遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
以前の記事
最新のコメント
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
素晴らしい設営地ですねw..
by charmy at 05:03
betty さん い..
by 92robin at 22:38
お疲れさまでした! 前..
by betty at 22:14
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
残雪の吾妻連峰 浄土平から
さて、GW第一弾。

GWと言っても4月はカレンダー通りの人にとっては飛び石。
なので土日の26-27の一泊二日の行程で組む予定。

巻機山なんかもいいな、とも思ったんだけど、
指をくわえて山スキーの人を眺めてるってのもちょっとな~
なんて思ってやめて、吾妻連峰にしてみた。

ただ、この時期の浄土平からの吾妻連峰って一切経山あたりまで
の記録はよくあるんだけどその先のが見つからない。
逆からの西大巓-西吾妻はあるんだけどね~。

ならば私達が見てこようじゃないの、ということで、
浄土平から東大巓で明月荘泊まりのピストンか
状況が許せば谷地平廻りで戻るという計画。
(日和ってグランデコ-西大巓-西吾妻山-西吾妻小屋泊
でもいいかなともちょっと思ったw)
 

まあ、結果からすると、東大巓には届かず。
オオシラビソなどの針葉樹が密な割と緩やかな積雪状態の地形が
あんなに難しいとは。
ルート維持するのが大変だった。
それと、烏帽子山西面の深い踏みぬきで諦観、撤退。

今回の同行もbetty氏。

【概要】
■GPSログ■クリックすると別タブでルートラボに飛びます


さて今回はログを落としやすくなった国土地理院の電子国土基本図にもログを落としてみた。
ルートラボからGPXデータを落として別地図で見るのがどうも・・・と言う方にはいいかな?
こちらをクリックすると別タブで電子国土に飛びます
でもUP後30日で消えちゃうらしい。


■行程■
4/26(土)0325つくば発⇒0355betty氏宅0410⇒北関東道 桜川筑西
⇒東北道 福島松川スマートIC⇒土湯経由磐梯吾妻スカイライン⇒0710浄土平P

0750浄土平P⇒0940一切経山⇒1120家形山⇒1300ニセ烏帽子山⇒1350烏帽子山
⇒1520烏帽子山西面1834m地点 撤退、登り返し烏帽子山で幕営


4/27(日)0700烏帽子山⇒0740ニセ烏帽子⇒0936家形山1000⇒1050一切経山
⇒1150浄土平P




■駐車場について■
浄土平の駐車場は公式HPなどでご確認ください。
(((台数数えなかったw)
朝到着時はホンの数台だだったが、27の駐車場帰着時は満車だった。
満車と言っても、ほぼ観光客。
ビジターセンター裏の未舗装駐車場はこの時期まだ積雪で駐車不能。

■磐梯吾妻スカイライン通行規制■
春の開通からしばらくは夜間通行止め期間がある。
通行可能時間は4月の26から5/8までは7時~17時。
詳細は福島県道路公社のHPで要確認。
ちなみに恒久無料で一般県道になったそうな。


■携帯電波■(ドコモ)
可:浄土平P
不可:烏帽子山  
その他未確認


■登山道について■
ショートカットが出来るところでは雪上であるのでショートカットしたが
基本は夏道を辿った。
だが、家形山から烏帽子山までは樹林が密な所が多く、
「ここが夏道」と確信を持てるところはほとんどなかった。
夏道であることを示すスチールプレートが一か所、
コケが生えて目の前に来ても分からなかった元色不明のリボンが
一か所、地上20cmに出ていたピンクリボンが一か所あった。
とにかく目立つリボンや標識などはなし。
山頂標柱も家形山、ニセ烏帽子、烏帽子山ともに見つからず。
(烏帽子は西面を少し下った所になぜかあった)

家形山からはトレースなし。

一切経山の一部は積雪なし。


■装備■
浄土平P⇒家形山手前まではつぼ足
家形山登りは軽アイゼン
家形山からしばらくして踏みぬきが多くなってきたのでスノーシュー

泊まり装備はナンガ オーロラ750DX ショート、アライテントのツェルト
夜半ツェルト内で-5℃



【詳細】
0650位に磐梯吾妻スカイラインに入る。
時間規制チョイ前だったが、保全の車の脇を通してくれた。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4/26(土)
0750浄土平P⇒0940一切経山⇒1120家形山⇒1300ニセ烏帽子山⇒1350烏帽子山
⇒1520烏帽子山西面1834m地点 撤退、登り返し烏帽子山で幕営
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


一部木道が出ている浄土平からスタート。
私が写っている画像はbetty氏からの頂き画像。
(私のはアスペクト比が16:9のでbetty氏からもらったのが4:3のね)
a0157297_2047504.jpg


少し歩くと酸ヶ平避難小屋。
a0157297_033987.jpg



振り返れば浄土平Pの道路挟んで向かいの吾妻小富士。
a0157297_2212019.jpg


一切経山の登り途中から地面が出て山頂も積雪なし。
一切経山山頂から吾妻小富士と高山。
高山の奥に箕輪山と安達太良山。
a0157297_23171446.jpg


だだっ広い山頂を吾妻小富士が見える反対側にまわると、
おうおう、あれが家形山と五色沼か。
a0157297_22225255.jpg



なんたって、浄土平から入る吾妻連峰は初めてなのだ。
初めの吾妻連峰は2010年9月に滑川温泉から。
二度目は2012年3月にグランデコスキー場から西大巓、西吾妻山
(((ここでasanoさんとお会いしたのであった~)

山始めてちょうど丸一年でソロで滑川温泉からっていうのは、
今から思えばちょっと冒険だったかな。
最初の頃はソロが多かったな~。


一切経山を下って五色沼の外輪を歩き、家形山の最後の登り。
ここからトレースは全くなくなった。
a0157297_2250898.jpg



家形山の山頂も雪が消えていた。
a0157297_2317128.jpg


さあ、もうトレースも一切なしのオオシラビソなどの針葉樹の見通しの効かない樹林帯。
地形や樹木の位置関係で積雪に偏りがだいぶある。
歩きやすいところ、踏みぬけなさそうな所を選んであるくのだが、
ルート維持するのがホント大変だった。
踏みぬきが多くなった途中からスノーシュー装着。
a0157297_23172969.jpg


こんなところはまだ歩きやすいところ。
a0157297_0331715.jpg


たまにはこんな開けたところも出てくる。
前方はニセ烏帽子山。
a0157297_0332457.jpg


ニセ烏帽子山の山頂付近。
a0157297_2317477.jpg


ニセ烏帽子の前後だったかな?
このスチールプレートを見つけた時はなんだか少しほっとしたな。
a0157297_2317645.jpg



さあ、今度は烏帽子山の登りだ。
ようやく開けた。爽快。
a0157297_23175139.jpg


ちょっと疲れてマス、私w
いや、だってやっぱり冬の泊まり装備は重い。
久しぶりにこんな重いの背負ったわ~。
a0157297_0333240.jpg


烏帽子山の山頂っぽい平らな所に出た。
a0157297_23175461.jpg


で、これを昭元山方向に向かうのだ・・・・が・・・・
夏道がありそうな西側は背の低いオオシラビソとハイマツの藪。
うう~ん、どっから降りればよいのだ?
a0157297_20475712.jpg


しばらくあっちに行ったりこっちに行ったり。
樹木の周りをヘタに歩くとスノーシューを着けていても踏みぬいちゃうから
ウロウロするのも大変。

で、ちょっと南側から回り込んでみると・・・
a0157297_23175769.jpg


夏道発見。
(((betty氏がこの標柱を見つけた。私の背丈では回り込んだ付近からは見えなんだ(T_T)
画像は夏道を下から撮ったもの)
a0157297_2318088.jpg



しばらくは雪消えした岩の道を下るが、そのうち積雪路に。
で、これがものすごく踏みぬくの。
スノーシューを装着していてもずっぽり。
画像下なんか胸まで入っちゃったもんね。
a0157297_2318625.jpg

a0157297_23181013.jpg


はて、この先踏みぬかないルートで下れるのだろうか・・・。
諦め半分でルートを検討する。
a0157297_2318537.jpg


が、諦めた。
こりゃここまで。


で、登り返して幕営だ。

お疲れ~!!
betty氏の激重のザックからは、ワインボトルがww
a0157297_2319843.jpg


キムチ鍋であったまって、いい気分。
暖かいものがおいしい!
a0157297_2346373.jpg



本日のお宿。
a0157297_23193660.jpg





そうしているうちにサンセット。
a0157297_23195919.jpg


ニクいことに、届かなかった東大巓に陽が落ちる。
a0157297_2320865.jpg



少し悔しい気持ちはあるが、存分に歩いたからいい調子で酔っ払い。
そして就寝。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4/27(日)
0700烏帽子山⇒0740ニセ烏帽子⇒0936家形山1000⇒1050一切経山
⇒1150浄土平P

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
そして翌朝。
目が覚めてもぞもぞしていると、ツェルトの外でbetty氏「今ちょうど陽が昇ってめちゃキレイ!」
おお、それでは起きるよ。
ひゃ~~。
a0157297_23203438.jpg


西方向。昭元山、東大巓も陽に染まる。
奥の左は西吾妻山、右は中大巓。
ちなみに山座同定はみんなカシミール先生w
a0157297_23205170.jpg


一切経山方面も朝焼けでキレイだ。
しかしながらよくあそこから歩いてきたな。
a0157297_2321113.jpg



さて、朝ごはんは昨日の鍋にうどんを入れてキムチうどんだ。
まったくもってすばらしい。
a0157297_23211676.jpg



さて、撤収。
下るか。
一番奥に見えるのが一切経山。
a0157297_23471413.jpg


ミネザクラの新芽が陽を受けてひそやかに輝いている。
a0157297_23214452.jpg


鳥はホシガラス、イワヒバリ、ヒガラ、コガラ、ウグイスなどいろいろいたけど、
ここでbetty氏ったらウソを見つける。
しかも、つがいでいるところ。


帰りは自らのトレースがあるのでとても楽だった。
トレースがあるのとないのでは大違いだ。
途中の少し開けたところでまったり。

そして、ずんずん歩いて一切経山の登り。
振り返ると感慨深い。
a0157297_23215574.jpg




昼前に浄土平の駐車場に着くと、まるで観光地の様相でびっくり。

帰りにかねてから立ち寄りたかった鷲倉温泉へ。
ここは単純硫黄温泉と酸性緑礬泉の二つの源泉があるのだけど、
別棟で湯小屋がある酸性緑礬泉が素晴らしかったな。


いろいろと勉強になった山行だったがとても楽しめた。
同行者がいなければ、ちょっと怖くって烏帽子山までも届かなかったであろう。
同行のbetty氏に感謝!
[PR]
by 92robin | 2014-04-27 23:22 | 東北の山 | Comments(16)
ウワミズザクラ
今日は裏庭&猫の額のような畑の手入れなどをしていた。

月桂樹の花なんかも咲いて美しいな。
a0157297_184313.jpg



ウグイスカグラはまだ咲いてるけど、もう小さい実になっているものも。
a0157297_1843424.jpg





まあ、ここまでは庭木の範疇だ。
(((ウグイスカグラは庭木かww)



いったい何が生えちゃったんだろう?
っていう木があったのだ。

なんかサクラっぽい木肌。

はて?モモの木の挿し木をしたのがそこらへんだった気もするし。
ウチにはサクランボの佐藤錦もあるからそれが実生で大きくなったか。
モモの木だったら、元の木は消滅してるからうれしいな。

などと思っていた。



・・・・・・あ。
a0157297_18212685.jpg




と思ったのが4月の6日のこと。


そして・・・。
お。
a0157297_1844498.jpg



え。
a0157297_1843725.jpg



ああ。
a0157297_1844630.jpg




ウワミズザクラだったww
a0157297_1844969.jpg




よく似たイヌザクラとの違いはいろいろあるんだけど、
分かりやすいのは花穂(かすい)の下に葉がつくのがウワミズザクラ。
上の蕾状態の画像が分かりやすいですね。
ウワミズザクラの花穂は正確に言うと総状花序という表現です。

で、このウワミズザクラの花の蕾を塩漬けにしたものを杏仁子(アンニンゴ)
と言って東北や新潟の方じゃ食するそうな。

ほうほう。
a0157297_184549.jpg




ものすごい杏仁の香りだったのでちょっと引いていたのだけど、
今食べて見たら、あらおいしい。
もっと漬けるんだったわ。
塩漬けにしないで、生のままてんぷらにしてもいいそうな。


そして、花が終わって実になったものをホワイトリカーに漬けこむと
杏仁子酒になるそうで、これもやってみよう。

実は鳥も食べに来るらしいから楽しみ。

しかしながら花からして杏仁っぽい匂いが個性的だな。

  
ウワミズザクラ、花穂がふかふかしていて好きだったのだが、
まさか裏庭に生えるとは。
大きい木だから嬉しいような困るような。
[PR]
by 92robin | 2014-04-20 18:55 | Comments(4)
ヒカゲ× ヒカゲ  二股山
一昨年だったか。
古賀志山で初めて見たヒカゲツツジ。
また見たいな。

そう思ってネット徘徊していると、テントミータカさんも二股山。
そしてふるさと山歩きさんも二股・・・ん?そ、そのスミレは~!

ふるさと山歩きさんの二股山の記事に載っていたスミレに釘付け。

これは行くしかないよ。

しか~し、私、今週は土曜が出番。
んん~日曜で間に合うのか?
だいたい日曜の天気予報はイマヒトツだし。

じゃ、代休先取りで行って来るべし。

と、鼻息荒くgo!

そうそう、二股山は栃木県鹿沼市にある569mの山。

■行程■
4/16(水)0830つくば発⇒R294⇒R352⇒1030加園
1040加園駐車地点⇒未舗装林道⇒1150加園登山口⇒1345南峰⇒1415北峰⇒1520加園登山口
(草花を愛ですぎ&写真撮影で、普通に歩く人には全く参考にならないタイムw)

■GPSログ■
GPSの電源を入れるのを忘れてスタート地点は加園登山口、
ゴール地点は駐車地点。



■駐車場について■
本文参照

■携帯電波■(ドコモ)
可:駐車地点、加園登山口、登山道途中、南峰


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


さて、もっと早起きして出かけようと思ったのだけど、なんだかんだ8時半出発。
この時間だと車の流れもゆっくりで鹿沼までたっぷり2時間かかった。

集落を過ぎ、未舗装林道になってすぐの林道脇に車を駐めて歩きだす。
画像は登山口側から集落側を見たもの。
a0157297_21201867.jpg


この林道の終点まで車で入れるのだけど、この林道に用があるんだわさ。
ちなみに上の画像の駐車スペースのようなものが3~4箇所あり。
それと林道終点に5~6台駐められるスペースあり。

この地点から登山口まで1.1kmなんだって。
a0157297_21202175.jpg


もうね、歩きだしからスミレだらけ。
一番多いのはタチツボスミレだけど、ニオイタチツボスミレ、エイザンスミレ、フモトスミレが
林道脇にたくさん。
フモトスミレ
a0157297_21194884.jpg


歩を進めると・・・ぬぬぬ!
ものすごい色の濃いヒナスミレの群落が~。
あわわ、もうコレ見られただけで来た甲斐あったわ~。
a0157297_21202858.jpga0157297_21205342.jpg


側弁の基部は普通有毛。だけどあんまり多くない。
a0157297_0404671.jpg


葉っぱの裏側はね、ほぼ緑なのとうっすら紫なのと、わりと紫なのと。
図鑑的には紫。
a0157297_21204885.jpg

a0157297_21204140.jpga0157297_21204569.jpg


これは帰りに撮ったもの。
やはり美しいヒナスミレ。
a0157297_21213591.jpg



タチツボスミレはとにかくたくさん。
a0157297_2121477.jpg



エイザンスミレもたくさん。
白っぽいのからピンクが濃いのも。
a0157297_2122220.jpga0157297_21213275.jpg



とにかくタカオスミレの斑入りを探して歩くがなかなか出てこない。

林道てくてく。
あれが二股山なのか?
a0157297_21223257.jpg



もうすぐ裂開のカテンソウ
a0157297_212211.jpg



おほ。
こりゃ色のはっきりしたアカネスミレだ。
a0157297_21234776.jpg


ヤマブキも咲きだしているね。
a0157297_21241412.jpg



・・・と、━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

a0157297_21311832.jpga0157297_2215718.jpg



ここでね、これが名前がめんどくさい。
基本種はヒカゲスミレ。
で、コレの葉っぱが表と裏ともにこげ茶色~黒紫色になるのがタカオスミレ。
表だけこげ茶色~黒紫色で裏は緑なのがハグロスミレ。

ってことらしいんだけど、実際には裏表こげ茶色~黒紫色のものはまれで、
タカオスミレとハグロスミレを分ける必要はないと。

(※いがりまさし 2005年 増補改訂 日本のスミレ 山と渓谷社)

で、この個体群を見ると表はこげ茶色~黒紫色で裏は緑。
現実的な分類ではタカオスミレの斑入りでフイリタカオスミレってことに
なるんだと思うんだけど、ネットでさらって見ると基本種の名を当てて
フイリヒカゲスミレとしている人もあるんだよね。
まあ、この出典を明らかにしている人はいないので信憑性があるかというと
どうだろうってことになっちゃうけど、ネットでのヒット数はフイリヒカゲスミレの
方が多かったり。


ここでは単純に基本種のヒカゲスミレの葉の色の変化したものが
タカオスミレだから、それの斑入りということでフイリタカオスミレとしておこう。

ちなみにこの記事のタイトルにした ヒカゲ× ヒカゲは
ヒカゲスミレ×ヒカゲツツジってことでシャレてみた。

まあ、いずれにせよ私にとってはヒカゲスミレにせよタカオスミレにせよ初見
なので、たいそう嬉しい。


花柱の上部はカマキリの頭様で側弁の毛は多い。
花柄も毛が多い。距はほどほどの大きさ。
a0157297_2132016.jpga0157297_2132821.jpg



葉の表。
a0157297_21324628.jpg


葉の裏は緑。
a0157297_21322117.jpg



ふうふう。
もう大興奮でいったい何ショット撮ったことか。

ヒトリシズカを眺めてちょっと落ち着こう。
a0157297_21331036.jpg





と、さて、これが林道終点のスペース。
a0157297_2133089.jpg



今年の大雪でだいぶ杉が折れてしまって大変だったみたいだけど、
登山道は通れるようになっている。
(そうは言っても周回路の復路は通行不可だそうな。なので今回はピストン)
a0157297_21331956.jpg



杉林のつづら折れの登山道を登っていくと「つつじ岩」なる標記が出てくるが、
さすがつつじ岩だけあって・・・・
出てきたよ出てきたよヒカゲツツジ。実に美しい。
a0157297_21332978.jpg


少し進むとウリカエデが花を咲かせていたのもよかったな~。
でも、風が出てきてよく撮れなかったのが残念。
ウリハダカエデってのもあるけど、ちと違う。
a0157297_21333864.jpg



それにしても、そちこちにあるよ。ヒカゲツツジ。
a0157297_21334949.jpg


トウゴクミツバツツジも咲き始め。
咲き始めだからか色が濃いわ~。
a0157297_2134076.jpg


イワウチワの群生地ってのもあったけど、さすがにイワウチワは終わりだね。
a0157297_21341536.jpg


林道沿いではしっかり咲いていたけど、山の中ではまだまだみんな蕾なフモトスミレ。
咲いてるのを一株見つけた。
a0157297_21342683.jpg


「展望地」からの眺め。
山々が重なっている様が美しい。
a0157297_21343698.jpg


ここらへんからアカヤシオも撮れる所に出てきた。
a0157297_2134529.jpg


さてヒカゲツツジ5連。
a0157297_2135916.jpg


a0157297_2135204.jpg


a0157297_21352922.jpg


後ろはアカヤシオ
a0157297_21354141.jpg


a0157297_21355488.jpg


南峰と北峰の頂上にはそれはたくさんのヒカゲツツジ。
なんだ、こんなにあるんだったらヒカゲツツジは二股山だな。

南峰頂上
a0157297_213679.jpg


アカヤシオも美しい。
a0157297_21361612.jpg


北峰にはアンテナ塔もあったな。
北峰からの展望。
a0157297_21362565.jpg



や~も~スミレもツツジも素晴らしかった。
これは毎年行くしかないねと山を降りて帰路に。


帰りもトラックが多くってゆっくりペースだったら久しぶりに燃費計がいい数字。
もっとも燃費計からマイナス2km弱/Lが実燃費なんだけどね。
通勤じゃこんな数字は出ないな。
ちなみに今まで一番良かった実燃費は去年の朳差岳の帰りで24.6km/L。
a0157297_2136348.jpg

[PR]
by 92robin | 2014-04-17 01:10 | 栃木の山 | Comments(15)
筑波山 / 茨城県中央青年の家
さあさあ、春爛漫な筑波山の北側へ。
それと、時間次第では茨城県中央青年の家にスミレ詣で。

今回のトピックスはフモトスミレを筑波山では初めて見たことと
マルバスミレを中央青年の家では初めて見たことかな。

今回はソロ。

4/12(土)
■湯袋沢コース⇒日ハムの森周回⇒湯袋尾根コース■

向かう道中ちょいと寄り道。
つくば市の国松あたりからの筑波山。
春よの~。
手前が男体山で右奥が女体山、左のピークが坊主山かな。
a0157297_22314488.jpg



さて、登山口近くに車を駐めて歩きだす。
県道150沿いにはヤマエンゴサク。
後で日ハムの森の赤紫色のヤマエンゴサクの画像を載せるけど、
ずいぶん色が違うのがあるもんだね。
a0157297_22314769.jpg



去年の同時期にはヤマブキが県道沿いにたくさん咲いていたけど、
今回は咲いてるのはほとんどなくってこれだけだった。
ん~今年はあんまり気温があがらなかったからかな?
a0157297_22315438.jpg


そうは言っても県道沿いにはニョイスミレ(ツボスミレ)なんかも咲いていたり。
a0157297_22315516.jpg




さて、湯袋沢コースへ。

タネツケバナの仲間は難しいな。
a0157297_223216.jpg



トウゴクサバノオ
a0157297_22325100.jpg


ミヤマカタバミがこれでもかって位たくさん。
a0157297_2232976.jpg


で、去年よりもずっと下の方からナガバノスミレサイシンが。
やっぱり今年は花が少し遅れてる?
a0157297_22321484.jpga0157297_22321891.jpg


ハルトラノオ
a0157297_22322213.jpg


ニリンソウは半分くらい咲いている。
a0157297_2232512.jpg


キクザキイチゲもぽつぽつ。
a0157297_22325773.jpg


花はないけどヒナワチガイソウ。
去年の所ではみつからず。
a0157297_2233234.jpg


筑波山のエンレイソウの萼は緑色。
a0157297_2233650.jpg



美しい株のナガバノスミレサイシン。
a0157297_22331192.jpg



あれ。貧相な株だけどコゴミがあるね。
a0157297_22331521.jpg



いつもの所にエイザンスミレ。
今年はエイザンスミレ初見だな。
a0157297_22344539.jpg



フタバアオイもまだ開いてない。
去年は開いてるのばっかりだったのにね。
a0157297_22345558.jpg



クロモジ満開。
a0157297_2235369.jpg


コアジサイも新芽が出てきた。
a0157297_22352159.jpg


すばらしい芽吹きの風景。
a0157297_22353196.jpg


ヤマザクラも咲いてるんだけど木が高くってよく写らないな~。
a0157297_22353985.jpg




なんて言っているうちに仙郷林道に出た。
仙郷林道を歩くと・・・

ユリワサビもわんさと咲いている。
a0157297_22354692.jpg



アオイスミレがまだ残ってた。
a0157297_22355749.jpg



日ハムの森、入り口からこれだもんな。
a0157297_2236846.jpg



で、日ハムの森の入り口のヤマエンゴサク。
a0157297_22362375.jpg



日ハムの森はかたくり祭り。
a0157297_22365134.jpg


エイザンスミレもあるよ。
a0157297_22371212.jpg


花が二段になっているキクザキイチゲがあった。
a0157297_22393918.jpg


ここではめずらしいな。
うっすらピンクがかったキクザキイチゲ。
a0157297_033045.jpg


ユキザサも。
a0157297_22395915.jpg



それにしても見事。
a0157297_224081.jpg

a0157297_22401634.jpg



カタクリ園状態の日ハムの森を堪能して仙郷林道へ。
初めは湯袋沢コースピストンと思っていたのだけど、
ひさしぶりに湯袋尾根コースで降りてみるか。

仙郷林道を歩くと、おやや?
距には色が残ってるしから完全な白花とは言えない気もするけど、
かなり白いアオイスミレが。
a0157297_22402446.jpg


ナガバノスミレサイシンもたくさん。
しかも色が濃いのが多い。
a0157297_22403425.jpg

a0157297_22413019.jpg



同定を投げているネコノメソウの仲間。
a0157297_22415738.jpg



湯袋尾根コース上部はちょっとヤブっぽい。
でも、ヤマザクラもまずまずよく見られる。
a0157297_2242582.jpg


湯袋沢コースもそうだったけど、ミヤマシキミの花の香りが登山道に漂っていてすばらしい。
a0157297_22422531.jpg


ヤマザクラとクロモジのコラボ。
a0157297_22431413.jpg



咲き始めたツクバキンモンソウ。
筑波山で発見されたからツクバキンモンソウだけど、
筑波山だけにあるわけではない。
a0157297_22432750.jpg


気の早いヤマツツジが。
a0157297_22433879.jpg



羽根拾った~。
ヤマドリの雨覆だな、多分。
a0157297_22434554.jpg


フデリンドウが咲いていた。
わ~ここで見られると思わなかったからラッキー。
a0157297_22435222.jpg



そして、筑波山では初めて見たフモトスミレ。
それも上弁にまで紫色のすじが入っためずらしいもの。
a0157297_224434.jpg


こっちはノーマルタイプ。
a0157297_2244126.jpg



あ~やはりこの季節はすばらしい、と山を降りて今度は中央青年の家へ。


・・・あれ?いつもの所にスミレがまだ咲いてない。

探して探して、一株だけ花を付けていたのを見つける。

スミレ
う~ん、この「スミレ色」がたまらない。
a0157297_22443364.jpga0157297_22444975.jpg


葉には翼が出る。
a0157297_22451447.jpg



そして、ニオイタチツボスミレ。
色の濃いものも。
a0157297_22452721.jpga0157297_22454167.jpg


今年のニオイタチツボスミレはものすごい株数で圧巻だった。

ジュウニヒトエ、咲き始め。
a0157297_2246043.jpg



そして、たのしみなオトメニオイタチツボスミレ。
ニオイタチツボスミレの白花品だけど距に紫色を残したもの。
a0157297_22461585.jpga0157297_2246272.jpg



今年は極端に株数が少なかったアカネスミレ。
a0157297_22464679.jpg



そして、今まで気付かなかったな~。
青年の家にあったんだね~のマルバスミレ。
a0157297_22465868.jpga0157297_22471328.jpg


青年の家から見たパラボナ山。
すっかり春だ。
a0157297_22472940.jpg



いや~大満足の花見だった。
[PR]
by 92robin | 2014-04-13 00:30 | 筑波山系 | Comments(8)
筑波連山縦走 きのこ山三角点
この季節にやるのは初めてだな、の筑波連山縦走。
思いのほか多くのスミレに出会えたし、
どこにあるか不明だったきのこ山の三角点を発見。

ヤマザクラが岩瀬側で咲き始めていた。

今回の同行もbetty氏。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4月5日(土)
0855御嶽山登山口⇒1120燕山⇒1127あずまや1223⇒1610レストハウスみかげ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると別タブでルートラボに飛びます


駐車場やその他詳細情報については過去記事参照


県道41号線から少し入った所から見た稜線。
いつみてもすばらしいな。
クリックで大。
a0157297_15384898.jpg



さて、レストハウスみかげで待ち合わせして一台車をデポし、
もう一台で御嶽山登山口に向かう。

御嶽山を過ぎたあたりから富士山が見えた。
a0157297_15392100.jpg


ちょいちょい歩くとアカネスミレ。
まだ咲いてないけどね。
このアカネスミレはとにかく毛がたくさん。
a0157297_15385363.jpga0157297_15385514.jpg



シュンランも幾株もあった。
a0157297_15385992.jpg


雨引山の手前でおそらくマルバスミレ。
a0157297_1539451.jpga0157297_15391085.jpg

a0157297_1539797.jpg


モミジイチゴ、咲き始め。
a0157297_15391374.jpg


ヤマザクラも咲き始め。
a0157297_1711766.jpg


コブシも。
a0157297_15391525.jpg


いちばん盛大だったのはクロモジ。
そこここで満開。
a0157297_1539182.jpg

a0157297_15392160.jpg


ヤブツバキもそこここで満開。
a0157297_15392688.jpg


モミジの新葉も美しい。
a0157297_1539296.jpg



なんてやっていると燕山。
そして燕山の少し先の電波塔基部のあずまやでお昼。
いなりとコゴミとbetty氏の母様特製漬けもの。
a0157297_15393221.jpg

いなりの中のご飯は、山ミツバとタラの芽を湯がいて
細かく刻んで混ぜたもの&厚焼き卵の角切りを混ぜ込んで
ちょいとシャレ込んだ。
山ミツバとタラの芽とコゴミはウチの裏で作ってんのw

さて、腹もふくれて気分よく加波山目指して出発。

加波山降りて、いったん北筑波稜線林道をまたいで、
丸山の2基目の発電風車の手前右からまた山道に入り
ミヤマシキミの甘い香りが漂うなか一本杉峠へ。

ミヤマシキミの雌株。                 ミヤマシキミ雄株。
a0157297_15393573.jpga0157297_15401317.jpg


途中で、ヒナスミレ?の斑入り。
a0157297_1540393.jpg


なんどか北筑波稜線林道に出て山道に入るを繰り返す。
今回は男坂をチョイス。

カタクリが咲いている所もあった。
やっぱり新潟のカタクリとだいぶ印象が違うよね。
a0157297_15402437.jpg


私、この足尾山の山頂って結構好き。
a0157297_15403844.jpg


足尾山から降りて2kmほど北筑波稜線林道(舗装)を歩く。
展望がいいところが何箇所か。
a0157297_15404911.jpg


そして、そして!
さすがは目のいいbetty氏。
いいの見つけた~。
林道脇にヒナスミレ。
や~ヒナスミレ、久しぶりに見た~。
a0157297_15405962.jpga0157297_1541998.jpg


a0157297_15411980.jpg

a0157297_15412770.jpg


さて、気になっていたきのこ山の三角点。
あったあったw
ちなみにきのこ山の三角点は三等三角点で「上曾」
a0157297_15413668.jpg


あずまやの向かいの崩れた小屋の裏手にあった。
a0157297_15431514.jpg


さて、それではまた山道に入る。
a0157297_15432532.jpg


標高を下げるとヤマザクラ。
なんだか南側の方が春が遅いようだったね。
a0157297_15433454.jpg


レストハウスみかげではソメイヨシノが満開。
a0157297_15434351.jpg




17km近く歩けるのは近場では貴重なコース。
季節を変えて歩くのはいいもんだな~。

や~よかったよかった。
[PR]
by 92robin | 2014-04-06 17:31 | 筑波山系 | Comments(8)