遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
以前の記事
最新のコメント
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
素晴らしい設営地ですねw..
by charmy at 05:03
betty さん い..
by 92robin at 22:38
お疲れさまでした! 前..
by betty at 22:14
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
水無月 宝篋山
さて、マンスリー宝篋山、6月です。
6月の最終日に行きました。
ふ~危ない危ない6月が落ちるところだったわ~。

今回は極楽寺ピストン。
そして、頂上下から表筑波スカイラインゲートまでの林道の途中まで。
この6月7月はね、この林道がなかなかに花いっぱいなのです。

さて、駐車場にバイクを駐め、歩きだそうとすると・・・
あれ?Oさん?
降りてきたOさんと会いました。
Oさん、時間があるからとこれから登る私に途中まで同行してくださいました。
お話、楽しかったです!

と、そんなOさんと歩きだし、すっかり緑濃くなった宝篋山を眺めます。
a0157297_21071574.jpg


ムラサキニガナ咲き始め。
a0157297_21072180.jpg

ヤマアジサイも咲いていました。
a0157297_21072994.jpg


ウラジロの新葉もすっかり緑濃くなりました。
a0157297_21073558.jpg


イワガネソウもみずみずしい緑。
a0157297_21073930.jpga0157297_21074241.jpg

おや?チダケサシが咲いています。
あら。ここで見るの初めて。
上の林道にたくさんあるからそれを見に来た今回、極楽寺の沢部分で見るとは。
a0157297_21074680.jpga0157297_21074970.jpg
a0157297_21075351.jpg


倒木にウスヒラタケみっけ。
a0157297_21075911.jpg


さあて、いい匂いが漂っているなと思ったら、アカメガシワの花。
a0157297_21080485.jpg

登山道中に花が落ちてました。
a0157297_21080835.jpg


上部にはオカトラノオ。
a0157297_21081109.jpg


テイカカズラの花もたくさん落ちています。
テイカカズラもよい匂いよね。
a0157297_21081535.jpg


そして、山頂下のバイオトイレ増設。
でも、まだ使用不可です。
a0157297_21081940.jpg


ささ、頂上はスルーで、林道に入ります。

ニガイチゴの実がたくさんなっていました。
「ニガ」と付いていますが、特に苦いってわけではないです。
a0157297_21082238.jpg


ムラサキシキブの花も咲いています。
これも大変良い匂い。
a0157297_21082779.jpg


そして、タカトウダイ。むふふ。これも見たかった。咲き始めです。
a0157297_21083105.jpga0157297_21083550.jpg


シモツケはもう終盤な株が多かったけれども、まだこれからの株もアリ。
a0157297_21083911.jpg


チダケサシ、まだちょっと早かったね。咲き始め。
白っぽく見えるけど、うっすらピンクっぽいのがステキ。
a0157297_21084702.jpg
a0157297_21084920.jpg



ノリウツギも咲き始め。
a0157297_21085488.jpg


オカトラノオもたくさん。咲き始め~まずまず見頃。
a0157297_21090057.jpg



二基目のアンテナの所で折り返し、また極楽寺コースへ。
登りでは、Oさんのおしゃべりに夢中で見逃したコクラン。
a0157297_21090497.jpg



や~6月の宝篋山、落とさなくってよかったよかった。
アカメガシワの花の香りの宝篋山でした。

Oさんありがとうございました!


[PR]
by 92robin | 2015-06-30 21:47 | 筑波山系 | Comments(2)
2015飯豊連峰 大石山 頼母木小屋
ハクサンイチゲを見に朳差岳へ・・・の予定だったのですが、
なんともはや身体が重くって予定変更で頼母木小屋泊となりました。
悲しいかなハクサンイチゲは終了。
ヒメサユリが咲き始めて初夏の様相の飯豊連峰でした。
ソロです。


【概要】
■行程■
6/13(土)1935つくば発⇒常磐道⇒磐越道⇒三川IC⇒県14⇒県202⇒広域農道⇒県53⇒2320奥胎内ヒュッテ手前P
6/14(日)0535奥胎内ヒュッテ手前P⇒0630足の松尾根登山口⇒1130大石山⇒1235頼母木小屋
6/15(月)0655頼母木小屋⇒1005足の松尾根登山口⇒1050奥胎内ヒュッテ手前P


■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
奥胎内ヒュッテ手前の駐車場、40台位
トイレは奥胎内ヒュッテ手前の林の中にある 水洗・紙あり

■水場について■
頼母木小屋の水は今年は6/10から出ていた様子

■携帯電波・ドコモ■
不可:胎内ダム、奥胎内ヒュッテ、頼母木小屋
その他は未確認
山以外では県道53沿いの胎内スキー場あたりでは入った

■装備■
アイゼンはいらない
泊まり装備はイスカの150X+シュラフカバーで十分(カイロなし)
夜1時30分 12℃  翌朝11℃

■その他■
奥胎内ヒュッテから足の松尾根間は7/4から乗り合いタクシー(500円)あり
この時期はナシ


【詳細】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/13(土)1935つくば発⇒常磐道⇒磐越道⇒三川IC⇒県14⇒県202⇒広域農道⇒県53⇒2320奥胎内ヒュッテ手前P
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
当初、6/13-14の土日でイケちゃんと予定していましたが、イケちゃん体調不良でキャンセル。
ワタシ、15(月)を休養に充てようと休みを取っていたので、天気の都合で14-15に。
や、なんかね、先先週位から頭痛と腰痛で調子が悪かった。
おまけに先週はなぜか発熱続き。仕事は行ってましたけど。
だからね、イケちゃんがキャンセルになったときに取りやめようかな?とも思ったのですが、どうしてもハクサンイチゲと朳差岳からの飯豊の主稜線が見たかったのです。
前日は熱も下がったことから一人高速道路を走り一路奥胎内ヒュッテ手前Pを目指します。
a0157297_21182603.jpg

2013年に足の松尾根から登った記事のコメントでふわりさんが安田ICで降りて北上するといいのでは?と教えて頂いたので、それまでは中条ICまで乗っていたのですが、今年は安田ICのひとつ前の三川ICで降りて北上。
途中、内の倉ダムの表示を見て思い出したのですが、2012年の飯豊全山縦走の時に
登山口移動で南下した道でした。

今回、磐越道の会津坂下~会津西ICは昼夜通行止。
一部R49を走りました。
そして、新潟県県道53沿いの胎内川ダム。
お約束の夜ダムです。
a0157297_21183154.jpg




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/14(日)0535奥胎内ヒュッテ手前P⇒0630足の松尾根登山口⇒1130大石山⇒1235頼母木小屋
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、前置きが長いですね。
本編です。
ムクリと起き出し、奥胎内ヒュッテ手前の駐車場から出発。
奥胎内ヒュッテからは一般車は通行止めなので、小一時間舗装&非舗装林道を歩くのが悩ましいですが、足の松尾根登山口に到着。
登山口に登山届BOXが出来ていました。
(今までは奥胎内ヒュッテ玄関横のみ)
a0157297_21184235.jpg


そうそう、舗装林道ではミズキの花がきれいに咲いていましたっけ。
a0157297_21183859.jpg


登って行きます。
a0157297_21184596.jpg


2013年に体調不良で撤退した姫子の峰。
a0157297_21184861.jpg



キタゴヨウの根っこが張り出した急登を行きます。
画像はましなところ。
a0157297_21185417.jpg


2011年に来た時と比べ、崩落で一部登山道が付け替えられていました。
雪渓を登ります。
a0157297_21190137.jpg

雪渓脇にはユキツバキ
a0157297_21190406.jpg

タムシバ
a0157297_21190828.jpg

カタクリにイワウチワ
a0157297_21191276.jpga0157297_21191609.jpg

キクザキイチゲも。
ここだけは季節が戻ったみたいな感じ。
a0157297_21191877.jpg


オオバキスミレの群落もあったりして気分が上がります。
a0157297_21192251.jpg

シラネアオイもありました。
白く見えるけど、色抜けしてるだけ。
a0157297_21192617.jpg


進むと、ブナ林も。
a0157297_21193107.jpg


ヒメモチみっけ。
a0157297_21193423.jpg


で、この手前だったか『少年・・・みたい・・・?』のちいさん夫妻と交差。
駐車場にそれらしい車はあったのでもしかしたら?と思っていましたが。
それにしても、ちいさん夫妻、先週も飯豊じゃなかった?
二週連続飯豊だなんてタフだな~。
て、ことじゃなく、ちいさん夫妻、朳差だったとのことですが、ハクサンイチゲは終わってヒメサユリが咲いていることと頼母木小屋の水が出ていることを教えていただきました。
ガ~ン。
なんとか持つと思ったのに。ハクサンイチゲ。

イチジ峰まで来ました。
ちいさんにハクサンイチゲは終わってる&頼母木の水が出ていることを聞いて気持ちがぐらぐらしていましたが、ここら辺で頼母木の小屋でいいかな?と思い始めます。
いや、だって、なんだかもうね、身体が重いの。
ここんとこ調子悪かったからからだよね~。
ちなみに見えているピークは大石山でなくって西ノ峰です。
最初に来た時にあれが大石山か?とだまされましたw
a0157297_21193774.jpg


ツバメオモトも何株か。
a0157297_21194081.jpg

ツクバネウツギ・・・だよね?飯豊で見たの初めてだ。
a0157297_21194509.jpg


と、おお!
a0157297_21195038.jpg

ヒメサユリが咲き始めています。
a0157297_21195439.jpga0157297_21195751.jpg



ふひ~とヘロりながら西ノ峰到着。
情けのうございますなあ。
a0157297_21200127.jpg


朳差岳も見えるようになりました。
う~。(まだ少し迷っている)
a0157297_21200488.jpg


大石山に到着。
コースタイムは頼母木の小屋まで50分、朳差岳まで1時間50分。
このヘロっている状態での1時間は大きい・・・。
ハクサンイチゲも終わっているということなのでここで頼母木小屋泊を決断します。
a0157297_21200936.jpg


歩を進めると左手には鉾立峰と朳差岳。
うらめしや~。
なんせ、ワタシ、飯豊では朳差岳が一番好きなのです。
小屋と山頂のロケーションが素晴らしいし、杁差の小屋前から主稜線が一望できるのもいいですよね。
a0157297_21201308.jpg


まあ、頼母木までの登山道脇にもハクサンイチゲはイヤというほどあるのですが・・・。
・・・。坊主を通り越して金平糖状態になっています。
a0157297_21201621.jpg


それでは残念ぶりをご覧ください。
(これ、一応花が付いている所です。ほかは一面金平糖)
a0157297_21201981.jpg


ううう。
調子が今ひとつなのに頑張って登ってきたのに。
がっかり感ハンパないw

キバナノコマノツメは咲き誇っていました。
a0157297_21202363.jpg

ツマトリソウ        ウズラバハクサンチドリ
a0157297_21202634.jpga0157297_21203032.jpg


未練たっぷりで少しでも咲き残っていると撮ってしまいます。
a0157297_21203530.jpg


この株だけ見栄えがする咲き残りっぷり。
ハクサンイチゲと二ッ峰
a0157297_21205189.jpg


ハクサンイチゲと大石山
a0157297_21205442.jpg


この株に救われた思いで歩を進めます。
a0157297_21210050.jpg


ヒメサユリも咲いています。
ヒメサユリだってそりゃ好きだけどさ。
a0157297_21210516.jpg


振り返ってまた朳差岳。だって好きなんだもの。
a0157297_21210839.jpg

あれ?これも飯豊では初めて見るよ?エゾノヨツバムグラだよね?
ナンブタカネアザミも咲きかかってました。
a0157297_21211181.jpga0157297_21211560.jpg


サラサドウダンもそこここに。
a0157297_21211993.jpg


コケモモ     イワカガミもたくさん
a0157297_21213989.jpga0157297_21214276.jpg

マイズルソウもよく見ればキレイだな。
a0157297_21214669.jpg


さて、頼母木小屋直前に・・・。
ん~これはミヤマアカバナなのかな?アシボソアカバナ?
ちょっとルーペがないと腺毛なのか曲がった毛なのか分からない。
a0157297_21212697.jpga0157297_21213094.jpg
a0157297_21213496.jpg


頼母木の水はどばどば。
うへ~やっぱり聞いた時点で霞ヶ浦の水を捨てるんだった。
でもね、一度頼母木の小屋に泊まった時に夕方まで出ていた水があくる朝ホースが詰まって出なくなっちゃったとこあったかからどうも捨てる勇気が出なかったのです。
a0157297_21212125.jpg


小屋は一番乗り。まあ、この時間だものね。
寝床を作って水を汲んで、休養ゴロゴロ。
夕方におじさん二人組が入って、計3名。
16時すぎ頃にはガスが出てあっという間に真っ白に。
ガスに包まれた頼母木小屋。
a0157297_21215071.jpg



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/15(月)0655頼母木小屋⇒1005足の松尾根登山口⇒1050奥胎内ヒュッテ手前P
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、朝。
早朝は曇っていてきれいな朝陽はなし。
お世話になった小屋に挨拶して出発します。
a0157297_21215306.jpg


歩きだすと、陽が差し始めます。右に目をやれば朳差岳。
クリックすると大きくなります。
a0157297_21215887.jpg


左に目をやれば二ッ峰に二王子岳。
これもクリックすると大きくなります。
a0157297_23213593.jpg

今年も飯豊の主稜線に立てた嬉しさがようやくこみ上げてきました。

振り返ってもういちど小屋にさよなら。
a0157297_21221854.jpg


ニッコウキスゲもスタンバってます。
a0157297_21221144.jpg

ヒメサユリ咲く道を進みます。
a0157297_21222222.jpg


ちと、ピンボケですがオオバスノキ。
a0157297_21222547.jpg


金平糖状態のハクサンイチゲに再びため息w
a0157297_21223703.jpg


二王子岳とハクサンイチゲ
a0157297_21224184.jpg

二ッ峰とハクサンイチゲ
a0157297_21224527.jpg


コケモモが鈴なり状態
a0157297_21224972.jpg


タカネナデシコ準備中
a0157297_21225215.jpg


ミツバオウレンも咲いていました
a0157297_21225752.jpg


大石山着。
主稜線から降ります。
a0157297_21230046.jpg


さあて、行こう。
a0157297_21230418.jpg


アカモノも咲いています。昨日は見逃したな。
a0157297_21230668.jpg


タニウツギもキレイ。
a0157297_21231002.jpg


ヒメサユリ、昨日より咲いているわ
a0157297_21231510.jpg


昨日、身体が重くっていっぱいいっぱいだったので写す余裕のなかったオオカメノキ
a0157297_21231833.jpg


下って下って下って雪渓の道ではムラサキヤシオも残っています。
a0157297_21232374.jpg


そこでは、まあなんたってマンサクが咲いてますからね。
a0157297_21232773.jpg


オオバキスミレの群落をもう一度観賞。
a0157297_21233183.jpg



足の松尾根ね、細くって、なにげに両側が切り立っているので、ここで間違えてでんぐり返ったら・・・と思うとちょっと怖い。
なんせ、足場がよくないところも多いし、急坂だし。

まあ、なんとか無事に下り、林道脇にアカソ。
アカソシリーズはクサアカソ、コアカソ、アカソとありますが、クサアカソは木質化する低木でコアカソは西南日本の太平洋よりの山地に多く、アカソはどちらかというと日本海側の山地に多くって葉の先が3裂。
a0157297_21233784.jpga0157297_21234037.jpg


まあ、なんせエゾアジサイまで咲き始めているのだからもう夏ですわね。やれやれ。
a0157297_21234427.jpg



4km位ある林道、最後のカーブを曲がれば赤い屋根の奥胎内ヒュッテ。
a0157297_21234842.jpg



奥胎内ヒュッテでお風呂に入ります。(露天なし600円)
いや~高温多湿でもう汗ぐっしょり。

帰路は来た道をもどり三川ICから・・・とも思いましたが、会津西ICで高速に。
まあ、平日で割引なしだけど、たまには楽しましょ。

と無事帰着。

いや~残念なハクサンイチゲだったけど、まあ今年は仕方ないやね。
焼石の方が良かったかな?と、ちらと思いましたが、まあ詮無いことですね。


[PR]
by 92robin | 2015-06-15 23:57 | 東北の山 | Comments(14)
2015 岩手山 馬返しから
シラネアオイとタカネスミレ礼賛の旅vol.5

シラネアオイとタカネスミレが好きすぎてまた行ってきました。
事前情報によると、やはり岩手でも花が早いようで6/1の時点で5合目上部から7合目近くまで広い範囲で見頃とのこと。
えええ~それじゃ~いつもより一週間以上早い感じ。

結果から言いますと5合目上部はやや終わりかけで6合目から9合目までが見ごろでした。
咲きたての濃いぃ色のも今年はぼちぼちな感じでしたが、そのぶんタカネスミレは例年の同時期よりたくさんの株が出ていたり、例年よくっても蕾だったエゾツツジが開花していました。

【概要】
■行程■
6/4(木)1930つくば発⇒常磐道⇒仙台経由⇒東北道 滝沢IC⇒2420馬返し登山口P
6/5(金)0730馬返し登山口⇒新道⇒1330不動平避難小屋1345⇒1417山頂1420⇒1435不動平避難小屋(泊)
6/6(土)0635不動平避難小屋⇒旧道⇒1035馬返し登山口

■GPSログ■ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
馬返し登山口の駐車場は公称150台のキャパ
雰囲気は過去記事画像を参照ください

■水場について■
利用した水場は、登山口駐車場奥のキャンプ場の鬼又清水と
八合目避難小屋の前の御成清水

■携帯電話■ ドコモ
可:馬返し登山口P、八合目避難小屋前、
不動平避難小屋(ただし建物の外もしくは窓際)
登山道では未確認

■泊まり装備■
不動平避難小屋内 19時 6℃ 翌6時00分 6℃
モンベル U.L.スーパーストレッチダウンハガー#3


【詳細】
今回、日曜日が出勤だったので、金土の行程。
そんな行程に付き合ってくれたのが『bebeDECO』のbebeさんと奥さんのケーコちゃん。
とはいえ、住まいが離れているので現地集合。
betty氏は慶事でそれどこじゃないので、一人闇夜を切り裂いて馬返し登山口へ。
今回は3月終わりに仙台までつながった常磐道で。
でも、いわきのどこからだったかしらん対面通行制限速度70km/hでちと閉口。
距離的には磐越経由や北関東道経由-東北道よりも随分短い。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/5(金)0730馬返し登山口⇒新道⇒1330不動平避難小屋1345⇒1417山頂1420⇒1435不動平避難小屋(泊)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、晴れてはいるものの中腹から上はガスがかぶる岩手山におはようさん。
a0157297_22365538.jpg

登山口のタニウツギはなんだかもう終盤。
あら~ほんとこんなこと初めてだわ。
a0157297_22412433.jpg


いつもは蕾も小さいヤマオダマキも咲きかけ~咲いている。
a0157297_22413011.jpg


ヤマツツジやらレンゲツツジが咲く登山道をゆるゆる進みます。
a0157297_22413340.jpg


2合目手前まで歩を進めれば、おや?ガスが取れてるよ?
a0157297_22413694.jpg


いつもの年ならば3合目上部から姿を現すシラネアオイもとっくに花弁(正確には萼片)を落としているし、オオバキスミレやナガハシスミレもほとんどないな~。

4合目位までじっと我慢の子。
(((じっと我慢の子、も時代踏み絵だなw)

四合目あたりからポツポツと・・・
ミヤマスミレやナガハシスミレ、オオバキスミレが出てきました。
フイリミヤマスミレ       ナガハシスミレ
a0157297_22414266.jpga0157297_22414576.jpg

オオバキスミレ
a0157297_22415290.jpg


そして、5合目になると咲いているシラネアオイが出てきますが、終わりかけ。
5合目上部から良い状態のものが混じり始めます。

出~て~き~た~よ~。
a0157297_22414982.jpga0157297_22415502.jpg

おお、これは北海道のニセイカウシュッペ山でも見たエゾノヨツバムグラ!
a0157297_22420098.jpg


カンバの美しい道を進みます。
a0157297_22420518.jpg


シラネアオイ、やはり美しい。
a0157297_22421054.jpg

雪融けの遅かった所ではまだ蕾の株もありました。
a0157297_22421740.jpg


や~やはりいいわ~。
a0157297_22422103.jpg



斑の入ってないミヤマスミレもたくさんあります。
a0157297_22422507.jpg


白花のシラネアオイもポツポツと。これまたステキ。
a0157297_22422999.jpg


ミネカエデの花はとてもかわいい造形ですね。
a0157297_22423215.jpg


ミヤマカラマツ咲き始め。ん?カラマツソウかな?
a0157297_22423635.jpg




そして6合目位になるとミヤマスミレも終わりかけのが多いながらたくさんの株を見ることができました。
岩手山の馬返しからのミヤマスミレは斑入りのものが多くってたいへん美しいでのす。
a0157297_22423916.jpg




旧道が見えますが、平日なので人影はなし。
谷間のミネザクラがよいアクセントでとても美しいです。
a0157297_22424451.jpg



エゾノイワハタザオの朔果が出来ているのも初めて見たわ~。
a0157297_22424990.jpg


ひゃっほぅ。
やはりシラネアオイの群落が出てくると歓声が上がります。
a0157297_22425344.jpg


少しかすんではいるものの下界もよく見えます。
a0157297_22430720.jpg


これまでのは終わりかけでしたが、うっとり観賞できるミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)もようやく出てきました。
a0157297_22431196.jpg


やや花色は薄いですが、シラネアオイの群落が続きます。
a0157297_22431623.jpg
a0157297_22431944.jpg

サンカヨウもたくさん出てきます。
a0157297_22432227.jpg

花束のようなシラネアオイと後ろにサンカヨウ。
a0157297_22432628.jpg


やはり美しいシラネアオイにデュフフ。
a0157297_22433025.jpg


ミヤマメシダもそこここに萌え出ておりました。
a0157297_22433962.jpg

7合目近くになると、サンカヨウの唐傘小僧もにょきにょき。
a0157297_22433515.jpg



ちょいとピン甘ですが、タケシマランもたくさんありました。
a0157297_22434481.jpg


花色の濃いのが出てくるとやはりうっとり。
a0157297_22434965.jpg


ミネザクラも華を添えて・・・もうあっちにカメラを向け、こっちにカメラを向け。
a0157297_22435312.jpg


そして、7合目。
うわ~7合目から山頂が見えたのは最初に岩手山を訪れた2011年以来だわ。
bebeさん夫妻は晴れ男晴れ女らしいですw
a0157297_22435974.jpg


8合目避難小屋前の御成清水でたっぷり水を汲んで9合目の不動平避難小屋に向かいます。
晴れ男bebeさんは風景、晴れ女ケーコちゃんは花担当。
a0157297_22440389.jpg


そうこうしているうちに不動平避難小屋が見えてきました。
bebeさんから画像を頂いたので以下頂き画像が混じります。
a0157297_13520941.jpg



で、山頂も見えていることだし、時間もあるので今日のうちに山頂に足を運ぶこととします。
避難小屋で荷物を降ろして空身で山頂に。
あら~あんなところに沼があったんだ~。
いや、こんなガスが掛かってないなんて初めてなもんで。
a0157297_13521369.jpg

山頂目前。
a0157297_13522111.jpg


いわゆるお釜ってやつ?
a0157297_13574445.jpg


少し風の強い山頂をさっさと引き上げ、9合目避難小屋に戻ります。
いや~寒かった。
a0157297_13522654.jpg


冬期出入り口をチェック。(((なんでww)
a0157297_13523047.jpg



さて、小屋に入りさっそく、暖かいものがいいだろな~とミネストローネを作ってみました。
a0157297_22441319.jpg

bebeさんの所はサーディンとトマトのブルスケッタ。
a0157297_22441757.jpg


ミネストローネやらブルスケッタでや~もう岩手県イタリア市の様相ですわよ、奥様。(((誰w)
その他、キュウリとエシャロットの金山寺味噌ディップ(おお、日本だ)、キュウリの甘酢漬け(ピクルスと言っても差し支えなくってよ)、カボチャのサラダ(江戸崎カボチャは高かったのでメキシコカボチャですわよ)などなどが持ち寄られ、主食なぞ食べてるお腹の隙間は無いぜ!だったのですが、bebeさんはさらにカレーたべてましたよww
※江戸崎カボチャは茨城県では有名なたいへんおいしく高価なカボチャ。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/6(土)0635不動平避難小屋⇒旧道⇒1035馬返し登山口
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
そうして午後の3時から就寝の8時過ぎまで食べ&呑み続けた翌朝。
曇り空で出発。

雲海に飛び込んで行くような気分になりますね。
a0157297_13523389.jpg



ミネザクラと岩手山。
a0157297_22442297.jpg

もういっちょ。
シラネアオイと岩手山。
a0157297_22444490.jpg


などを撮りつつ8合目避難小屋まで来ると青空が見え始め・・・。
あら、ステキ。(クリックすると大きくなります)
a0157297_22445802.jpg


いや~こんな青空バックの岩手山なんてこの時期考えもしませんでした。
a0157297_13523798.jpg


ミネザクラと岩手山をもう一つ。
a0157297_22453087.jpg


きれいな雲海を眺めたり。
a0157297_22453419.jpg


そんなこんなしているとまた曇り空になりましたが、七合目から旧道へ入ります。
キバナノコマノツメ
a0157297_22454028.jpg



礫帯に入ると、すんばらしいタカネスミレの大株にひゃっほう。
a0157297_22454570.jpg


いや~ここは春の進みが早いのが幸いして、まあ、タカネスミレの多いこと!
a0157297_22455018.jpga0157297_22455541.jpg


ミヤマキンバイもそこここに。
a0157297_22460025.jpg


いつもの大岩のイワウメもしっかり咲いています。
a0157297_22460980.jpg


シラネアオイもいい感じで、んふんふ。
a0157297_22461482.jpg
a0157297_22461969.jpg


ヒロハヘビノボラズもたくさん咲いています。
開花株を探すのが大変な年もあったのにね。
a0157297_22462339.jpg


タカネスミレももういっちょ。
a0157297_22463232.jpg

タカネスミレ、Y字型の柱頭の脇に突起毛があるのが特徴です。
a0157297_22462850.jpg


ナナカマドもたくさん咲いていました。
a0157297_22463611.jpg


ミヤマハンショウヅルも咲いています。
a0157297_22464007.jpg


チングルマはもう終わり。
a0157297_22464348.jpg


そしてそして!
岩手山では咲いているのを初めて見たエゾツツジ。
去年の北海道でも山の上は蕾ばかりで硫黄山の下部で終わりかけのを一輪見たっきり。
こんなステキな株は初めて~。
a0157297_22464826.jpg


アップで。
a0157297_22465316.jpg



イワヒゲも咲いていました。
a0157297_22465749.jpg


そうかと思えば、タカネスミレのフォトジェニックな株に んふんふ。
ステキなのでクリックすると大きくなります。
是非大きな画像で んふんふ&デュフフしてください。
a0157297_22470223.jpg



ムシトリスミレも例年以上にたくさん見ることができました。
ケーコちゃんは、ムシトリスミレに んふんふ&デュフフしてました。
a0157297_22470691.jpg


イワカガミも少し残っていたり。
a0157297_22471042.jpg


旧道4合目を少し過ぎると樹林帯に入ります。
去年見たスズランが見たかったけど見つからず。
ムラサキヤシオはすべて花が落ちていました。

下って下ってギンラン、コケイラン。
a0157297_22471548.jpga0157297_22471955.jpg



馬返しのキャンプ場の鬼又清水で水を汲んで駐車場に戻ります。
あ~終わってしまった。

さて、そこから休暇村岩手網張温泉の日帰り温泉施設薬師の湯で湯浴み。
でもって、〆は盛岡冷麺。盛岡IC近くのぴょんぴょん舎。
たいへんおいしゅうございました。
a0157297_22472398.jpg




そこで解散。
一路茨城へ。
帰りも仙台経由常磐道で。
高速道路上に「ここから帰宅困難区域」「ここまで帰宅困難区域」などの看板があってたいへん切ない気持になりました。

車中から筑波山と宝篋山。
地元の山を見ると帰ってきたなと思います。
a0157297_22472604.jpg



今年のシラネアオイの岩手山も終わりました。
出来れば他の季節、他のコースから登ってみたいのココロ。

同行のbebeさん夫妻に感謝いたします。
おかげさまでボッチ花見にならずにすみました。


[PR]
by 92robin | 2015-06-07 02:50 | 東北の山 | Comments(8)