遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
馬滝から愛宕山手前周回
at 2017-06-08 00:03
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
以前の記事
最新のコメント
ワイルドwww ※..
by charmy at 04:36
futatuyanosh..
by 92robin at 09:02
こんにちは。 いや~ ..
by hutatuyanosiki at 14:25
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
'09 北海道  雌阿寒岳 標高1499m (長いでし)
(バイクブログの記事を移行しているので、なにぶん唐突な流れと
なっております。ご容赦)

さて、今年の北海道も早くも4泊目。
4泊目の明くる朝は晴天だ!

うしし。行くぞ!雌阿寒岳!

「って、どこが登山口ですか?」

意気込んでいた割には良く分ってない自分にYeah~!

宿のおかみさんに「あっちよ~」と指さされたほうへ向かってGo!
「いいわね~こんないい天気で~」とおかみさんに見送られる。

どうやらおかみさん、昨日のあの雨天のなか5合目位まで登ったそうな。

さて登山口。
アカエゾマツの純林が続く(のだそうだ)。
昨日の雨でしっとりとした林だ。
しっとりと静謐な山に入るのはステキなこと。
b0053472_21212699.jpg


アカエゾマツの林を抜けるとハイマツのなかを登る。
このハイマツはハイマツらしくない背の高いハイマツ。
振り返るとオンネトーが見えた。
b0053472_21252192.jpg


ハイマツの下の地面にいろいろなキノコが生えていたり、ルリビタキと思われし鳥を
見たりするが、ぐぐぐっとこらえ、登りに集中する。
いつも動植物に気を取られ、コースタイムの何倍だ?の時間がかかってしまうからね。
それにしてもちょっと疲れてきたよ。
休憩。5合目位かな?
((クリックすると大きくなります)
b0053472_21304329.jpg


ふひふひ言いながら8合目位になるとガレ場。
ええ~ここのぼるのか?
ま、低山しか登ったことない私はちょっとビビる。
(なんせ、森林限界より先は登ったことないんだから~)
どこ登ったらいいか分かんないように思うが、ちゃんとマーキングがしてある。
マーキングをたどって登ればいいのだ。
b0053472_21442153.jpg


振り返れば、息をのむ美しさ。
b0053472_21445492.jpg

b0053472_22291334.jpg


ガレ場をぐりぐり登っていくと火口が見えてきた!
すごいや!
b0053472_21514148.jpg

反対側を見れば、おお!阿寒湖と雄阿寒岳が見えるよ。
((きっとたぶんw 違ったら教えてプリーズ)
b0053472_21531562.jpg




うおー、登ったんだなワタシ!
と火口渕を少し行くと山頂碑だ。
ピークゲットだぜ!!
b0053472_220198.jpg



実は、かなり不安だったし自信もなかった。
なんせ、職場の階段を4階分登っただけで、脚だりぃぃ~とかの貧脚だし、
コースタイム45分のところを4時間もかかっちゃうワタシだ。
((まあ、動植物に気を取られ過ぎなのですが)
う~なんか感動だ。
((北海道出身の同僚が小学4年の遠足で登ったというのはこの際忘れときます)

さて先に進むか。

実はこのままピストンで降りちゃおうかと迷ったんだけど。
だって、この先、オンネトー登山口の方に降りるとその後野中温泉まで
延々と歩かなくっちゃならないんだよね~。(弱)

でも、この際だ!歩いてみよう!

火口の渕を通るんだけど、ちょっとコワかった。
それもそのはず、私、高いとこ苦手なんだよね。

青沼と阿寒富士を見ながらこわごわ歩く。
b0053472_22174141.jpg


砂礫の道を下る。
b0053472_22212181.jpg


下って行くと阿寒富士の分岐が出る。
だいたい雌阿寒岳と阿寒富士はセットで登る人が多いそうだが、
私は貧脚なので自重する。
だいたいなんのとっかかりもないような登山道って登って下れる自信はまったくない。
(((弱過ぎ)
b0053472_22252077.jpg



さて、先ほどからすごく気になっている。
こちら側の登山道は植物が豊富なようだ。

イワブクロ
b0053472_22333728.jpg


まあ、この時期、中途半端で花が多い季節でもないのだけれども。

イワギキョウ
b0053472_2237576.jpg


コマクサ
((この季節に奇跡的に一輪)
b0053472_22395063.jpg


コケモモ
b0053472_22425352.jpg


シラタマノキ
b0053472_22432345.jpg


ん~、コ、コースタイムが~~。

ま、ここらへんでもうコースタイムのことは忘れますw

そして、ハイマツ帯を抜けると素晴らしい樹林帯へ。
そこは魅惑の世界。

アカミゴケ
b0053472_22515294.jpg


「コケ」と名前は付いているけど、これは地衣類。
つまり植物ではなくその構造を作るのは菌なのである。
とはいえ光合成生物でもあるというなんとも不思議な地衣類。

同じく地衣類のハナゴケ
よ~く見ると、先っぽは赤いぽっちがついてるよ。
b0053472_2254187.jpg


キノコもばんばん生えている。
さまざまなキノコが、もうこれでもか!という位。

アブラシメジ
昨日の雨で傘は粘性を増し、キラキラ☆だ!
b0053472_22591675.jpg


魅惑の世界にもうクラクラ。
素晴らしい森。
感動。

で、ようやく下山。
いや~もっとキノコを載せたかったんだけど、ブログの1記事あたりの画像が
そろそろ一杯。笑
((あ、もういいですか。そうですか)

さて、これからが長いな~。道道を行くとさらに長いので、オンネトーの山側の
遊歩道を行くべい。

はて?どこから入るんだろ??
と、登山口のところにわらわらといた人に聞くと、逆に
「この27人ってホント~??出逢った~??なんだろこれ~??」
と聞き返される。
入山届を検分しているようだ。

素晴らしい森に感動した私はとても親切になり、その集団の解説をして差し上げる。
そうこうしているうちに、車で送ってくれるということになった。

うふほほ。やった~!
で、その人たちに連れられて、湯の滝も散策。
b0053472_23124019.jpg

ここは世界で唯一の生きているマンガン鉱床なんだってさ。
滝の黒く見える部分が酸化マンガン。
湯の滝のお湯に含まれるマンガンイオンがマンガン酸化細菌と微小な糸状藻類
との微生物共同体によって酸化されて、酸化マンガンとして沈殿するってことらしい。
この横と上には入れる岩の野湯があったらしいけど、天然記念物に指定されて
から入湯禁止。
でも、その前に湯の温度が下がって入るにはちょっとぬるすぎる状態になっちゃって
たんだってさ。

解説を受けたり、北海道の山々の話や林道の話をしたりした後、送ってもらって
登山終了!

登山も素晴らしかったが、なんといってもその森の豊かさ美しさに感動した
実にステキな一日だった。
[PR]
# by 92robin | 2009-09-09 00:00 | 北海道の山 | Comments(0)
筑波山 筑波高原キャンプ場コース
どうも天気がはっきりしない日曜日。
ホントは今週末、日光白根山に登ろうと思ってた。
週間天気予報では週末は天気いいっていってたけど、
週末になったら予報が変わった。
それでは・・というものでもないけれども、春にユースホステル跡地から
登って以来、筑波高原キャンプ場からのルートで登ってみたいと思って
いた筑波山に。

筑波高原キャンプ場はダートを少し走るのでディグリーで。
自転車を積んで車で行ってユースホステル跡地に自転車をデポして、
キャンプ場ルート→ユース跡地のルートにしようかと思ったけどそれは
また次回に。
今回はピストンだ。

筑波高原キャンプ場から上がっていくと、しばらくはコバノギボウシの花が
たくさん咲いている。
写真、撮ったつもりだったけど・・・ぼけてました。残念。

オカトラノオはそろそろ終盤か
d0144548_18212993.jpg



ヒヨドリソウはまだちょっと早い
d0144548_1822375.jpg



遠くから見ると筑波の峰に雲がかかっていたけど、登山道はすごい湿度でガスってる
d0144548_18242298.jpg



クモの巣も小さな水滴がたくさんだ
d0144548_1825762.jpg




気温はそうでもないけど、なにせ湿度がすごくって、まとわりつくようだ。

アカジコウ?
イグチ科のキノコだけど、同定できず
d0144548_18272869.jpg




いや~体力ないな~ホントに。
とちょっとイヤになった頃に、上の方から人のがやがやする声。
もうすぐ山頂部分らしい。

もうちょっと・・と思ったら、ホトトギス!
わ~ラッキー♪
d0144548_18302635.jpg




そして女体山山頂へ
d0144548_1831335.jpg



d0144548_1832527.jpg



d0144548_18323428.jpg




登りは1時間5分もかかってしまった。
下りは写真も撮らず、足も止めず、どりゃ~っと下って30分。
最後のころは、膝がちょっとガクガクしました。笑

持って行った冷たい麦茶がおいしかった!

ところでこの登山道で会った人は一人だけ。
山頂にあれだけ人がいたのはやはり表筑波からの人なのでしょうかね。

しかし、もう少し体力をつけたい所。
これじゃ、生き物としてイカンですよね~。

そうそう、帰り、筑波高原キャンプ場の駐車場でアサギマダラを見ました。
てか、その時はアサギマダラとは分からず、な~んかきれいなチョウが
ふわふわと飛んでるな~と思って葉っぱにとまる所をしげしげと眺めて
いました。
帰って調べてみると、これがアサギマダラか!とちょっと感動。
写真撮っとけばよかったな。

アサギマダラは、渡りをするチョウとして有名ですね。
台湾の方まで2000kmも旅をするのもいるらしいです。
[PR]
# by 92robin | 2009-08-09 00:28 | 筑波山系 | Comments(0)
菅沼→金精 ルリビタキ
(鳥ブログからの移行記事なので、唐突なはじまりとなっています。ご容赦)

やはりコマドリが撮りたい。

またまた奥日光へ。
奥日光の先は群馬県です。
菅沼の日光白根山登山口からちょっと日光よりに戻った所から入る登山道へ
今回も入りました。
前回は途中で引き返したから今度は金精神社のある登山道の分岐まで
行ってみたいと思いました。
そこは、温泉ヶ岳(ゆせんがたけ)と日光白根山方面への分岐となっています。

標準的なコースタイムは45分。
でも、私はおおよそ4時間かけて歩きました。
鳥撮り恐るべし。笑

まあ、道に迷ってしまったこともありますけど。
とてもはっきりした登山道なので、普通は迷うことはないのでしょうけど・・
てか気づけと。笑

登った先、金精神社があるところは標高2024m。
とはいえ、登り始めが1700m台なので大した「登山」ではないのですが、そこに広がる
光景は、やはりすがすがしいものでした。

湯ノ湖と男体山かな?
d0144548_1955812.jpg



足元の笹に交じってクルマユリ。
d0144548_19464657.jpg




鳥はというと、コマドリは声だけ。
ルリビタキとはたくさん会えました。
あまり良く撮れませんでしたけど。笑

さっそくブレ写真ですが、懸命に鳴いているのがなんとも愛おしいので。
d0144548_1949092.jpg



ぜんぜん止まりませんでしたが、肉眼の残像のようで気に入ってます。
d0144548_19501922.jpg



今度はちょっと陽のあたる所なので、ヨシ。だけど、陽が強すぎる・・。
d0144548_19513378.jpg



雄は暗~い所ばかりでしたので、こんなのしか撮れませんでした。
これでISO400・・・・・。ん~。
d0144548_1953988.jpg




コマドリは来年に持ち越しですね。
残念。
この前、姿を見られたのは、本当にラッキーだったのかもしれません。
[PR]
# by 92robin | 2009-07-20 00:00 | 栃木の山 | Comments(0)