遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
以前の記事
最新のコメント
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
素晴らしい設営地ですねw..
by charmy at 05:03
betty さん い..
by 92robin at 22:38
お疲れさまでした! 前..
by betty at 22:14
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
筑波山
といっても、筑波高原キャンプ場まで。

1月の14日に降り積もった雪がどの程度残っているか、
車でどこまで上がれるのかを調査。
筑波山も南側は道路の雪も融けたけど、北側の話。


さて、いきなり通行止めの看板。
思いのほか手前で。
「来楽庵(そばや)」の所だ。
みんな・・と言っても3台位だけど、この看板のすぐ先に駐めていた。
a0157297_2114986.jpg


少し上がってみようか?とも思ったけど、ちょうど帰るところだった
ボルボの方に話を伺っておとなしくここに駐めることにした。
ボルボの方も2駆なのでここに駐めて歩いたと。

う~んここから歩くのか・・・。

断続的に凍結路とそうでないところが現れる。
a0157297_2115172.jpg


キャンプ場まであと3キロ・・・ですと~!
a0157297_2115390.jpg


男の川水分神の石碑の先から凍結路が続くことになった。
a0157297_2115576.jpg


a0157297_2115793.jpg


「全国緑化なんたら」の看板前
a0157297_2115952.jpg


鬼ヶ作林道起点の看板前
a0157297_212147.jpg


筑波高原キャンプ場分岐
a0157297_212340.jpg


キャンプ場手前
a0157297_212481.jpg


と、てくてく歩いてキャンプ場のベース部分で景色を眺めながらまったり。
キャンプ場もたっぷり雪が残ってた。
キャンプ場で8℃あったんだけどねぇ。
a0157297_212676.jpg


帰路は、もうどんな道路状況か分かったので、舗装路をショートカット
する羽鳥道を交えて下った。
それと、下りなので軽アイゼン装着。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

いや~ものすごい凍結路だった。
なんせここらへんじゃ、除雪しないもんね。
しかも、どこかに抜ける県道でもないんで融雪剤もまかないし。
ガビガビの所は、まったく融ける様子なし。
こりゃ、春の雨が降るまで車で上がるのは厳しそう。

ただし、4駆+スタッドレス車は上がれます。
鉄砲打ちの方のパジェロミニ、ジムニー、軽トラはすらすらと
登ってました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


で、車の所まで戻ったのですが、よせばいいのにちょっとどの位
登れるのか少しだけ行ってみようなんて。(-。-)

これが案の定というか、早速、凍結登りカーブで登んなくなっちゃって~。
あらら、こりゃイカンと、そのままバックで下ろうかと思ったら、
まあこれが車体が横に滑って道路をふさぐ形に。ヽ('A`)ノェェェ

仕方ないチェーンを着けるかと思ったら、ちょうど上から
鉄砲打ちのおじさんのジムニーが。
も~車線をふさいじゃって申し訳なし。
片側のチェーンを着け終わった所で、おじさんの鉄砲打ち仲間が
招集され、道路に土を撒いてくれたり、誘導してくれたりと助けて
頂いて脱出。
ありがとうございました。m(_`_)m

2駆+スタッドレスではムリな実例を作ってしまった。(汗)
じゃ、初めからチェーンをつけたら?という気がしないでもないけど、
まあ、おとなしく下から歩くこととします。笑
もしくはつつじヶ丘から入って東筑波ハイキングコースで巻いて
北側に出るとかかな。
[PR]
by 92robin | 2013-01-27 21:45 | 筑波山系 | Comments(20)
宝篋山
先先週の金曜にぎっくり腰の一歩手前的な状態になって、土曜は一日安静。
でも日曜は身体をだまくらかしてスキーw
月曜祝日もなるべく起きずに安静。
先週の仕事もまあ何とかこなした。
で、土曜安静として、今日は久々に歩くぞ~。

なんて張り切っていたけど、14時スタートだったんで宝篋山。
14日に降った雪は、上部にちょいと残っているだけだった。
a0157297_20464548.jpg


今日のカメラは RICOH GR digital II
コンデジで単焦点という割り切ったモノで、F2.4 のGRレンズは
ワタシ的には接写の描写がよい感じ。
(もっとも今のGRはIVで、F1.9)
今となっては、明るいレンズのコンデジもだいぶ出てきたよね。
ソニーのRX1 なんかコンデジなのにフルサイズ!、
で、F2の単焦点レンズ・・・興味アリアリだけど20万円超えってOrz


ま、カメラの話は置いといて。

ゆっくり登って山頂のベンチで持参の紅茶でまったり。
a0157297_20464790.jpg

暖かい日で軽く上に羽織ればいつまでもいられそうだが、
まあ、そうもいかないので、落日を常願寺コース基部で
見るべく下る。

ん?陽が少し伸びているんだね。
思ったよりも陽が高いや。
富士山はうっすら見える位で霞んでる。
a0157297_20465033.jpg


田んぼの中をぬしぬし歩いて小田休憩所の駐車場へ。
プチ棚田と宝篋山の裾が美しい。
a0157297_20465276.jpg


そうそう、常願寺コース上部でルリビタキ雄、アカハラ。
常願寺下部でクロジ、ジョウビタキ雌を見た。
ルリビタキ雄はきれいに青になった個体だったな~。


さて、明後日は健康診断。
ちょっと太ったからな~やだな~。
[PR]
by 92robin | 2013-01-20 21:14 | 筑波山系 | Comments(16)
安達太良山
なんだかうまいことに高気圧がどかんと真上に来そうな週末、
赤岳に行くか安達太良にするか迷ったけど、温泉でくつろぎの
くろがね小屋泊の安達太良山に。

今回の同行もベッティ氏。

■概要■
【行程】
1/5(土)
0450つくば発⇒ベッティ氏宅⇒北関東道桜川筑西IC⇒東北道二本松IC
⇒840奥岳登山口(あだたら高原スキー場)
0930あだたら高原スキー場ゴンドラ⇒山頂⇒牛ノ背⇒峰の辻⇒1310くろがね小屋

1/6(日)
0840くろがね小屋⇒勢至平⇒奥岳登山口

【携帯電波・ドコモ】
スキー場○、山頂○、くろがね小屋部分的に○
(前回は入らないと思っていたが、くろがね小屋は部分的に○だった)

【登山道と装備】
ほぼ夏道どおり。トレースばっちり。
ゴンドラ終点から森林限界までは赤リボン、そこから先は篠棒の目印。
ゴンドラ終点の少し先からくろがね小屋まではスノーシュー
(ただ、牛ノ背付近は凍結)。
二日目のくろがね小屋から奥岳登山口まではつぼ足。
アイゼンも持っていったが使わなかった。

【その他】
登山届のBOXはゴンドラ終点駅の構内出口とスキー場ベース部の
スキーパトロール所小屋の脇にある。


■詳細■
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1/5(土)0930あだたら高原スキー場ゴンドラ⇒山頂⇒牛ノ背⇒峰の辻⇒1300くろがね小屋
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今回は縦走でもないし、朝出で車中泊でもないので車一台。
ベッティ氏に車を出してもらってgo!

ゴンドラ駅のおじさんに「いってらっしゃ~い、気を付けて~」と
見送られて出発。

ゴンドラ駅でスノーシューを付けずそのまま進んだけど、
ちょっと取り付きを間違えて少しの距離だけど股下位のラッセルに。笑
も~ストックを横にしてボフボフ雪を均して、膝で固めて這い上がる
という四ッ這い状態。
ほどなくしてしっかりしたトレースと合流したけど、まあ、なんてか
私にはノートレースの鬼ラッセルの雪山はムリだなと悟りますた。
雪山デビューなベッティ氏に、しょっぱなからヘンなことをさせて
しまった・・・。笑

ちゃんとしたトレースに乗って、しばらく行くと山頂が見えた~。
a0157297_2222125.jpg


一時雲がやってくるも・・・・
a0157297_2222310.jpg


雲はすぐ切れて、青空の中を登ります。
a0157297_2222679.jpg


振り返っても・・・キレイです!
a0157297_222296.jpg


霧氷も・・・キレイです!
a0157297_23161085.jpg


そ~して、山頂。
時折風もぴゅ~と吹きましたが、穏やかな天気です。
a0157297_22221184.jpg


この後、ベッティ氏は乳首と言われるトップまで登ります。
(((私はスノーシューを脱着するのが面倒でここで応援w)

ああ、ニクいまでの紺碧の空。
この風景が見たかった!
(クリックすると大きくなります)
a0157297_0302871.jpg


で、今回は風も弱くおだやかなので初めて牛ノ背と呼ばれる稜線へ。
a0157297_22221338.jpg


さすがに稜線は風がありましたが、まあこの時期としてはきっと
穏やかなのでは?と思う程度の風。
でも、顔がイタかったけど。


ほうほう、これが沼ノ平と呼ばれる所?初めて見たわ~。
a0157297_22221572.jpg


矢筈森手前の分岐から峰の辻に降りるトレースから山頂方面を
振り返ると、これまたなんと美しい!
a0157297_22221714.jpg


ベッティ氏と「キレイだね~」とうっとりしながら下っていくと、
くろがね小屋が見えた~。
a0157297_22222095.jpg


で、なんとくろがね小屋でバッタリ。笑
二ッ箭ALL☆sのasanoさんigaguriatamaさんが。
まあ、なんとasanoさんとigaguriatamaさんもバッタリだったそうで。
や~なんか今年は幸先がよさそう!
a0157297_22222275.jpg


また会いましょう!と固く握手を交わし、お二人を見送りました。(^^)ノ~~

その後、風呂に。
長風呂で堪能しゴロゴロしてからご飯。
混んでいて場所の確保に苦労しますが、なんとか。
(席を譲っていただいた方、ありがとうございました)

今回のご飯、ベッティ氏が担当してくれたのですが、まあなんと
ものすごい重量物がごろごろと。笑
(このほかにも、うどん2玉、サトウのご飯2パック、ワイン1本!!)
a0157297_22222452.jpg


食べて飲んでお腹いっぱいなんてやってるうちにあっという間に
2100の消灯時間。

ぐーすか寝て、朝は昨日の残りのキムチ鍋にうどんを入れて
月見キムチうどん。
朝夕ともに大変おいしゅうございました。
(((ええ、私が持っていったのは鍋とガスだけですww)
a0157297_2222256.jpg




ちなみに以前も書きましたが、くろがね小屋ではバーナーを使う時は床で。
それと、席が混んでいる時は、小屋ご飯の後まで待っていると多分空きが出ます。
(小屋ご飯で確保された席が解放されるところに入る)
もうひとつ。
部屋の定員通りの使用の場合は、夏用のシュラフを持っていった方がいいかも。
小屋の毛布は一人2枚あてがわれますが、おそらくそれではちと寒い。
私たちは4人部屋に2人だったので、使用してない毛布を足して使ってちょうど
よかったですが、定員通りの部屋に泊まった方は寒かったようです。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1/6(日)0840くろがね小屋⇒勢至平⇒奥岳登山口
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さらばくろがね小屋!
a0157297_22222898.jpg


朝は山頂方向は視界が悪かったのですが、この後どんどん晴れてきました。

途中の山頂がよく見える場所で、まったりお茶なぞをしてゆるゆると。

とてもよい山行でした。

同行のベッティ氏とバッタリのasanoさん、igaguriatamaさんに感謝!
[PR]
by 92robin | 2013-01-07 00:36 | 東北の山 | Comments(18)
始まりは宝篋山
明けましておめでとうございます。
今年もこのブログに来て下さる皆さんとの交流を楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いします~。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デイダラボッチさんを真似て、ホームの山・宝篋山の大晦日の
夕日と元日の朝日を見ようと目論んでいたけど、どちらも叶わず。笑

1/2の今日、宝篋山へ。

13時チョイ前位だったかな?小田休憩所の駐車場は9割の入り。
ひえ~すごいね。
元日の日の出を見に行った山友の話によると、元日朝4時半で
駐車場はかなり埋まっていたそうな。
すごい人気になっちゃったね、宝篋山。

私が宝篋山に初めて登ったのは2005年のことだ。
とはいえ、この時は純粋な山登りではなく、MTBの話。
その頃の表記は、今のような「宝篋山」ではなく「宝鏡山」だった。
今はMTB禁止の札が立ってしまったが、その当時は
歩いてる人なんていなかった。
(いや、いたのかもしれないけど会わなかったね~)
純平歩道なんて、よく道が付いてなくって転げ落ちそうなところが
たくさんあったもんね。
刈り払いも、どうにか藪を通しましたって位で今ほどじゃんじゃか
切られてなかった。

なんてことを思いながら極楽寺コースをぬしぬしと歩き、山頂。
遠景は霞んで見えなかったがぐるり360°の展望はやはりすがすがしかった。
下りは常願寺コースで。

常願寺コース、沢の小道ではジュウモンジシダが群生しているところがあった。
a0157297_203988.jpg


宝篋山、実にシダが豊富なのだけど、どうもシダって難しくって。
私がここで分かるのは、ウラジロ、コシダ、ジュウモンジシダ、イワガネソウのみ。
あ、あとノキシノブもあったかな?
そうだワラビとゼンマイも。


あ~明日から仕事だ。
今年の正月は31と3日が交代で出勤で、私は3日が出番。
4日より通常勤務なんで正月休みも今日でお終い。

自転車で行くかバイクで行くか迷ったが愛機ディグリーでの宝篋山だった。
a0157297_203759.jpg

[PR]
by 92robin | 2013-01-02 20:16 | 筑波山系 | Comments(16)