遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
8月の宝篋山
at 2017-08-06 23:09
7月の宝篋山
at 2017-07-23 20:43
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
以前の記事
最新のコメント
hutatuyanosi..
by 92robin at 23:10
ひえ~ そんなことがあ..
by hutatuyanosiki at 16:56
>Mr.mud さん ..
by 92robin at 17:30
>> くにさん ども。..
by Mr.mud at 08:13
bebeさん お、大雪..
by 92robin at 22:27
大雪山のアブといい宝篋山..
by bebe at 14:25
ぼんぼんさん いや~4..
by 92robin at 22:29
う、、うわぁ~ 災難 (..
by ぼんぼん at 23:46
早く腰の症状がなくなると..
by 92robin at 20:47
昨日コメント入れたと思っ..
by betty at 12:27
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2010 あこがれの飯豊(いいで)連峰
雨の週間予報が週半ば過ぎに変わった。
さて、3連休。
どこの山に行こうか?

候補はいろいろあったのだけれども、むくむくとココロに湧きあがる
のは・・・・・・・飯豊山!

登山なんてまったく眼中になかった頃からあこがれていた飯豊山。
バイクブログの記事のコメントで「いつかは登ってみたい」と書いてあるのが
なんだか懐かしい。

飯豊連峰の山形県側の麓の小国町界隈はとても好きなエリアで
何度も足を運んでいる。

できれば小国町の飯豊山荘から梶川尾根で上がりたかったのだけれども、
一番近い避難小屋のコースタイムが8時間弱という長大なものだし、
その先もこれまた長い。
ちょっと3連休ではきつい。

【追記】山を始めて一年未満のど初心者の話です。普通の人は大丈夫。

てなわけで、福島の喜多方の北の山都町の川入から上がることにした。
下山も川入。


飯豊連峰は、福島、山形、新潟にまたがる山塊で主峰の飯豊山は2105m。
2,000m級のピーク6峰を結ぶ約20kmの主稜をもち、高山植物と残雪が
シンボル。古くから山岳信仰の対象として親しまれ、その山容が豊かにメシを
盛った形から「飯豊」と名づけられたとも伝えられているそうな。
連峰の最高峰は大日岳で2128m。

基本、泊まりは避難小屋かテント。テント場がない小屋もあるので注意。
(今回、通った中では三国小屋がテント場がない)
避難小屋は夏の間管理人がいて、宿泊は2000円前後。
食事は出ない。(切合小屋では出ると聞いた。食事つきで8000円位だそうだ。)
(クリックすると大きくなります)
a0157297_224026.jpg


<<概要>>
7/16 常磐道→磐越道 会津若松IC →川入キャンプ場(登山口)着で仮眠。
■磐越道降りるのは、会津坂下の方が良いと後から気付いた

7/17 6:40川入登山口→12:00三国小屋
■出来れば切合(きりあわせ)小屋までと思ったが、あまりの暑さと湿度、かつて
 ないザックの重さにへこたれて三国小屋泊を決め込む。
■三国小屋は2000円。
■中十五里と上十五里の間にある水場は、結構下るし水もちょろちょろとのこと。
■横峰小屋跡と剣ヶ峰の間にある水場は、水量も豊富で手がしびれるほど冷たく
 すごくおいしい。
■剣ヶ峰の水場は水量も多いようだけど、下るんでいかなかった。
■剣ヶ峰は岩稜。

7/18 5:35三国小屋→7:45切合小屋→10:40飯豊山山頂→13:15切合小屋
→15:05三国小屋

■水場は切合小屋
■御秘所の岩稜は結構高度感があってちと怖い。
■三国小屋を出てちょっと行くと花が多くなる。そこから飯豊山まで花がたくさん。

7/19 6:00三国小屋→9:55川入登山口 
■「いいでの湯」に入り磐越道会津坂下IC →常磐道へ。
■3連休最終日にも関わらず高速道路渋滞なし。



<<詳細>>

7/17 6:40川入登山口→12:00三国小屋

仮眠を取っていた登山口駐車場で目を覚ますと、なんだかえらく車がある。
あら~こんなに混むの??と思ったら、なんと今日は山開きだった。
しかも山開きイベントで、いいでなんたらの会の集団登山があるらしい。
ぬぬぬ、集団に混ざらないうちに出なければ!
登山届を出したら山開き記念山バッヂをくれた。うれしい。
a0157297_22221490.jpg


神事をスルーして登山口に進む。
む?あれ?こんな距離だっけ?切合小屋まで10.5kmって・・・・・。
a0157297_22295865.jpg


飯豊山は標高こそ2105mだけど、川入の登山口が約550m位。
今日、目指す切合小屋は1800m位。
三国小屋は三国岳山頂にあって1644mだ。

一抹の不安がよぎるけど、ともかく樹林帯の中を上がる。
とにかく、温度湿度ともに高いなかの急登は辛い。

しかも、今回かつてないザックの重量。
それもそのはず、3日分の食料と2Lの水、シュラフにマット、その他で
45Lのザックが満杯だ。
((回想追記:初の避難小屋泊まりでいろんなものを持ちすぎた!
おそらくテン泊位の重量になっていたかも))

そそ、今回のテーマは、初の避難小屋泊まりとシラネアオイとヒメサユリ
ということで勇んで来たのだけど、かなり真剣にやめようか?と思ったよ。

全く余裕なしの樹林帯は、写真もなし。
まあ、花もなかったけど。
美しいブナ林だったと気付いたのは下山時。笑

とはいえ、なんとか高度をあげ、登山道わきの水場で生き返る。

水場を過ぎると地蔵山からの稜線上に出て、そこが剣ヶ峰。

岩稜の剣ヶ峰。結構続く。            剣ヶ峰を越すと三国岳の避難小屋が見えた!
a0157297_22415695.jpga0157297_22421147.jpg


飯豊山は、どこから登っても厳しいと聞くけれども、なるほど納得。
だいたいにして、普通の人は泊まらなくては飯豊本山に行きつかないし、
泊まると言っても、避難小屋だから食料やシュラフなんかを担ぎあげなくては
ならない。
それ自体も大変だけど、大きな重いザックでの岩稜はなかなかに難しい
ものだと知った。

三国小屋で昼休憩したら、なんとも前に進む気がしなくなった。
小屋からの風景を見たらますます進む気がしなくなった。笑
a0157297_2323284.jpg


こんな時間から停滞を決め込む人はいないらしく、小屋泊まり一番乗りだ♪
(((あんまりうれしくない)
a0157297_2331330.jpg


ま、暇なんで、山を眺めたり、ようやく出てきた花を撮ったり、持って行った
文庫本を読んだりと贅沢な時間を過ごす。
(((ええ、負け惜しみですよww)

小屋の前に座っていたらヘンなカメムシ、キタ。
オオツノカメムシって言うらしい。
カラフルすぎるし、背中に赤い角があるってどうよ?
a0157297_2356314.jpg


そうそ、虫と言えば、トンボがめちゃめちゃ多かった!

15:00位に猛烈な雷雨。
次々とずぶ濡れになった人が小屋に入ってくる様は、まさに避難小屋。
この雨で、切合小屋まで行く予定だった人も、この小屋泊まりになってしまう
ようだった。


翌、明けて7/18 5:35三国小屋→7:45切合小屋→10:40飯豊山山頂→
13:15切合小屋→15:05三国小屋

朝焼け。雲海と遠くに見える磐梯山。
a0157297_19595323.jpg

みんな朝が早い。
この時間で、もう私の後には1組位しかいない。
小屋のおじさんに「ずいぶんのんびりしてるな~」などと笑われる。

おじさんの言うことには、切合小屋まで2時間、そこから飯豊本山まで3時間
だそうだ。
途中で萎えなかったら、この小屋まで戻ってくるよ~とおじさんに挨拶して出る。
萎えたら切合小屋だなw

さあてと歩きだすと、そこにはめくるめく花の路。
((同定間違いがあったらご指摘ください)

ハクサンチドリ
a0157297_202166.jpg


そして、ヒメサユリ !まだまだたくさん残ってた~。見たかったのだ♪
山形、新潟、福島の3県だけに分布する。
福島の南郷スキー場なんかが見やすくって有名だけど、高山で見ると
一味違うな♪
a0157297_20213985.jpg


そうかと思えば、ニッコウキスゲ咲き始め。  ヨツバシオガマ
a0157297_20332973.jpga0157297_2035839.jpg


ウラジロヨウラク                  ガクウラジロヨウラク
何が違うかって?萼片の長さが違うのだ。
a0157297_20381275.jpga0157297_20382796.jpg


ミヤマホツツジ                    センジュガンピ
a0157297_20444060.jpga0157297_20483133.jpg


タテヤマウツボグサ
a0157297_205941.jpg


んは~こんなんじゃ、ちっとも前に進まない。
でも、振り返れば、磐梯山と雲海を後ろに従えた三国小屋が小さく見える。
a0157297_2144156.jpg


ま、進むべし。
ノギラン?
a0157297_21231523.jpg


残雪の脇にはショウジョウバカマ
a0157297_21265217.jpg


クルマユリ 根元の葉が輪生するから車百合
a0157297_21294496.jpg

 
ここらへんから残雪が多くなってくる。
飯豊本山がだいぶ近くに見えてきた。
え~切合小屋、まだ~?((てか、歩け)
【訂正追記】:飯豊山の表記の奥が飯豊山ですね。
a0157297_2138769.jpg


バイカオウレン                    アオノツガザクラ
a0157297_21561693.jpga0157297_21563532.jpg


アカモノ(イワハゼ)                 イワイチョウ
a0157297_22113850.jpga0157297_22115563.jpg


そしてそして、十何年とあこがれ続けたシラネアオイ
超感動でした。見たからもう帰ろうかと思ったw(((ちょっとホント)
a0157297_22204417.jpg

a0157297_2221598.jpg

後から来た二人のおじさんとニマニマ顔の私の目が合った。
おじさん、満面の笑顔で「!」「シラネアオイ!!」
もう、どなたも顔がほころぶこと請け合いである。

**シラネアオイ**
日本固有種の1属1種。
北海道~本州中北部の日本海側にかけての深山に分布しており、高さは20~30cm。
花期は5~7月頃。花弁はなく、7cmほどの淡い紫色の大きな萼片が4枚。
*********
まさに高嶺の花である。

だ~か~ら~前に進め!ww

ハイスミマセンハイスミマセンと歩いたら切合(きりあわせ)小屋に着いた。
小屋に水場がある(引いてある)ので、ごくごく飲んで、ボトルにつめつめ。
ぽかんと座っていたら、2m先に冬とは比べ物にならない位、色が鮮やかなウソが。
(ウソ:冬は低地に降りてくる鳥ね)
残念ながらカメラを出していたら飛んでしまった。
a0157297_22495150.jpg


さて、切合小屋を後にして飯豊山に向かう。
地元の人や飯豊連峰ファンは「飯豊本山」とか「本山」という。

ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)    タカネマツムシソウ
a0157297_22571147.jpga0157297_22572967.jpg


何度かアップダウンを繰り返したり、雪渓を歩く。
それにしても天気が良いのはいいが、やはり暑い。
a0157297_23582550.jpg


雪渓の脇にはハクサンコザクラ。
日本海側の高山帯(白山から飯豊山にかけて)に分布し、
雪渓周辺や湿地帯などの湿った場所に群生する。
((てか、白山ってどこだ?)
a0157297_23591356.jpg


チングルマ
a0157297_2359581.jpg


ハクサンフウロ
a0157297_00373.jpg


ミツバオウレン
a0157297_011443.jpg


進んで、草履塚あたりからだったか。
見えるピークのちょっと向こうが飯豊本山。
御秘所あたりは、少しだけどまた岩稜になってる。
最後で200m位高度を上げるのがまたきつい。
a0157297_032344.jpg


でも、この最後の登りの砂礫帯には、チシマギキョウがたくさんできれい。
オヤマノエンドウやらタカネマツムシソウなんかもじゃかじゃか生えてる。
a0157297_041486.jpg


ひ~こら足を運んで、本山小屋を後にすれば、後は15分から20分のあまり
傾斜のない路を歩き、飯豊山山頂だ。
だんだんガスってきたよ。
a0157297_054375.jpg


ここの区間も花が素晴らしい。
チシマギキョウとヒナウスユキソウ(ミヤマウスユキソウ)
ヒナウスユキソウはエーデルワイスに最も近い種と言われる。
a0157297_09425.jpg


そしてそして、飯豊山の固有種、イイデリンドウが!
時期的にもう少し後かな?と思っていただけに、これは嬉しい。
ちょっと曇り空になったので、花がつぼんでしまってるけど。
a0157297_0182574.jpg

イイデリンドウは、 ミヤマリンドウの変種で、飯豊山の高山帯の
やや湿ったところに見られる多年草。花冠は5裂し、裂片の裂片の
間に副片があるが、副片は平開しない。花冠の裂片もミヤマリンドウより細い。
(画像はちょっとつぼんでしまっているので分かりにくいが開いているもので
確認。開いているのは残念ながらボツ写真ww)

イイデリンドウにむふむふしているうちに山頂到着。
ガスってる。展望なし。
あ~はるばる来たぜ飯豊山~。
なんだかんだ言って、それほど大きくはコースタイムを外れなかったな。
a0157297_0214169.jpg


すたこらさっさと今来た道を戻る。

戻る、戻る、戻る。

13:40切合小屋。
うん、三国小屋まで行ける。

15:00三国小屋着。泊。
夕暮れ間近に切合小屋が満杯で三国小屋に行ってくれと言われたという人が
何人か来た。
やっぱり頑張って三国小屋まで戻ってきてヨカッタな。
三国小屋の定員は50名だけど、30何名かだったから。
小屋では、昨日と同じ顔ぶれな方が結構いた。
この日は雷雨もなかったので、夕暮れまで小屋の外のドアの前に座って、
小屋泊の人たちとだべってなごむ。


翌、明けて19日、6:00三国小屋発。9:55下山。
顔なじみになった、ベテランな栃木の方2名と一緒に仲良く下った。
この方たち、足運びがほんとに上手。
川入の登山口からちょっと行った山都町の「いいでの湯」で汗を流し、
一緒に蕎麦も食べてきたよ。
((山都の蕎麦はおいしいのだ)


や~それにしても、いつかはテント担いで・・なんて思ってたけど、
テントなしでもあんなにザックが重いとは。

しかしながら、花の飯豊山とはホントによく言ったものだ。
今回は足が伸びなかった飯豊山から御西岳あたりはもっとすごいらしいけど。
いつかは、福島から山形に抜ける縦走をしてみたいと思う。
噂通り、「キツイ飯豊」だったけど、よかったなぁ。

その他出会った花々。
ミヤマダイモンジソウ、オオバキスミレ、イワカガミ、ミヤマキンバイ、
ミヤマコウゾリナ、、マルバダケブキ、ミヤマオミナエシ(の蕾)、
ムカゴトラノオ、カラマツソウ、モミジカラマツ、コバイケイソウ、
ミヤマキンポウゲ、クチバシシオガマなどなど。
[PR]
by 92robin | 2010-07-21 00:57 | 東北の山 | Comments(20)
 燕岳(つばくろたけ)
7月10日-11日

メンバーはmixiの山コミュ総勢7名。
2763m、標高差1300mだけど、山小屋一泊だから、累積標高差
1300mの会津三岩岳~窓明山縦走の日帰りより多分楽なハズ。
しかし、北アルプスってのも初めてだし、2700mの山ってのも初めて、
さらに山小屋泊まりってのも初めてだな~の初めてづくし。

サンカヨウとハクサンイチゲ、あわよくばライチョウが見られれば
いいなと思って出かけた。

同定、間違いがあればご指摘ください。

イワカガミ(コイワカガミ)                  テガタチドリ
a0157297_125580.jpga0157297_192269.jpg


アオノツガザクラ
a0157297_1102637.jpg


オオバキスミレ ?ミヤマキスミレ?
a0157297_1112260.jpg


サンカヨウ
見たかった! とてもきれい。
a0157297_1123266.jpg


シナノキンバイ
a0157297_1134414.jpg


ミヤマクワガタ (((虫じゃないよw)
a0157297_1145437.jpg


イワウメ
a0157297_1163371.jpg


キバナノコマノツメ    和名に「スミレ」の名を持たない唯一のスミレ。
柱頭の先はY字型にわかれ,突起毛はないこと。側弁の内側も無毛。
葉も毛があること。
a0157297_121767.jpg


ハクサンイチゲ
これも見たかった!
a0157297_12248100.jpg


コマクサ
a0157297_1235255.jpg


コマクサ                       ウラジロナナカマド
                             ((ナナカマドもいろいろあるもんだね)
a0157297_1244659.jpga0157297_125487.jpg


ベニバナイチゴ
a0157297_130186.jpg


ホシガラス
ライチョウには会えなかったけど、ホシガラスとイワヒバリに会えた!
大きな画像はこちらに。
a0157297_2072359.jpg


燕岳
a0157297_131032.jpg


山頂碑
a0157297_1312297.jpg


燕山荘からの夕日
a0157297_1314532.jpg



その他、多くの草花に出会った。
アカモノ(イワハゼ)、マイヅルソウ、ゴゼンタチバナ、ハクサンシャクナゲ、
カニコウモリ、なんたらショウマ(よくわかんネ)、ミネザクラ、コバイケイソウ、
ミヤマキンバイ、ミヤマダイコンソウ、ギンリョウソウ 等など。
鳥は、なんと足元1mにイワヒバリ。
もうかわいくってメロメロ。

初の山小屋泊だったけど、ご飯は普通においしい。
(((たくさん食べました)
はしごで登る寝床は、うっすら恐怖w。

帰りは中房温泉でFin.
[PR]
by 92robin | 2010-07-12 01:21 | 北アルプス | Comments(8)