遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
以前の記事
最新のコメント
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
素晴らしい設営地ですねw..
by charmy at 05:03
betty さん い..
by 92robin at 22:38
お疲れさまでした! 前..
by betty at 22:14
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
焼石連峰
先週末、悪天でポシャった焼石連峰。
ハクサンイチゲの盛りはもう今週末がリミットだろうと一路奥州へ。

【概要】
■GPSログ■ クリックすると大きくなります
a0157297_3135241.jpg

ルートラボにもアップしてあります⇒こちら
■行程■
6/22(金)1930つくば発⇒常磐道⇒磐越道⇒東北道⇒平泉前沢IC⇒2445中沼登山口
6/23(土)0700中沼登山口⇒1020東焼石岳手前の分岐⇒1320中沼登山口

■駐車場について■
中沼登山口の駐車場は約40台程度。
国道からのアプローチは非舗装林道になるが、車高の高い車でなくても大丈夫。
実際、駐車場にある車の大半が普通のセダンとかそんな感じの車。
(ただし、非舗装林道の状況は変わりますのでご注意を)

■水場について■
中沼登山口から約2時間の銀明水避難小屋手前に銀明水

■携帯電話■(ドコモ)
登山口駐車場は圏外。その他は不明。



【詳細】
さて、今回はソロ。
おおにょさんは日帰りじゃきついからヤダってさ。
ソロで日帰り(まあ足かけ二日だけど)は、確かにちとキツイので、Tobyさん
アドバイス通り中沼登山口からとした。

東北道は2400前に出てしまいそうだったので、50%割引きにすべく手前のSAで
ちょっと時間待ちをした。20時出発でもよかったな。

さて、R397から登山口へ。
アプローチの林道は非舗装、約7㎞。
夜通行するには、どうか?とも思ったが、ちょっと荒れてるかな?と言う所は
一か所のみで他はほぼフラット。轍も深くない。

ぐっすり車中泊で翌朝。

・・・・・。

5時半に出られるように待機していたが、雨がざぱざぱ。

・・・あれ?こんな天気だったっけ?(゚д゚)

だんだん陽も差してきたのだけど、雨は小降りだけど降っている。
まあ仕方ないと7時まで待ってカッパを着て出発。

戻ってきた時は満車だったけど、出発時はまだまだ空きがある。
a0157297_1224149.jpg


駐車場奥の登山口。
a0157297_1224478.jpg


美しい森の林床には・・・
a0157297_1225132.jpg


ズダヤクシュやらユキザサやら(ユキザサも種類があるようですね)
a0157297_1224695.jpga0157297_1224894.jpg


中沼に近くなるころには、シラネアオイもポツポツ出てくる。
画像は帰りに撮ったもの。朝は雨にうなだれていた。
a0157297_12367.jpg


大変美しいコミヤマカタバミ。花弁の脈がピンク色でかわいいね~。
カラマツソウは蕾のものが多いけど、咲いているのもあった。
a0157297_12310100.jpga0157297_1231544.jpg


ほどなく中沼。
天気が良ければ、中沼の奥に焼石連峰が見えるようだけど・・・見えないね~。
でも、中沼に虹が出ていたよ。
(((ええ、空は青空だけど、雨なんですw)
a0157297_123884.jpg


中沼以降は湿性の植物がたくさん。
トクサの仲間なんだろうけど・・区別できないw 
a0157297_1231351.jpg

リュウキンカやらミズバショウがじゃかじゃか出てくる。
(でも、ここら辺のミズバショウは終わり)
きれいだね~。リュウキンカ初見♪
a0157297_1231695.jpg


なんだっけ?こういう天気雨って、狐の嫁入りとかいうんだっけ?
とか思いつつ歩を進める。
まあ小降りだし、陽も差しているので、緑がより一層キレイだったりするのは
カッパを着て歩いてる褒美だな。笑

ほどなく、ミツガシワが畔りにたくさんの上沼。
a0157297_1231927.jpg


や~ミツガシワね、見たかったの。初見。 で、少し先からまだ苞があるミズバショウも。
a0157297_1232050.jpga0157297_123234.jpg


しかしね~さっきから道が水じゃぶじゃぶなんだけど。 ま、めげずミツバオウレン愛で。
 ↓宝篋山だったら七段の滝とか名前が付いちゃいそうな水の流れっぷりだよ?
a0157297_1232552.jpga0157297_1232721.jpg


なるほどね~結構長靴の人が多いわけね。
(((なんてのは、もっと先にものすごく思うわけだけどw)

まあ、それにしても、ミズバショウやリュウキンカがたくさん。
こんな所が何箇所も出てくるんだから、や~いい気分。
a0157297_246399.jpg


ミズバショウって白い苞がある時期のを見たことがなかったもんね~。
写真で見ている時はそれほどキレイだとも思わなかったけど、
こうしてみるととてもキレイ。

木道の滑り止めの模様。その山によって案外違って面白い。
ムラサキヤシオは下では終わっていたけど、ようやくきれいなのが。
a0157297_246648.jpga0157297_2461085.jpg


残雪も多くなってきた。
a0157297_2461247.jpg


銀明水、ものすごく冷たい。おいしゅうございました。
でも、この銀明水の辺りからガスガス&風も出てくる。
a0157297_3135435.jpg


何度か残雪の上を歩く。つぼ足でOK。
a0157297_2461442.jpg


焼石岳と東焼石岳の分岐手前が一番すごかった。
もう、ただの川。これってこの時期だけなのか?
((でもここらへんになるとだんだん慣れてきたw)
a0157297_2462855.jpg


で、こらへんからようやくハクサンイチゲやらミヤマシオガマが登場~。

今までなかったベニバナイチゴやオオバキスミレも。
a0157297_2461675.jpga0157297_2461859.jpg


キバナノコマノツメもたくさん。    タカネシオガマもたくさんたくさん。
a0157297_2462225.jpga0157297_2462495.jpg


ホゾバイワベンケイもたくさん。
てか、もう分岐手前から雨と風がびゅーびゅーに。((で、ぶれてる)
a0157297_2462631.jpg


ホントは焼石岳から時計回りで周回しようと思っていたんだけど、
や~も~こりゃいいや~と花が濃そうな東焼石岳方面に進む。

風雨でカメラのレンズに水滴が付いたり、ぶれたりで良くない画像だけど。
a0157297_2463076.jpg

a0157297_2463275.jpg


しっかり堪能しました。
(((でもボウズになってるのもあったね。やっぱり先週位がよかったのでしょう)
で、東焼石岳手前で折り返す。
(((またどこのピークも踏んでないww)

ふい~さんざん吹かれたんで、避難小屋で休もう。
a0157297_2463422.jpg


と思ったけど、入ってみたら混み混み。
トイレだけ借りて進むことにする。
そして少し下にある銀明水をプラティパスに汲んでお土産~。

銀明水を過ぎてしばらくすると、風はあるものの雨は止んで晴れ間も。
リュウキンカとミズバショウを愛でつつ進む。
a0157297_2464329.jpg



リュウキンカ、ものすごくキレイ。
a0157297_3141437.jpg


残雪の脇にはショウジョウバカマ。   ブナ林もとてもキレイ。
a0157297_3141630.jpga0157297_3141821.jpg


サンカヨウもいくつか。          中沼に着くころには穏やかに青空だよ。
a0157297_3142163.jpga0157297_314236.jpg



車が一杯になった駐車場に戻り、さてさて、ここからがまたお楽しみ♪
と、ダートの林道を抜け国道へ。

建設中の胆沢ダム(クリックすると大きくなります)
a0157297_314265.jpg


天端(てんば)の手前側にダンプが走ってるわかります?
対比するとやっぱり大きいダムだ!
堤高132m 堤頂長723mの中央コア型ロックフィルダム。
ロックフィルの中では全国8位の堤高。
(ちなみに7位は南相木ダム。この前の八ヶ岳の帰りに寄っておくんだったな~)

しかしながら失策だったのは、行きにはその入り口までチェックしておいた
石淵ダムを見てこなかったこと。
石淵ダムは、胆沢ダムが完成したら水没しちゃうから見ておきたかったのに。
胆沢ダムの大きさにすっかりココロ奪われ、うっかりしちゃったよ。


帰りの広域農道から焼石連峰。
やっぱり上は雲の中だね。
a0157297_3142786.jpg



++++++++++++++++++++++++++++++++++++

天気図もそれほど悪くはないと思ったけど、ちょっと気圧の谷間になってしまっていたか?
それにしても、登山道はものすごい水じゃぶじゃぶでびっくりしけど、まあ、これがきっと
豊かにたくさんの花が咲くことにつながるのだろうか?なんて思うと、まあ、それほどイヤでもない。
噂に違わぬ花の素晴らしさはしっかり味わうことができた~。
((そういや、ユキワリコザクラ見なかったな・・・・)
[PR]
by 92robin | 2012-06-24 07:20 | 東北の山 | Comments(26)
杣添尾根悪天で断念 / ルート検討
週末、焼石連峰に行こうと思っていたのだけど、前線の動きが読めず断念。
では、日曜は前線は去るだろうと八ヶ岳にツクモグサと思ったのだけど・・・。

土曜夜発。ズミだかエゾノコリンゴだかが満開の海ノ口、杣添尾根登山口へ。
雨の中、車から降りて写真を撮ったのだけど、とてもよい匂い。
a0157297_22364730.jpg




日曜朝、起きてみると・・・雨、ざぶざぶ。
8時まで待ってみるけどやっぱりダメ。Orz
私を含めて6台の車。
果たして他の方は、出発したのだろうか?
a0157297_2236491.jpg




まあ、あきらめた。

帰りは、どこから(高速に)乗ろう?と思って車を走らせたが、
吉井を過ぎたあたりで、ALL下道で行ってやれ~と思った。

・・・するとだ、行き4時間、帰り5時間15分。ヽ('A`)ノェェェ
(((もちろん行きは高速使用)

一体どういうことかと検証。

ウチからだと、
1、北関東道 桜川筑西IC→上信越道→佐久小諸JCT→中部横断道路 佐久南IC
が王道か。
(ちなみに佐久小諸JCT→中部横断道路 佐久南ICは無料区間)
273km・5時間13分

今回の行きは東北道 佐野藤岡ICから乗った。
2、東北道 佐野藤岡IC→東北道→北関東道→上信越道→→佐久小諸JCT
→中部横断道路 佐久南IC
254km・5時間3分

で、帰りは佐久から下仁田へのR254、そこから県道などを繋いでひたすら西へ。
217km・6時間52分

※上の青字の距離と時間は、グーグルマップによるルート計算による。

なるほど、だいぶ変わるもんだね。

帰りは、流れもいい時間帯だったということもあるけど、昼間に5時間チョイで
着くならアリだな。
a0157297_2236535.jpg



青線が帰りのルート。赤点は1のルート。


たっぷりドライブを堪能したな。笑


それと、もうひとつ覚書。
ケンミンの焼きビーフンにコメが入っているものを発見。
山ごはんとしてどうかと。
a0157297_22365176.jpg



→まあ、おいしいけど、案外手間かな。

さて、24日(日)は仕事。
ああ、これで東北のハクサンイチゲの盛りと、八ヶ岳のツクモグサは
終わったな。残念。
[PR]
by 92robin | 2012-06-17 23:20 | 八ヶ岳 | Comments(19)
2012 岩手山
さてはて、また今年もこの時期に岩手山。
だって、あのシラネアオイの大群生が忘れられないのだもの。

週末の天気予報はイマヒトツだったけど、土曜は前線の影響もそれほど
なさそうだし(少なくとも歩く時間帯は)、日曜も前線が東に抜けそう。
前線が発達する要素もなさそうだし、それほどひどくならないだろうと決行。

【概要】
■行程■
6/8(金)1840つくば発⇒常磐道⇒磐越道⇒東北道 滝沢IC⇒2420馬返し登山口
6/9(土)0700馬返し登山口⇒新道⇒1220不動平避難小屋
6/10(日)0800不動平避難小屋⇒旧道⇒1240馬返し登山口

■駐車場について■
馬返し登山口の駐車場はとても広い。
何台あるか数えられない位なので以下の画像を参照ください。

■水場について■
八合目避難小屋の前に水場。
駒鳥清水という水場が旧道5合目位にあるけれども、見に行かなかった。
登山口駐車場奥のキャンプ場にも水場。

■携帯電話■ ドコモ
馬返し登山口、可。八合目避難小屋前、可。不動平避難小屋、可。(ただし建物の外)
登山道は新道は所々、旧道はほとんど入るようだった。


【詳細】
今回の同行もおおにょさん。

■6/8(金)1840つくば発⇒常磐道⇒磐越道⇒東北道 滝沢IC⇒2420馬返し登山口
約520kmの行程を、闇を切り裂き進むこと5時間40分で登山口に到着。車中泊。

■6/9(土)0700馬返し登山口⇒新道⇒1220不動平避難小屋
カッコウやホトトギス鳴く、朝の馬返し登山口を出発~。
山頂が見えていたのは、この時だけ。
a0157297_2143966.jpg


駐車場から登山口看板があるすぐ先にトイレあり。(非水洗)
この奥がキャンプ場になっていて、水洗トイレと水場がある。
a0157297_2144354.jpg


キャンプ場を抜け、新緑美しい山道を上がる。
a0157297_2110386.jpg


レンゲツツジも美しく咲いている。
a0157297_21104093.jpg


タニギキョウも。                 地味だけど、コマユミも花を付けていた。
a0157297_21104294.jpga0157297_21104468.jpg


おおにょさんが見つけたコケイラン。初見。もっとも、現地ではナニラン?だったがw
そして、ナガハシスミレも初見だ!(ナガハシスミレは、その後もたくさんあった)
a0157297_21104663.jpga0157297_21104945.jpg


その他、マイヅルソウ、ムラサキヤシオ、オオバキスミレ、オオカメノキもたくさん。

ミネザクラが出てくる。
a0157297_21105193.jpg


ショウジョウバカマもたくさん。      サンカヨウも去年よりも多く見た。
a0157297_21105431.jpga0157297_21111348.jpg


ツバメオモト、ハクサンチドリもぽつぽつと。
a0157297_21111549.jpga0157297_21111834.jpg


サンカヨウとツバメオモトの花、大好き。いいよね~。

さて、肝心のシラネアオイだけど、2.5合目を過ぎたあたりから
ぽつぽつと出てくるけど、去年はたくさん咲いていた3合目~5合目あたりは
もう終わっているのが多いし、葉っぱはあれど花を付けた様子もないものも。
a0157297_21112155.jpg


ええ~こんなもんじゃないでしょ~。と落胆ぎみに登る。
(((いや、あるにはあるんだけど・・・なんせ、去年がすごかっただけに)

5合目位まで来るとカンバがきれい。
とともにだいぶガスが掛かってきた。
a0157297_21112363.jpg


去年はそれほど目立たなかったシロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)も
たくさん出てくる。とてもきれい。
a0157297_21113036.jpg


3合目あたりからずいぶんあったミヤマスミレとフイリミヤマスミレ。
a0157297_2133320.jpga0157297_2133650.jpg


さて、5合目をすぎてしばらくすると、ようやく望んでいた光景が飛び込んでくる。
a0157297_21331235.jpga0157297_21331489.jpg


いいやっほぅ~♪ 6合目になるとさらに花色も濃く、花も大きいのがたくさん。
a0157297_21331873.jpga0157297_21332590.jpg


いや~もうたまりません。来た甲斐があったというもの。
a0157297_21332854.jpg


オオバキスミレもずっとあった。
そして、これがよくわからないハタザオが。
岩手山だからイワテハタザオと言いたいところだけど、岩礫地じゃないし、
容姿も違う。エゾイワハタザオかな?確信なし。

オオバキスミレ                   よくわからないハタザオの仲間。
a0157297_2133169.jpga0157297_21332074.jpg


首をかしげつつ、八合目避難小屋到着。
ガスガスでまったく山頂は見えず。
小屋前の水場で喉をうるおしチョイ休憩。
a0157297_21333070.jpg


八合目避難小屋からのミネヤナギやハイマツ、ミヤマハンノキなどの低灌木の
下にもあるシラネアオイを愛でつつ歩を進め9合目の不動平避難小屋へ。
a0157297_21333379.jpg


ガスガスで、目の前に来るまで小屋がどこにあるか分からない位だったので、
当然山頂には足を向けず、避難小屋へ。
中もキレイだ。何の木で作ってあるんだろうか?とてもよい香りの小屋内。
トイレは小屋内に2基(洋式)あり、非水洗だけど、臭いもなくとてもきれいだった。
a0157297_21333841.jpg


結局、雨は7合目手前でぱらりと来てカッパを着たけど、すぐやんで、
また、9合目不動平避難小屋手前でぽつぽつと降ってきた位で済んだ。

小屋内でくつろぎまくり、うとうとしたりごろごろしたり。
小屋に入ってからは、雨は本降りとなり、時折強くって、周囲をうろうろする気も
起きず。
まあ、このヒマさ加減が泊まりのいいところ。
(((じっとしてられないおおにょさんはヒマを持て余していたけどw)

小屋内は10℃。
シュラフは、モンベルの♯3で明け方は少し寒そうなので、貼るカイロ使用で
ぬくぬく。


■6/10(日)0800不動平避難小屋⇒旧道⇒1240馬返し登山口
さて翌朝、旧道で下山だ。
小屋内は8℃、外気温6℃。
雨は止んでいたけど、ガスが濃いのでカッパ着用。
a0157297_21334086.jpg


小屋の後ろは雪がぎっしり詰まってた。
どなたかの記録で、この雪融けのあとにシラネアオイの群生が現れることを知った。
7月頭くらいみたいね。

濡れたサンカヨウの花が透けてキレイ。  タケシマラン、初見。
a0157297_21335079.jpga0157297_21335221.jpg


赤いザレ道を下る。
a0157297_21342267.jpg


ミヤマハンショウヅル、ムシトリスミレがたくさん!
やはり去年よりも季節が進んでいる感じ。日付にしたら二日と違わないのにね。
a0157297_22245836.jpga0157297_22251445.jpg


そうそう、シラネアオイも去年は旧道にはそれほどない印象だったのに、
こんなにあったの?という位たくさん咲いていた。

足を止めずにはいられない花色の濃さ。
a0157297_2225763.jpg


ミネザクラもたくさん。
ミネザクラとシラネアオイ、コラボ。
a0157297_2225958.jpg


やっぱりいいよね~~。
a0157297_22251244.jpg


濃い群生に会うたびに足を止めて呆けているので、さっぱり進みませんな。笑
恐るべし!花見登山w

旧道はガレガレ&ザレ。
a0157297_222516100.jpg


何合目あたりだったか、ふとガスが取れた!うおっ!と息をのむ光景。
a0157297_22251949.jpg


チングルマと下界。
a0157297_22252193.jpg


で、ここも季節がやはり去年よりも進んでいるのだろう。
去年はまったく分からなかった初見のエゾツツジが!(蕾だけど)
そして、イワヒゲも初見!
a0157297_22252313.jpga0157297_22252650.jpg


終わってしまったミネズオウらしきものを眺めつつ歩を進めると・・・
やった~!!とうとうタカネスミレに会えた!!(初見)
右はアズマギク。
a0157297_22252882.jpga0157297_22253231.jpg


タカネスミレは、東北の高山帯、岩手山、秋田駒ヶ岳あたりにしか見られないスミレ。
去年の秋田駒で葉っぱと実になったタカネスミレらしきものを見て、是非花期に!
と思っていた。
去年の岩手山では見なかったんだけどね~。や~よかったよかった。

旧道はしばらくこんな感じで割と急で歩きやすくはないけれど、花もたくさんで
まったく飽きない。
a0157297_2225352.jpg


去年は咲いてなかったヒロハヘビノボラズも咲いている。(蕾のものが大半だけど)
棘がすごいから蛇も登らないってことらしい。
a0157297_22253721.jpg


イワカガミもたくさんたくさん。
a0157297_22254152.jpg


樹林帯まで降りると、ムラサキヤシオが色鮮やかにたくさん出てくる。
a0157297_22254636.jpg



晴れ間も見える天気となってきたが、3合目あたりから通り雨的なものに3度位
当たるが、登山口に降りるころには止んだ。

馬返しキャンプ場の水場で2.5Lのプラティパスにたっぷり水を汲んでおみやげ。

下山後、滝沢村の相の沢温泉「お山の湯」(500円)でご飯を食べ入浴、帰路に着いた。



や~やっぱり山の季節の進みは読めないね。
去年とわずか2日位しか違わないのに、花はだいぶ進んでいた。
たっぷり花見登山、堪能いたしました!

同行のおおにょさんとたくさんの花たちに感謝。
[PR]
by 92robin | 2012-06-11 23:02 | 東北の山 | Comments(20)
速報 岩手山 シラネアオイ
6/9-10で岩手山に馬返し口(柳沢コース)で行ってきました。

a0157297_12959100.jpg

シラネアオイですが、去年は6/12に行って、新道3合目から咲いていて
5合目付近が一番の盛りでしたが、今年は下の方はもう終わっていて、
5合目からようやく。
で、6合目付近が一番の盛りで7合目から不動平が咲き始めでした。
旧道上部は、去年以上の花の多さでした。

詳細は後日。
[PR]
by 92robin | 2012-06-11 01:31 | 東北の山
大入道 シロヤシオ
さて、去年は6月4日に行って満開だったシロヤシオ。
今年はまだ少し早そうかも・・と思いつつgo~!

今回はおおにょさんと。

6/2(土)
0730小間々駐車場⇒大間々台⇒0920八海山神社⇒剣ヶ峰⇒大入道⇒1330小間々駐車場
(※花見歩きで、普通に歩く方は参考にならないタイム)

前回は学校平に車を駐めたけど、今回は小間々の駐車場に。
駐車場は、約30台程度のスペースで、朝の時点で約6~7割程度の入り。

さて、歩き始める。
小間々台のヤマツツジはおおよそ咲き始めで蕾もある状態。
満開の株もあるけれども、大方は満開手前。
a0157297_20111890.jpga0157297_20112079.jpg



大間々台の手前で満開状態のトウゴクミツバツツジ。
ん?去年は、ここらへんのは、ほぼ終わりかけだったような・・。
a0157297_20112225.jpg



8~9割位の入りの大間々台の駐車場を眺め、林道から八海山神社への
鳥居をくぐって山道に入る。

あちこちと開花したシロヤシオを見ながら、八海山神社着。
そして、剣ヶ峰へ向かう。

ここら辺は、ちょうど見ごろなオオカメノキの花がたくさんだけど、
シロヤシオは蕾。あらら?
a0157297_20112473.jpga0157297_20112696.jpg



剣が峰から大入道へ向かって進むと、まだまだな感じの咲き具合だけど、
しばらく歩くと、よい頃合いのシロヤシオが。
うわ~、この咲き始めたふんわり感がなんともはや~(萌)
a0157297_20112858.jpg



寡黙だけど雄弁なシロヤシオ劇場をしばらくどうぞ~!
a0157297_2011344.jpg


a0157297_20113235.jpg


a0157297_20113996.jpg


a0157297_20113526.jpg



葉もまだ完全に展開しきっていない株も多いけど、その分、花が初々しい感じで
咲いていたのが印象的だった。

剣ヶ峰⇒大入道の中ほどからは、トウゴクミツバツツジが真っ盛り!
(もちろんシロヤシオもたくさんだけど。)
とにかく、こんなにあったの?(去年比w)って思う位。
ところによっては、シロヤシオよりもトウゴクミツバのピンクムラサキ色の方が
優っている位だった。

激写中のおおにょさんとトウゴクミツバ。
a0157297_2011371.jpg


シロヤシオとトウゴクミツバ、コラボ。
a0157297_20114149.jpg




大入道から沢までの下りでは、ヤマツツジが色の濃い蕾をたくさんつけていた。
新緑美しい林をてくてく歩き、小間々台のベンチでコーヒーブレイク。


週半ばに、危ぶまれた天候も上々で、晴れた空に咲き始めの初々しいシロヤシオと
たくさんの色鮮やかなトウゴクミツバツツジが素晴らしかった!

しかしながら、シロヤシオという木はなんと美しいのだろう。
ツツジの中では、一番好きかも。
[PR]
by 92robin | 2012-06-02 21:20 | 栃木の山 | Comments(25)