遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
8月の宝篋山
at 2017-08-06 23:09
7月の宝篋山
at 2017-07-23 20:43
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
以前の記事
最新のコメント
hutatuyanosi..
by 92robin at 23:10
ひえ~ そんなことがあ..
by hutatuyanosiki at 16:56
>Mr.mud さん ..
by 92robin at 17:30
>> くにさん ども。..
by Mr.mud at 08:13
bebeさん お、大雪..
by 92robin at 22:27
大雪山のアブといい宝篋山..
by bebe at 14:25
ぼんぼんさん いや~4..
by 92robin at 22:29
う、、うわぁ~ 災難 (..
by ぼんぼん at 23:46
早く腰の症状がなくなると..
by 92robin at 20:47
昨日コメント入れたと思っ..
by betty at 12:27
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
尾瀬 トガクシショウマ
さて、chikoやんに誘われて尾瀬です。
目的はあこがれのトガクシショウマと久しぶりのテント泊。
トガクシショウマ、いつもその時期は岩手山のシラネアオイやらなにやらで機会に恵まれませんでした。
しか~し、今年は少雪ゆえの雪消えの早い尾瀬。
これぞ好機とばかりに行こうではありませんか、いよいよトガクシショウマを見に!


【行程】
5/27(金)2040つくば発⇒R294⇒R408⇒R4⇒県道185⇒R400⇒R121⇒R352⇒2405御池
5/28(土)0640御池=バス=沼山峠休憩所0715⇒尾瀬沼ビジターセンター⇒沼尻⇒1345見晴(テン泊)
5/29(日)0700見晴⇒段吉新道⇒燧裏林道⇒1320御池

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
御池Pは公称440台。一回1000円。

■水場について■
利用した水場は見晴キャンプ場のみ。

■携帯電話■ mineo(ドコモ)
不可:御池P、見晴キャンプ場

■泊まり装備■
アライテント トレックライズ0
モンベル U.L.スーパーストレッチダウンハガー#3
温度:見晴キャンプ場で29日4時3℃、5時1℃
モンベル#3でやや寒かったので、アルミが貼ってある薄いレジャーシートを掛け布団状態で快適。
カイロなし。


【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/28(土)0640御池=バス=沼山峠休憩所0715⇒尾瀬沼ビジターセンター⇒沼尻⇒1345見晴(テン泊)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて前夜入り車中泊で御池スタートです。
実に久しぶりな御池、2010年8月の燧ケ岳以来です。
御池⇒燧ケ岳⇒尾瀬沼キャンプ場⇒沼山峠⇒御池で初のテント泊と
いう設定でしたが、今思えばなんで重いテン泊装備で燧ケ岳なんか登った後に
張ろうと思ったのか。
まあ山を始めて一年位なもんでしたからね~。笑

などと思いつつ現地集合のchikoやんとバスに乗り込み沼山峠休憩所へ。

さて、歩きだしますけどね、chikoやんザックでかっww
a0157297_23364143.jpg

なんだろ?この芽は?
と思ったらなんとゴゼンタチバナの新芽でした。
ミツバオウレンなんかもポツポツと。
a0157297_23364595.jpga0157297_23364847.jpg

サンカヨウが萌え出て、タケシマランも。
a0157297_23365174.jpga0157297_23365397.jpg


なんてやってるうちに湿原にでました。
a0157297_23365641.jpg

湿原の際の新緑がすばらしいです。
a0157297_23365856.jpg

ワタスゲはまっしろほわほわになる一歩手前。
chikoやんによれば、よごれたウサギの尻尾。なるほど。
a0157297_23370137.jpg

陽が差してきたので大江湿原一面にあるタテヤマリンドウが開花し始めます。
a0157297_23370483.jpg


リュウキンカも出てきました。
a0157297_23370946.jpg

そうこうしているうちに尾瀬沼が見えてきました。
お~あれが3本カラマツか。
a0157297_23370625.jpg



長蔵小屋に植えてあるシラネアオイを見物したり。
a0157297_23371292.jpg

沼越しの燧ケ岳を眺めたりしつつ沼尻に向かいます。
a0157297_23371597.jpg

オオカメノキは花盛り。
a0157297_23371816.jpg

コヨウラクツツジもぽつぽつと。
a0157297_23372023.jpg

ミズバショウがわっさ~とあるとこもたくさん。
a0157297_23372446.jpg

そうかと思えばコミヤマカタバミやら・・・
a0157297_23372849.jpg

んんん?!こりゃミヤマスミレ!
いや~尾瀬で初めて見た!
a0157297_23372694.jpg

そして鮮やかなムラサキヤシオもたくさん。
a0157297_23373988.jpg

でも基本湿原。
a0157297_23374203.jpg

a0157297_23373644.jpg


するといつの間にか沼尻。
沼尻休憩所は昨年焼失してしまったそうな。

a0157297_23374777.jpg


焼け跡脇にてしばし休憩し、燧ケ岳の裾を見晴らしに向かって歩きます。
木道脇にはチングルマも出てきました。咲き始めです。
そしてあちこちにヒメシャクナゲも。
a0157297_23374492.jpga0157297_23374923.jpg


大好きなミツガシワも咲き始め。
水面に影が写っていとをかし。
a0157297_23375238.jpg

ミネザクラがまだ残っている所がありました。
a0157297_23375551.jpg

森の新緑が水面に写ってうっとりするほどきれいでした。
a0157297_23380004.jpg

ミツガシワ、萌え萌えなコバイケイソウ
a0157297_23380438.jpga0157297_23375706.jpg


今度は色の濃いミネザクラ。
ミネザクラは花や葉の色に変化があってとてもきれいですよね。
a0157297_23380737.jpg

サンカヨウの花の白さに息をのみ・・・
木道脇のミズバショウを愛で・・・
a0157297_23381044.jpga0157297_23381619.jpg

イワナシの花の造詣に感嘆し、形のいいミズバショウににっこり。
a0157297_23381996.jpga0157297_23382113.jpg

なんてやってたら、おや、キヌガサソウ。
a0157297_23382443.jpg


意外とたくさんあったエゾノヨツバムグラ。
同じアカネ科、クルマバソウ。
a0157297_23382770.jpga0157297_23383225.jpg

ピンクのコミヤマカタバミを熱心に撮り、ふと顔を上げればルイヨウボタン!
尾瀬で初めて見たわ~。
a0157297_23383022.jpga0157297_23383596.jpg


そしてナツトウダイ。 腺体は緑色のタイプ。
次の日撮った腺体が赤っぽいタイプも並べておきます。
a0157297_23383880.jpga0157297_23385538.jpg

で、chikoやんとあーだこーだ言って、やっぱこりゃサンリンソウだってことになったサンリンソウ。ホントにサンリンソウでした。
やっぱり花好きな人と歩くと楽しいです。
a0157297_23384265.jpg

ちなみにニリンソウとの区別は葉柄の有無。
葉柄があるのがサンリンソウ。ニリンソウにはなし。
イチリンソウにも葉柄はある。
それじゃ葉柄のあるイチリンソウとサンリンソウの区別は?
というとイチリンソウの葉が細かく切れ込むことと分布。
サンリンソウは亜高山帯。


さて、そしていよいよ見晴に到着です。
chikoやん、テン泊デビューだそうで。
奥がchikoやんのトレックライズ1、手前が私のトレックライズ0。
a0157297_23384550.jpg

張り終えてchikoやんは散策へ、私はお昼寝で至福ww

お昼寝後、ご飯。
a0157297_23384826.jpg

テン場は最終的に60数張でした。
私、尾瀬のテン場は見晴に張ったことなかったんですけど、
見晴が一番いい雰囲気かな。
尾瀬沼もいいけど、予約が必要。
a0157297_23385201.jpg


まあちょっと夕陽を見に行って・・・
a0157297_23390133.jpg

夜ちょっと起きて星空。
a0157297_23390421.jpg


そして、あくる朝。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/29(日)0700見晴⇒段吉新道⇒燧裏林道⇒1320御池
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今日はぴかぴかの晴れ。
奥に見えるは至仏山。
a0157297_23390981.jpg

ズミの花が咲き始め。
a0157297_23391248.jpg

木道脇にはオオバタチツボスミレがたくさんでうっひょ~。
これがね、大柄できれいなスミレなんですよ。
本州では高層湿原あたりで見ることが出来ます。
a0157297_23391585.jpga0157297_23391860.jpg

a0157297_23392007.jpg

そしてミヤマツボスミレ。
ツボスミレ(ニョイスミレ)の高山型といわれるけど、
完全に区別するのはむずかしいような。
a0157297_23385819.jpg



そして、出来れば見たかったオゼタイゲキ。
ハクサンタイゲキの変種とされる出版物と同じされるものもある。
まあ要するにハクサンタイゲキの尾瀬版と思っていればいいですね。
腺体は楕円形で苞が鮮やかな黄色。
子房に長い毛が生えるのが大きな特徴で表面はでこぼこ、だけどこの個体は
まだ子房ができてませんね。
a0157297_23392241.jpg
ちと写りが良くなかったので今度はうまく撮ってこよう。



で、そうしているうちに温泉休憩所。
しばし休憩後、いよいよトガクシショウマへ。
a0157297_23392507.jpg


オオバミゾホオズキはこれまで花を付けたものはありませんでしたが
花を付けたのが一株出てきました。
a0157297_23392862.jpg



そしてそしてそして! トガクシショウマ!
いや~いいもんですね。実に。
a0157297_23393147.jpga0157297_23393384.jpg
a0157297_23393528.jpga0157297_23393815.jpg

a0157297_23394529.jpg

いや~危なかった危なかった。
結構花が終わってる株が多かったですが、なんとか残っていました。

大興奮の後、見上げればツタウルシが陽に輝き・・・。
a0157297_23394979.jpg



尾瀬と言えば、尾瀬ヶ原みたいな湿原のイメージですが、温泉小屋を過ぎてからはずっとブナやミズナラなどのの森。
a0157297_23395220.jpg

裏燧橋という立派な吊り橋が出てきてしばらく行くとまた湿原が出てきます。
a0157297_23395427.jpg

オオバスノキがありましたっけ。
a0157297_23395669.jpg

ずっとムラサキヤシオとともに歩いてきました。
a0157297_23395885.jpg

サラサドウダンかベニサラサか。
a0157297_23400767.jpg

ミズバショウがまた出てきて・・・。
a0157297_23400568.jpg

a0157297_23400284.jpg

上田代のベンチで盛大に休憩。
ここでchikoやんのじゃがりこピザ!たいへんおいしゅうございました。
(食べてから撮ってないの気付いた~。)
a0157297_23400984.jpg

この上田代から平ヶ岳や越後駒、中ノ岳、荒沢岳などが見えて良い気分。
a0157297_23401206.jpg


あ~もう少しで終わってしまうな。
a0157297_23401589.jpg

最後にミズバショウ群生。
a0157297_23401890.jpg

キンコウカと花穂が出始めたコバイケイソウを眺めたら御池P。
a0157297_23402167.jpga0157297_23402366.jpg

いや~トガクシショウマも見ることができたし、オオバタチツボスミレもたくさんあったし、
ムラサキヤシオの鮮やかさにココロ打たれたしで大満足の二日間でした。

誘っていただいたchikoやんに感謝。

[PR]
by 92robin | 2016-05-31 20:36 | 東北の山 | Comments(8)
Commented by やまさん at 2016-05-31 21:01 x
お久しぶりです。尾瀬のいろいろな花がきれいですね。
こはちらは地元の近場の山ばかり登ってます。
飯豊のハクサンイチゲが真っ盛りだそうです。今週末は混むでしょう。
6/3には通行止めも解除のなるみたいです?!
最悪2時間の自転車で登山口、杁差小屋泊を考えてます。
Commented by リンゴ at 2016-05-31 22:02 x
さすがに花好き女子二人旅。自分だと絶対目に入らない様なスミレや他の花がいっぱい。
トガクシショウマは3年前だったかな?私も見つけることが出来ました。
ただ、監視員?の女性が群生地の前に立ちはだかっていたので、近寄っての撮影が叶えられず。悔いが残っています。
それにしてもテン泊、憧れるな~。
自分もその内デビューしちゃおうかな?その時は色々とご教授を~。
Commented by chikoやん at 2016-05-31 23:50 x
テント泊でっびゅーにお付き合いいただいて、
ありがとうございました!
どれだけ心強かったことか。
にしても、あの荷物の大きさの違い。。。(笑)
トガクシショウマ。ギリ、間に合ってホントによかったです。
あれほど見頃過ぎになっているとは、想像できませんでした。
スミレも花が終わると葉っぱが巨大化するけれど、
トガクシショウマも花が終わると・・・
な~んてところまで観察できちゃいましたね。(^^;

ポスターに出てくる尾瀬の景色とはふた味くらい違う
新緑と美しい傾斜湿原の景色を堪能。
それに楽しいお花見~♪ の、充実の2日間でした!
またご一緒してくださいね!!
もうちょい、経験値を上げておきます。
もうちょいコンパクトに荷物をまとめるのと。(笑)
Commented by 92robin at 2016-05-31 23:53
やまさん
なんと!もうハクサンイチゲが盛りですか?!
やっぱり今年は早い!
でも、今週末は岩手山なんです~。
えぶり差or焼石はその次の週を考えていました。
わ~どうしようかな~。
次の週でえぶり差、間に合うかな~。
やまさんのレポを見て焼石にするかえぶり差にするか
決めます!
Commented by 92robin at 2016-05-31 23:57
リンゴさん
まあジョシというのにはちと無理のある年ですがw
花見登山でもうゆるゆると楽しんできました。
なんど途中でお茶したことか。笑

>テン泊、憧れる
あれ?リンゴさんはテント泊はしない主義なのかと
思っていました。
なんだ~テン泊、いいですよ~。
テン泊で行きましょう!
Commented by 92robin at 2016-06-01 00:02
chikoやん
いえいえ、こちらこそお誘いいただいたおかげで
トガクシショウマと久しぶりのテント泊ができましたよ~。
ソロテン泊もいいですけど、やはり同行者がいると
楽しいものでした。

トガクシショウマ、ホント、ギリでしたね~。
よかった~。

それにしても一体何が違って倍の重量になったのか
いまだに謎です。笑

私にとっては初の山の絡まない尾瀬歩きでとても
新鮮でした。
二日間本当にありがとうございました。
また是非是非ご一緒させてください~!
Commented by asano at 2016-06-05 10:31 x
こんにちは。
いいですね。トガクシショウマ。
花・花・花のオンパレードですね。
尾瀬、しばらく行ってないですけど久しぶりに行ってみたくなりました。
見晴は私のテン泊デビューの地です。
何となく雰囲気が好きな場所です。
この時期どこへ行ってもいい季節ですね。
またそろそろ遠征したくなってきました!
Commented by 92robin at 2016-06-06 12:08
asanoさん
尾瀬っていいですね~。
尾瀬は山ばかりで、いわゆる尾瀬を歩いたことがなかったのですが、
(20代のアレは別にね~w)
いや~とてもよいものでした。
asanoさんのテン泊デビューは見晴だったのですね。
見晴のテン場、いいですよね~。
とても好きになりました。
尾瀬、いわきからだと少し行きにくいですね。
まあ、ウチからだって御池まで、夜でもたっぷり3時間半はかかるので遠いと言えば遠いですね。
これからしばらく花の季節。
asanoさんがこの前行った焼石もこれから素晴らしいですよね。