遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
平山
at 2017-07-09 18:23
馬滝から愛宕山手前周回
at 2017-06-08 00:03
以前の記事
最新のコメント
はたけんさん そうで..
by 92robin at 22:59
hutatuyanos..
by 92robin at 22:52
bettyさん 私の..
by 92robin at 22:43
chikoやん も~..
by 92robin at 22:36
羨ましくないもん! ボ..
by はたけん at 21:51
いや~ パソコンの前の..
by hutatuyanosiki at 19:14
初日の化雲岳から一気に読..
by betty at 12:14
をぉぉぉぉ、素晴らしくよ..
by chikoやん at 12:43
はたけんさん それがね..
by 92robin at 22:17
今年の北海道、好天(暑す..
by はたけん at 21:33
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
2011 朳差岳  天空の花園
さあ、待ちに待った朳差。
今年のメインだな、って位思っていた。
朳差岳(えぶりさしたけ)~頼母木山(たもぎやま)あたりの
ハクサンイチゲが見たかったのだ。

((((今回はとりわけ長く、画像多数です)

【概要】
■行程■
17(金)1930つくば発→常磐道~磐越道~日本海東北道路中条IC
→18(土)0200奥胎内ヒュッテ手前駐車場(車中泊)

18(土)0640駐車場発→舗装林道~非舗装林道→0730足の松尾根登山口
→1230大石山→1330鉾立峰→1420杁差岳避難小屋→1440朳差岳山頂

19(日)630朳差岳避難小屋→鉾立峰→大石山→頼母木小屋手前→大石山
→1240足の松尾根登山口→1330奥胎内ヒュッテ

■朳差岳データ■
a0157297_17284358.jpg

杁差岳は飯豊連峰の北の端にある1636mの山。
足の松尾根取付は標高480mで、上のカシミールデータは
奥胎内ヒュッテから朳差岳までの片道。
奥胎内ヒュッテから足の松尾根取付までは、シーズン中は
乗り合いタクシーが利用できる。
今年は7/2~(いつまでかは未調査。毎年変わるので要チェックのこと)


■水場について■
1、足の松尾根の水場は、登山道から往復15分の道標。下るし、岩場もあって
ちょっと危ないという話を聞いたので見てこなかった。
2、朳差岳避難小屋の水場もやはりちょっと下る。この時期、残雪で水場は
出ていないということで、水が不足していた方は残雪を取って融かして使っていた。
つまり、この時期は水を持って上がれということ。
ちなみに頼母木小屋の引き水もまだだった。


【詳細】
仕事が終わって自宅に着きシャワーを浴びて出発。
この前の岩手は85嬢のカローラフィールダーだったんで、
今回は私のバモス号。
インプレッサの方が登山口エクスプレスでいいのはいいんだけど、
車中泊となるとバモスに軍配。
軽で長距離というと「え~」という方も多いが、最近の軽は案外走る。
交代で運転すれば、さして疲れないし。
まあ、なんといっても、バモスならそんなにスピードを出して巡航
しないからオービスに引っ掛かるリスクがないのがいい。

さて、ともかく、初めて磐越道を端から端まで本州横断。
中条ICで降りて、胎内方面に向かう。
途中の道の駅胎内のトイレは閉まっていた。
あら~と思って進むと出てきた胎内川ダムにトイレがあった。
ありがたい。

夜の胎内川ダムがステキ。
a0157297_14171486.jpg


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■18(土)0640駐車場発→舗装林道~非舗装林道→0730足の松尾根登山口
→1230大石山→1330鉾立峰→1420朳差岳避難小屋→1440朳差岳山頂
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

夜に着いたんでわかんなかったんだけど、胎内ヒュッテの手前の林に
トイレがあった。トイレは翌日撮影。
a0157297_14182825.jpg

さて、出発。
駐車場は40台ちょっとほど停められるだろうか。結構うまってた。
a0157297_14182583.jpg


今年は7/2からこの胎内ヒュッテから足の松尾根取付まで
乗り合いタクシーが出るが、期間前なのでタニウツギが美しい
舗装林道をてくてく歩く。
a0157297_14183147.jpg


舗装林道から非舗装林道へ。
オオバキスミレがたくさん。
a0157297_14183336.jpg


林道では、鳥撮りカメラマンがたくさん。
アカショウビンがいるのだ。
(((見なかったけどね)

アカショウビンやらオオルリが鳴くのを聞きながら林道を歩く。
登山口まで50分程歩くのには閉口するけど、なかなかにいい気分だ。


足の松尾根登山口に着いた!
またまた同行は85嬢。凸凹コンビ。
で、今回は85嬢のまねをしてハーフパンツで♪
や~去年からタンスの奥に眠っていたハーフパンツが日の目を見たわ。
a0157297_14183684.jpg


のっけから、それは美しいブナ林にうっとり。
a0157297_14183811.jpg


でも、ブナ林が終わると、噂にたがわぬ急登。
足の松尾根という通り、キタゴヨウの根っこが張り出した尾根道だ。
a0157297_14184190.jpga0157297_1418496.jpg


幅の細い岩場も。
a0157297_14184474.jpg


ひょえ~なんて言っているうちにいつの間にかだいぶ上がった。
a0157297_14185246.jpg


ガクウラジロヨウラクも美しく。
a0157297_14185688.jpg


でも、また細い岩場。               ウラジロナナカマドが咲いていた。
a0157297_14185974.jpga0157297_1419397.jpg


またブナ林が現れたり。
a0157297_1419972.jpg


イワウチワが咲いていたり。     白花のイワカガミも。
a0157297_1419549.jpga0157297_14201354.jpg


タムシバもいくらか残っていた。      オオカメノキもたくさんあったな。
a0157297_14202384.jpga0157297_14552965.jpg


ヒメサユリ蕾。85嬢が見つけた!ホント、よく見つけるね。
ヒメサユリ大好き♪
a0157297_17503154.jpg


何時に着いてもイチジ峰。(((割とオジサン的なシャレが好きですw)
a0157297_1457225.jpg


ツバメオモトも何株かあった。ツバメオモトの花はいいね~、好き。
a0157297_1541691.jpg


曇りでよかったよね。それでも暑かったけど、標高をあげると涼風。
a0157297_154302.jpg


サラサドウダンもかわいく。          アカモノ(イワハゼとも)も。
a0157297_1545033.jpga0157297_155437.jpg


いいかげん疲れてきたな。
あれが杁差か?てか、え~あんなところまで歩くの?!
((((いいえ、違います手前の鉾立峰でしたorz)
a0157297_1552075.jpg


ともかく歩を進めて、大石山か?と思ったら大石山西ノ峰。orz
で、何?またあれを上がるの?で、下るの?
a0157297_15214111.jpg


ぐえ~大石山はまだかいな。
といいつつも、足元の花を楽しむ。
ミヤマキンバイ                    ミツバオウレン
a0157297_15214510.jpga0157297_1521481.jpg


着きました。大石山。
ここが頼母木山と朳差岳の分岐になる。
ちょっと広くなっていてみんなご飯を食べていた。
a0157297_15215129.jpg


ようやくここで目指す杁差岳が見えた!
a0157297_15215415.jpg


さて、真打ち登場、ハクサンイチゲ!バックは朳差岳。
a0157297_15381398.jpg


ああ、なんと美しい。            途中からずっとあったキバナノコマノツメ。
a0157297_15382423.jpga0157297_15381911.jpg


ウズラバのハクサンチドリもたくさんで嬉。   おそらくミヤマカラマツ。
a0157297_15382896.jpga0157297_15383131.jpg


まあ、とにかく登山道脇にはたくさんのハクサンイチゲ。
85嬢によると、毛が生えているのがいいそうな。 (((え?毛?毛なの?)
a0157297_15383560.jpg


イワカガミもたくさん。             コバイケイソウの蕾がむずむず。
a0157297_15383984.jpga0157297_15384258.jpg


このコバイケイソウを見て85嬢、「立体駐車場!」
・・・・・・わかるようなわからないような。笑
構造的にたいそうハイテクな立体駐車場だな。

カンアオイ、みっけ!               サワハコベ、初めて見た~!
a0157297_15384555.jpga0157297_1546314.jpg


シラネアオイも。
a0157297_15384942.jpga0157297_15385213.jpg


でも、ここらへんからぱらぱらと雨が落ちてきて、
ガシガシ登った鉾立峰でカッパ。
a0157297_1554342.jpg


鉾立峰を降りて振り返る。
正面にでっかくある鉾立峰から左一つ目のピークが大石山で
その左隣が大石山西ノ峰。足の松尾尾根はここに付き上げることになる。
「あんなところから歩いて来たのか~~」
驚愕、自画自賛。笑
a0157297_15541923.jpg


さあ、ここを過ぎればもう少し!!

おお!杁差の小屋だ!
手前にハクサンイチゲの花畑。小屋の後ろが朳差岳山頂。
a0157297_15543560.jpg


小屋でザックをほどいてマットを出し、寝場所を作る。

小屋のそばには水場の案内板。
a0157297_15545654.jpg


身軽になって、朳差岳に上がる。
a0157297_1555565.jpg


山頂だ!
a0157297_15553746.jpg


で、山頂でコーヒー。雨降ってるけどww
a0157297_15554766.jpg


さて、小雨なので、小屋に入ってとりあえず夕ご飯。
といっても、まだ1630だけど。
家にずっと残ってた岳食のカレーうどんは、思いのほかおいしい。
ちょっとかさばるけどいいな。

なんてやってるうちに雨があがって晴れてきた!
朳差小屋からの展望。
(クリックすると大きくなります。間違いがあったらご指摘ください。)
a0157297_16262423.jpg


みんな小屋から出てきて展望を楽しむ。
a0157297_16383629.jpg


85嬢と。
a0157297_16383932.jpg


ともかくキレイだ。
みんなで大撮影会。
a0157297_16491335.jpg


パノラマ。クリックすると大きくなります。
a0157297_16384482.jpg


朳差山頂と小屋とハクサンイチゲ。クリックすると大きくなります。
a0157297_16495218.jpg


ああ、もうなんと申してよいのやら。
a0157297_16503961.jpg

a0157297_1650417.jpg



そうしているうちに日が暮れて。(クリックすると大きくなります)
a0157297_170989.jpg


クリックすると大きくなります
a0157297_170275.jpg

これも大きくなります
a0157297_1701299.jpg


夕暮れ刻々。大きくなります。
a0157297_1701743.jpg

大きくなります
a0157297_1702571.jpg



ちょっと寒かったけど、素晴らしい眺望に恵まれたことに感謝。
さて、夕暮れを楽しんだ後、小屋へ。

今日の小屋は、17名の団体様が入って2階はいっぱい。
1階もたしか17名の合計34名で満杯。
(杁差小屋の定員は50名だけど、30数名も入れば満杯)
頼母木小屋よりは朳差小屋の方が空いているだろうと
見当をつけていたのだけど、どうも目論みは外れたようで。
翌日交差した頼母木泊まりの人に聞いたら頼母木はそれほど
でもなかったと。く~。

そうはいっても同宿の方の中に水戸と日立の方がいて、
震災の時どのように過ごしたかなんてをしたり。
死に人がでなかったのもあるけれども、ようやく3カ月もたってから
笑って話せるようになったね・・なんて。
その他の地元からの方などとも話は興じ、楽しい小屋泊まりになった。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■19(日)630朳差避難小屋→鉾立峰→大石山→頼母木小屋手前→大石山
→1240足の松尾根登山口→1330奥胎内ヒュッテ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

翌、明けて19(日)も快晴だ!

日の出だよ。
a0157297_17251221.jpg


山頂で日の出を見る人々。
a0157297_17251986.jpg


飯豊連峰も陽に照らされる。
a0157297_17252355.jpg


朝食はアマノフーズのグリーンカレー。
これも長らく家にストックしておいたもの。
これもおいしかったね。
a0157297_17255321.jpg


さあ、ご飯を食べたら出発だ!

二王子岳とハクサンイチゲ。
a0157297_1725588.jpg


水が減ったので、ザックも軽くずんずん歩く。

なんだかんだたくさん写真は撮ったけど、一番の気に入ってるショット。
85嬢と杁差遠景。クリックすると大きくなります。是非大きなサイズで。
a0157297_1726453.jpg


鉾立峰を超えて大石山に向かう。
振り返って、あ~、あんな所に朳差。
a0157297_1726762.jpg


ニッコウキスゲ蕾。
a0157297_17261066.jpg


大石山から頼母木山に向かうとやはりすばらしいハクサンイチゲ。
a0157297_17261369.jpg

パノラマ。クリックすると大きくなります。
a0157297_17261724.jpg


ミヤマキンバイもたくさん。       ノウゴウイチゴがぽつぽつ。
a0157297_17262179.jpga0157297_17262413.jpg


頼母木山まで行こうと思ったけど、小屋の手前で折り返す。
(実は頼母木山あたりもハクサンイチゲの群生があったそうな)

てかてかの晴れで、暑い。
下って下って、残雪の上で早い昼ごはん。
この残雪の先にサンカヨウの群落があった。
a0157297_17262812.jpg


急な登山道をひ~こら下り、林道を歩いて奥胎内ヒュッテに戻った。
奥胎内ヒュッテの屋根下のレリーフはアカショウビン。
a0157297_17263095.jpg


奥胎内ヒュッテで風呂に入ってさっぱり。
同泊の人とも浴場で出逢い談笑。



や~、もうなんてか、なんて恵まれた山行だったのだろうと。
この杁差だけでなく、震災後の山行は本当に恵まれた山行だった。
こんなにいいことばっかりでいいのかな?なんて、貧乏性だから思っちゃう。

同行の85嬢、同泊の方、交差した方、そしてハクサンイチゲをはじめ
素晴らしい花々と飯豊連峰に感謝。


ああ、そうそう、最後になったけど、この時期の飯豊は気温が上がると
メジロアブだかブヨだかが、ぶんぶんです。
虫よけスプレー(ハッカ油がいいかも)必須。
来年は蚊取り線香下げていこかな。

もうひとつ。
奥胎内ヒュッテから足の松尾根取付までは自転車を利用する人も
多かった。
私も乗せて行こうかと思ったのだけど、ばたばたしていて用意できなかった
のが悔やまれる。
登りもそんなにキツくないからアリだよね、自転車。
[PR]
by 92robin | 2011-06-20 15:19 | 東北の山 | Comments(26)
Commented by takearaiso at 2011-06-20 19:38
雲海に沈む夕日 雲海から昇る朝日こう言うのを見ると山行きたくなります 泊まりじゃないと見れないですね~ 雲海と太陽を山の上から微速度撮影してみたいです(笑)
Commented by 92robin at 2011-06-20 20:19
たけ@荒磯さん
や~山の泊まりはやめられないって感じです。
山の夕、朝はたいへんにいいですね。
一眼で撮ってる人も多かったですよ。

>微速度撮影
三脚持っていかににゃですね^^
Commented by charmy at 2011-06-21 06:09 x
ナイトダム素敵だよナイトダム

しかし距離ありますねぇ~私も日曜日は山に行こうと思っていたのですが色々あっていけませんでしたorz

こんな事しているうちに夏休みが来て行き成り北海道でハードな山登る事になる・・・事前に1山登っておきたいんですけどねぇ・・・天気や予定で・・・・

とにかく花が一杯で楽しそうな山ですね・・・嗚呼登りたい
Commented by yamasanpo at 2011-06-21 11:24 x
凄いですね。
シラネアオイにハクサンイチゲ、たまりませんね。
来年には絶対行きたいです。
レポ、じっくりと見させて頂きます。
Commented by 92robin at 2011-06-22 00:05
charmyさん
ステキですよね~ナイトダム。
ここでしばらく撮影とダムを愛でていたので奥胎内ヒュッテの
駐車場に着くのが遅くなってしまいました。
帰りにはこの胎内川ダムの下流の胎内第二ダムは堤高が
低いながら、なかなかにカッコいいダムだったんですよ。
帰りに見たけど、写真撮れなかったのが悔やまれます。

しかしながら胎内は距離がありました。
家から片道400kmちょい。
ようはアクセスが悪いんですね。

夏はニソペツですね~いいなぁ~。
足慣らしは、宝篋山3登るでww
Commented by 92robin at 2011-06-22 00:12
yamasanpoさん
普通ならシラネアオイで大喜びするところですが、先の岩手山で
すごい群落続きだった(しかも花も大きく見事)のでイマヒトツ感動が・・。笑
でも、ハクサンイチゲの群生は感動しました。
どこからでも山と絡めて撮れるので、これまたいい感じ。
時期としては一週前がベストだったようです。
同泊のガイドさんが来週は御西のハクサンイチゲが
見頃だと言っていましたっけ。
Commented by charmy at 2011-06-22 05:49 x
>>宝篋山3登るでww

実は昨日から3登真剣に検討中wwwwwww
Commented by Toby at 2011-06-22 07:13 x
おじゃまいたします。
いやぁすんごかったですね、ハクサンイチゲ。
土曜の夕方、上の方も晴れたんだぁo(^o^)o 小雨のなかトボトボと下山して奥胎内ヒュッテについたころどんどん晴れていったもんだから、もう残念でならなかったですよ。あぁうらやましい!
ところで先週は早池峰で一日違いだったんですね。これからもバッタリの予感が…どこかで見かけたら声かけてくださいね。
Commented by 85 at 2011-06-22 08:25 x
天空の花園には、簡単に行けなかったですね~。
飯豊ってこんなにつらいのー!?
小屋まで行かないで、くにさんのツェルト泊でいいや。と何度思ったか。
でも、あのお花畑と夕焼け、朝焼け、小屋で一緒になった方達との楽しい時間は、つらい思いして行く価値あった!!

企画してくれた、くにさんに感謝します!


>何時に着いてもイチジ峰。
歩いてるときじゃなくてよかった~。
笑って、登山道から落っこっちゃうわ!


>宝篋山3登るでww
これ、ものすごい魅かれる♪
泊まり装備で3登して、どれくらい疲れるかやってみたい♪
Commented by 92robin at 2011-06-22 20:02
charmyさん
>3登
まじww
Commented by 92robin at 2011-06-22 20:07
Tobyさん
交差していたんですね~。
しかも早池峰も一日違いなんて~!
((早池峰の青い空はうらやましい~)

tobyさんたちの、ジャ~ンプ、いいですね~。
私も最近やろうかなと思っていました。
岩手山で成功♪
(((でも、1回じゃ決まらなくって3回位飛びましたw)

これからもどこかでバッタリ!なんてことになりそうですね。
どうぞよろしく♪
Commented by 92robin at 2011-06-22 20:13
85嬢のおかげで楽しい山行になりました。
てか、一人じゃ杁差までたどり着かなかったかもw
なんせ、去年の夏は切合小屋まで行くはずが、気力折れで
三国小屋泊まりになったくらいですから。

>登山道から落っこっちゃうわ
是非落として差し上げたかったわ~~ww

>どれくらい疲れるか
3登するのはcharmy さんです。(((きっぱり)
泊まり装備担いで3登って、一体誰が?!(((さらにきっぱり)

Commented by 山旅 at 2011-06-23 06:04 x
今回の杁差岳山行も素晴らしい風景とたくさんのハクサンイチゲを見させてもらいました。
ありがとう。
ホント毎回、92robinさんの行動力には圧倒されっぱなしです(^_^。
(オヤジギャグもウケマシタ)

私も何時の日か自分の脚で登ってハクサンイチゲを見たいです。
トップも素敵です♪綺麗に撮れていますね。


Commented by y at 2011-06-23 19:56 x
92サン 85サン ありがとうございます、私も 頑張って行ってきます
楽しい小屋泊まりが 待っているはずです  デワ!
Commented by 85 at 2011-06-23 21:24 x
おっ!yさんだ!
小屋ではお世話になりました。小屋、楽しかったな~。
おかげで、いい時間に花の撮影できて、きれいな夕焼けを見れました。


>なんせ、去年の夏は切合小屋まで行くはずが、気力折れで
>三国小屋泊まりになったくらいですから。
くにさんが気力折れって、どんだけつらいルート!?おそろし~。

>3登するのはcharmy さんです。(((きっぱり)
あれ?読み間違えた???ま、いいや。
じゃ、改めて。今度、3登しましょ!ねっ!
Commented by 92robin at 2011-06-23 21:49
85嬢
上のyさんは、栃木のyさんだよ。
去年の飯豊で一緒に下ったり、那須岳で合流したyさん。

>気力折れ
や、なんせ初の避難小屋泊まりだったから、いろいろ持って
行っちゃってザックがかなりの重量になっちゃったわけ。
だいたいにして、あまりキツイ山に登ったことなかったし。
経験不足と、ソロだったってことだな~。笑

ええと、3登の件は後ほど前向きに検討させていただきます。
(((スル―する常套句?!)
てか、夏時期は登る山たくさんあるんだからわざわざ3登
しなくってもいいってばさ~。笑
Commented by 92robin at 2011-06-23 21:50
yさん
6月に飯豊だったんですね。
私は7月の連休前にしました。
だいくら尾根を下ろうかと思ってるんですけど、
大丈夫かな~~。笑
Commented by 92robin at 2011-06-23 21:58
山旅さん
いや~ムダに長い記録でスミマセン。笑
結構クドい記録ですが、ご笑読くださいませませ。

それにしても杁差~頼母木のハクサンイチゲは見事でした~。
でも、こうして毎週のように遠征できるのも85嬢という強力な
仲間がいてくれるおかげです。
さ来週には飯豊にこもりますが、ソロなので頑張ってあるけるかどうか
あやしいものです。笑
Commented by 85 at 2011-06-23 22:06 x
ありゃりゃ。また勘違い((汗
yさん失礼しました。
Commented by y at 2011-06-24 16:11 x
ダイクラ、石転び 二つあります どちらか今年行きたいな、
85さん入り口の戸を開けました、小屋はたくさんありますよ!
若いうちでいいな、kさんと 休みなしだね 頑張れ
Commented by y at 2011-06-24 21:26 x
川入りから 来週予定いていたが 天気がひどいので様子を見ます
とにかく 楽しみですね パ! と行きます。
Kさんは 梶川尾根ですか?
 
Commented by 92robin at 2011-06-24 21:30
yさん
私はさ来週、丸森尾根から上がってだいくら尾根で降りようかと
思ってます。
梶川は長すぎるような気がして~。
Commented by やまさん at 2011-06-24 22:46 x
くにさん! 杁差小屋での素晴らしい景色や花とともに、楽しいひと時を共有できて良かったです! こちらの写真を見て思い返したりしました。
このサイトは自然の知識が豊富で、教えられること多し! 平ケ岳や鳥海山も興味深かったです。

19日は、大石山で30分ほどのんびりして一度越された人たちを追い越して(例の17人の団体は滝見場で)10時前に胎内ヒュッテに、11時前に自宅に着きました!

 昨年は頼母木小屋泊まりで同じような写真を撮りましたが、そちらは<ウスユキソウ>や<ミネザクラ>など今回のコースでは見れない花もありました。
そんなものや今回の山行の音楽付きバージョンをご覧ください。

http://www.digibook.net/d/4a54a97fa159aeede48b674732740b34/?viewerMode=fullWindow&isAlreadyLimitAlert=true
 
 これからも度々遊びに来ますので宜しく。私のサイトはカテゴリ<山行>をクリックすると、山だけの過去が見れます。
Commented by 92robin at 2011-06-24 23:14
やまさん
おかげさまで小屋では楽しい時間を過ごすことができました!
85嬢は初の避難小屋泊まりでしたが、楽しい方々に囲まれて本当に
よかったです。

やまさんはホント脚が速いですね~。
しかしながら10時前に胎内ヒュッテで11時前に自宅って
うらやましい~!

私、動植物が好きなのですが、同定違いもあるかもしれませんので
どうかご指摘くださいね。
しかしながら、鳥海や平ヶ岳の記事も読んで下さるなんて感激です!

デジブック、拝見しましたよ~。
音楽&文字付きだといいですね!
これって有料バージョンですか?

これからもよろしくおねがいいたします♪
Commented by KA at 2011-07-04 06:23 x
6月でも、結構、混雑するんですね!トイレや小屋の状況、参考になります。

登りは、胎内尾根使えば良かったのに(笑)自分は、周回やってみたいですね。
Commented by 92robin at 2011-07-08 21:23
KAさん
胎内尾根なんてトンでもありません。
きっと死んじゃいます。笑
6月のこの時期は、みんなハクサンイチゲを見に来るって感じです。