遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
8月の宝篋山
at 2017-08-06 23:09
7月の宝篋山
at 2017-07-23 20:43
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
以前の記事
最新のコメント
hutatuyanosi..
by 92robin at 23:10
ひえ~ そんなことがあ..
by hutatuyanosiki at 16:56
>Mr.mud さん ..
by 92robin at 17:30
>> くにさん ども。..
by Mr.mud at 08:13
bebeさん お、大雪..
by 92robin at 22:27
大雪山のアブといい宝篋山..
by bebe at 14:25
ぼんぼんさん いや~4..
by 92robin at 22:29
う、、うわぁ~ 災難 (..
by ぼんぼん at 23:46
早く腰の症状がなくなると..
by 92robin at 20:47
昨日コメント入れたと思っ..
by betty at 12:27
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
2015飯豊連峰 大石山 頼母木小屋
ハクサンイチゲを見に朳差岳へ・・・の予定だったのですが、
なんともはや身体が重くって予定変更で頼母木小屋泊となりました。
悲しいかなハクサンイチゲは終了。
ヒメサユリが咲き始めて初夏の様相の飯豊連峰でした。
ソロです。


【概要】
■行程■
6/13(土)1935つくば発⇒常磐道⇒磐越道⇒三川IC⇒県14⇒県202⇒広域農道⇒県53⇒2320奥胎内ヒュッテ手前P
6/14(日)0535奥胎内ヒュッテ手前P⇒0630足の松尾根登山口⇒1130大石山⇒1235頼母木小屋
6/15(月)0655頼母木小屋⇒1005足の松尾根登山口⇒1050奥胎内ヒュッテ手前P


■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
奥胎内ヒュッテ手前の駐車場、40台位
トイレは奥胎内ヒュッテ手前の林の中にある 水洗・紙あり

■水場について■
頼母木小屋の水は今年は6/10から出ていた様子

■携帯電波・ドコモ■
不可:胎内ダム、奥胎内ヒュッテ、頼母木小屋
その他は未確認
山以外では県道53沿いの胎内スキー場あたりでは入った

■装備■
アイゼンはいらない
泊まり装備はイスカの150X+シュラフカバーで十分(カイロなし)
夜1時30分 12℃  翌朝11℃

■その他■
奥胎内ヒュッテから足の松尾根間は7/4から乗り合いタクシー(500円)あり
この時期はナシ


【詳細】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/13(土)1935つくば発⇒常磐道⇒磐越道⇒三川IC⇒県14⇒県202⇒広域農道⇒県53⇒2320奥胎内ヒュッテ手前P
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
当初、6/13-14の土日でイケちゃんと予定していましたが、イケちゃん体調不良でキャンセル。
ワタシ、15(月)を休養に充てようと休みを取っていたので、天気の都合で14-15に。
や、なんかね、先先週位から頭痛と腰痛で調子が悪かった。
おまけに先週はなぜか発熱続き。仕事は行ってましたけど。
だからね、イケちゃんがキャンセルになったときに取りやめようかな?とも思ったのですが、どうしてもハクサンイチゲと朳差岳からの飯豊の主稜線が見たかったのです。
前日は熱も下がったことから一人高速道路を走り一路奥胎内ヒュッテ手前Pを目指します。
a0157297_21182603.jpg

2013年に足の松尾根から登った記事のコメントでふわりさんが安田ICで降りて北上するといいのでは?と教えて頂いたので、それまでは中条ICまで乗っていたのですが、今年は安田ICのひとつ前の三川ICで降りて北上。
途中、内の倉ダムの表示を見て思い出したのですが、2012年の飯豊全山縦走の時に
登山口移動で南下した道でした。

今回、磐越道の会津坂下~会津西ICは昼夜通行止。
一部R49を走りました。
そして、新潟県県道53沿いの胎内川ダム。
お約束の夜ダムです。
a0157297_21183154.jpg




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/14(日)0535奥胎内ヒュッテ手前P⇒0630足の松尾根登山口⇒1130大石山⇒1235頼母木小屋
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、前置きが長いですね。
本編です。
ムクリと起き出し、奥胎内ヒュッテ手前の駐車場から出発。
奥胎内ヒュッテからは一般車は通行止めなので、小一時間舗装&非舗装林道を歩くのが悩ましいですが、足の松尾根登山口に到着。
登山口に登山届BOXが出来ていました。
(今までは奥胎内ヒュッテ玄関横のみ)
a0157297_21184235.jpg


そうそう、舗装林道ではミズキの花がきれいに咲いていましたっけ。
a0157297_21183859.jpg


登って行きます。
a0157297_21184596.jpg


2013年に体調不良で撤退した姫子の峰。
a0157297_21184861.jpg



キタゴヨウの根っこが張り出した急登を行きます。
画像はましなところ。
a0157297_21185417.jpg


2011年に来た時と比べ、崩落で一部登山道が付け替えられていました。
雪渓を登ります。
a0157297_21190137.jpg

雪渓脇にはユキツバキ
a0157297_21190406.jpg

タムシバ
a0157297_21190828.jpg

カタクリにイワウチワ
a0157297_21191276.jpga0157297_21191609.jpg

キクザキイチゲも。
ここだけは季節が戻ったみたいな感じ。
a0157297_21191877.jpg


オオバキスミレの群落もあったりして気分が上がります。
a0157297_21192251.jpg

シラネアオイもありました。
白く見えるけど、色抜けしてるだけ。
a0157297_21192617.jpg


進むと、ブナ林も。
a0157297_21193107.jpg


ヒメモチみっけ。
a0157297_21193423.jpg


で、この手前だったか『少年・・・みたい・・・?』のちいさん夫妻と交差。
駐車場にそれらしい車はあったのでもしかしたら?と思っていましたが。
それにしても、ちいさん夫妻、先週も飯豊じゃなかった?
二週連続飯豊だなんてタフだな~。
て、ことじゃなく、ちいさん夫妻、朳差だったとのことですが、ハクサンイチゲは終わってヒメサユリが咲いていることと頼母木小屋の水が出ていることを教えていただきました。
ガ~ン。
なんとか持つと思ったのに。ハクサンイチゲ。

イチジ峰まで来ました。
ちいさんにハクサンイチゲは終わってる&頼母木の水が出ていることを聞いて気持ちがぐらぐらしていましたが、ここら辺で頼母木の小屋でいいかな?と思い始めます。
いや、だって、なんだかもうね、身体が重いの。
ここんとこ調子悪かったからからだよね~。
ちなみに見えているピークは大石山でなくって西ノ峰です。
最初に来た時にあれが大石山か?とだまされましたw
a0157297_21193774.jpg


ツバメオモトも何株か。
a0157297_21194081.jpg

ツクバネウツギ・・・だよね?飯豊で見たの初めてだ。
a0157297_21194509.jpg


と、おお!
a0157297_21195038.jpg

ヒメサユリが咲き始めています。
a0157297_21195439.jpga0157297_21195751.jpg



ふひ~とヘロりながら西ノ峰到着。
情けのうございますなあ。
a0157297_21200127.jpg


朳差岳も見えるようになりました。
う~。(まだ少し迷っている)
a0157297_21200488.jpg


大石山に到着。
コースタイムは頼母木の小屋まで50分、朳差岳まで1時間50分。
このヘロっている状態での1時間は大きい・・・。
ハクサンイチゲも終わっているということなのでここで頼母木小屋泊を決断します。
a0157297_21200936.jpg


歩を進めると左手には鉾立峰と朳差岳。
うらめしや~。
なんせ、ワタシ、飯豊では朳差岳が一番好きなのです。
小屋と山頂のロケーションが素晴らしいし、杁差の小屋前から主稜線が一望できるのもいいですよね。
a0157297_21201308.jpg


まあ、頼母木までの登山道脇にもハクサンイチゲはイヤというほどあるのですが・・・。
・・・。坊主を通り越して金平糖状態になっています。
a0157297_21201621.jpg


それでは残念ぶりをご覧ください。
(これ、一応花が付いている所です。ほかは一面金平糖)
a0157297_21201981.jpg


ううう。
調子が今ひとつなのに頑張って登ってきたのに。
がっかり感ハンパないw

キバナノコマノツメは咲き誇っていました。
a0157297_21202363.jpg

ツマトリソウ        ウズラバハクサンチドリ
a0157297_21202634.jpga0157297_21203032.jpg


未練たっぷりで少しでも咲き残っていると撮ってしまいます。
a0157297_21203530.jpg


この株だけ見栄えがする咲き残りっぷり。
ハクサンイチゲと二ッ峰
a0157297_21205189.jpg


ハクサンイチゲと大石山
a0157297_21205442.jpg


この株に救われた思いで歩を進めます。
a0157297_21210050.jpg


ヒメサユリも咲いています。
ヒメサユリだってそりゃ好きだけどさ。
a0157297_21210516.jpg


振り返ってまた朳差岳。だって好きなんだもの。
a0157297_21210839.jpg

あれ?これも飯豊では初めて見るよ?エゾノヨツバムグラだよね?
ナンブタカネアザミも咲きかかってました。
a0157297_21211181.jpga0157297_21211560.jpg


サラサドウダンもそこここに。
a0157297_21211993.jpg


コケモモ     イワカガミもたくさん
a0157297_21213989.jpga0157297_21214276.jpg

マイズルソウもよく見ればキレイだな。
a0157297_21214669.jpg


さて、頼母木小屋直前に・・・。
ん~これはミヤマアカバナなのかな?アシボソアカバナ?
ちょっとルーペがないと腺毛なのか曲がった毛なのか分からない。
a0157297_21212697.jpga0157297_21213094.jpg
a0157297_21213496.jpg


頼母木の水はどばどば。
うへ~やっぱり聞いた時点で霞ヶ浦の水を捨てるんだった。
でもね、一度頼母木の小屋に泊まった時に夕方まで出ていた水があくる朝ホースが詰まって出なくなっちゃったとこあったかからどうも捨てる勇気が出なかったのです。
a0157297_21212125.jpg


小屋は一番乗り。まあ、この時間だものね。
寝床を作って水を汲んで、休養ゴロゴロ。
夕方におじさん二人組が入って、計3名。
16時すぎ頃にはガスが出てあっという間に真っ白に。
ガスに包まれた頼母木小屋。
a0157297_21215071.jpg



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/15(月)0655頼母木小屋⇒1005足の松尾根登山口⇒1050奥胎内ヒュッテ手前P
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、朝。
早朝は曇っていてきれいな朝陽はなし。
お世話になった小屋に挨拶して出発します。
a0157297_21215306.jpg


歩きだすと、陽が差し始めます。右に目をやれば朳差岳。
クリックすると大きくなります。
a0157297_21215887.jpg


左に目をやれば二ッ峰に二王子岳。
これもクリックすると大きくなります。
a0157297_23213593.jpg

今年も飯豊の主稜線に立てた嬉しさがようやくこみ上げてきました。

振り返ってもういちど小屋にさよなら。
a0157297_21221854.jpg


ニッコウキスゲもスタンバってます。
a0157297_21221144.jpg

ヒメサユリ咲く道を進みます。
a0157297_21222222.jpg


ちと、ピンボケですがオオバスノキ。
a0157297_21222547.jpg


金平糖状態のハクサンイチゲに再びため息w
a0157297_21223703.jpg


二王子岳とハクサンイチゲ
a0157297_21224184.jpg

二ッ峰とハクサンイチゲ
a0157297_21224527.jpg


コケモモが鈴なり状態
a0157297_21224972.jpg


タカネナデシコ準備中
a0157297_21225215.jpg


ミツバオウレンも咲いていました
a0157297_21225752.jpg


大石山着。
主稜線から降ります。
a0157297_21230046.jpg


さあて、行こう。
a0157297_21230418.jpg


アカモノも咲いています。昨日は見逃したな。
a0157297_21230668.jpg


タニウツギもキレイ。
a0157297_21231002.jpg


ヒメサユリ、昨日より咲いているわ
a0157297_21231510.jpg


昨日、身体が重くっていっぱいいっぱいだったので写す余裕のなかったオオカメノキ
a0157297_21231833.jpg


下って下って下って雪渓の道ではムラサキヤシオも残っています。
a0157297_21232374.jpg


そこでは、まあなんたってマンサクが咲いてますからね。
a0157297_21232773.jpg


オオバキスミレの群落をもう一度観賞。
a0157297_21233183.jpg



足の松尾根ね、細くって、なにげに両側が切り立っているので、ここで間違えてでんぐり返ったら・・・と思うとちょっと怖い。
なんせ、足場がよくないところも多いし、急坂だし。

まあ、なんとか無事に下り、林道脇にアカソ。
アカソシリーズはクサアカソ、コアカソ、アカソとありますが、クサアカソは木質化する低木でコアカソは西南日本の太平洋よりの山地に多く、アカソはどちらかというと日本海側の山地に多くって葉の先が3裂。
a0157297_21233784.jpga0157297_21234037.jpg


まあ、なんせエゾアジサイまで咲き始めているのだからもう夏ですわね。やれやれ。
a0157297_21234427.jpg



4km位ある林道、最後のカーブを曲がれば赤い屋根の奥胎内ヒュッテ。
a0157297_21234842.jpg



奥胎内ヒュッテでお風呂に入ります。(露天なし600円)
いや~高温多湿でもう汗ぐっしょり。

帰路は来た道をもどり三川ICから・・・とも思いましたが、会津西ICで高速に。
まあ、平日で割引なしだけど、たまには楽しましょ。

と無事帰着。

いや~残念なハクサンイチゲだったけど、まあ今年は仕方ないやね。
焼石の方が良かったかな?と、ちらと思いましたが、まあ詮無いことですね。


[PR]
by 92robin | 2015-06-15 23:57 | 東北の山 | Comments(14)
Commented by charmy at 2015-06-16 05:05 x
それでもいっぱいのお花が見れましたな

体調から考えてよい選択だと思います。あれだけ深い山ですから、何かあったら大変ですもん


※ナイトダム萌
Commented by ちい at 2015-06-16 05:47 x
くにさん、おはようございます。くにさん、山だと大きく見えますね(笑)
あれ?くにさんかな?でもちょっと大きいかな?すれ違い時に身長を確認。くにさんだぁって(笑)
ハクサンイチゲは残念でしたね。私も朳差のハクサンイチゲの群落見たかったナァ(涙)
Commented by イケちゃん at 2015-06-16 12:20 x
くにさんお帰りなさい
今回は前日になり突然で申し訳ありませんでした本当にとうとうダウンして今日熱が出ました(>_<)

ハクサンイチゲは残念でしたね ‥でも他にも花は楽しまれたようで良かった良かった、でもくにさんには物たりなかったかな?
Commented by のんびり夫婦の山遊び at 2015-06-16 12:46 x
くにさん、こんにちわ!
飯豊連峰、天気も良く、花々と眺望を楽しまれましたね。
ハクサンイチゲは残念でしたが、ヒメサユリなどの多く
の花々を愛でることができたんですから、良かったですよ。
私達は装備もなく、体力もないので、飯豊は未だ未踏の
山~何時かはとは思っています。
レポで十分楽しませていただきました。
Commented by 和子&徹也 at 2015-06-16 20:05 x
くにさん イケちゃんが参加できなくて残念でした。
ハクサンイチゲが金平糖状態なんて予想できないよね。
足の松尾根の根っこは登り辛いけど、沢山の花々見れて良かったね。
ヒメサユリ大好きな花です。
朝日連峰のヒメサユリは来月では遅いのかな?
Commented by 92robin at 2015-06-16 21:11
charmyさん
胎内川のダムは下流より胎内第二ダム、胎内川ダム、胎内第一ダムとあるのですが、その奥に奥胎内ダムを建設中らしいです。
30年秋完成試験湛水だそうで。

山は一昨年撤退したことがよぎり、降りちゃおうかとも
ちょっと考えましたがなんとか登れてよかったです。
Commented by 92robin at 2015-06-16 21:14
ちいさん
駐車場にあれ?と思う車があったのは分かっていたのですが、
ナンバーまでは覚えてなかったので確信がもてませんでした。
大きく見えるのは、たぶん比較の問題ですね。(マジレスw)
だれかと並んじゃうと小さいの目立ちますからね。
ハクサンイチゲ、残念でしたよね。
なので、せめてトップ画像は2011年の満開のハクサンイチゲと杁差の小屋にしてみました。
Commented by 92robin at 2015-06-16 21:18
イケちゃん
イケちゃん、熱は下がりましたか?
や~私も実は調子があまり良くなかったのです。
日月にしたのも天気がよさそうってのもあったのですが、
土曜にゆっくり休めばなんとか復調しそうと思ったからです。
完全には復調もせず、ヘロヘロの登山になってしまったけれども、
飯豊の主稜線に立てた喜びはやはりいいものでした。
また声をかけますので付き合って下さいね。
Commented by 92robin at 2015-06-16 21:22
のんびり夫婦の山遊び さん
焼石にすればよかったかな、でも詮無いこと。とブログを
描き終えた後、のんびり夫婦さんのブログを見たら
あらびっくりなんといい状態のハクサンイチゲが。
焼石、本当に素晴らしい花の山ですよね。
中沼から入ると、また沼越しの焼石連峰のロケーションが
いいですし。
登山道もじゃぶじゃぶではなくってよかったですね。
ワタシ、焼石用に長靴買いましたよ。笑
出番はありませんでしたけど。

そういえば、飯豊は未踏なんですね。
小屋もあるし、寝袋さえあれば泊まれるので是非。
体力なんて私が登れるのだから大丈夫ですよ。
Commented by 92robin at 2015-06-16 21:26
和子&徹也さん
朝日連峰のヒメサユリは例年だと7月の上旬なら大丈夫だと
思います。
・・・が、今年はどうでしょうね。

それにしても、金平糖状態のハクサンイチゲをさんざん
眺めてきましたよ。笑
イケちゃんに残念なハクサンイチゲの風景を見せずに済んでよかったかも?!笑
大入道のシロヤシオに続く残念さではイケちゃんにも
気の毒だったろうから。
Commented by hutatuyanosiki at 2015-06-20 06:43 x
WAO!
飯豊行かれてたのですね。
イチゲチャンの金平糖状態はちょっと残念でしたが
初夏の花々のオンパレード、今年も飯豊の主稜線に立てた
満足感がビンビン伝わってきますよ。
日月で行かれたのですね。
そうそう、私も何だか最近土曜出勤が多く、月曜に思い切って
代休っていう手もありますね。
Commented by 92robin at 2015-06-21 16:51
hutatuyanosikiさん
ハクサンイチゲの頼母木~えぶり差岳を見に行ったので、
もう残念な感じです。
まあそれでもヒメサユリが見られたし、それにやっぱり
飯豊の主稜線に立てた喜びはよいものでした。

私は土曜出勤が順番で回ってくるので次はたしか海の日の連休の土曜日がそうだったような。
もちろんしっかり代休をとりますw
Commented by uzunosyuge at 2015-06-22 13:02 x
こんにちわ^_^

ハクサンイチゲは残念でしたね。

先週チラ見しただけだったので、ゆっくり拝見させて頂きましたが、いいですね飯豊。
まだ行った事がなく、ただ憧れてるだけでしたが
ヒメサユリも見た事がないので、メチャ行きたくなりました。
う~ん。お天気みながら有休もらっちゃおうかなぁ^_^;

Commented by 92robin at 2015-06-22 21:03
uzunosyuge さん
今年は花が早いからもう遅いかも・・・と思いつつも
期待していたハクサンイチゲでしたがあれほど終わっているとは。

飯豊はちょうど花の端境期なのでもう少し後の方が
よいような気もします。
広大で雪田も多く残る飯豊ですから夏の終わりごろでも
春の花と夏~秋の花をいっぺんに見ることが出来るのも
よいところ。
でもヒメサユリを見るなら7月上旬位がリミットかも。

飯豊は単純な標高差の割には大変な山ですが、私は大好きです。
山登りをする前から憧れていましたので登れるようになってとても嬉しいのです。