遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
10月の宝篋山
at 2017-10-14 09:30
2017会津三岩岳~窓明山周回
at 2017-10-03 21:33
速報 三岩岳~窓明山
at 2017-10-02 00:39
8月の宝篋山
at 2017-08-06 23:09
7月の宝篋山
at 2017-07-23 20:43
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
以前の記事
最新のコメント
charmy さん 週..
by 92robin at 22:40
週末天気がもったら行く予..
by charmy at 05:09
ケーコちゃん なんかゴ..
by 92robin at 16:16
chikoやん あ~..
by 92robin at 16:08
bettyさん 毎年春..
by 92robin at 15:31
毎年恒例の山行があるって..
by ケーコ at 16:54
テントを背負ってあの急登..
by chikoやん at 12:51
今年も行ったんですね!!..
by betty at 12:40
charmyさん 久..
by 92robin at 00:26
のんびりで好きな山を満喫..
by charmy at 05:08
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2014会津三岩岳(三ッ岩岳)
さて、よく晴れた週末。
残念なことに日曜は出勤。
土曜日帰りでどこかに・・・と、ちょいと迷いましたが、
会津三岩岳に。
(((また?)
まあ、もう紅葉は上の方は終わってるだろうけど、
下の方のブナの黄葉を愛でるのも悪くないではないですか。
ソレト、キノコモナー。
ソレニ、サイキンフトッタシナー。

ホントは三岩岳は避難小屋までで窓明山周回のいつものパターンに
しようと思ったのですが、窓明山の紅葉が歴然と終了。
で、行く気を削がれ、たまには三岩岳の山頂を踏んで、大戸沢岳、会津駒の
稜線を眺めるのもいいなと予定変更。



【概要】
■GPSログ■クリックすると別タブでルートラボに飛びます


■行程■
10/18(土)0605小豆温泉登山口P⇒0800旧道分岐⇒0950避難小屋1010
⇒1055三岩岳山頂1145⇒1325旧道分岐⇒1430小豆温泉登山口P

■駐車場について■ 
小豆温泉登山口Pは、小豆温泉窓明の湯の手前にあります。
スノーシェッドと伊南川の間のスペースです。
台数は20数台位。
詳細画像は過去記事参照。

■携帯電波■(ドコモ)
可:小豆温泉登山口P、避難小屋前、三岩岳山頂
その他未確認



【詳細】
さて、前夜発で深夜着。
いや~星空がきれいで早く寝なくてはと思いつつ30分位星空撮影。
寒かったけどその分きれいでした。(車の外気温表示は3℃)
a0157297_18030446.jpg


さて、5時半に出発しようと思って4時45分に起きたら真っ暗。
5時40分過ぎでようやく歩ける位には明るくなりました。
暗いな~とかぐずぐずしていたら結局6時発に。

標高850mでは、紅葉はまだです。
a0157297_18030882.jpg


標高1000mになるとブナの黄葉ピークに。
朝陽も差してきて実にきれいです。
a0157297_18031227.jpg


標高1200mになるとちょっとブナの葉が落ちてきています。
a0157297_18032162.jpg

前回(9/28)ではこの1200m付近では山頂付近しか
見えなかった三岩岳ですが、葉が落ちてよく見えるようになりました。
a0157297_18404068.jpg


いやはや、陽に透けるとこれまたいいですね~。
a0157297_18032748.jpg

むむ、これはこの前の那須の中の大倉尾根でもみたヒメモチでは。
a0157297_18033276.jpg

コシアブラの黄葉もきれいです。
a0157297_18033659.jpg

そうかと思えば、狂い咲き?のイワウチワが一輪。
a0157297_18034039.jpg

1400mではもうブナは葉をすっかり葉を落としています。
む・・・ということは、
この前行きそびれた尾白山(おじらやま)は1398mだから
今が好機だったのか。
a0157297_18034700.jpg



なんとなくのんびりしちゃって、1460m地点でコーヒーなぞを
入れて長々と秋の陽をあびてなごんでみたり。
a0157297_18035557.jpg


で、1840m付近の避難小屋に着いてまたコーヒータイム。
避難小屋までの登り途中で窓明山を見て予定変更で三岩岳のみ
なので時間はたっぷり。

避難小屋前の水場が出てるの初めて見ました。ちょろちょろだけど。
前日は積雪があったそうですからその融雪水が流れているのかな?
a0157297_18035818.jpg


そうそう、私にとっての初雪が踏めるかな?と、ちょっと期待していたのです。
ツイッターで駒の小屋さんが積雪情報を流していましたから。

避難小屋から少し登ると、あら、ほんと雪降ったんだわ。
a0157297_18040386.jpga0157297_18040796.jpg


積雪も今朝の冷え込みで氷化している所があって
登りなのに結構滑りますが、ずずずいっと登って
2020m付近から窓明山、坪入山、その向こうに会津朝日岳。
窓明山の後ろには飯豊連峰まで見えました。
むーん、とてもきれい。
a0157297_18041245.jpg



山頂直前からパノラマで。
クリックすると大きくなります。
a0157297_18050566.jpg


さて、そこからひと登りで三岩岳山頂です。
おお。久しぶり。
a0157297_18041940.jpg


まあ、とにかく今日は遠望が利きます。
南会津の山、日光の山々、そして越後の山々、
あんまり山がありすぎて分からない~と
思っていたら山頂に居合わせた方が教えてくれました。

いろいろ撮ったけど、おお!と思ったのが高原山。
そうだよね、確かに高原山からも見えるものね。
a0157297_18041591.jpg


山頂から大戸沢岳、会津駒ヶ岳の稜線。
a0157297_18051800.jpg

会津駒ヶ岳から中門岳をちょっとズームで。
駒の後ろに燧の耳が出てますね。
a0157297_18052129.jpg


そして、わすれちゃいけない未丈ヶ岳。
来春こそは。
a0157297_18052527.jpg


さて、だいぶゆっくりしましたが、降りることにしましょう。
途中から、先ほど山頂でいろいろと山座同定を
していただいたKさんと一緒に下ります。

と、およ?
あっれ~?!
なんと山助平さんと交差。
ゆかいですな。
a0157297_18052831.jpg



さて、来る時は新道、黒檜沢(くろびさわ)のコースだったから
下りは旧道としますか。

こちらは1200m程が黄葉ピークでした。
新道よりやや遅めかな。
a0157297_18053935.jpg

Kさんはベテランなのでいろいろお話を伺いながら降りました。
a0157297_18054488.jpga0157297_18054933.jpg


いや~上部の紅葉は終わっていましたが、ブナ林の黄葉をたっぷり味わいました。
遠景も利いてすばらしかったな。
ただ、きのこがまったく・・・だったのが残念。




[PR]
by 92robin | 2014-10-19 19:52 | 東北の山 | Comments(10)
10月の宝篋山
東北地方にある高気圧が思いのほか強く、台風からの雲を
はねのけていて、もののみごとに予想外れで残念な連休の週末です。

3日間とも天気がよさそうなら裏越後三山縦走なんていう話だったのですが。
先週の週末の台風のパターンでは、台風がそれほど近くなくても
台風からの雲で天気がよくなかったので遠征を断念しましたが、
土日だったら行けたね~こりゃ。

まあ、そういうこともあろうよっと。

さて、それでは10月の宝篋山です。

いつものように極楽寺⇒常願寺です。

小田休憩所前の駐車場。14時ちょっと前ですが、このにぎわい。
a0157297_21263005.jpg

駐車場の周りにはコスモスがたくさんでそれはなかなかにステキでした。
もうコスモスの海。
あまり園芸種にはカメラを向けないのですが、これは撮りたくなりました。
a0157297_21263444.jpg

さて、駐車場からまっすぐに山に向かうと、いつの間にか
「登山者はまっすぐいかないでくれ」の看板。
つまり第1駐車場と第2駐車場の間を常願寺コース方面に
いったん向かうということです。
なので、戻ります。

常願寺コース分岐付近からみた宝篋山。
a0157297_21263719.jpg

田んぼの水路にはミゾソバがたくさん。
よく見るとかわいい花です。
a0157297_21264135.jpg


登山道に入って、おそらくクサコアカソ。
クサコアカソは草、コアカソは基部が木質化するそうな。
今度よく見てこねば。
ちなみにアカソは葉の先が三裂で、クサコアカソとコアカソは葉の先が尾状。
a0157297_21264482.jpg


キバナアキギリはもうほとんど終わり。
サラシナショウマの大きな株がありました。
a0157297_21264803.jpga0157297_21265281.jpg

サクラの木はもう葉を落としていますから、
だいぶ明るい登山道になりました。
a0157297_21265509.jpg

カシワバハグマ              シラヤマギク
a0157297_21265807.jpga0157297_21270194.jpg

コウヤボウキ               ヤクシソウ
a0157297_21270565.jpga0157297_21270902.jpg

トリカブト 
a0157297_21271568.jpg


山頂から石岡方面。
一番左のピークは雪入山系の浅間山(せんげんさん)です。
a0157297_21271850.jpg


さて、保温水筒の紅茶でなごみます。
と、イケちゃんも仲良しの宝篋山コアメンバーのOさんに
声を掛けていただいていろいろ宝篋山ニュースを教えていただきました。
今度新コースを案内してくださいね、Oさん、イケちゃん。

そんなこんなであっという間に時間は経ち、さて、降りますか。
・・・と思ったらふと目に入るものが。
斑入りのヒヨドリバナ
a0157297_21272239.jpg

山桜の森にこの斑入りの葉っぱだけがあって、
ずっとなんの葉だろうと思っていたのです。
花が咲いてる株に出会ってわかりました。
ヒヨドリバナだったんだ。

で、帰ってから調べてみると、この斑が入るのは
ジェミニウイルスというウイルスに感染しているからなんだそうな。
ほう~知らなかったね~。
参考


さて、他にも山頂にはなんだかよく分からないアザミと
(アザミとトリカブトは同定をなげてます)
ノコンギクが。
ノコンギクは葉っぱがざらざら。
総苞がやや長い。
でもカントウヨメナとの決定的な違いは冠毛が長いこと。
これは花を分解しないと分からないけど。
a0157297_21272593.jpga0157297_21354099.jpg

ちょっと場所は飛びますが、比較のために常願寺コース下部のカントウヨメナ。
a0157297_21272904.jpga0157297_21273773.jpg


そうそう、山頂には実がはじけたゲンノショウコもありました。
実に面白い造形ですよね。
a0157297_21273328.jpg


ささ、降りますよっと。
今日はね、登りから結構調子がよかったのです。
下りもすいすいで後半は走る走る。
トレランの人の気持ちがちょっと分かったかも。
不整地を走るということはそれだけ頭の中で処理する情報量が
多いし、さらにその情報の処理スピードが速いもんだから、
なんてかそれは一種陶酔感。

おそらく常願寺を今までのトップタイムで下りました。
計ればよかった。
まあ、そうは言っても、山道を出たらまただらだらと歩く私です。

常願寺下部のヤマアジサイ。
とうとう萼片がきれいなピンクに色付きました。
a0157297_21274113.jpg


嫌われもののセイタカアワダチソウもよく見りゃきれいです。
右はアメリカセンダングサ。
子供の頃これをちぎって友だちのセーターにくっつけてあそびました。よね?
a0157297_21274882.jpga0157297_21275740.jpg

小田休憩所近くになってノブドウ。
ブドウと言ってもヤマブドウでないので、これは食べられません。
a0157297_21280579.jpg


さて、今日はバイクで宝篋山でした。
久々の2ストでヒャッハー!
a0157297_21280930.jpg



[PR]
by 92robin | 2014-10-12 22:27 | 筑波山系 | Comments(18)
皆既月食
皆既月食でござる
a0157297_21181839.jpg
[PR]
by 92robin | 2014-10-08 20:52 | よもやま話 | Comments(7)
那須 北温泉から中の大倉尾根
さて、今年の紅葉は早め、そしてイイ!ということで
大型台風の接近前にもう一本行っときます。

北温泉から中の大倉尾根で三本槍岳の予定でしたが、
上部はガスが掛かり清水平方面に進み、そして戻りました。

同行はbetty氏です。

【概要】
■GPSログ■クリックすると別タブでルートラボに飛びます



■行程■
0635北温泉手前のP⇒0920清水平分岐⇒0934清水平
⇒0945清水平分岐1020⇒1220北温泉手前のP

■駐車場について■
以下の画像参照
約30台程度

■携帯電波■(ドコモ)
可:北温泉手前P
その他は未確認


【詳細】
2011年の9月に中の大倉尾根から三本槍に登った時に、
いつかここの紅葉を見たいもんだなと思っていました。

また、那須の紅葉の王道ではないので静かでいいだろうと
思いましたが意外に人がたくさんでびっくり。
なんたって以前行った時は清水平の分岐までまったく人に
会わなかったのに。
ただ、Mt.ジーンズスキー場のゴンドラを利用する人が
多いのか、北温泉からスキー場からの道までは静かなものでした。


さて、行きます。
北温泉手前の駐車場、朝6時半です。
まだ十分に空きがありますが、帰着時にはほぼ満車でした。
a0157297_11244265.jpg

北温泉に降りる道にはダイモンジソウが。
a0157297_11244407.jpg

ほどなく北温泉です。
a0157297_11244809.jpg

北温泉の手前で山へ。
沢を渡る橋はリニューアルされてました。
a0157297_11245197.jpg

登っていくと、徐々に木々は色付き、中大倉山あたりになると
ブナやミズナラが美しく黄葉。
a0157297_11245680.jpg

そこから道はいったん緩くなりシラネニンジンの実が赤くなっていたり、
アキノキリンソウやリンドウが残っていたり。
a0157297_11245962.jpga0157297_11250372.jpg

しか~し、途中の斜度が増すあたりになるとガスの中に突入。


赤い実をつけたアカミノイヌツゲの隣にあった、これまた赤い実の?
どうやらヒメモチというみたい。どちらもモチノキ科モチノキ属。
a0157297_11251406.jpg



さて、遠景はな~んにも見えないまま清水平分岐まで来て
三本槍はあきらめ、それでは清水平をちょっと見るかと。
ま、清水平もガス。
a0157297_11251850.jpg

清水平分岐まで戻りベンチで休憩。
betty氏も私もザックからサーモスの800cc山専ボトルが出てきます。
ああ、もうそんな季節になったんだね。
たっぷり休憩後、戻ります。

なかなかガスが切れませんでしたが、おお?
a0157297_11252417.jpg

おおお?
a0157297_11253295.jpg

きれいじゃ~ん。奥は鬼面山。
a0157297_11254163.jpg

振り返れば赤面山もきれいです。
a0157297_11255348.jpg

もうちょい下ればますますきれいな中の大倉尾根。
(クリックすると大きくなります)
a0157297_11260303.jpg

しかし、朝日岳までは見えませんでした。
a0157297_11261232.jpg

完全にガスが切れて陽が差せばもっときれいだろうな~。
a0157297_11261755.jpg

ヘンなパノラマでスミマセン
でもクリックすると大きくなります
a0157297_11262459.jpg

で、下って下って、またブナとミズナラの美しい森へ。
a0157297_11262910.jpg



ブナとミズナラの美しい森はいつしかシロヤシオが立ち並ぶ森となります。
スキー場のゴンドラからの人で混むかな?と敬遠していましたが、
来年は行ってみようかしらん?

最後は北温泉に入り終了。
そうだ、北温泉に備え付けのシャンプーやせっけんがないのを
忘れていました。

ガスがだいぶかかっていましたが、下りで堪能しましたのでヨシ。
よい紅葉山行となりました。

[PR]
by 92robin | 2014-10-05 13:32 | 栃木の山 | Comments(6)