遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
馬滝から愛宕山手前周回
at 2017-06-08 00:03
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
以前の記事
最新のコメント
ワイルドwww ※..
by charmy at 04:36
futatuyanosh..
by 92robin at 09:02
こんにちは。 いや~ ..
by hutatuyanosiki at 14:25
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
尾瀬 その1 山ノ鼻 見本園
去年は7月の8日に行った至仏山。
ホソバヒナウスユキソウとクモイイカリソウは
もう終わってるかな?

でも、去年の至仏山、2度の早池峰山でも見ることが
出来なかったカトウハコベが見たい。
それと葉の裏が赤いウラベニダイモンジソウも確認したい。

カトウハコベは 高山帯の蛇紋岩地に生える多年草。
早池峰山、谷川山系、至仏山などに分布する。
夕張山地、アポイ岳にはやや葉の細い
変種アポイツメクサが分布、ということらしい。


■行程■
7/26(土)2050つくば発⇒R294⇒R408⇒R4⇒R119
⇒R120(2320日光湯元分岐)⇒R401⇒2420尾瀬戸倉第二駐車場

7/27(日)0745戸倉駐車場⇒乗り合いタクシーで0815鳩待峠
      0815鳩待峠⇒0910山ノ鼻⇒見本園一周⇒山ノ鼻テン泊

7/28(月)0550山ノ鼻⇒0600至仏山登山口⇒0920至仏山⇒1130鳩待峠


   帰路は群馬周りで高速利用(関越沼田⇒北関東道太田桐生)
   で3h30m。
   平日昼間の割引もなくなってしまったのがまたイタイ。


■駐車場について■
尾瀬戸倉は第一駐車場、第二駐車場があります。
前回と同じ第一に駐めようと思ったら花火大会のため28日の
出庫が出来ないということで第二駐車場利用となりました。
第二でも乗り合いタクシーやバスは出るので特に問題なし。


■水場について■
利用した水場は山ノ鼻と鳩待峠


■携帯電話■ ドコモ
可:戸倉第一、第二駐車場、鳩待峠 
不可:山ノ鼻のテン場、至仏山の高天ヶ原


■泊まり装備■
アライテント トレックライズ0
イスカ 150X
温度:山ノ鼻で27日17時16℃、28日4時半13℃でした。
イスカ150X でほぼ過不足なし。

■その他■
戸倉の駐車場は24時間で1000円。
乗り合いタクシーまたはバスは片道930円。



【詳細】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7/27(日)0745戸倉駐車場⇒乗り合いタクシーで0815鳩待峠
      0815鳩待峠⇒0910山ノ鼻⇒見本園一周⇒山ノ鼻テン泊
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

一泊二日を一本にまとめようと思ったのですが、どうにも
画像の点数が多いので二本に分けました。

土曜出勤、日月休みの週、飯豊か朝日連峰に行きたかったのですが、
どうも天気がよろしくない。
それならば、どこにしようか迷ったけど、ゆっくりテント泊でくつろごうと尾瀬。
どうしたって前線が通るから雨になるだろうなとは
思っていましたが、まさかあんなに前線の動きが速いとは。



さて、鳩待峠からスタート。
でもなんだか去年の7月上旬に来た時とずいぶん客層が違います。
ふだんから山を歩いている人< そうでない人
で、いかにもそうでない人がたくさん。
(((まあ、去年の至仏山の記事に載せた過去写真の私みたいな感じ
の人がいっぱい)
わ~も~どきどきしちゃう。
(((なんでw)

ささ、なんたって今日の行程はとりあえず山ノ鼻まで行ったら
あとはテキトー。

歩き始めてすぐオニシモツケ、実となったサンカヨウ。
あ、そうそう、スマホで見てる方も出来ればスマホ版でなく、
PC版で見ていただくと横二つ並びの画像の配置そのままに
なります。
なぜかスマホ版だと縦並びになっちゃう。
a0157297_20575969.jpga0157297_20580208.jpg


オオレイジンソウの花はもうほとんど終わって実になってるのが多い。
ケナツノタムラソウ、これ多分初見。
a0157297_20581903.jpga0157297_20582641.jpg


しかしながらアキノタムラソウってのはあるけども、
ナツノタムラソウってのもあるんですね。
どこがちがうかってと、ケナツノタムラソウは
雄しべが長く突き出していることが一つ。
それとアキノタムラソウの茎には腺毛と短毛があって触ると
粘るがケナツノタムラソウは無毛又は軟毛。

山ノ鼻に向かう木道から至仏、小至仏が見える。
なんだかかなりいい天気だな。
a0157297_20580598.jpg



すごい重量であろう歩荷。
いやすごいね。
a0157297_20582393.jpg


なんてやってたらあっという間に山ノ鼻に。
さっそく至仏山荘でテン場の受付をして張ります。
画像は午後に撮ったもの。
張った時点では撤収前のテントが5~6張ありました。
a0157297_20583772.jpg


で、張り終えて10分もしないうちになんと雨。
いくらなんでもまだ9時半、テントでごろごろする前に少しは
歩こうかと思ったのですが、こりゃ~ムリだ。
山ノ鼻のビジターセンターでも見物しようかとも思いましたが、
雨宿りの人がつぎつぎ来るので、もうテントに退散。

ごろごろしたり。
うとうとしたり。
本を読んだり。
茶をのんだり。
を、×3ほど。

15時過ぎには雨も上がったので、まあ少しは歩きましょう。
見晴の方へ・・・とも思いましたが、研究植物見本園をぐるっと。

イブキトラノオはぽつぽつ。 マルバタケブキは蕾~咲き始め。
a0157297_20584039.jpga0157297_20584770.jpg

コバギボウシ、アキカラマツ。
a0157297_20584783.jpga0157297_20584719.jpg

オオヤマサギソウ、コオニユリ。
a0157297_20591734.jpga0157297_20591732.jpg


ドクゼリにイボタノキ。
a0157297_20591753.jpga0157297_20584703.jpg


オオウバユリ、オトギリソウ
オオウバユリは私の背丈よりも大きかったな。
a0157297_20591747.jpga0157297_20594084.jpg


トキソウ、タカネアオヤギソウ。
a0157297_20594075.jpga0157297_20594045.jpg


ナツトウダイ
a0157297_20594059.jpga0157297_20594029.jpg

サワギキョウはまだ蕾の株ばかり。
ニッコウキスゲはポツポツあったけど終わりかけかな。
a0157297_20594040.jpga0157297_21000031.jpg


で、これがどちらも初見。
オオマルバノホロシとミズチドリ。
いや~ミズチドリは、はっとする美しさでした。
a0157297_20594058.jpga0157297_20594012.jpg



ミタケスゲ、コバノトンボソウ。
a0157297_21000099.jpga0157297_21001050.jpg


こちらも初見。
何だと思います、これ。
なんとモウセンゴケって花が咲くんですってね。
で、これ、モウセンゴケの花の蕾。
a0157297_21000021.jpg


キンコウカ、ミズギク。
ミズギクはオゼミズギクなのかもしれませんが、葉の裏の腺点を
見ませんでしたのでなんとも
a0157297_21000044.jpga0157297_21001059.jpg


ワレモコウにヒツジグサとオゼコウホネ。
a0157297_21001047.jpga0157297_21001004.jpg



実となったヒメシャクナゲ、それとこれはズミなのかな?
a0157297_21002444.jpga0157297_21002443.jpg



キンコウカが見事な見本園を後に山ノ鼻のテン場へ戻ります。
a0157297_21002429.jpg


さあ、もう日帰りの人はいない時間。
静かな山ノ鼻になりました。
それにしても、久しぶりにトレックライズを使ったな。
最近、モンベルのU.L.ドームシェルターばっかりでしたもの。
a0157297_21002470.jpg


17時16℃、翌朝4時半13℃で
イスカ150X でほぼ過不足なし、良眠。


至仏山のその2は⇒こちら


[PR]
by 92robin | 2014-07-30 23:48 | 群馬の山 | Comments(6)
Commented by charmy at 2014-07-31 05:07 x
やはり尾瀬は良いなぁ・・・テント担いで行きたくなっちゃう
Commented by 92robin at 2014-07-31 21:24
charmyさん
鳩待から入ると高くつくのが難点ですけど、やはり尾瀬はすがすがしいですね。
のんびりテン泊するにはもってこい。
今時期は温度も寒くもなく暑くもなくで快適でした。
Commented by デイダラボッチ at 2014-07-31 21:31 x
いいないいな~!
雨が降ろうが槍が降ろうが、花を良く知っている人・写真上手な人
にとってはそれが恵みに変わってしまう。
北海道も尾瀬も、ンッ、ナイス!
Commented by 92robin at 2014-08-01 00:12
デイダラボッチさん
写真、コンデジなのでそれなりだと思います。
それはそうとして!
なんと最近カメラの液晶が近視&乱視のメガネでは
見えづらくなってしまいました。
メガネをちょいと上によけるとよく見える・・・。
ひゃ~!こ、これってひょっとして・・ろ・・老眼?
思えば亡き父も存命の母も老眼になるの早かったんですよね~。
父も母も私の歳にはもう老眼鏡をかけてましたから。
やや~なんだかショックな今日この頃。笑

北海道は羅臼岳に登れなかったのはちょいと残念でしたが、
でも、すばらしい花の縦走路でした。
なんといってもシレトコスミレを見た時には涙が出ました。
Commented by デイダラボッチ at 2014-08-01 07:53 x
老眼になりかけのうら若き女性(変な日本語!?)に涙を落とさせる
とは・・・。シレトコスミレ、「お主、やるの~!」
Commented by くに at 2014-08-02 23:57 x
デイダラボッチさん
大雪の花に埋め尽くされた風衝地をみては涙を流し、
シレトコスミレをみては涙を流し、
液晶を見てピントが合ってるかどうかわからないと涙を流し・・・
まあたいへんな北海道でした。笑