遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
以前の記事
最新のコメント
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
素晴らしい設営地ですねw..
by charmy at 05:03
betty さん い..
by 92robin at 22:38
お疲れさまでした! 前..
by betty at 22:14
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
2012 飯豊連峰全山縦走  福島・川入⇒新潟・大石ダム その1
思えば2011年初頭から計画を練っていた。
でも、その6月に飯豊の北の端、朳差岳に登って飯豊の大きさに
ビビって断念。ヽ('A`)ノェェェ
また、交通のアクセスの悪さもネックだった。

しかししかし、今回、やってみよう!という気がむくむくと湧き上がった。

そんな私の夏休み。

手段と日程の都合でソロ。
3泊4日の行程。

【概要】
■GPSログ■
画像をクリックすると別タブでルートラボに飛びます


■行程■
8/18(土)1915つくば発⇒東北道福島飯坂IC⇒23:50大石ダム彫刻の森ゲート前
8/19(日)移動日

8/20(月)0420福島・川入登山口⇒1340本山小屋手前一ノ王子(テント泊)9時間20分
8/21(火)0530一ノ王子⇒0915大日岳⇒1500梅花皮小屋(泊)9時間30分
8/22(水)0535梅花皮小屋⇒1230朳差岳避難小屋(泊)6時間55分
8/23(木)0530朳差岳⇒権内尾根⇒1035林道終点看板前 5時間5分

■登山口と駐車場について■
今回の登山口となる福島の川入は、80台位?大きな駐車場。
登山指導所の奥にもスペースがある。
下山口となる新潟の関川村にある大石ダムの先の駐車場は、
大石ダムから彫刻の森車止めのゲートまで約3km。
ゲート直前に3台位とその約30m手前の彫刻の森に6台位。
ちなみにゲートから林道(未舗装)終点まで約5km。

■水場■
利用した水場は以下
8/20 地蔵岳トラバース道の峰秀水、切合小屋の引水、一ノ王子
8/21 梅花皮小屋から30m程度の治二清水 
     (御西の水場は利用しなかったが小屋から約5分位)
8/22 頼母木小屋の引水(朳差の水場は15分位降りて水も細いということでパス)

■携帯電波■ docomo
8/20 川入キャンプ場 ×、一ノ王子○
8/21梅花皮小屋の外、もしくは窓際○
8/22杁差岳×、大石ダム○
今回は確認しなかったが、門内小屋でも入った(2011年7月)



【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■8/18(土)1915つくば発⇒23:50大石ダム彫刻の森ゲート前■
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

土曜出番から帰宅して、うりゃっと車にバイクを積み込みます。
a0157297_20442045.jpg


も~サイズ的にスレスレ。
こういう時は、バモスだったらな~と。
まあ、インプレッサじゃ自転車さえ載せるの苦労するけど。
((ワタクシ、車を買い替えてステーションワゴンタイプの車になりました)
しかしながら、そのままでは絶対載らないので、ハンドルを目一杯倒して、
さらにフロントフォークを目一杯縮めて押し込むわけです。ふぅぅぅ。

かなり急いだのですが、彫刻の森ゲート前に着いた時にはもう日付が変わる頃。
これからバイクを降ろして・・・・で、福島の喜多方市山都町の川入に着く頃には・・・。
ん~こりゃ、日曜に登るのはムリだ。Orz

や、素直に考えれば、北上して行ったわけだから、先に川入にバイクを置いて、
大石ダムから登ればいいと言えばいいのだけれども。

で~も~ね、私、どうしても川入から入りたかったのです。
2010年最初の飯豊、川入から入ってあまりの湿度と気温に気持ちが折れて
三国小屋泊まりになった(まだ昼の12時なのに!)ワタクシメ、どの位歩けるように
なったか試してみたいじゃないですか。

そんなこんなで、土曜は彫刻の森ゲート前で車中泊。
とても星のきれいな夜でした。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■8/19(日)移動日■
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、一日ずらして今日は移動日と決め込んだので、バイクを林道終点まで
置いてきちゃいましょ。
ネットの記録をさらってみると、自転車を置く人もあるようですね。

朳差岳登山口(東俣林道終点)の看板。
この先がすぐ橋になってます。
a0157297_20442234.jpg


きれいな川だね。
a0157297_20442468.jpg


さて、バイクを置いて、てくてくと非舗装林道を5km歩いて、
彫刻の森に置いた車に戻ります。(1時間15分かかりました)

ちなみに彫刻の森には、トイレがあります。(矢印方向に約20m)
a0157297_2044267.jpg


さて、今日はただの移動日だから、観光がてらあまりなじみのない
新潟まわりで行ってみましょ。


大石ダム  重力コンクリート式  堤高87m
すっきりしてスタンダードな形ですね。ラジアルゲート2門。
a0157297_20442777.jpg


内の倉ダム 中空重力式コンクリートダム 堤高82.5m
内の倉ダム以降、このタイプのダムは一基も建設なし。
日本に13基位しかない貴重な中空重力式コンクリートダム。
(でも、外見は重力コンクリート式となんら変わりませんw)
a0157297_20442981.jpg


ちなみに、中空重力式コンクリートダムは、金山ダム(北海道)、蔵王ダム(山形)、
木地山ダム(山形)に来訪してます。このダムで4基目。
(木地山ダムは祝瓶山の登山口の手前ですね。今度は登山で訪れたいものです)

さて、今度は阿賀野川沿いのR459で
鹿瀬ダム(かのせ) 重力式コンクリートダム 堤高32.6m
阿賀野川本流のダムですから長い!ラジアルゲート20門は壮観。
流れを寄せて半分ずつ建設したそうな。
a0157297_20443262.jpg


で、この上流の豊実ダム(とよみ) 重力式コンクリートダム 堤高34.2m
これも鹿瀬ダムと同様に発電専用ダム。
こちらもゲート19門で数えるのも疲れちゃうw
a0157297_20443446.jpg


さて、その間に二王子温泉なるのもにも立ち寄ってみましたが、まあそれは割愛。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
8/20(月)0420福島・川入登山口⇒1340本山小屋手前一ノ王子(テント泊)9時間20分
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

前置きが長かったですが、ようやく山の話。笑

2010年にあまりの湿度と気温でめげたので、暗いうちからヘッデン点けて出発~。
まあ、4時40分ごろには明るくなってきましたけど。
御沢の大きな杉の木の隣の祠に手を合わせて、安全祈願。
ずんずん登ります。
しかしながら、朝早いのに高湿度高気温。Orz

でも、まあ、一昨年の記憶をよみがえりさせながら進みます。
この季節、樹林帯に花はなし。

だいぶ高度を上げました! ノリウツギの白い花が青い山に映える~。
a0157297_2044363.jpg


ハクサンオミナエシ(コキンレイカ)            オヤマリンドウ
a0157297_20444060.jpga0157297_20443824.jpg


ちょっと険しい剣ヶ峰
a0157297_20444271.jpg


剣ヶ峰を越えて少し登れば三国小屋。9時10分着、いいぞいいぞ。
三国小屋にはセンジュガンピがたくさんあるので楽しみにしていましたが、ほぼ終盤?
a0157297_20444846.jpg


さて、三国小屋から先へ進もう。本山はガスが掛かっていて見えないね。
a0157297_20445063.jpg


ミヤマママコナ                     コゴメグサ
a0157297_20445338.jpga0157297_20445586.jpg


タテヤマウツボグサ                  ミヤマキンポウゲ
a0157297_20462884.jpga0157297_2218866.jpg


少し行って振り返ると、三国小屋までの稜線がよく見えました。
a0157297_2218310.jpg


オニシオガマ                   シロバナクモマニガナ?シロバナニガナ?
a0157297_2218676.jpga0157297_22181591.jpg


カラマツソウ                    モミジカラマツ
a0157297_22181028.jpga0157297_22181355.jpg


ミヤマコウゾリナ                   ウサギギク 
a0157297_22181771.jpga0157297_22181972.jpg


ウサギギクは葉が対生、しかし上部の小さい葉はしばしば互生することもあるそうな。

オヤマボクチ                      ミヤマリンドウ
a0157297_22182295.jpga0157297_22182873.jpg


イワショウブ                        エゾシオガマ
a0157297_22182664.jpga0157297_22183081.jpg


お!切合小屋(きりあわせ)が見えてきました!
a0157297_22182477.jpg


キスゲもまだ残ってました                ヤマハハコもたくさん
a0157297_22183282.jpga0157297_22183462.jpg


そして、ここらへんからマツムシソウがたくさん出てきます
a0157297_22183885.jpg


ようやく雪渓が消えたところには、ショウジョウバカマやハクサンコザクラも
a0157297_22195794.jpga0157297_22202696.jpg


ヨツバシオガマもそこここに              ミヤマアキノキリンソウもたくさん
a0157297_22354311.jpga0157297_22354674.jpg


ミヤマクルマバナ                     ヒメシャジン
a0157297_2235495.jpga0157297_2235519.jpg


そうそう、画像がボツなのですが、ハクサンシャジンもそれはそれはたくさん。

マツムシソウ咲き誇る道をどんどこ歩きます。
a0157297_22355768.jpg


ハクサンフウロも残ってます。   そうかと思えばトリカブトも出てきて秋な感じ。
a0157297_22355920.jpga0157297_223613.jpg


いよいよ御前坂に。
一昨年は、ここにザックを放り出して空身で往復したな~。
山で初めての泊まりだったんで、エラくザックが重くなってしまって辛かったな~。
などと思いだしながら登ります。
a0157297_2236384.jpg


びっしりと実がついているガンコウラン          クロマメノキも
a0157297_22361036.jpga0157297_22361297.jpg


御前坂を登りきって一ノ王子。
この右手に降りるのが水場。
で、この一ノ王子はテン場にもなっています。
(受け付けは本山小屋。500円)
a0157297_22361525.jpg


チシマギキョウ           もう終わりですが、ヒナウスユキソウ(ミヤマウスユキソウ)
a0157297_22362418.jpga0157297_2236277.jpg


オンタデ?かな                      ミヤマシャジンもありました
a0157297_22363048.jpga0157297_22363323.jpg


ミヤマシャジンは、ヒメシャジンの変種ですが、萼片が全縁。ヒメは萼片に細かな歯牙。

なんてやってるうちにガスに包まれ・・・・。
a0157297_25129.jpg



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
8/21(火)0530一ノ王子⇒0915大日岳⇒1500梅花皮小屋(泊)9時間30分
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、いきなり朝。笑
一ノ王子のテン場は私の一張だけでした。
a0157297_2237619.jpg


ホントはテントを持っていこうと思ったのですが、身の程を知る私ですからやめときました。
で、ツェルト。(((ツェルトならいつも持ってるしね)
しか~し!しかしですね、なんと夜11時~明け方の気温が8℃、テント内10℃。
そんなに寒いと思わなかったんで、持っていったシュラフはイスカの150X(8℃)。
も~寒いのなんのって。
で、天気が良すぎてまるで無風だったために、ツェルト内の結露が激しい。

ま、ともかく今日もよい天気。
昨日ガスってよく見えなかった、本山、御西、大日岳もテン場からよく見えます。
うう。感動。(2010年の初飯豊では全く見えなかった)
a0157297_22371947.jpg


朝日に染まる大日岳をズーム。ああ、すばらしい。
a0157297_22501473.jpg


さて、結露でビタビタのツェルトをなんとか袋に押し込み本山に向けて出発です。
しかしながら一ノ王子のテン場、ロケーションもよくっていいのだけれども、
トイレが本山小屋のトイレ(つまり歩いて5分程度)というのがちと大変かも。


本山に登る途中から御西~大日岳。
ああ、そこを歩いてみたかったのですよ。
a0157297_2365165.jpg


本山トップから左奥に大日岳、右は御西から北の主稜線をパノラマで。
a0157297_2364841.jpg


ちなみに、今回からカメラがニコンの防水コンデジCOOLPIX AW100に
なりました。
(今までのソニーのWX5は白峰三山の大門沢で水没しちゃいましたからね~)
このニコンのAW100 もソニーのようにスイングパノラマなのですが、
ソニーの方がパノラマ合成がよいような気がします。
ま、とにかく初ニコンです。


さて、進みます。
本山小屋から本山までもイイデリンドウはあったのですが、朝が早いため開いておらず。
で、ようやく御西手前で開いているのが出てきました。
右の画像は、タカネヨモギ。
a0157297_2365293.jpga0157297_2365743.jpg


マツムシソウと御西。とにかくマツムシソウはたくさんたくさん。
a0157297_2365561.jpg


御西岳を過ぎると御西小屋が見えてきました。後ろに大日岳がど~ん。
a0157297_2365943.jpg


北に目をやれば、北股岳。その北股岳と手前の梅花皮岳の鞍部に
梅花皮(かいらぎ)小屋が見えます。
a0157297_237171.jpg


さらに進んで、大日岳と文平ノ池。
a0157297_237353.jpg


トモエシオガマ                     ノウゴウイチゴも赤い実をたわわに
a0157297_237522.jpga0157297_2371570.jpg


いよいよ大日岳へ
a0157297_237756.jpg


大日岳とその南へ伸びるオンベ松尾根
実は、縦走でなくって、オンベ松尾根から大日岳~御西~北股岳の計画も
あったのです。
でも、オンベ松尾根、けっこうキツそう。
a0157297_23322384.jpg


大日岳の登りから振り返って御西、本山方向
a0157297_2371111.jpg


飯豊のザ・主稜線的なパノラマ
a0157297_237138.jpg


9時チョイすぎに大日岳トップに立つとあっという間にガスが来ました。
やっぱり夏はガスが上がるのが早いな。
ガスが上がってきた山頂を去り降ります。
a0157297_253020.jpg


さて、苦手なセリ科のこの手のやつ。
そろそろ手を付けてみようかと。
いつものことですが、同定間違いご指摘ください。
ミヤマセンキュウ                       シラネニンジン
a0157297_2372059.jpga0157297_2372246.jpg


ハクサンボウフウ             ミヤマトウキの葉(コゴメグサは置いといてくだされ)
a0157297_2342066.jpga0157297_2342289.jpg


ふぅぅ。これで大型のこの手のセリ科はさて置き、まずまず見分けられそうだ。
しかしながらあれだけあったミヤマトウキの画像がないってのは、ど~してだ。笑


御西の小屋前では、大日岳に登る前に干しといたツェルトやらマットやらを回収。
そしてのんびりご飯。

さて、御西を分岐として梅花皮小屋に向かう。
この区間(本山~御西~大日~北股)、歩いたことがないんだよね~。

イワイチョウ                 所によってはチングルマもまだ花なのもあったね
a0157297_2342583.jpga0157297_2342881.jpg


さて、どんどこ歩いていきます。
a0157297_23421047.jpg


ミヤマツボスミレ                   イブキトラノオ
a0157297_23421357.jpga0157297_23421558.jpg


オタカラコウ                      キオン
a0157297_23421877.jpga0157297_23422268.jpg


ミヤマダイモンジソウ                タカネナデシコがたくさん出てきた!
a0157297_23422558.jpga0157297_2342316.jpg


烏帽子岳、梅花皮岳の行程には、いくつものアップダウンがあって、
ちとうんざりしかけていると・・・、梅花皮小屋が見えた!
a0157297_23423412.jpg


梅花皮小屋手前に、ものすごいコゴメグサの群落があった。
a0157297_23423735.jpg


梅花皮小屋の周りにもテントを張れるが、今日は小屋泊まり。
だって寒かったんだもん。笑

小屋の水場で水汲み。水、ウマシ。
a0157297_23424162.jpg


梅花皮小屋から大日岳が見える。ちと違った形。
a0157297_23424591.jpg


石転びをちょっと偵察。来年こそは!
a0157297_2343370.jpg


夕暮れ。北股岳のシルエット。
a0157297_23431247.jpg


さて、その1はこれでお終いです。
その2はいよいよ3日目の主稜線北端の朳差岳へ、そして4日目の大石ダムに
降りる権内尾根(東俣コース)です。

その2は⇒こちら
[PR]
by 92robin | 2012-08-25 00:28 | 東北の山 | Comments(8)
Commented by charmy at 2012-08-25 08:31 x
キター!しかしバイクをデポは考えましたね!

この山は魅力的過ぎるんですが、ピストンじゃしんどいし、かといってほかに降りると車の回収が大変だしで途中で計画するのが嫌になっちゃうんですよねwww


しかもこの景色!最高ですね!羨ましい!!!!!


※ダム素敵w
Commented by yamasanpo at 2012-08-25 10:01 x
素晴らとしい山行ですね。
バイクと車、最強コンビを使って。こりゃー無敵ですね。
自転車だと限定されますがバイクだとどこまでも・・。
山の選択肢が広がり楽しみ倍増ですね。
レポ楽しみです。
Commented by リンゴ at 2012-08-25 17:15 x
飯豊山縦走か・・・羨ましいな~。
実は2008年夏に弥平四郎登山口から3泊4日での縦走を計画をしたのですが、その時は物凄い雷雨で途中敗退した苦い思い出があります。
それ以来いつかはリベンジと思っているのですが、行く機会を逃しております。
見事なお花畑と夕暮れのシルエット・・・堪りませんね。
Commented by 92robin at 2012-08-25 20:36
charmyさんのためにダムを載せましたww

>しかしバイクをデポ
6月に来た新車にバイクを押しこむのはちと気が引けましたがw

公共の交通機関を利用しての方は丸森尾根か梶川尾根で飯豊山荘に
降りるみたいですね。
飯豊山荘までならバスがありますもんね。

いっぺん電車やバスで行ってビールを飲みながら帰ってきたいですね~。

>しかもこの景色
飯豊の稜線は、ちょっとクセになりますよww
Commented by 92robin at 2012-08-25 20:40
yamasanpo さん
車の中がガソリンくさくなるし、結構載せたり降ろしたりが大変なので、
実はあまりやりたくはないのです。笑

今回、飯豊は天候にも恵まれて、すばらしい山行となりました!
もう、今でもうっとり。笑
その2も出来ましたので、どうぞご覧になってください。
Commented by 92robin at 2012-08-25 20:42
リンゴさんは、戻りをどうされるつもりでしたか?
私、かなり悩んじゃいました。
もっとも、何人かで歩けばタクシーで最寄りの駅まで・・という
選択もありですよね。

今回は、計画通り過ぎて、ちょっと気味が悪いくらい?でした~!
Commented by デイダラボッチ at 2012-08-26 09:18 x
くにさん、こんにちは。
こだわりの飯豊縦走。
真似したくても真似のできないアイデアと、
ダムいっぱい景色いっぱい花いっぱいで、
読者までもがお腹いっぱいになってしまう写真と文章の構成。
「くにさんならではのものだな~!」と感心しています。
私め、飯豊連峰には足繁く通っていても、今年は吊橋が渡れずダイグラ尾根を断念、朳差岳から大石ダムもまだ歩けてません。
いつかは・・・です。
Commented by 92robin at 2012-08-27 12:04
デイダラボッチさん
ちと、ダムは余計ですよね~。笑

ダイグラ尾根、私もいつかは行ってみたいです。
それと、今年こそ!と思って行けなかった石転びの雪渓も~。
(これは来年こそは!ですかね)