遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
馬滝から愛宕山手前周回
at 2017-06-08 00:03
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
以前の記事
最新のコメント
ワイルドwww ※..
by charmy at 04:36
futatuyanosh..
by 92robin at 09:02
こんにちは。 いや~ ..
by hutatuyanosiki at 14:25
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
尾瀬 トガクシショウマ
さて、chikoやんに誘われて尾瀬です。
目的はあこがれのトガクシショウマと久しぶりのテント泊。
トガクシショウマ、いつもその時期は岩手山のシラネアオイやらなにやらで機会に恵まれませんでした。
しか~し、今年は少雪ゆえの雪消えの早い尾瀬。
これぞ好機とばかりに行こうではありませんか、いよいよトガクシショウマを見に!


【行程】
5/27(金)2040つくば発⇒R294⇒R408⇒R4⇒県道185⇒R400⇒R121⇒R352⇒2405御池
5/28(土)0640御池=バス=沼山峠休憩所0715⇒尾瀬沼ビジターセンター⇒沼尻⇒1345見晴(テン泊)
5/29(日)0700見晴⇒段吉新道⇒燧裏林道⇒1320御池

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
御池Pは公称440台。一回1000円。

■水場について■
利用した水場は見晴キャンプ場のみ。

■携帯電話■ mineo(ドコモ)
不可:御池P、見晴キャンプ場

■泊まり装備■
アライテント トレックライズ0
モンベル U.L.スーパーストレッチダウンハガー#3
温度:見晴キャンプ場で29日4時3℃、5時1℃
モンベル#3でやや寒かったので、アルミが貼ってある薄いレジャーシートを掛け布団状態で快適。
カイロなし。


【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/28(土)0640御池=バス=沼山峠休憩所0715⇒尾瀬沼ビジターセンター⇒沼尻⇒1345見晴(テン泊)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて前夜入り車中泊で御池スタートです。
実に久しぶりな御池、2010年8月の燧ケ岳以来です。
御池⇒燧ケ岳⇒尾瀬沼キャンプ場⇒沼山峠⇒御池で初のテント泊と
いう設定でしたが、今思えばなんで重いテン泊装備で燧ケ岳なんか登った後に
張ろうと思ったのか。
まあ山を始めて一年位なもんでしたからね~。笑

などと思いつつ現地集合のchikoやんとバスに乗り込み沼山峠休憩所へ。

さて、歩きだしますけどね、chikoやんザックでかっww
a0157297_23364143.jpg

なんだろ?この芽は?
と思ったらなんとゴゼンタチバナの新芽でした。
ミツバオウレンなんかもポツポツと。
a0157297_23364595.jpga0157297_23364847.jpg

サンカヨウが萌え出て、タケシマランも。
a0157297_23365174.jpga0157297_23365397.jpg


なんてやってるうちに湿原にでました。
a0157297_23365641.jpg

湿原の際の新緑がすばらしいです。
a0157297_23365856.jpg

ワタスゲはまっしろほわほわになる一歩手前。
chikoやんによれば、よごれたウサギの尻尾。なるほど。
a0157297_23370137.jpg

陽が差してきたので大江湿原一面にあるタテヤマリンドウが開花し始めます。
a0157297_23370483.jpg


リュウキンカも出てきました。
a0157297_23370946.jpg

そうこうしているうちに尾瀬沼が見えてきました。
お~あれが3本カラマツか。
a0157297_23370625.jpg



長蔵小屋に植えてあるシラネアオイを見物したり。
a0157297_23371292.jpg

沼越しの燧ケ岳を眺めたりしつつ沼尻に向かいます。
a0157297_23371597.jpg

オオカメノキは花盛り。
a0157297_23371816.jpg

コヨウラクツツジもぽつぽつと。
a0157297_23372023.jpg

ミズバショウがわっさ~とあるとこもたくさん。
a0157297_23372446.jpg

そうかと思えばコミヤマカタバミやら・・・
a0157297_23372849.jpg

んんん?!こりゃミヤマスミレ!
いや~尾瀬で初めて見た!
a0157297_23372694.jpg

そして鮮やかなムラサキヤシオもたくさん。
a0157297_23373988.jpg

でも基本湿原。
a0157297_23374203.jpg

a0157297_23373644.jpg


するといつの間にか沼尻。
沼尻休憩所は昨年焼失してしまったそうな。

a0157297_23374777.jpg


焼け跡脇にてしばし休憩し、燧ケ岳の裾を見晴らしに向かって歩きます。
木道脇にはチングルマも出てきました。咲き始めです。
そしてあちこちにヒメシャクナゲも。
a0157297_23374492.jpga0157297_23374923.jpg


大好きなミツガシワも咲き始め。
水面に影が写っていとをかし。
a0157297_23375238.jpg

ミネザクラがまだ残っている所がありました。
a0157297_23375551.jpg

森の新緑が水面に写ってうっとりするほどきれいでした。
a0157297_23380004.jpg

ミツガシワ、萌え萌えなコバイケイソウ
a0157297_23380438.jpga0157297_23375706.jpg


今度は色の濃いミネザクラ。
ミネザクラは花や葉の色に変化があってとてもきれいですよね。
a0157297_23380737.jpg

サンカヨウの花の白さに息をのみ・・・
木道脇のミズバショウを愛で・・・
a0157297_23381044.jpga0157297_23381619.jpg

イワナシの花の造詣に感嘆し、形のいいミズバショウににっこり。
a0157297_23381996.jpga0157297_23382113.jpg

なんてやってたら、おや、キヌガサソウ。
a0157297_23382443.jpg


意外とたくさんあったエゾノヨツバムグラ。
同じアカネ科、クルマバソウ。
a0157297_23382770.jpga0157297_23383225.jpg

ピンクのコミヤマカタバミを熱心に撮り、ふと顔を上げればルイヨウボタン!
尾瀬で初めて見たわ~。
a0157297_23383022.jpga0157297_23383596.jpg


そしてナツトウダイ。 腺体は緑色のタイプ。
次の日撮った腺体が赤っぽいタイプも並べておきます。
a0157297_23383880.jpga0157297_23385538.jpg

で、chikoやんとあーだこーだ言って、やっぱこりゃサンリンソウだってことになったサンリンソウ。ホントにサンリンソウでした。
やっぱり花好きな人と歩くと楽しいです。
a0157297_23384265.jpg

ちなみにニリンソウとの区別は葉柄の有無。
葉柄があるのがサンリンソウ。ニリンソウにはなし。
イチリンソウにも葉柄はある。
それじゃ葉柄のあるイチリンソウとサンリンソウの区別は?
というとイチリンソウの葉が細かく切れ込むことと分布。
サンリンソウは亜高山帯。


さて、そしていよいよ見晴に到着です。
chikoやん、テン泊デビューだそうで。
奥がchikoやんのトレックライズ1、手前が私のトレックライズ0。
a0157297_23384550.jpg

張り終えてchikoやんは散策へ、私はお昼寝で至福ww

お昼寝後、ご飯。
a0157297_23384826.jpg

テン場は最終的に60数張でした。
私、尾瀬のテン場は見晴に張ったことなかったんですけど、
見晴が一番いい雰囲気かな。
尾瀬沼もいいけど、予約が必要。
a0157297_23385201.jpg


まあちょっと夕陽を見に行って・・・
a0157297_23390133.jpg

夜ちょっと起きて星空。
a0157297_23390421.jpg


そして、あくる朝。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/29(日)0700見晴⇒段吉新道⇒燧裏林道⇒1320御池
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今日はぴかぴかの晴れ。
奥に見えるは至仏山。
a0157297_23390981.jpg

ズミの花が咲き始め。
a0157297_23391248.jpg

木道脇にはオオバタチツボスミレがたくさんでうっひょ~。
これがね、大柄できれいなスミレなんですよ。
本州では高層湿原あたりで見ることが出来ます。
a0157297_23391585.jpga0157297_23391860.jpg

a0157297_23392007.jpg

そしてミヤマツボスミレ。
ツボスミレ(ニョイスミレ)の高山型といわれるけど、
完全に区別するのはむずかしいような。
a0157297_23385819.jpg



そして、出来れば見たかったオゼタイゲキ。
ハクサンタイゲキの変種とされる出版物と同じされるものもある。
まあ要するにハクサンタイゲキの尾瀬版と思っていればいいですね。
腺体は楕円形で苞が鮮やかな黄色。
子房に長い毛が生えるのが大きな特徴で表面はでこぼこ、だけどこの個体は
まだ子房ができてませんね。
a0157297_23392241.jpg
ちと写りが良くなかったので今度はうまく撮ってこよう。



で、そうしているうちに温泉休憩所。
しばし休憩後、いよいよトガクシショウマへ。
a0157297_23392507.jpg


オオバミゾホオズキはこれまで花を付けたものはありませんでしたが
花を付けたのが一株出てきました。
a0157297_23392862.jpg



そしてそしてそして! トガクシショウマ!
いや~いいもんですね。実に。
a0157297_23393147.jpga0157297_23393384.jpg
a0157297_23393528.jpga0157297_23393815.jpg

a0157297_23394529.jpg

いや~危なかった危なかった。
結構花が終わってる株が多かったですが、なんとか残っていました。

大興奮の後、見上げればツタウルシが陽に輝き・・・。
a0157297_23394979.jpg



尾瀬と言えば、尾瀬ヶ原みたいな湿原のイメージですが、温泉小屋を過ぎてからはずっとブナやミズナラなどのの森。
a0157297_23395220.jpg

裏燧橋という立派な吊り橋が出てきてしばらく行くとまた湿原が出てきます。
a0157297_23395427.jpg

オオバスノキがありましたっけ。
a0157297_23395669.jpg

ずっとムラサキヤシオとともに歩いてきました。
a0157297_23395885.jpg

サラサドウダンかベニサラサか。
a0157297_23400767.jpg

ミズバショウがまた出てきて・・・。
a0157297_23400568.jpg

a0157297_23400284.jpg

上田代のベンチで盛大に休憩。
ここでchikoやんのじゃがりこピザ!たいへんおいしゅうございました。
(食べてから撮ってないの気付いた~。)
a0157297_23400984.jpg

この上田代から平ヶ岳や越後駒、中ノ岳、荒沢岳などが見えて良い気分。
a0157297_23401206.jpg


あ~もう少しで終わってしまうな。
a0157297_23401589.jpg

最後にミズバショウ群生。
a0157297_23401890.jpg

キンコウカと花穂が出始めたコバイケイソウを眺めたら御池P。
a0157297_23402167.jpga0157297_23402366.jpg

いや~トガクシショウマも見ることができたし、オオバタチツボスミレもたくさんあったし、
ムラサキヤシオの鮮やかさにココロ打たれたしで大満足の二日間でした。

誘っていただいたchikoやんに感謝。

[PR]
by 92robin | 2016-05-31 20:36 | 東北の山 | Comments(8)
高原山 シロヤシオ
さて、恒例の高原山 剣ヶ峰~大入道のシロヤシオ。
今年は早いと見ていつもより一週間ほど早く行ってきました。

結果からいうとあと2~3日で満開といったところか。
剣ヶ峰に近い方はまだまだ蕾が多く、大入道に近い方は8~9割開花といった感じでした。


【行程】
5/21(土)
0730小間々P⇒八海山神社⇒剣ヶ峰⇒大入道⇒1200小間々P

駐車場情報など詳細は左カラムのタグ「高原山」から過去記事で。

小間々Pから歩き出すとズミがきれいに咲いていました。
a0157297_21412725.jpg

そしてヤマツツジもかなり咲いています。
a0157297_21413149.jpg

小間々付近のトウゴクミツバは終盤。

大間々近くになるとトウゴクミツバツツジもまだまだきれいです。
レンゲツツジはまだまだ蕾。
a0157297_21413585.jpga0157297_21413836.jpg


エゾハルゼミのにぎやかな声が聞こえてきます。
抜け殻があちこちに。
a0157297_21414212.jpg



ほぼ満車の大間々台の駐車場を横目に進み、鳥居をくぐり八海山神社方面に。
歩を進めると視界が開けます。
a0157297_21414563.jpg


たくさんの人が休憩している八海山神社をスルーして剣ヶ峰方向へ。
まあ、なんたって視界が開ける手前で補給休憩しちゃいましたからね。
一週間前に歩いたまだ白い三岩岳を見ながら降りて~の登って~の。




剣ヶ峰を過ぎてしばらくしてからのシロヤシオはまだまだ蕾で、
あら~やっぱり早かったかな~とちょいとがっかりしますが・・・
歩を進めると、出てきた出てきた!咲いてるの。
a0157297_21414918.jpga0157297_21415383.jpg

ふふふ、やはりきれいだな。
a0157297_21415736.jpg

まだ蕾なのもたくさんです。あと2~3日後がベストか。
a0157297_21420239.jpg


花付きもよくとてもきれいです。
a0157297_21420868.jpga0157297_21421272.jpg

そしてトウゴクミツバもまだまだきれいに咲いていて森は白×紫でした。
a0157297_21421809.jpg

a0157297_21422203.jpg

a0157297_21422512.jpg


大入道から降りる森のヤマツツジはまだまだ蕾です。
a0157297_21422870.jpg


下って下って沢を二つ越えて小間々へ。
今回もだんなサンが一緒に歩いてくれました。
(でも花には全く興味なしwなお小間々のヤマツツジは誰かが植えたものだと思っている模様)
a0157297_21423103.jpg



やはり評判通り今年のここら辺のツツジ類は良いようですね。
堪能しました。

[PR]
by 92robin | 2016-05-21 22:09 | 栃木の山 | Comments(10)
2016残雪の会津三岩岳(三ッ岩岳)
さて、恒例のGW会津三岩岳~会津駒ヶ岳の縦走も天気でポシャった2016年。
chikoやんの残雪の会津駒のレポを見ていたら、縦走でなくって単体でいいから・・・と
行きたくなった会津三岩岳。
(今年は少雪につき稜線はもう湿原がでているそうで縦走はあきらめました)
最近、山を一緒に歩いてくれるようになったダンナをやや強引に誘って行ってまいりました。

で、まとめちゃうと、まあホントに雪が出てこない。
雪がつながったのが1700mちょい手前、オオシラビソ林に変わったあたりからでした。
まあ、いつもより+10日位ですけど、こんなに雪解けが早いとは。
でも、その分、そこまでは花の道が楽しめました。

【概要】
■GPSログ■
クリックすると別タブでルートラボに飛びます

■行程■
5/15(日)0605小豆温泉登山口P⇒旧道⇒0835新道分岐⇒1010、1720m地点で折り返し⇒1315小豆温泉登山口P

■駐車場について■ 
小豆温泉登山口Pは、小豆温泉窓明の湯(閉鎖)の手前にあります。
スノーシェッドと伊南川の間のスペースです。
台数は20数台位。トイレなし。
詳細画像は過去記事参照。

■携帯電波■(ドコモ)
可:小豆温泉登山口P
その他未確認

【詳細】
前夜発でスムースにアルザ尾瀬の郷Pに到着。
Chikoやんからそこの向かいの桧枝岐スキー場のセンターハウスのトイレが24h使用可能と教えていただきましたのでそこで車中泊。
ここのトイレ、ウォシュレットでありがたかったです。
登山口の小豆温泉Pとは7キロ弱なので戻るとて許容範囲。

朝に小豆温泉Pまで移動してさて出発。
と、小豆温泉Pにはスミレがたくさん咲いていました。
おお~、さすが南会津。
まだスミレに会えるとは!
a0157297_09032849.jpg

駐車場から少し国道を下って国体開催記念の碑がある旧道からin。
するとですね、なんとまあヤマツツジが咲いています。
いや、初めてだわ、三岩岳でヤマツツジ見るの。
ひゃ~とか言いながら登っていくと今度はムラサキヤシオです。
ま、ここら辺のは終わりかけで色も薄いけど。
a0157297_09033145.jpg

とにかくブナ林は新緑新緑。
いつもなら1000m付近から咲きだしているイワウチワもそこら辺はすっかり終わり。
a0157297_09033909.jpg


1000mちょい手前のいつも遠いな~と思う場所。
a0157297_09034602.jpg


それにしてもホントに緑緑しています。
a0157297_09035095.jpg

タムシバは真っ盛りでホントにキレイ。
a0157297_09035419.jpg

足元にはイワナシなども。
a0157297_09035756.jpg

1300m位からムラサキヤシオの咲いたばかりで色の濃いのが出現。
a0157297_09040008.jpg

マンサクも。
a0157297_09040307.jpg


いつものお休みどころの1300m付近はもう普通の夏道でまったく開けてなくって調子が狂いました。
まあ、少し進んで分岐で休憩。
で、この分岐のアズマシャクナゲがものすごかったです。
それまでもアズマシャクナゲは咲いていましたけど、ちょうどここのは見ごろでしかもゴージャス。
a0157297_09040943.jpg


いや、それにしても暑いです。
a0157297_09041125.jpg

ツバメオモトも展開して蕾を持ったのが出てきました。
a0157297_09041470.jpg


イワウチワとショウジョウバカマは1350m位から1650m位までが見ごろでした。
もうね、登山道の両脇にたくさん。
a0157297_09040694.jpg

a0157297_09041742.jpg



1650m付近からの三岩岳。
やっぱり白い所が少ないですね。
a0157297_09041962.jpg

1660m付近の目立つダケカンバはまだ新葉は展開せず。
a0157297_09042555.jpg


このカンバを過ぎて少しするとオオシラビソ林になります。
1680m付近から三岩岳。
a0157297_09043336.jpg

1720m付近で長々と休憩。
思えば最初の残雪三岩岳の幕営はこの辺でした。
でも、あの時はもっと雪に埋もれていたな~などと思い出します。
で、だいたい標高差1000mを目標にしていたのでここで折り返し。
標高差1000mなら隣の隣の会津駒に・・・という話もありますが、まあそこは私の趣味嗜好w

戻ります。

オオカメノキもたくさん咲いてましたよ。
a0157297_09043551.jpg


下って下って分岐のシャクナゲをもう一度観賞。
a0157297_09044551.jpg


さらに下って下って国道に降りて小豆温泉Pまでてくてく歩きます。
今年は横断幕が。
a0157297_09044714.jpg


いや~あんまり雪上は歩けませんでしたが、その分花の道が続いてよかった。
今年は少雪だからってのもあるのでしょうがちょっと季節が進むとだいぶ違うもんですね。



[PR]
by 92robin | 2016-05-16 10:22 | 東北の山 | Comments(14)
難台山近くのスズラン群生地 道祖神峠から
さて、この茨城県石岡市と笠間市の境位にあるこの山域。
結構近くと言えば近くなんだけれども、行ったことがありませんでした。
スズラン群生地があるってことで見たいな~とは思っていたのですが。

5/8(日)0945道祖神峠⇒スズラン群生地⇒道祖神峠⇒旧洗心館方向散歩⇒1245道祖神峠
GPSログはルートラボに
稜線から北東に降りてログがループになっているところがスズラン群生地です。

さて、道祖神峠(どうろくじんとうげ)から出発です。
駐車スペースはここと向かいに合わせて13~4台程度。
難台山(なんだいさん)方向に向かいます。
a0157297_22154696.jpg

しばらくはヒノキの植林の中を歩きますが、やがて出てヤマツツジ満開。
a0157297_22154886.jpg

結構な登りを2度ほど終えるとスズラン群生地分岐の標識。
a0157297_22155107.jpga0157297_22155381.jpg


降りて行くと・・・おお、出てきた出てきた。
ちなみにスズランも毒草ね。食べなければ大丈夫。
あんまり香らなかったな。岩手山で見たスズランはすごく香ったけれども。
a0157297_22160985.jpga0157297_22161288.jpg

a0157297_22161551.jpg


でも、柵と電気柵の中。
a0157297_22161882.jpg



上部のベンチでまったりお茶を飲み、また登り返します。

標高の低い所のスミレの季節も終わりでニョイスミレさえも花が落ちているものも多かったです。
a0157297_22162176.jpg


代わりにチゴユリなどが咲始め・・・季節の移ろいを感じます。
a0157297_22162385.jpg



いったん、道祖神峠まででてから逆方向である吾国山(わがくにさん)方向へちょっと散歩。

あら。キンラン。
a0157297_22162634.jpg


ハナイバナ、ヤブテマリも。
a0157297_22162856.jpga0157297_22163127.jpg


ササバギンランかギンラン。
でも、花柄に毛があるからササバかな。
a0157297_22163571.jpg



道祖神峠に戻ると記念碑が目につきました。
ん?北筑波稜線林道?
a0157297_22163712.jpg


ええ?起点湯袋峠で終点道祖神峠?
北筑波稜線林道ってここまでなんだ~。
a0157297_22164059.jpg


ほれ、北筑波稜線林道ってアレですよ。
きのこ山とか足尾山とか一本杉峠通る道ですよ。
板敷に下って終わりなのかと思っていたら、ここまで延びて終点だったとは。

とスズランとは別の感動でfin。笑


[PR]
by 92robin | 2016-05-08 23:48 | その他茨城の山 | Comments(2)
5月 宝篋山
さて、5月の宝篋山。
コースは常願寺⇒極楽寺。

常願寺コースに向かう田んぼの畔からすっかり緑な宝篋山。
a0157297_22150471.jpg


常願寺コース取りつきにノアザミとニワゼキショウ。
a0157297_22145010.jpga0157297_22145938.jpg

常願寺コース上部でハハコグサとヤブテマリ。
a0157297_22151139.jpg
a0157297_22150758.jpg


ヤマツツジも満開。
a0157297_22151317.jpg

ミヤマナルコユリはまだ咲いてない。
a0157297_22151688.jpg



バイオトイレのあたりでウマノアシガタがわっさーと。
全草毒で、草の汁も毒なので手折らないよう注意。
a0157297_22151894.jpg


頂上、さわやかな薫風の中、お茶でまったり。
a0157297_22152103.jpg



下り。
どこで撮ったか忘れてしまったがヤブジラミ。
少し紫色を帯びているのでオヤブジラミかも。
a0157297_22152431.jpg

極楽寺コース下部でノイバラ咲始め。
a0157297_22152748.jpg



薫風吹き渡る宝篋山でした。




[PR]
by 92robin | 2016-05-08 23:03 | 筑波山系 | Comments(0)
八溝山
さて、石川@さんのヤマシャクヤクの画像を見て、八溝山です。
目的は、ヤマシャクヤクとシロヤシオ偵察。

結果からいうとシロヤシオはぼちぼち咲始め、ヤマシャクヤクは蕾。
その他はトウゴクミツバツツジは見ごろ~やや終盤。
ヤマツツジぼちぼち蕾。

さて今回の同行はリンゴさんchikoやん、私の旦那サン。
リンゴさんとは山では何度も会っていますが、一緒に歩くのは初めて!

では詳細。
5/5(木・祝)0907山頂P⇒茗荷沢⇒真名畑八溝林道⇒鹿ノ又沢⇒1415山頂P

それにしても今年のGWの山の天気は散々でしたね。
恒例の会津三岩岳~会津駒の縦走を4/29-30でchikoやんと計画していましたが断念。
29の会津駒なんて吹雪でホワイトアウトだったそうで。

いやいや、八溝。八溝の話。
でも季節の記録のため、ウチのの裏のホオノキとホウチャクソウの画像を。
ホオノキは咲きはじめ。ホチャクソウ満開でした。
a0157297_21055025.jpg

a0157297_21055225.jpg




さて、頂上の駐車スペースからスタート。
頂上付近もすっかり木々は芽吹いています。
4月24日に歩いた時とは大違いです。
たかだか10日でこんなに違うんですね~。

足元には今シーズン初のギンリョウソウがにょきにょき。
a0157297_21055577.jpg

そして、ちょいと下ると、おお、シロヤシオもぼちぼち咲き始めています。
a0157297_21055759.jpg

a0157297_21055982.jpg



チドリノキの花も咲いています。
a0157297_21060264.jpg


まだまだ蕾は多いものの咲いているのもぼちぼち。
花芽もまずまずな模様。
a0157297_21060526.jpg


茗荷の沢に下りて、今度は尾根を登ります。
登って真名畑八溝林道に出ます。

真名畑八溝林道ではアケボノスミレが残っていました。
a0157297_21060717.jpg


で、真名畑八溝林道から鹿ノ又林道へ下ります。
ここのシロヤシオも結構咲いていました。
a0157297_21060901.jpg

a0157297_21061241.jpg


鹿ノ又林道で花を愛でながらぶらぶら。
ミツバウツギは全く咲いてませんでしたが、ヤマブキソウ、コンロンソウ、ラショウモンカズラ、ルイヨウボタンが咲いていました。
a0157297_21061480.jpg

a0157297_21061815.jpga0157297_21062275.jpg

a0157297_21062514.jpg


そして鹿ノ又沢のほとりでお昼。
chikoやんと記念撮影♡(chikoやん経由で流れて来たリンゴさん撮影の画像)
沢と緑がちょ~キレイ。
a0157297_21473303.jpg



鹿ノ又林道を歩き定点観察。
まだヤマザクラが残っています。
a0157297_21063194.jpg

鹿ノ又林道終点から遊歩道で上がります。
しばらくは沢沿い。
素晴らしい新緑にうっとり。
a0157297_21063482.jpg

尾根に出るとシロヤシオとトウゴクミツバのコラボ。
(シロヤシオは蕾のがほとんどでした)
a0157297_21063738.jpg



最後に展望台のある山頂詣で。
山頂に植えられているアズマシャクナゲで締め。
a0157297_21064024.jpg




……ヤマシャクヤクは幾株か確認しましたが蕾でした。
a0157297_21062875.jpg

八溝の美しい沢と緑、同行の皆さんに感謝。



[PR]
by 92robin | 2016-05-05 22:39 | その他茨城の山 | Comments(19)