遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
以前の記事
最新のコメント
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
素晴らしい設営地ですねw..
by charmy at 05:03
betty さん い..
by 92robin at 22:38
お疲れさまでした! 前..
by betty at 22:14
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
2011朝日連峰 その1
行きたい行きたいと思っていた朝日連峰に行ってきた。
(((さて、今回も長いですよっと。なので2部構成。)

朝日連峰は磐梯朝日国立公園区域内に含まれる
大朝日岳 (1,870m) を盟主とする南北60km東西30kmの山塊。
R113を挟んで南には飯豊連峰、R112を挟んで北には月山という
位置関係だ。


理想を言えば、大鳥から入って古寺鉱泉もしくは朝日鉱泉に抜けるような
縦走をしたいのだけど、やっぱり交通機関が不便だし、初朝日連峰なので、
今回は控えめに。

ちなみに古寺鉱泉は長らく「ふるでらこうせん」だと思っていけど、
「こでらこうせん」と読むそうな。


そう、もう10年位前になるだろうか、山形県小国町から三面林道に入って、
朝日スーパー林道~花戸林道と抜けて朝日町に入り、鱒淵林道で
八久和ダム辺りまでオフロードバイクで走った。

山を歩くようになって思うのは、オフロードバイクで走った林道は、登山口を
巡って行くようなものだったな、と。
大鳥にしろ、五味沢にしろそのルートの一部なのだ。

ああ、また前置きが長くなった。笑

では行きます。

■概要■
前夜発  1945つくば発→常磐道→磐越道→東北道→山形自動車道月山IC→2455駐車場
7/16土 0605古寺鉱泉手前の駐車場→1430大朝日小屋→大朝日岳山頂
7/17日 0700大朝日小屋→1200竜門山(ピストン)→金玉水→1530大朝日小屋
7/18祝 620大朝日小屋→1040古寺鉱泉

【登山口と駐車場について】
古寺林道(舗装)の行き止まりに駐車場がある。30数台。
その駐車場奥から少し行くと古寺鉱泉があり、古寺鉱泉建物左が
登山口となる。
登山届は古寺鉱泉門前の小さいポストに。

【水場について】
■駐車場
■一服清水
■三沢清水(さんざしみず)
■銀玉水
■金玉水
いずれも問題なく使用可能であった。

【その他】
■携帯電話の電波は駐車場では圏外、大朝日小屋と大朝日山頂では
おおよそ安定して入った。
(その他の区間については、電源を入れなかったので不明)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++
7/16土 0605古寺鉱泉手前の駐車場→1430大朝日小屋→大朝日岳山頂

古寺鉱泉手前の駐車場。
朝起きたらたくさんの車が停まってた。
a0157297_20234982.jpg

駐車場には水場があった。           水場にあったタマガワホトトギス。
a0157297_2023582.jpga0157297_20235523.jpg


さて、駐車場奥から少し山道を進むと古寺鉱泉。
(車道は駐車場で行き止まりデス)
小さな郵便ポストが登山届入れになっている。
またしても同行は85嬢ナリ。
a0157297_2024387.jpg


ヤマオダマキ。距が強く内側に巻きこんでいるのでオオヤマオダマキだろうか?
右の画像は、オニノヤガラ。初めて見た。私の胸位まである。
a0157297_2024544.jpga0157297_20241160.jpg


美しい森を緩やかに登る。
a0157297_2024883.jpg


エゾアジサイも山道脇にたくさん。
a0157297_20241355.jpg


キタゴヨウの大木もとてもきれいだ。         ツルアリドオシもちらほら。
a0157297_20241679.jpga0157297_20242147.jpg


シャクジョウソウみっけ!!
ギンリョウソウよりずっと少ないので、見られたらラッキー。
a0157297_20241898.jpg


大木のブナ林もすがすがしいし、その力強さに圧倒される。
a0157297_20242528.jpg


シロバナクモマニガナ                クモマニガナ
いずれもたくさんたくさん生えている。
a0157297_20243989.jpga0157297_20244379.jpg


追記:最近クモマニガナはハナニガナに統合されたという話もアリ。
要調査ですね。

緩く、またよく整備された登山道を         ズダヤクシュもたくさん。
ずんずん行くと一服清水。
とてもおいしい。
a0157297_20244659.jpga0157297_2025036.jpg


ズダヤクシュとは、漢字で書くと「喘息薬種」で、「ズダ」は
ぜんそく(喘息)の信州方言なんだそうだ。
「薬種」は薬になるという意味で、喘息に効く薬草であるそうな。

さて、歩を進めるとヤマクワガタ、そしてショウキランを初めて見て大喜び。
a0157297_20462261.jpga0157297_20462861.jpg


今度の水場は三沢(さんざわ)清水。
ここはホースで引いているので、ハイシーズン以外はないそうな。
a0157297_20463163.jpg


水場の水で生き返りずんずん進む。
a0157297_20463571.jpg


それにしても、この登山道は、おしなべて緩く手を使わずとも
登れるのでびっくりというか拍子抜け。

モミジカラマツがたくさん。            ハクサンチドリも。
a0157297_20463861.jpga0157297_2047155.jpg


アカモノ(イワハゼ)も出てきた。たまには違ったアングルで。
自然の造形というのは、かくも美しくステキだ。
a0157297_2047366.jpg


ヒメサユリもたくさん出てくるけど、もうおおかた終わってた。
a0157297_2047614.jpg


痛いばかりの夏の日差しを浴びて古寺山。
a0157297_20471246.jpg


ここら辺からハクサンシャクナゲがたくさん出てくる。
ノウゴウイチゴは、下の方でもたくさんあって、赤い実をつけていた。
a0157297_20471636.jpga0157297_20472048.jpg


ちなみにノウゴウイチゴは漢字で書くと「能郷苺」
岐阜県の能郷白山で発見されたからだそうな。
(((実は帰りにどういう漢字?って他の方に聞かれて分からなかったw)

ミヤマコウゾリナもたくさんあった。
黄色い花シリーズでオトギリソウもたくさん。
a0157297_204797.jpga0157297_20473484.jpg


たいへん美しいカンバの大木と女子力向上を誓う85嬢。(((マジすかw)
                    後でクレームが来そうですねw↑↑↑
a0157297_20472349.jpg


葉の形と葉の艶からするとミヤマトウキ?   
ナンブタカネアザミは歩いていて触れるととても痛いよ。
a0157297_20472874.jpga0157297_20473135.jpg


たしか小朝日岳トップからだったかな?
うっひょ~~!の大展望だ。
a0157297_23422496.jpg


小朝日岳からの下りは、ガレた急坂だった。
そうは言っても、手を着かずにくだれる。
((飯豊の丸森、梶川尾根の急坂をどうしても思い出して比べちゃうね)
 
小朝日岳を下って振り返る。小朝日岳もかっこいいね。
ちなみにトラバースルートもあって、帰りはトラバースルートを行った。
a0157297_2112035.jpg


またなだらかな山道となって、ミヤマクルマバナがたくさん。
a0157297_21115872.jpg


うお~だいぶ大朝日岳が近くなった!小屋も見えるぞ。
a0157297_2112236.jpg


マルバシモツケ。      岩場にへばりつくようにハクサンオミナエシ(コキンレイカ)。
                 ((まだ咲いてないけど)
a0157297_2112569.jpga0157297_2112987.jpg


銀玉水に到着。手がしびれるほど冷たく、またとてもおいしい。生き返る気分。
水場脇にはシナノキンバイ。美しいね。
a0157297_21121126.jpga0157297_2112132.jpg


ネバリノギランもたくさん。           石畳が出てくる。
a0157297_21121692.jpga0157297_2112185.jpg


ヒナザクラもたくさん出てきた!なんとココロ奪われることか!
a0157297_21122065.jpg


あまりの暑さに、ひ~~な85嬢。でも、もう少しだよ~。
(((てか85嬢、銀玉水で水を4Lも汲んだらしい。そりゃ~重いわ~)
a0157297_21122276.jpg


ヨツバシオガマやミヤマリンドウもたくさん。
a0157297_21122562.jpga0157297_21122710.jpg


銀玉水をすぎたあたりからちょっと急になったこともあって、かなり
でれでれ歩いたけど、なんとか小屋も目前に。
a0157297_21123248.jpg


さあ、頑張って進むべし!
a0157297_21333264.jpg


ひと頑張りで大朝日小屋着。
管理人がいる避難小屋だ。(ハイシーズン外は管理人なし)

小屋2階部分がお泊まりメイン。
a0157297_21415585.jpg

2階部分をあぶれると3階部分に入ることになる。
a0157297_21415874.jpg

さらにあぶれると屋根裏部分に。
a0157297_2142076.jpg


ちなみに画像は最終日出発前に撮ったもの。
小屋の定員は約70名。
小屋の脇に小さいテントなら10張り位のテン場があるけど、
避難小屋泊推奨らしい。
【追記】小屋がいっぱいだとテントOKということみたい。
基本、幕営禁止なんだって。

小屋の周りにも花がたくさんだ。
ムカゴトラノオ。                    ハクサンフウロ。
a0157297_21333619.jpga0157297_2133385.jpg


ヤマハハコ。                 飯豊の稜線で撮りそこなったオノエラン。
a0157297_2133406.jpga0157297_2133427.jpg


タカネマツムシソウもたくさんあったけど、まだつぼみで残念。好きなのに。
a0157297_21335873.jpg


だいぶ埋まりかけた2階部分にザックを置いて、大朝日岳の山頂へ。
この日は3階部分に数人入る位の混み具合だった。
a0157297_2133448.jpg


山頂手前で振り返り、うっほ~~!
小屋から右に続く尾根道を歩いて来たのだ。
あ~よく歩いたな~と85嬢とうなずき合う。
(クリックすると大きくなります)
a0157297_21334889.jpg


あれが山頂だ!
a0157297_21335087.jpg


もうね~360°の大展望。
遠くは蔵王連峰やら、飯豊連峰、月山、鳥海山まで見えるから
みんなゆっくり眺めていたよ。
a0157297_21335364.jpg


祝瓶山の向こうに、まさに天空に浮かぶように見えた飯豊連峰。
感慨無量。
a0157297_21335631.jpg


し~ばらく山頂でまったりとした時間を過ごし、小屋に下った。

夕暮れ前に早い夕飯を食べ、そして、夕暮れを迎える。
ほ~~!夕暮れ空に浮かぶ月山と鳥海山(奥側)がなんとも。
a0157297_2134033.jpg


シルエットは右から中岳、山頂標が建っている西朝日岳、
少しとがっているのが本当の西朝日岳。
a0157297_2134357.jpg


この季節に、これだけの展望はなかなかないよ~!という
登山道の草刈りにいらしてた、地元、大江山岳会の方(本当に暑い中お疲れ様です)
の言葉を噛みしめ夕暮れを堪能した。

そして、月夜の美しい夜は更ける。

その1はこれでおしまいおしまい。
その2は→→こちら
[PR]
by 92robin | 2011-07-19 01:11 | 東北の山 | Comments(12)
Commented by Toby at 2011-07-19 23:53 x
およぉ!朝日だぁ!
いいですよねぇ、朝日大好きです。天気もよかったし最高だったでしょうね。ぼくらもくにさん見てましたよ。彼方の天空に浮かぶ飯豊から(^_^)v 朝日も最高だろうなぁと思って眺めていました。その2待ってます(^_^)
Commented by よしくに at 2011-07-20 07:18 x
最高の青空 素晴らしい展望で良かったね
朝日はまだいってない
無性に行きたくなりました(くやしい!!)
その2 楽しみにしてますよ
Commented by yamasanpo at 2011-07-20 09:55 x
最高の天気、最強のコンビに敵なしの山行ですね。
羨ましいです。
私達の計画は日暮沢小屋から竜門岳、西朝日、大朝日、古寺山と周回です。時季は秋になるかも。こんな天気になってくれることを願ってます。
Commented by 85 at 2011-07-20 12:08 x
今回も、いい天気、いい山、いい出会い。恵まれてましたね~。
歩きやすい登山道。遠く鳥海までも見える大展望。水場ごとに味が違う水もおいしかった~。
また、他のルートからも歩いてみたいですね~!
Commented by 92robin at 2011-07-20 19:42
Tobyさんは飯豊だったんですね。
飯豊は天空に浮かんでましたよ。その様はすごみがある位でした!
この3連休、85嬢を飯豊本山デビューにはちょうどいいと思って
福島の川入から本山ピストンでやろうと思っていたんですね。
でも、どうも85嬢は乗り気でないようなので、朝日連峰にしました。
初朝日連峰です。
朝日連峰もよかったなぁぁ~。
Commented by 92robin at 2011-07-20 19:44
よしくにさん
行きたい所に知り合いが行って、いい話を聞くとなんかちょっとくやしい気がしますよね~。笑
うふ。いいでしょ~。
とてもよかったですよ~。
天気に恵まれたってのもありますけど。
Commented by 92robin at 2011-07-20 19:48
yamasanpoさんも日程が厳しい中遠征だったのですね。

今回の同行も85嬢でした。
85嬢はなかなかの元気者なので、その元気を少し分けてもらってます。笑

日暮沢~竜門~大朝日~古寺山~日暮沢、いいですね~。
私も2回目はそれをやってみたいです。
で、3回目は朝日鉱泉or古寺鉱泉から大鳥まで抜けたいものです。
Commented by 92robin at 2011-07-20 19:52
85嬢
お疲れ様&お世話様でした~!
飯豊も朝日も味わいつくすには厖大な山塊だね~。
萌えるね~。じゃなくって燃えるね~~。
行きたい所もたくさんあるし、忙しいねっ!
Commented by やまさん at 2011-07-20 21:09 x
くにさん、土日は飯豊山・大日杉小屋から本山~御西小屋、二日目は、大日岳カットの三国岳~牛ヶ岩山~五段山から大日杉小屋をまわってきました。
雪渓コースでの悪戦苦闘、後半は一人ぼっちの山歩きとなりましたが、鮮やかなサワランに元気づけられました。膝上まで浸かった渡渉で無事小屋に戻りました。
天気にも恵まれた最高の2日でした。
この後、8月に<おいいんの尾根>、10月に<権内尾根>+<大熊尾根>を考えてます。

朝日連峰も良かったみたいで何よりです。私は日暮沢小屋から竜門山~西朝日岳~大朝日岳~小朝日岳~ハナヌキ峰~日暮沢小屋の一周コースが好きです。
今週末、泡滝ダム~以東岳~狐穴小屋(泊)~以東岳~オツボ峰~大鳥小屋を予定しましたが・・・
こちらもいろいろ楽しめそうです。
Commented by 山旅 at 2011-07-20 21:31 x
今回の山行は朝日連峰でしたか!
85嬢さんとのコンビネーションもバッチリで今回も楽しい山歩きが出来ましたね(^^
素晴らしい眺望で何時かは私も歩いてみたいですね♪

山野草もたくさん咲いていたようで、今回も楽しませて頂きました。
いつも楽しみにしています。
そうそう、オニノヤガラは筑波山・キャンプ場のバンガロー辺りに咲いてますよ♪
Commented by 92robin at 2011-07-20 22:45
やまさん
レポ、見せていただきましたよ~。

おういんの尾根、権現+大熊尾根とはこれまた長大ですね!
私は怖れ多くって、とても行く気にはなれませんが、
今後の参考にさせてくださいね。

朝日はやはり日暮沢から周回する人が多いようですね。
私もいろいろと歩いてみたいです。
Commented by 92robin at 2011-07-20 22:48
山旅さん
オニノヤガラ、筑波高原キャンプ場にあるんですか!
私、初めて見ました!
ニョキッと生えていて異様な?雰囲気。笑

今回の同行も85嬢でした。
彼女も朝日連峰気に入ったみたいです。
今回も恵まれた山行でした~!