


新緑美しい森を歩く。
a0157297_1215937.jpg


レンゲツツジ満開。ヤマツツジもあった。
a0157297_122810.jpg


オオヤマオダマキ(画像左)。ヤマオダマキとの違いは距が内側に
巻きこむかどうか。
ウラジロヨウラクもぽつぽつあった。
a0157297_1221341.jpga0157297_1221685.jpg


2.5合目から旧道と新道に分かれるけど、新道をチョイス。

しばらく登ると、3合目付近だったか85嬢が後ろで、
「なんか薄紫の花弁が落ちてるんですけど~なんですかね?」

?薄紫?85嬢の指さす所には
a0157297_1222073.jpg


!! ?!
こ、これは!!ま、まさか!!

身体がわなわな。

あわてて、谷筋を見上げると、そこには・・・
a0157297_1494123.jpg


ああ、シラネアオイ!!

三合目って、標高1150m位よ?
おおおおお。さすが高緯度。
しかもですね、アリエナイことに、これがこれから登山道両脇に
ほとんど8合目まで続く。
目がまわってひっくり返りそうだった。

火山らしい岩の道を上がっていく。
a0157297_145783.jpg


ともかく道の両脇にはシラネアオイ。
もう、どういうわけだという位。
a0157297_1451578.jpg


ダケカンバも美しい。
a0157297_1522888.jpg


ミネザクラも満開。
a0157297_1541727.jpg


サンカヨウもたくさん。標高が上がるとまだつぼみのものも。
a0157297_1553676.jpg


標高をあげると、株もまだ新しく、花色が濃くなってきた。(嬉)
a0157297_213775.jpg

a0157297_22495.jpg

a0157297_221343.jpg


白花も何株もあった。おおおお。
a0157297_2125537.jpg


白花なんて初めて見た。
てか、シラネアオイだってこれで2度めだけど。

去年、なんで飯豊連峰に行ったかというと、飯豊連峰自体にも憧れて
いたけど、シラネアオイが見たかったからだ。
会津三岩岳のシラネアオイを雨で登山口まで行っておきながら断念
したから、シラネアオイも時期的にラストチャンスと思って飯豊に行った。
私にとっては20何年とあこがれていたシラネアオイ。

85嬢に、この花はそうそうみられるものでない花だと力説するが、
まるで道端のタンポポのように惜しげもなくあると、まったく無力。
「へ~いっぱい生えてますね」 
(・x・) (・x・) (・x・) ・・・苦笑

ちなみに、帰りは旧道にしたけど、新道の方がシラネアオイがたくさん
ありマス。

脚の疲労感が残っているのを登り始めで感じたけど、
シラネアオイにすっかり騙されて、どんどん歩けた。

雪も出てくる。                   ミヤマスミレもきれいだ。
a0157297_2343742.jpga0157297_2344177.jpg


残雪の脇ではシラネアオイ萌。
a0157297_234457.jpg


そして、いつのまにかハイマツが出てくる標高に。
a0157297_2253894.jpg


ここ、七合目から傾斜が緩くなる。
シラネアオイにだまされだまされ歩いてきたが、やっぱりちょっと疲れたな。
でも、もう少しだ!
a0157297_2495921.jpg


ここで945。
これなら時間的にも問題ない。
ゆっくり上を目指そう。(クリックすると大きくなります)
a0157297_250710.jpg


八合目避難小屋を過ぎて不動平で、ソフトシェルを着込む。
風が強くなってきて、ちょっと寒い。気温16度。
(ちなみに山頂は13度だった)
で、この辺から急にガスってキタ。
a0157297_2501467.jpg


外輪山に上がった。ガスはすごい勢いで流れて濃くなったり薄くなったり。
a0157297_2502790.jpg


まだ登る。外輪山の淵は結構細い所もあって、風の強い時はちょっと緊張。
a0157297_2502254.jpg


ずんずん行って、もう少し!
や~ホントに登ってきちゃったよ、岩手山。
a0157297_2503385.jpg



6割は行けると思った。4割はムリだと思った。
そしてシラネアオイのおかげで思いのほか楽に登れた。
感動の登頂。
a0157297_322487.jpg


ちなみに標高約630mから登りはじめて、山頂は2,038m。
累積標高は+約1450m、-約1450m。
や~二日目でよく登ったもんだよ。(((自画自賛モード)
a0157297_375166.jpg


避難小屋に戻って小屋前のベンチでお昼としましょ♪
a0157297_3302237.jpg


コーヒーに凝る85嬢。
小屋前の水場の水で入れたコーヒーはおいしかった。
a0157297_3302772.jpg


さて、下山。
7合目で新道と旧道に分かれる。
行きは新道だったので、旧道にしてみよう。

歩きだしたら、なぜか3人組のおじさんの列に混ざってしまった。

あれはミヤマキンバイですか?
なんてやってるうちにホントにオジサンらと一緒に歩く成りゆきに。笑

ミヤマキンバイ             ムシトリスミレ!
a0157297_3304587.jpga0157297_3304889.jpg


このおじさん3人組、地元の方で花見登山だったらしい。
やや、これ好機と花の話、岩手やその周辺の山の話など
聞きながら下山までご一緒させていただいた。

旧道はずっとガレガレ。
だから旧道から登って新道を下るってのがいいんだって。
a0157297_3305487.jpg


チングルマ
a0157297_3313745.jpg

ムラサキヤシオ
a0157297_3315399.jpg

イワカガミ
a0157297_3321163.jpg

アズマギク
a0157297_3322036.jpg


馬返し登山口に下山後、国民休暇村 網張温泉の日帰り入浴施設に。
網張温泉は硫黄泉なんだよね♪
今度はゆっくり温泉を楽しめた。

そして、盛岡のぴょんぴょん舎で冷麺と焼肉。
盛岡冷麺の元祖、食道園と迷ったけど、ぴょんぴょん舎で食べたこと
なかったからぴょんぴょ舎にしてみた。盛岡ICに近い所にあるしね。
a0157297_3323360.jpg


盛岡ICから一路、茨城へ。
と言いたいところだけど、あまりに脚がだるいので、途中のPAで仮眠後
帰着した。

月曜は二人とも休みを取っていたんだけど、二本松辺りで、85嬢が
「安達太良行っちゃいますか~?」とか言ってるのを華麗にスルー。
基本、ドSなんだろうな~コノヒト。笑
(((私の元同僚、85嬢の妹さんも超ドSでしたww)


なにはともあれ、足かけ4日の素晴らしい山行だった!

85嬢と一緒に下ってくれたおじさんたちに感謝!


[PR]
by 92robin | 2011-06-14 20:45 | 東北の山 | Comments(12)
Commented by 85 at 2011-06-14 23:00 x

どっちも百名山だったんですね~。
どおりできついわけだ!
きつかったけど、それ以上に、感動できる景色があった!

下りで出会った、仲良しおじちゃん三人組はいいキャラだったな~。
楽しくて、登山口まで一緒に歩かせてもらっちゃったし。
山でのこうゆう偶然の出会いも、また、楽しい。

山から食べるところまで、下調べをしておいてくれたくにさんに感謝です。
それにしても、東和温泉の営業時間の変更には『え?』でしたね~(笑)
Commented by charmy at 2011-06-15 05:30 x
2日目なのにハードな標高差行きましたね!私は2日連続で歩いた事ありませんw

しかもそれから一気に帰宅かぁ・・・素晴らしい体力!
Commented by 92robin at 2011-06-15 21:03
85嬢
たぶん百名山w
でも、百名山は道も良いし、道標はしっかりしてるし、
駐車場にトイレはあるしで登りやすい山だという認識なんで
まあ、そういう意味では安心だった。
でも、二日連続で登って二日目で岩手山に行けるとは
尻を押してくれた85嬢のおかげです。

下山はおじさんたちのおかげであっという間だったね~。
山はたのし~ね~。
Commented by 92robin at 2011-06-15 21:08
charmyさん
私も二日目で岩手山はちょっと尻込みしましたよww
85嬢のプッシュとシラネアオイのおかげで登頂することが
できました。

帰宅は、下山後、温泉でまったり&ご飯で10時ごろ?高速に
乗ったんですけど、あまりに足がだるいので途中のPAで
ぐーぐー寝て帰宅したのは朝の7時位でした。
Commented by 山旅 at 2011-06-15 21:30 x
それにしてもハードな山行ですね(^^;
お疲れさまでした、
92robinの何処にそんなパワーがあるのでしょうか!!!
驚きです。

それにしてもシラネアオイがたくさん咲いていたのですね!
白いシラネアオイって初めて見ました。
ハードな山行の後のまったり温泉とPAでの仮眠で
身体の疲れは取れましたか?
Commented by 92robin at 2011-06-15 23:41
山旅さん
おかげさまで、どうやら疲労は抜けました。笑

二日目は、ゆる登山の七時雨山でいいかと思っていたのですが、
85嬢に尻を押されました。笑

それにしても、シラネアオイの群生には驚きました。
でも、山開き後では終わってますよね。
この次の杁差で白いシラネアオイを見ようと思っていたのですが、
それを待たずして見てしまった~!
Commented by Mr.mud at 2011-06-16 07:17 x
>> 92さん

おおーっ。
第一弾の早池峰に加えて岩手山&盛岡冷麺のコラボ、更に岩手山頂は
ガスガス天気だったってぇ~のも、どこかで味わった景色の様な。(^^;

先の土、日は東北は天気良かったんですねー!?晴れ間が..。
私は2年ぶりに飛騨・高山に山菜採りに行ってましたが、土曜日はシッカリ降られました。
今年の雪の大さは相変わらずで、御岳・乗鞍なんかもどっちゃり雪が残ってましたね。

こちらは何事も無ければ、夏はお初の北海道遠征登山にナリソです。。。

Commented by 92robin at 2011-06-16 20:40
Mr.mudさんも早池峰&岩手山に行ったんですか!
なんか岩手山山頂は天気が良ければ、すごく眺望がいいんですってね。
ちとそこは残念でした~。

夏は北海道ですか!
私は今年の大雪山系縦走はあきらめて来年にしました。
ことしは飯豊にこもります。(^^)
Commented by yamasanpo at 2011-06-17 05:33 x
シラネアオイばっちりでしたね。
群生しているなんて、羨ましい~。
自分もカミさんも大好きな花なんです。
三つ岩岳小屋周辺~窓明山の尾根にも少し咲きますね。
岩手山、私達も数年前に紅葉を目的に登ったことがありますが、
小屋から先はガスで何も見えず悔しい思いでした。
次は花の時季にリベンジです。
Commented by くに at 2011-06-17 17:12 x
yamasanpoさん
シラネアオイ、3~8合目あたりまでずっとあったんですよ~。
一番群生が濃かったのは5合目付近でしたけど。
私もシラネアオイ、大好きなんですよ~。
三つ岩岳のシラネアオイも見たいものです。

岩手山、やはりガスっていたのですね。
頂上で地元の方が解説してくれましたが、鳥海山なども
見えるそうで。
Commented by Mr.mud at 2011-06-19 09:34 x
>> 92さん
早池峰~岩手山~秋田駒ヶ岳へと行ったのは、2005年の11月でしたねー。
11月初旬の飛び石3連休に、中一日休暇をくっ付けて。

当時は珍しく夜行バスで行って、盛岡駅でレンタカーを借りて山に行きますた。
泊まりもテントではなく《当然、車中泊でもなく》温泉宿の鉛温泉 藤三旅館
(自炊部)と二日目は、乳頭温泉郷の鶴の湯温泉に泊まりますた。
初日と最終日はソコソコ晴れたのですが、何故か?中日の岩手山登山の日に
限って悪天気..。(ーー;

今になって不思議??と思うのは、92さん含め知人が行った岩手山登頂記は
尽く山頂がガスガスで、周囲の展望が無かったという話が多い事であります。
な~~んでじゃろ?? まぁ~、、、タマタマだとは思いますが。(^^;

そ~~いえば、帰りに盛岡の駅で冷麺とじゃじゃ麺食べていたならば、その時に
店のTVで流れていたニュースが、故本田美奈子さんの訃報でした..。
静かに合掌したことを思い出してしまいますた。
Commented by 92robin at 2011-06-20 19:00
Mr.mud さん
11月!天候悪かったら雪が降りそうですね!

鉛温泉の藤三旅館の自炊部は私も泊まってみたいと思っていました。
いいなぁ~。
乳頭の鶴の湯は何度も行ったことがあるんですけど。

秋田駒も行ってみたい山の一つです。

そうか~2005年って本田美奈子さんがなくなった年だったんですね。
彼女のミュージカルを見に行ったことがあったので、あの訃報は
悲しかったです。