遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
平山
at 2017-07-09 18:23
馬滝から愛宕山手前周回
at 2017-06-08 00:03
以前の記事
最新のコメント
はたけんさん そうで..
by 92robin at 22:59
hutatuyanos..
by 92robin at 22:52
bettyさん 私の..
by 92robin at 22:43
chikoやん も~..
by 92robin at 22:36
羨ましくないもん! ボ..
by はたけん at 21:51
いや~ パソコンの前の..
by hutatuyanosiki at 19:14
初日の化雲岳から一気に読..
by betty at 12:14
をぉぉぉぉ、素晴らしくよ..
by chikoやん at 12:43
はたけんさん それがね..
by 92robin at 22:17
今年の北海道、好天(暑す..
by はたけん at 21:33
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
2014飯豊連峰縦走 天狗平・梶川尾根⇒大日岳⇒大日杉 その2
梶川尾根をひ~こら登ったその1はこちら

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
8/29(金)0605梅花皮小屋⇒1035御西小屋1050⇒1215大日岳⇒
      1335御西小屋1410⇒1605本山小屋(泊) 休憩含む行動時間:10時間
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて二日目。
朝食を終えて外を眺めに出ると・・・
おおおおお。

赤く染まる梶川尾根(奥側)
a0157297_03193551.jpg


すばらしい朝焼け。(以下3点クリックすると大きくなります)
<梅花皮小屋から石転び沢>
a0157297_03194270.jpg

a0157297_03194816.jpg

<ミヤマセンキュウが浮かび上がる朝焼け>
a0157297_03195223.jpg


と、朝焼け劇場を堪能したら5時半に出るハズが6時になってしまったけど、
まあ、ゆるりといきましょう。

出発時の梅花皮小屋から見た大日岳。
行くまでに上のガスが取れるといいな~などと言いながら歩きだします。
a0157297_03195570.jpg

梅花皮岳への登り途中で振り返れば、小屋がガスに巻かれる様が
これまた実に美しい。
a0157297_03200184.jpg

登山道脇には花・花・花。
ハクサンボウフウはわんさと。
a0157297_03200464.jpg

イイデリンドウもちらっと。
イワオウギも残ってました。
a0157297_03200952.jpga0157297_03202075.jpg

タカネマツムシソウの蕊って赤いんだ~。
a0157297_03200956.jpg

ヨツバシオガマもそこここに。
a0157297_03202052.jpg

ミヤマキンポウゲとタカネヨモギもわっさ~と。
a0157297_03202000.jpg

梅花皮岳、烏帽子岳を越えると、じゃ~ん!とすばらしい展望に
息をのみます。
(クリックすると大きくなります。是非大きな画像で)
a0157297_03230387.jpg


うおぅ、じゃ、行きますか!
a0157297_03202603.jpg


で、ここからも花花ロード。
オタカラコウ              ミヤマシシウド
a0157297_03203577.jpga0157297_03203501.jpg

ナンブタカネアザミ           ノウゴウイチゴ
a0157297_03203573.jpga0157297_03203593.jpg

ミヤマリンドウ              ハクサンコザクラ
a0157297_03204625.jpga0157297_03205774.jpg

イワイチョウ
a0157297_03204646.jpg

そしてそして、ミヤマツボスミレ!
a0157297_03204694.jpga0157297_03205768.jpg

a0157297_03204639.jpga0157297_03205724.jpg




うへ~なかなか着かない御西小屋w
ちょうど烏帽子と御西の間位かな?来し方を振り返るとこんな。
a0157297_03210161.jpg


まあなんとか天狗岳を越えてようやく御西の小屋に到着。
小屋横でちょいと休憩した後、ザックを置いて大日岳へ。

小屋を出た時にはだいぶガスっていましたが、時々ガスが薄くなり
山頂がちらりと見える時も。
a0157297_03211216.jpg

花はいろいろありましたが、これまで載せなかったものを。
とりわけトモエシオガマはこの御西~大日岳間にたくさんあります。
トモエシオガマ             タテヤマウツボグサ
a0157297_03210842.jpga0157297_03210865.jpg


そして大日岳山頂
a0157297_03211558.jpg

ガスで展望のない山頂を後に戻ります。
戻り途中からまた晴れ間が。
今日はガスと晴れの繰り返し。
御西の小屋が稜線上にぽつりと建ってる姿がステキすぎ。
(これもクリックすると大きくなります。水場の位置も記してあります)
a0157297_03212006.jpg
しかしながらこんなに下ってきたかしらん・・・とか
いいながら御西小屋までの最後の登りをこなし、御西小屋に戻りました。

さて、一息ついた後、水場に水をくみにいきますが、
その水場に、見たことのない植物が。
まだ蕾でしたが、あれはアシボソアカバナでは?
水場に降りるだけのつもりだったので、カメラは
小屋横に置いてきたザック中・・・というのが悔やまれます。
それと、この水場からの御西の稜線と大日岳の
ロケーションがすばらしかったのです。
あ~カメラ。
今度行くときにはカメラを持って降りよう。


さて、御西を後に、今度は本山に向けて歩きます。
a0157297_03212336.jpg

御西~本山間にはイイデリンドウがたくさん。
イイデリンドウって副萼片がないのかと思っていたけど、
平開しないというだけでちゃんとあるんですね。
a0157297_03212669.jpga0157297_03213231.jpg

a0157297_03213080.jpg


駒形山を過ぎて・・・
a0157297_03213575.jpg

もうひと登りで本山。
a0157297_03213817.jpg

そして、本山の社のあたりには、・・・ん?これは??
ベンケイソウの仲間っぽいけど・・・こんなの見たことない・・・。
帰ってから調べてみると、チチッパベンケイっていうらしいです。日本固有種。
おお~初めて見たよ。
a0157297_03214906.jpg

それにしても、今回も初見がたくさん。
ミヤマキタアザミ、アシボソアカバナ、チチッパベンケイ。

チチッパベンケイ以外、ちょっと確証がないので検証が必要ですが、
またそれも楽しみってもんです。
覚書:アシボソアカバナと鑑別すべきはミヤマアカバナと
   ヒメアカバナ、イワアカバナ。

さて、本山小屋に到着。
本山小屋は2000円なんですね。
この前はテン泊だったから知らなかったな。
ちなみに三日目に覗いた切合(きりあわせ)小屋は2500円って掲示。
およ、びっくり。
飯豊の小屋はみんな1500円で御西だけ2000円だと思ってましたから。

ま、それはいいとして。
本日の夕食はほぼつまみオンリー。
betty氏がポテトツナサラダとスパムステーキ、
私がアボカドと鳥ささみのマヨ和えとかぼちゃのサラダ、鶉の卵入り肉団子。
a0157297_03215475.jpg

ちなみにかぼちゃのサラダと肉団子は出来合いのレトルトですが、
アボカドと鳥ささみのマヨ和えはちゃんとつくりました。
(和えただけだろうというつっこみはナシの方向でおねがいしますw)
これで、betty氏の三岳でかんぱ~い。

いい調子になって就寝。
小屋、わりと人数が多かったせいか暑くって寝苦しかったな。
イスカ150Xは掛け布団状態。
(朝4時半の小屋内の気温は16度でした)



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
8/30(土)0550本山小屋⇒0725切合小屋0740⇒1035地蔵岳1100⇒1300大日杉
      休憩含む行動時間:7時間10分
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、最終日の三日目。
夜はだいぶ雨が強かった時もあったようですが、ほとんど雨はあがっていました。
しかし、ガスが濃いぃのでカッパ着用で歩きだします。
ガスの濃いなかでもアオノツガザクラの群生がキレイ。
a0157297_03215886.jpg

歩を進め切合小屋に到着。
そういや、切合小屋って泊まったことないな。
a0157297_03220457.jpg


切合小屋の少し先の分岐で大日杉小屋方面に。

沢をまたぐ辺りではまだまだチングルマなんかがありました。
a0157297_03220278.jpg

どんどこ進みます。
a0157297_19565613.jpg

御坪とか言うところをすぎ・・・
a0157297_03220815.jpg

リョウブやらノリウツギやらをつつきながら歩き・・・
a0157297_03221132.jpga0157297_03221405.jpg

ミヤマママコナを眺めつつ・・・
a0157297_03221874.jpg

ようやく地蔵岳目前。ふ~。遠いなw
なんだかね、この3日のなかでこの下山の行程が一番長く感じたような気がします。
(ホントは一番短い時間の行程なんですけどね~)
a0157297_03222577.jpg


そうそう、センジュガンピがちらほらありましたっけ。
a0157297_03222951.jpg

御田とかいうところにはとても立派な杉の木が。
a0157297_03223644.jpg


長之助清水、見てくれば良かったな。
a0157297_03224151.jpg

で、ザンゲ坂とやらを懺悔せずに下り、大日杉小屋が見えた時には
ホッとしました。
a0157297_03224585.jpg

大日杉の駐車場、この画像が小屋側で下の画像が少し離れたところの。
a0157297_03224910.jpg

a0157297_03225352.jpg





白川荘で風呂(400円・露天なし)に入って、天狗平に置いた車を
取りに戻る途中、小玉川の民宿の越後屋で蕎麦。
イワナのてんぷらが付くということで天ざるそばを食したのですが、
そばもさることながら、このイワナのてんぷらが絶品。
a0157297_03225615.jpg

イワナの寒風干しをてんぷらにしたということで、ものすごい香ばしさ。
それでいてふっくら。う~ん、参りました。

天狗平でbetty氏と解散し、
帰路はR121大峠で喜多方に抜けてALL下道6時間ちょっきりでした。


いや~まったくもって充実した三日間でした。
やっぱり飯豊はすばらしい。

同行のbetty氏に感謝いたします。


[PR]
by 92robin | 2014-09-02 21:53 | 東北の山 | Comments(12)
Commented by イケちゃん at 2014-09-02 23:11 x
くにさん、その2もアップするの早いですねぇ〜
イイデリンドウ、ミヤマツボスミレ、その他の花も綺麗に咲いて花、花、花だらけですね!
飯豊山来年こそは絶対行きたい!
食事も美味しそうだしだけど三岳の写真が写ってないよ(笑)
Commented by デイダラボッチ at 2014-09-02 23:14 x
素晴らしい飯豊連峰。
素晴らしいHP。
自分自身が歩いた気分にとっぷり浸かれました。
感謝!
Commented by betty at 2014-09-02 23:52 x
御西の水場の写真、ヤッてしまいましたね(^^;
次回の宿題ですね。
えぶり差岳、石転び、大グラ・・・簡単な山ではないですが、歩きたいルート、見てみたい景色、定期的に飯豊に通わなくてはと思いました(^^)v
お疲れ様でした~
Commented by 92robin at 2014-09-03 00:46
イケちゃん
ブログは即時性、と言うのが一応モットーなんですけど、
最近ちょっと遅いですねw

しかしながら「三岳」に食いつくとはさすが酒呑み。
ワタシ、焼酎はあんまり飲まないのですが、三岳はおいしいな~。
それと、今回はイケちゃんが岩手山に持って上がっていた
ポケットプラボトルを持っていきました。
ナルゲンのフラスコを買ってみたものの、やっぱりちょっと大きくって
ポケットプラボトル位がちょうどいいです。
Commented by 92robin at 2014-09-03 00:53
デイダラボッチさん
その1、その2ともコメントいただきありがとうございます。

今年こそは石転びを、なんて思ってましたが、やはり予定通りには
行きませんで、結局行きそびれました。

今回は、花もそろそろ終わりじゃ?と思って出かけましたが、
そこはさすがに遅くまで雪田の残る飯豊ですね。
春の花から秋の花までさまざまでした。
Commented by 92robin at 2014-09-03 00:59
bettyさん
お疲れさまでした。
お誘いありがとうございました。

御西の水場ね~なんでカメラを持って降りなかったのだろうと
ホント悔やまれます。

飯豊、まだまだいろんなアプローチが残ってますよね。
是非見てもらいたいのが、ハクサンイチゲの頼母木~朳差です。
来年6月上旬~中旬、ちょっと頭に置いておいてください。
Commented by charmy at 2014-09-03 04:57 x
朝焼けの景色幻想的ですね~
この深い山に入った人だけのご褒美ですね
Commented by bayichiro at 2014-09-03 20:43
山と高原地図拡げて一緒に歩いた気になりましたw
飯豊は奥深い山ですね。
石転び沢の写真の奥行き、心が洗われます。
Commented by くに at 2014-09-04 20:28 x
charmyさん
歯を磨きに表に出たんですが、きれいなのにびっくりして
betty氏を呼びに戻りましたw
山の泊まりは、天気さえ良ければ朝と夕がすんばらしいです。
Commented by くに at 2014-09-04 20:32 x
ベイさん
一昨年、飯豊を全山縦走したのですが、その時の方が
なんだか一日の行程が短いような気がしたのは、きっと
今回ガスがかかることが多くって展望が今一つだったから
でしょうかね。
飯豊は標高差の割にはたいへんな山です。
是非行ってみてください。
Commented by asano at 2014-09-04 21:05 x
またまたこんばんは!
越後屋さんのイワナの天婦羅とお蕎麦、だいぶ前に食べたことあります。イワナが大きくて、身がふっくらしていてとても食べ応えがあったのを覚えています。そして蕎麦の味も絶品でした。

しかし、平日の水曜からの山行、羨ましい限りです。
私はくにさんが稜線をルンルン気分で歩いていたころ、体調を崩し下痢と腹痛と格闘していました(泣
もう若くはないんだな~と思い知らされた先週でした。

私にとって飯豊の山行間もないくにさんのレポ、感動がオーバーラップして蘇ってきましたよ~
素晴らしいレポ、有難うございます。
Commented by 92robin at 2014-09-04 21:20
asanoさん
またまたどうも。
体調は戻りましたでしょうか。

越後屋の天そば、いや~おいしかったです。
蕎麦もね、小国で取れたそば粉100パーなんだそうですよ。
私の持論(えらそ~ですね)では、水がいいところの蕎麦はウマイ、
なんですけど、やはりウマかった。

>ルンルン気分
asanoさん、これ死語です。
歳がばれちゃ悪いってことないですけど、歳がばれます。
(てかルンルン気分が分かる私もトシw)

仕事は木金と休みを取っちゃいました。
でも水曜日仕事を終えてからの出発はとてもあわただしいですね。

私もasanoさんの飯豊のレポを、私も今年は行くぞ~と思いながら
読んでましたよ。
そして、風呂は白川荘だ、と学習させていただきました。笑