遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
日光 社山
at 2017-02-12 01:37
2016会津三岩岳~窓明山周回
at 2016-09-27 06:37
以前の記事
最新のコメント
石川@さん スミレ、難..
by 92robin at 15:26
おはようございます。 ..
by 石川@ at 06:19
charmy さん ..
by 92robin at 00:13
お花の季節が来ましたね・..
by charmy at 04:58
charmyさん でし..
by 92robin at 12:26
ぼんぼんさん そ~な..
by 92robin at 12:21
この価格でこの軽さなら試..
by charmy at 05:07
ご無沙汰してます(^O^..
by ぼんぼん at 00:06
chikoやん や~お..
by 92robin at 22:27
お声がけいただきありがと..
by chikoやん at 23:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
2014北海道 その2 大雪山 / 銀泉台から小泉平
2014 北海道 その1のニセイカウシュッペ山は⇒こちら
その3の知床連山縦走は⇒こちら
その4の野付半島は⇒こちら
2014北海道回想は⇒こちら
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、天気をにらみながらのスケジューリングに気をもむ。

6/30(月)はあまり好天は望めそうもないが、風はないみたいだし
メインの知床連山の方が天気がいまひとつなので銀泉台からの
大雪山に臨むことにする。

ホントはね、ニセカウで大雪を外から眺めたから、今度は大雪の
端っこに立って大雪を眺めたかったんだけどね~見えないだろうな~。


◆大雪山 赤岳 小泉岳 小泉平◆
【概要】
■行程■
6/30(月)0535銀泉台駐車場⇒0915赤岳⇒1340銀泉台駐車場

■GPSログ■クリックすると別タブでルートラボが開きます




■駐車場について■
銀泉台60台(層雲峡観光協会による)


■携帯電話■ ドコモ
不可:銀泉台、小泉岳付近
その他未確認


■装備■
アイゼンを持っていったが使わなかった


■その他■
道道1162は全未舗装 約14km
幅員も広く、ニセカウ以上のフラットダート
FFステーションワゴンタイプの車で問題なし
a0157297_9295469.jpg




【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/30(月)0535銀泉台駐車場⇒0915赤岳⇒1340銀泉台駐車場
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
銀泉台の駐車場奥に登山届を書く小屋、その奥にトイレがある。
トイレの道挟んで向かいが水場。
a0157297_930124.jpg



駐車場奥から幅の広い道を進んでいく。
なんでも、旭岳に道路を通そうという計画(道道212)があったらしい。
しかし、当然ながら中止となり完成部分は旭岳側の道道1160と
銀泉台側の道道1162として分断したようだ。
しばらくはその名残の道路みたいね。
a0157297_930952.jpg



雪融けのあとにはフキノトウ。
北海道のフキは大きいよね~。
フキノトウも大きかった。
a0157297_9301587.jpg



少し歩くとやがて赤岳登山口。
a0157297_9302364.jpg



イソツツジが咲き誇る登山道から行く先を眺める。
ん~、あれ、やっぱり雪のとこ通るんだろうね?
a0157297_9303058.jpg


コヨウラクツツジやらイソツツジやらイワヒゲやらを眺めながら
しばらく登っていく。
a0157297_9303357.jpg


・・・と、ああ、やっぱりな~。
最初は傾斜も緩く斜行していくからいいが、中ほどはトラバースで
ちょいとヤな感じのところがあった。
まあ、雪が硬くなかったのでつぼ足。
a0157297_9303952.jpg



雪がついている所から上は登山道にじゃぶじゃぶ水が流れている所が
何箇所かあったね。
a0157297_931152.jpg



ツボスミレ?と思ったが、よく見たらこりゃウスバスミレだな。
花柱が膨らんでないので、チシマウスバスミレではないようだ。
a0157297_9304370.jpga0157297_9305019.jpg

a0157297_9305567.jpg


それと、スミレと言えば、国内では北海道にしかないタニマスミレがないか探したけど
みつからなかった。



エゾイチゲは低灌木の林床にたくさん。ツマトリソウも結構あったな。
a0157297_931642.jpg



足を進めると、イソツツジ、クロマメノキもたくさん出てくる。
a0157297_9311044.jpga0157297_9311691.jpg



キバナシャクナゲもこれでもかって位たくさん。
a0157297_9312990.jpg



おお、ジンヨウキスミレも数は少ないが出てきた。
a0157297_9324563.jpga0157297_9325976.jpg

a0157297_9332221.jpg



葉が細くって丈の低いヒメイソツツジも群落となり出てくる。
a0157297_9334137.jpg



コケモモの花がかわいいな~。
a0157297_9341341.jpg



ずいぶん平らになって、あら、コマクサ・・・と思ったら・・・
a0157297_9343093.jpg


なるほどコマクサ平って所らしい。
a0157297_9364071.jpg



たしかにたくさんだ。
a0157297_10154984.jpg



イワブクロは蕾ばかりで咲いてるのはこの一株。
a0157297_10152680.jpg


コマクサ平を過ぎるとまた雪渓。
a0157297_10161140.jpg


雪渓じゃないところには、さっきからミネズオウがわんさかと。
北海道のミネズオウはピンクがかっていてとてもきれい。
a0157297_1016484.jpg



イワウメもこれでもかって位。ああ、イワヒゲも嫌というほどあったな。
a0157297_10163580.jpg



おっと、またジンヨウキスミレが。
ここのはまだ株が展開したばかりだ。
それとジムカデも。
a0157297_1017079.jpga0157297_10175711.jpg



で、また雪渓を登る。
左手に東岳が見えてきた。
a0157297_10174543.jpg



そうそ、さっきからエゾコザクラもぽつぽつ。
a0157297_1018462.jpg



さて、コマクサ平あたりから出てきていたメアカンキンバイが
ここらへんから豊かな株がたくさんに。
分布は北海道の一部の山と千島。
見たかったんだよね、これ。もちろん初見。
a0157297_10194628.jpg



そしてそして!━━━━(゚∀゚)━━━━!!!
エゾタカネスミレが出てきた~。
a0157297_1020581.jpg


葉は厚いが光沢はない。
a0157297_10201964.jpg


花柱に突起毛はなし。
a0157297_10202950.jpg



ものすごい株数でデヘヘ。
((((と、思ったらその先はもっとだったw)

鮮やかな色のエゾノツガザクラに感嘆すると
a0157297_10204298.jpg


赤岳だ。
a0157297_11535618.jpg


う~ん、旭岳方向なハズだけど、見えないな。
白雲岳がせいぜいだ。
a0157297_1155137.jpg



コマクサ平の手前あたりからほぼ一緒に歩いた室蘭からきた方とのぼのぼと。
足元はイワウメの群生だ。
a0157297_11552834.jpg




おおっと、ここでエゾタカネツメクサが出てきたよ~。初見。
タカネツメクサの母種。
a0157297_11554521.jpg



そうかと思えば、やった~エゾヒメクワガタだ!
あたりまえだけど初見だらけ。
a0157297_1156284.jpg



小泉岳は平らな所に山頂標柱がにょっきり立ってた。
小泉岳から白雲岳への分岐があるけど、そちらにはいかずに
緑岳方面に向かう。

ホソバウルップソウがじゃんじゃか出てきた。
しかも、この株、ものすごいゴージャス。
a0157297_11562493.jpg



で、もうここからがものすごい。

向こうのピークは白雲岳。
てか、なにこの花のすごさ。
もうどうしてくれようか。
a0157297_11563717.jpg



落ち着け。
落ち着こう。

落ち着くためにホソバウルップソウをアップで撮ってみたり。
a0157297_1157118.jpg



うう。
いったいこれはなんということなんだろう。
あまりのすごさに同じようなアングルなのに何枚も撮らずにはいられないww
a0157297_11572562.jpg



紫色なのはエゾオヤマノエンドウね。
オヤマノエンドウとなにが違うのかって言ったら、葉っぱに毛がたくさんてことらしい。
a0157297_11543762.jpga0157297_11545945.jpg



や~もう、いったいなんだろうな、こりゃ。
a0157297_11581394.jpg



ミヤマアズマギクがぽつんと。
a0157297_11583430.jpg



そして!日本では大雪山にしかないキバナシオガマ。
コマクサ平にも何株かあったけど、こっちはたくさんだ。
a0157297_11595599.jpg



これも初見のチシマキンレイカ。蕾だけど。
まあ、コキンレイカ(ハクサンオミナエシ)の蝦夷版だね。
a0157297_1202645.jpg



これも、初見。
ちょっとピンが来てなくって恐縮だけど、レブンサイコ(チシマサイコ)。
a0157297_1204254.jpg



ウスユキトウヒレン?ユキバタカネキタアザミ?
まだ展開してないんでよく分からない。
あ~季節を変えてまた来たい。
a0157297_1225231.jpg



見て、このエゾタカネスミレの豊かな株と見事な群生。
a0157297_1211734.jpg



ああ。もうすばらしい。感涙。
a0157297_120581.jpg




さて。
そろそろ帰らないと雨に降られる時間だな。
(15時頃から雨予報だった)

仕方ない。戻るか。
a0157297_13271698.jpg


と、言いつつ撮らずにはいられないw
a0157297_13275226.jpg



なんとか足を進めて赤岳まで戻ってきた。
左のピークが赤岳山頂標のあるところ。
a0157297_13332248.jpg




赤岳でちょいと補給休憩して、さあさ、ここからは急いでもどるよ~。
と、ずんずん歩いて銀泉台に。
銀泉台駐車場に着いてしばらくすると雨が落ちてきた。
お、急いで戻ってよかった。



さて、どのみち明日は大雪山あたりも知床あたりも天気はあまり良くない予報。
まあ、明日は知床観光でもしようかね、と、知床方面に向かうことにする。
途中で風呂。
塩別つるつる温泉。
500円で充実の風呂施設。
泉質もアルカリ性のツル系でよし。
北海道は温泉もよいのがいいよね~。



や~それにしても、想像以上の花のすばらしさに感涙した銀泉台からの大雪山だった。
しかしながら手前の方がだいぶ雪が残っていて、稜線の小泉岳あたりは花満開。
どうも小泉岳あたりは風衝地帯で雪があんまりつかないんだそうな。
なあるほど。

あ~、それにしても北海道の人はいいなぁ。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2014 北海道 その1のニセイカウシュッペ山は⇒こちら
その3の知床連山縦走は⇒こちら

[PR]
by 92robin | 2014-07-10 22:31 | 北海道の山 | Comments(8)
Commented by charmy at 2014-07-11 04:46 x
実は今年ここも候補に挙がってます

う~~~ん行きたい!※今夜の大洗便欠航決定で大ピンチの私
Commented by betty at 2014-07-11 20:19 x
百花繚乱とはまさにこのこと!!
写真で伝わるお花畑、肉眼でみたら圧倒されそうですね。
くぅ~、シビレますね(笑)
Commented by 92robin at 2014-07-11 22:28
charmyさん
なんと日曜夜便まで欠航とは!
早くもドラマが (((違)
charmyさんが無事渡道できることを祈っております!!

いまさらですけど、ロープウエイで旭岳やら黒岳やらに
上がっても良かったかななんておもってみたりw
Commented by 92robin at 2014-07-11 22:32
bettyさん
ホント、ものすごかったです。
室蘭のおじさんと歩いてなかったら、その場で涙をとうとうと流して
いたんじゃないかと思います。
季節を変えてまた行きたい~!
Commented by リンゴ at 2014-07-12 06:44 x
一足早目の夏休みでしたか。
北海道の山旅とは羨ましい限りです。
それにしても雪融け後のお花畑は圧巻でしたね。
Commented by 92robin at 2014-07-12 23:12
リンゴさん
山としてはもう少し後の方がよかったと思いますが、
どうしてもシレトコスミレが見たかったのです。
なので、ちょっと早い夏休みを取りました。

や~小泉岳辺りの風衝地の花々は、ホントものすごかったです。
まさに圧巻で足が前に進みませんでした。
Commented by なかよし at 2014-07-13 18:52 x
その節は楽しく同行させて戴いた室蘭の者です。

何度行っても大雪は感動を与えてくれます。1週間後に同じ場所に行った友人の写真を見たのですが僕たちが見た花たちが5分咲きとしたら友人の写真は満開でした。又来年行く事にしました。(笑)

知床縦走のブログ楽しみに待ってますよ 明日は休みなので北海道の蝦夷富士羊蹄山に日帰り登山です。
Commented by 92robin at 2014-07-13 22:47
なかよしさん
こちらこそ、おかげさまで楽しい時間になりました。

しかしながら、あれで5分咲き程度?!
あれよりすごいことになったらどうしたらいいんでしょ?
困るな~やっぱり来年も行こうかな~笑

明日は羊蹄山ですか。
北海道は素敵な山がたくさんでいいですね~。
ブログ楽しみにしてますね。