遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
平山
at 2017-07-09 18:23
馬滝から愛宕山手前周回
at 2017-06-08 00:03
以前の記事
最新のコメント
はたけんさん そうで..
by 92robin at 22:59
hutatuyanos..
by 92robin at 22:52
bettyさん 私の..
by 92robin at 22:43
chikoやん も~..
by 92robin at 22:36
羨ましくないもん! ボ..
by はたけん at 21:51
いや~ パソコンの前の..
by hutatuyanosiki at 19:14
初日の化雲岳から一気に読..
by betty at 12:14
をぉぉぉぉ、素晴らしくよ..
by chikoやん at 12:43
はたけんさん それがね..
by 92robin at 22:17
今年の北海道、好天(暑す..
by はたけん at 21:33
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
女の川~護摩壇
もう、絶対雨な予報の今日。
ホントは、yamasanpoさんのブログで見た袈裟丸山に
行きたかった。
ちょっとアカヤシオには遅いかもしれないけれども。

でも、雨じゃな~~なんて85嬢とメールを交わしていた。
こりゃ~ダメだね のメールの返信に、85嬢、
「雨だろうがなんだろうがどこでもいいから歩きたい」だってww

も~コノヒト、どんだけ~~。

で、行かなきゃフクロにするというので、やる気を充電する。
(((ウソw)

や、なんだかね、その意気に感化されたのだ。

だいたいにして、私、カッパ着て歩いたことがない。
山で雨に降られるとしても、テントをたてた後とか避難小屋に
入った後。

梅雨時期に飯豊縦走を企てる私にとって、いい機会でもあろうよっと。


で、近場の筑波山。
私の一番好きなルートで行くことにした。

てくてく林道を歩きだすとツクバネソウ、山道に入ってフタバアオイ。
a0157297_20592074.jpga0157297_20592489.jpg


フタバアオイの花が見たいとずっと思っていたので、
とても嬉しい。

きれいな新緑の山道を緩やかに登って行く。
弱い雨が降ってはいるものの、雨が一層緑を輝かせていた
のが印象的だ。
a0157297_20592738.jpg

a0157297_20592973.jpg


この時期にこのコースに来たことはなかったけど、この季節も
とても良いものだね。
a0157297_20593269.jpg


下の方では花が終わっていたユキザサも、上部ではちょうど盛り。
a0157297_20593470.jpg


イワタバコの葉っぱも雨にぬれてホントにきれい。
花が見たいね。
a0157297_2059379.jpg


キャンプ場からのコースに合流しすると、ヤマツツジがキレイ。
a0157297_20593910.jpg


ミツバツツジも残っていた。
a0157297_20594313.jpg


で、誰もいない山頂。笑
「まっしろ!何も見えないよ~!」と85嬢
だろうね~~ww
a0157297_20594554.jpg


山頂から、ちょいと下るとこんな色のツクバネウツギ。
それとも、ツクバネウツギではないんだろうか?
白いのしか見たことなかったよ。
a0157297_20594825.jpg


?と思ったけど、おそらくアズキナシ。
((違ったら教えてぷり~ず)
a0157297_20595026.jpg


護摩壇ルートに入ってギンラン。
a0157297_2059551.jpg


さて、お昼とします。
山でおいしいコーヒーを入れることに心血そそぐ85嬢ww
や、おいしいコーヒーをいただきました♪
a0157297_20595925.jpg


さて、日ハムの森看板に降りる一本手前から林道方向に向けて
降りることにした。ここは初めて。

いろんなものを見つけるのが上手な85嬢、さっそく、
「あの白いのナンデス?」

へ?とまったく目に入ってなかったけど、ちょっと降りてみたら
ギンリョウソウ。
a0157297_210139.jpg


雨にぬれて、これでもかって位美しい。妖艶。
よく見ると、周りにたくさん。


この85嬢、ホントに魅力的なものを見つけるのだ。
この前の会津駒でも、キビタキ、カケスをいち早く見つけてた。
85嬢連れて鳥撮りに行ったら、もっとよく撮れる気がする。笑

さて、林道に降りて、フタリシズカ、 ホオノキの花。
a0157297_210447.jpga0157297_2135917.jpg


そしてひときわ目立っていた白い花。
ナンダナンダ?と思ったらヤブテマリ。
や~キレイだったな~。そこここにあって目を引いた。
a0157297_2141439.jpg


そして、恐怖の悪臭を持つたぶんサンコタケ。
ちょいとつまんだら一本折れてしまったので修復して撮影ww
サンコタケは上が普通くっついてるけど、おそらく終わりかけで上が
離れてしまったのだと思う。((違ったら教えてぷり~ず)
a0157297_2142517.jpg




山は同じルートでも、ちょっと季節が変わると、また違った顔を
見せるということを改めて実感。

知らない草木との出会いは、とてもわくわくする。

雨も終始強くもなく、雨に煙る草花がたいそうキレイだった。


そんな機会を与えてくれた85嬢に感謝。





でも、「明日も行きますよね?」※
※通訳:「オラオラ~!明日も行くよナ?!」
と私が言葉を詰まらせるまで、20回位言い続ける85嬢は
一体、MなのかSなのか謎。
(((だって、明日はもっと雨だよ?)

最後に八郷の「ゆりの郷」に行って暖まって帰ってきた。
併設の農産物直売所で売っていた「第一屋本店」のよもぎだんご
が激ウマ!
よもぎだんごカテゴリ(((なんだそりゃ)において、久々のスマッシュヒット!

ちなみに、「第一屋本店」はつくば市沼田、がま饅頭の「沼田屋」の
向かいにあります。
[PR]
by 92robin | 2011-05-28 20:58 | 筑波山系 | Comments(10)
夏休み
私の職場の夏休みは4日もらえて、一年中いつでも取っていいことになってる。
「夏」休みじゃないね。笑
まあ、3年くらい前までは、6月~9月までに取るということだったんだけど、
その間に集中して休みが入ると、なかなか業務がたいへんだってことと、
期間にとらわれず自由に、ということで、「夏休み」は「リフレッシュ休暇」と
名前を変えていつでもOKになった。

((((でもさ~普通、「リフレッシュ休暇」ってのはさ、夏休みとは別に
あるものだよね~~)


で、夏休み、だ。
((どうもリフレッシュ休暇という呼称が納得がいかない)

今年の目標に飯豊縦走と大雪縦走を考えていたわけ。

飯豊縦走は7月の連休を絡めて有給をくっつける。
大雪縦走は7月終わりか8月頭くらいにリフレッシュ休暇に有給をくっつける。

でもな~ちょっと連チャンすぎるかな~とも思っていた。

大雪縦走は、飛行機の前割を使えば往復3万位か?と
思っていたら7月8月は、前割でも安いのないのね?
羽田はやめて茨城空港から千歳、千歳から旭川空港も
飛行機っていうスカイマークの便も考えた。
割と安いし、茨城空港は車で行っても駐車場タダらしいし。

で、もんもんと計画を練っていたわけだけど、やっぱり二つの
大縦走の計画を練るのに疲れた。
((ええ、計画を立てるのが苦手です)

なので、今、ヒラメイタ!
今年は飯豊縦走でいこうと。
大雪は来年だ!

たっぷり日程をとって、飯豊の山でゆっくりしよう!
こころゆくまで飯豊を堪能しよう!と。

さて、そうするとなると7月の3連休はハズした方がいいかな。

しかしながら困るのは、飯豊を縦走するとなると交通機関が
著しく不便。
胎内に降りても大石ダムに降りても福島の川入まで戻って
来るのがえらいこっちゃ~だ。
((((一応、正月に電車を乗り継いで帰ってくる計画は立てて
みたんだけどね~)

これからもう少しツメて練り練りしなくては!


[PR]
by 92robin | 2011-05-23 22:19 | Comments(14)
雪入山 そして弓弦へ
さて、残念な土曜出勤、そして日曜休み。
日曜は午後から天気が崩れるってことで、近場の
パラボナ山~剣ヶ峰~雪入山(ゆきいりやま)~浅間山(せんげんさん)
と行こうと思った。
去年は4月の29日に同コース。→こちら
まあ、今回は結局、浅間山までは行かなかったんだけど。

GPSログ。
途中から弓弦(ゆづり・旧八郷町)の方に降りてみた。
それにしてもwikiだと雪入山は390mってなってるけど、
山頂標がかかってるのは、345mの表示がある所。
その山頂標もかなり個人的なもので?は?なんだけど。
390mっていうとパラボナ山付近なんだけどな~。
(クリックすると少し大きくなります)
a0157297_16311749.jpg

ま、そんな疑問は置いといて、茨城県中央青年の家に車を置き、
いやしの里(旧ふじがみ旅館)の前からin。

青年の家の周りには、
スミレ                       ニワゼキショウ
a0157297_16312230.jpga0157297_16312444.jpg


ニワゼキショウは漢字で書くと「庭石菖」、なんとアヤメ科。

ノアザミ                      タツナミソウ
a0157297_1631274.jpga0157297_16313089.jpg

ホオノキの花も咲いてた。
a0157297_16313342.jpg


さすがに去年ほくほくして採ったアミガサタケはもう終わってたね。

さて、いやしの里の前まで来ると、案内看板。
a0157297_16313633.jpg

ガマズミ
a0157297_163139100.jpg

ちょっとすぎてまた案内看板。
a0157297_16314210.jpg

マムシグサ 紫             緑
a0157297_1631445.jpga0157297_16314810.jpg

マムシグサは紫のと緑のがあるらしい。

ヤマツツジ咲く直登コースへ。
a0157297_16365394.jpg

カマツカの花がキレイだ~~。
花柱が3つあるのでわかりやすい。
a0157297_16372640.jpg

直登コースを登り終えると、いったん舗装林道へ出る。右へ。
a0157297_16382368.jpg

をを!キンラン久しぶりに見た!      帰りの眺望コースにあったギンラン
a0157297_16395635.jpga0157297_1640078.jpg

ずんずん歩いてナルコユリ。たくさんあったな。
a0157297_1640236.jpg

パラボナアンテナは何基かあるけど、
このパラボナは、海上保安庁の中継アンテナなんだって。へ~。
a0157297_1640590.jpga0157297_1640963.jpg

まだクサイチゴの花が残ってる。 ジュウニヒトエもあらかた終わり。
a0157297_16401413.jpga0157297_16401696.jpg

剣ヶ峰。ぜんぜん尖ってないけど、なんで剣ヶ峰なんでしょ?
a0157297_16402095.jpg

新緑の美しいトレイル。とてもキレイなので大きい画像で。
a0157297_16402468.jpg

いいにおいの元の一つのツクバネウツギ。
この時期の低山はホントにいいにおい。
a0157297_16402620.jpg

クサイチゴの実が赤々と。
a0157297_16402955.jpg

ワラビはもういいかげん終わり。
a0157297_16403189.jpg

パラ?ハングライダーテイクオフ場からの展望。
a0157297_1640383.jpg

で、ここから今回は弓弦(ゆずり)方向へ。
ちなみに青木葉峠はあきばと読みます。
a0157297_16404549.jpg

分岐にあったコゴメウツギと弓弦方向へ下った所にあったコアジサイの蕾。
a0157297_16404239.jpga0157297_16504663.jpg

弓弦方向トレイル。あまり花もなくたいして面白くはない。
a0157297_16404840.jpg

出口直前に沢があった。
a0157297_1652526.jpg

よく「ミズ」と呼ばれるウワバミソウ。手軽な山菜で食。
ひとつかみ位採っておみやげ。
a0157297_165374.jpg

来た道を振り返る。ここを出たらもう民家。
a0157297_16542876.jpg

山の懐に抱かれた民家の道を下って行くと、さっきまで
いたパラボナ山が見えた。
a0157297_16551170.jpg


さて、ここから戻る。
標高40m~稜線分岐の標高300m位まで一気にガシガシ登った。
で、剣ヶ峰から眺望コースに分岐し、いやしの里の前に飛び出て
青年の家に。

約8km、約4時間のコースだった。
途中2度ほど、ぱらっと雨が。
家に帰りつくと、猛烈な風と雨になった。


[PR]
by 92robin | 2011-05-22 16:42 | 筑波山系 | Comments(14)
2011 会津駒ヶ岳 春 画像
85嬢から画像をもらったので、おもいで写真の館。

国道沿い滝沢登山口
a0157297_2043408.jpg


林道上の登山口で登山届投函
a0157297_20434470.jpg


結構急な斜面、登るゼ!お~!(ここら辺は元気だったな)
a0157297_20434780.jpg


ちょっと平らな所にでた。すごく楽しそうww
a0157297_20434592.jpg


この斜面を登れば駒の小屋なんだけど・・・とおぉい~。はひ~。
a0157297_2043493.jpg


山頂をバックにゴリラポッド(ミニ三脚)で。
a0157297_20435136.jpg


ついたついた小屋に着いた~。
a0157297_20435359.jpg


翌朝、山頂をめざす。
a0157297_20435686.jpg


山頂でイエ~イ!
・・・しかし、ナンダ?この身長差は?orz
a0157297_20435887.jpg


山頂標
a0157297_2044069.jpg


キレイだよな~~と足を止める。(てか止まってばっかり)
a0157297_2044264.jpg


登山道終わって舗装林道の下りでヤマエンゴサク((エゾか?)撮影中。
a0157297_2044478.jpg


[PR]
by 92robin | 2011-05-18 20:55 | 東北の山 | Comments(10)
2011会津駒ヶ岳 残雪
さて、今度は会津駒ヶ岳。
残雪の春山登山。
今回の同行は、宝篋山マイスター85嬢。
(長いので以下85嬢w)

ちなみに2010秋の会津駒ヶ岳→こちら
今回のいただき画像集は→こちら


【概要】
5/14 8:50滝沢登山口(国道脇駐車場)→14:35駒の小屋
5/15 7:50駒の小屋→8:15山頂→駒の小屋9:50→12:40登山口階段→国道脇駐車場

今回は、天気にとても恵まれた山行だったので大きな画像で。
同行は85嬢。

さて、滝沢登山口、国道脇駐車場からスタート。
13日に国道からの林道の除雪が終わり、上まで車で上がれる
ようになったということだけど、前夜初だったので情報が取れず
R352脇の駐車場に車を置いてしまった(T_T)

ま、国道からすぐトイレ横の滝沢のカエデの花がキレイ。
a0157297_2319152.jpg



舗装林道をショートカットする山道には、イワナシの花。
a0157297_2319187.jpg



登山口の階段を上がって少し行くとマイヅルソウの葉が
ういういしい色。
a0157297_23192351.jpg



カラマツ、ブナの若葉が陽に透けてとてもキレイ。
a0157297_23192191.jpg



ブナの若葉は白い毛が生えていて、春の日差しに輝いていた。
a0157297_23192687.jpg



標高1300辺りでちょっと雪が出てきた。
a0157297_23192846.jpg



1400m付近から積雪路。ガシガシ登る85嬢。
a0157297_23193179.jpg



タムシバがぼちぼち。マンサクは終わりかけ。
a0157297_23193698.jpg



標高1600位だったかな?急速に曇りだす。
ここら辺は芽吹きもまだまだ。
a0157297_231939100.jpg



曇りだしたらテンション↓で休憩。
a0157297_2319432.jpg



歩き出すと燧ケ岳が見えるようになった。
でも、ここらへんから雪が降ってキタ!
a0157297_23195458.jpg



樹林帯を抜ける頃には、風と雪~!
ひ~あの青空は何だったのか?
しかし笑顔で余裕を見せる85嬢。
a0157297_23195669.jpg



ようやく小屋目前。後ろは山頂。
a0157297_2319584.jpg



着いた着いた!(((小屋にねw)
小屋の人に温かく迎えてもらってうれしいね。
なんと去年の秋に来たの覚えていてくれた~。
a0157297_2320354.jpg



天気悪いし、荷が重くって疲れたので、小屋の炊事場で休憩~。
ふ~。
a0157297_2320656.jpg



ちょっと昼寝?をして夕飯の支度をしていると、日が暮れた。
この時はちょっと天気回復。
a0157297_23201790.jpg



この時期は前回夕飯の小屋前のテーブルとベンチは
雪に埋もれているので、小屋の炊事場でご飯。
今回は、キムチ鍋をするべく食材を担ぎあげた。
身体が暖まってよかったな~。
a0157297_23294650.jpg



本日の泊まりは10名。
そのうちのほとんどがリピーターで、なんとその中には秋の
同日に泊まった人がいてびっくり。
消灯時間まで、話は尽きることなく盛り上がりに盛り上った。

夜はまた天気が悪くなって風&雪。
ころころになった雪が屋根をたたく音をさせていた。

明くる朝は快晴だ!
モルゲンロートってやつですな♪ うっほ~!!
ワタクシ、珍しく早起きしちゃった~
(クリックすると大きくなります)
a0157297_23322317.jpg



燧ケ岳も朝日にに染まる。
(クリックすると大きくなります)
a0157297_23324458.jpg




さて、朝ごはんを食べて頂上へ向かう。
それほど雪は凍ってないが、念のためアイゼン装着。
振り返って駒の小屋と燧ケ岳。
a0157297_2334055.jpg



秋にこの山頂標に乗って写真を撮ったのを思いだして
また乗ろうと思ったけど、アイゼン着けていたんで断念~。
a0157297_2334455.jpg



山頂から大津岐ダム~。ステキすぎる。
(ダム人用・クリックすると大きくなります)
a0157297_23341256.jpg



中門岳方向はこんな。
来年のこの時期には、会津駒~大戸沢岳~会津三岩岳縦走するぞ~。
(クリックすると大きくなります)
【2012.5.2追記:三岩岳の位置が間違ってますね。も少し手前。】
a0157297_23493999.jpg



頂上でしばらく大展望を楽しんだ後、さて小屋に向かって下ります。
a0157297_23341325.jpg



小屋に着いてまたお茶とお話~。
話が盛り上がって&帰りたくなくって時間が過ぎるのも忘れる
ほどだったけど、そうもいかないよね~。

小屋からちょっと下って、さらば会津駒!また来るよ!
(クリックすると大きくなります)
a0157297_23341640.jpg



下って下って・・1460m付近でちょいと夏道尾根を外してしまった。
トラバースして復旧。((((ちょっと苦労した 汗)

下山後は、まる家で蕎麦を食べ、燧の湯に入って終了~。
桜が満開の桧枝岐村だった。
ホントに今年は春が遅いね。
a0157297_23342586.jpg



それにしても白い山は、本当にキレイで魅了されっぱなし。

同行の85嬢に感謝!


追記:
14日9時 高度約900m 晴れ 弱風
a0157297_2015585.jpg


14日12時 高度約1700m付近 雪 やや強い風
a0157297_2015868.jpg


14日21時 高度2000m付近 雪 強い風
a0157297_202120.jpg


15日6時 高度2000m付近 快晴 弱い風
a0157297_202541.jpg


15日12時 高度1400m付近 晴れ ほぼ無風
a0157297_202795.jpg


[PR]
by 92robin | 2011-05-15 23:51 | 東北の山 | Comments(29)
ソニー ラジオ ICF-R353
a0157297_11595.jpg



ホントはね、充電器のつかないICF-R351か山ラジオICF-R100MTが
欲しかったんだけど。


2月辺りから買おう買おうと思ってたの。
山に持っていくラジオ。
積雪期の山や夏の長期縦走に備えて。

そりゃ~携帯電話の電波が入れば、天気予報が見られるんで
それでいいんだけど、入る所ばかりじゃないよね。

さあそろそろ買おうと思ったらあの震災。

ラジオなんか当然品切れ。

一ヶ月を過ぎたころ、ぼちぼち品薄ながら店頭に入るようになった。
でも、やっぱり山ラジオは入荷しない。
((ブラックボディでカッコ良いいんだけどな~)
充電器なしのICF-R351と充電器ありのICF-R353が2台位ずつ
入荷して、値段の安いICF-R351から、あっというまにさばけて
しまったということだった。

次回入荷のめども立ってないということで、一台だけ店頭に残っていた
ICF-R353を買ったのは4月の10日前後だったかしらん。


鳥撮り長野遠征の車中泊の夜に聞いたり、先日の会津三岩岳の
テン泊の夜に聞いたりした。

地味と言えば地味(だからずっと先送りしてしまった)だけど、あるに
越したことはないね。

まあ、会津三岩岳の時は天気も安定していたんで、ただ聞いていた
だけなんだけど。
それにしてもbayfm 78.0MHz (千葉ですな)がクリアに聞けたのは
驚いた。
[PR]
by 92robin | 2011-05-12 01:26 | 山道具の話 | Comments(8)
宝篋山 新緑
さて、連休も最終日。
残雪の会津三岩岳にも満足したし、ゆっくりしてた。
でも、震災後ろくろく歩いてなかったから三岩岳でだいぶ脚力の
低下を感じていたので、今日は宝篋山2登。

そして今日の同行は、新・山仲間の宝篋山マイスター85嬢だ。

彼女は一時毎日のように宝篋山に通い、あの震災時も尖浅間の
立ち木にしがみついてしのいだという逸話の持ち主だ。


今日のチョイスは1登目、極楽寺コース→山口1コース。
2登目、新寺コース→常願寺コースだ。

(((1登目常願寺コースから行くはずだったのに、ぺらぺらおしゃべりを
していたら分岐を過ぎてしまったのはナイショw)

さて、9時小田休憩所出発。

極楽寺コース、沢沿いに、ひそやかに・・だけどたくさんのタニギキョウ
a0157297_21264944.jpg


そして尾根に上がると、たくさんのヤマツツジ
a0157297_21265116.jpg


お!ササバギンランひと株          チゴユリはたくさんだ!
a0157297_21265317.jpga0157297_21265672.jpg


まったくもって新緑が美しい
a0157297_2127113.jpg


稜線上の山桜の森まで来ると、ジュウニヒトエの立派な株
a0157297_2127415.jpg


1登目頂上 10:45到着
しかしながら暑い!!
a0157297_21274369.jpg


補給して山口1コースを下る。
万博の森でウマノアシガタ、そして初めて見たヒメハギ(ピンボケで残念)
a0157297_21274737.jpga0157297_212749100.jpg


フデリンドウも撮ったのだけど、えらくピンボケ。
ちなみにマイスター85嬢は目がよくって、ヒメハギやらフデリンドウを
いち早く見つけてた~。

ぐんぐん下って山口1コース下部でシャガ
a0157297_21275274.jpg



さて、2登目登りは新寺コース。
実は初めてなんだな。
すごく親切になってる道標をたどっていくけど、えんえん山際の
民家のなかの舗装路を歩く。

ええ~舗装路長っ!と思ったけど、りっぱな民家が立ち並び
なかなか面白い。
この石垣の立派なこと!それにあの震災でも無傷。
まったくもってすごい!
この石垣を組んだ職人さんにあってみたいとすら思ったよ。
a0157297_21275557.jpg


しばらく歩くと、民家の裏的な感じの所から山道へ。
写っているのは、マイスター85嬢。
a0157297_21275878.jpg


新寺コースは、以前2登した時に使った山口2コースと
同じような雰囲気だった。

2登目頂上。
アンテナの建物のアスファルト地面にヒビと段差。
この前来た時は気付かなかったな。
段差を計測するマイスター85嬢ww
a0157297_2128195.jpg



2登目頂上で小田城コース→純平歩道→常願寺コースというトンでもない
遠回りを提案するマイスター85嬢をなんとか煙に巻き、常願寺コースを
くだって15:20頃?(詳細な時間は忘れてしまった!)小田休憩所到着。

もちろん?マイスター85嬢が、震災時立ち木にしがみついたという尖浅間も
まわってきたww

駐車場でコーヒーを飲んでまったりしながら今後の作戦を練った。

や、暑かった日だったけど、よく歩いた~。
やっぱり山はいいね~!
[PR]
by 92robin | 2011-05-08 21:23 | 筑波山系 | Comments(14)
2011 残雪の会津三岩岳  5/4-5/5
ああ、やってもうた。
3時に起きて4時出発が、起きたら5時・・・・。

5時半出発。
この時間なら30分ちょいくらいしか変わんないけど、高速にのることに
しよう。
で、8時35分着の9時取り付き。

ふひ~やれやれ。

今回の計画は、積雪の状態がよければ会津三岩岳~大戸沢岳~会津駒縦走。
一泊での予定。
この縦走ルートは、夏道はなくって積雪期のみ可能なのだ。
((ま、藪を漕ぐ覚悟なら非積雪期も出来るのかもしれないけど)

この縦走、いつかはやりたい!と思っていたけど、今年は雪も豊富だということで
この連休は絶好のチャンスに思えた。(-_☆)
((なのに、寝坊・・・)


さて、出発。
いつもは黒檜沢のルートから行くのだけれども、この時期は尾根道の方が
よかろうと国体コース口(標高770m)から。
a0157297_221249.jpg


入り口にはちょっと雪があったもののしばらく積雪なし。
a0157297_2212874.jpg


標高900m付近のNTTのアンテナを過ぎたあたりからイワウチワ。
a0157297_22264838.jpg




濃いの薄いの(白花もあった)取り混ぜながら登山道両脇にたくさん。
しかも、花が大きい~!
も~そりゃ~すんばらしい。
a0157297_22312653.jpg




秋に何度か来て、花期に見てみたいもんだ!と思っていたけど、
や~まさにまさに!
上の方はまだ咲いてない&雪に埋もれてるので、まだまだ見頃は続きそう。

そうかと思えば、今度はマンサクもところどころに。
実は自生のマンサク見るの初めて♪
あ~こりゃよいものだな~。
a0157297_2213726.jpg


イワナシも。
この花は造詣がかなり愛らしいのだ。
a0157297_221399.jpg


タムシバは蕾ばかりだったけど、咲いているのが2株位あったね。
ちなみにタムシバとコブシの違いは、花の下に葉っぱが一枚付いているか否か。
ないのがタムシバ。
a0157297_2214251.jpg


標高1000m位から完全な積雪路になる。
雪はざくざくだけど踏み抜きもないのでつぼ足。
花はなくなるし、ざくざくの雪に思いのほかエネルギーをとられ休憩。
ブナの芽吹きは、まだのよう。
a0157297_2214525.jpg


今回、ミニ三脚を忘れたけど、根性で自分撮り~。
ま、この後、斜度が大きい所が多くってそんな余裕もなくなるわけだが。笑
a0157297_2215147.jpg


ひ~こら登って行くと、お?あ?え?横にあるトレースは熊のだ~!(@@)
a0157297_2215477.jpg


てか、もうここら辺で、かな~りめげてきた。
それもそのハズ、今日はザックが14kg近くあるんだよね。
あのピークを過ぎたらもう今日はそこまででいいや。(弱っ)
a0157297_2215914.jpg


振り返って、ふい~~。
a0157297_222288.jpg


ま、14時なんだけど、もういいのだ。
てか、この時点で、縦走は体力的にムリっぽいと想像がついたし。
こうなりゃ、明日三岩岳トップをゆっくり狙ってゆるりと降りるでいいや~。

てなわけで、1700m付近、お宿の設営にかかる。
今回のもう一つの目的がこれ。
積雪期のテン泊。(((ま、ツェルトだけどね)
a0157297_222772.jpg


ま~なんでツェルトかっていうと、テントは重いから。
この何日かは雨ってこともなさそうだし。
風はちょっと心配ではあったけど、この時期だからこそ、半掘り込み&
雪の壁でどうだ?
ようやく、この冬用意したスコップの出番が来たよ。

さて、ご飯を食べて20時ごろ就寝。
熊が来たらど~しよ~~なんても思ったけど、ぐーぐー寝た。
あれだけツェルトの周りを壁で囲ったけど、結構風もあったから
ツェルトがガバガバいっていた。でも、まあ、慣れた。

今回の就寝装備は、
【寝具】
シュラフ:モンベル#3、イスカ150X、モンベルのシュラフカバー。
モンベルは今期からゴアのラインナップがなくなったみたい。
よっぽどブリーズドライテック ってやつに自信があるのだろう。
今期買ったんで、ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグ
カバーのワイド。
マット:リッジレストのスモール+2mm銀マット(160mm×90mm)2枚
をずらして重ねた。
【衣類】
着ていたもの+ダウンジャケット、ユニクロの裏地フリースのシャカパン、
ハードシェルのパンツ、ヒートテックの厚地の靴下。
それと貼る使い捨てカイロ。4つ!

→温度が?だけど、過不足なく暖かく眠れた。
温度測らなくっちゃな~。今後のためにも。



6時起床。
シュラフカバーとシュラフの間に結露。
マットのくぼみにも結露。
ツェルト内壁は結露なし。
a0157297_2221357.jpg


表に出ると、うっひ~快晴だ!
a0157297_2265313.jpg

下から見た時、ずっとぽこっとしている所がピークだと思ってたけど、
実は二つポコの右のちょっと奥にピークがあってだいぶ登らないと
見えないのね。

振り返れば、雲海がキレイ!左端は窓明山。
a0157297_2271196.jpg


さあて、まったり朝ごはんを食べて、まったり幕営撤収。
ザックは置いていこ~~。

しばらく登ると、避難小屋が頭を出していた。
あはは、どれだけ雪がつもってるんだっての~ww
a0157297_2271975.jpg


このちょい先で、ルリビタキ、ヒガラ、ホシガラスを見た~。

あとはそれほどキツイところはないハズ~。
身軽だからガツガツ行けるかと思ったら、そうでもない。
やはり、ザク雪は労力がいるらしい。
a0157297_22211961.jpg




振り返ってチョイズーム。
手前が高畑スキー場で奥の白い筋となって見えるのが
たかつえスキー場。
a0157297_2272695.jpg


ポコっとした所に向かって歩いて行ったけど、ある程度登ったら
右にホントのピークがあったので軌道修正。
a0157297_2273346.jpg


ピーク前でやっほほ。
a0157297_2274289.jpg


山頂標(2065m)がそこだけ雪が融けて顔を出してた。
さぁて、ちょっとだけこの先に行ってみようか。
積雪期しか脚を伸ばせないのだからと、画像右端のピークまで偵察。
ここではイワヒバリ?カヤクグリ?が。
a0157297_22746100.jpg


三岩岳の次のピークまで行くと、まあなんと越後の山々が雪を
かぶってキレイだ~~!!
a0157297_2275263.jpg

越後三山やら山々が。画像には入らなかったが、左には平ヶ岳も。
(クリックすると大きくなります)
a0157297_228998.jpg


三岩岳の西南西にあるピークから、三岩岳山頂。
a0157297_2275565.jpg



ここでゆっくりと360°の展望を眺めた。
ここから動くのが惜しい位だったな。

帰りはデポしたザックを回収して、ゆるゆるゆると下って行った。
とはいえ、ザク雪の下りはガシガシ踏んでいけばいいので、登りに
比べれば随分楽だった。
13時35分国体コース登山口着。

温泉入って帰ろうかと思ったけれども、道が混むのがイヤなので
即、帰路に着いた。



縦走出来なかったのは残念だったけど、真っ白な会津三岩岳に
登れてホントによかった。
それと、雪山の標高差1300mは思いのほかキツかった。
約1000mでギブだったもんね。
それにしても、スノーシューとアイゼン、ピッケルは持って行ったけど、
出番なし。((重かったのになぁ~)


【追記】では、どうしたら縦走が可能になるか。
1、今回は水を2.5L+水筒500ml持って上がったのを
雪を融かして賄うことにして軽量化。-2.0kg
2、スノーシューを持っていかない。
アイゼンは安全にかかわるから持っていくけど、スノーシュー
を装備から外して-1.1kg
3、早起きして臨む。
(これが最重要か?笑)

a0157297_00133085.jpg

[PR]
by 92robin | 2011-05-05 22:06 | 東北の山 | Comments(14)
2011 鳥撮り 
さて、山のハナシではないのですが。

私、ここ何年かこの時期に長野県に鳥撮りに入ってます。
だいたい4月の連休かもしくは5月の連休。
でも、今年は5月の連休は出番があるので、4月の28に仕事が
終わってからそそくさと車に荷物を投げ込み出発。

なんせ、今年は北関東道が繋がったんで長野も行きやすくなりました。
とはいえ、週末1000円も6月でしたっけ?終わりになるということで、
来年は行けるかどうか。

などと考えながら目的地に着くと、
・・・・・・・・・・・・・・?

なんとなく雰囲気が違う・・。

すっかり忘れてた!
今年は春が遅いんだった!!

ようやくタムシバ(コブシのちょっとかわったやつ)が全開てな具合で、
オオヤマザクラはさっぱり咲いてないよ?


や~な予感。

・・・・・。

朝、うるさいほどの鳥の声があまり聞こえない。
せいぜいカラ類位・・・。

一日目、ひとまわりまわって不貞寝。もう一回まわって不貞寝。強風、不貞寝。
二日目、ちょっと桜も咲きだした。鳥の声も少しはにぎやかに。

よし!いくぞ。
でも、やはり鳥影が薄い。

し~ばらく粘って、ん!ようやくオオルリ!
遠いよorz
a0157297_23142926.jpg


キビタキの若い雄!
遠いよorz
a0157297_23143221.jpg


コサメビタキは数個体いた。
けど・・遠いよorz
a0157297_23143633.jpg



ここで、雷と大雨で一時撤退。不貞寝。

雨があがって、むむむ!アオゲラ!!これは近い!

と思ったら飛ばれた。
a0157297_23143922.jpg



あ~なんかめげてきたなぁぁぁ。

がっくりきてたらカモシカに観察されてた。(・x・)
a0157297_23144252.jpg



今度は近いよっ!
近すぎてよくない。
てか、距離は20m弱あるんだけど、なんせモノが大きいので
鳥撮るつもりのレンズじゃ近すぎ。

カモシカはまあいいや。
と鳥を求めてうろうろするけど、いないな~。
カラ類位になっちゃった。

てか、まだ見てるし。カモシカったら。
ちょうどいい所まで来たので(私の方がね~)、撮ってあげた。
a0157297_23144578.jpg



その後も、ゴジュウカラは枝かぶりもいいところだし、
シャッタースピードが上げられなくって顔が伸びてるし。
a0157297_2314489.jpg



プレビューで顔が伸びたゴジュウカラを見て脱力。 (((苦笑)


・・・・この日、一番マトモに撮れたのがヤマガラだっていうのは、
いったいどういうわけだ!(((苦笑)
(ヤマガラは長野くんだりまで行かなくってもそこらじゅうにいます)
a0157297_2314725.jpg



もう一日粘るか?とも思ったけど、明日はさらに天気が悪そうなので撤退。

く~今年はハズレだ~。
あとは、5月の半ば過ぎ~下旬に奥日光だな。
[PR]
by 92robin | 2011-05-01 23:14 | よもやま話 | Comments(4)