遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
平山
at 2017-07-09 18:23
馬滝から愛宕山手前周回
at 2017-06-08 00:03
以前の記事
最新のコメント
はたけんさん そうで..
by 92robin at 22:59
hutatuyanos..
by 92robin at 22:52
bettyさん 私の..
by 92robin at 22:43
chikoやん も~..
by 92robin at 22:36
羨ましくないもん! ボ..
by はたけん at 21:51
いや~ パソコンの前の..
by hutatuyanosiki at 19:14
初日の化雲岳から一気に読..
by betty at 12:14
をぉぉぉぉ、素晴らしくよ..
by chikoやん at 12:43
はたけんさん それがね..
by 92robin at 22:17
今年の北海道、好天(暑す..
by はたけん at 21:33
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
2017残雪の会津三岩岳⇒会津駒ヶ岳縦走
毎年恒例、といっても昨年は行けなかったな。
しかし、ほぼ同時期に行った中では今回が一番積雪があったし、麓も春が遅かったです。
麓の伊南川のオオヤマザクラを楽しみにしていたのにな~。
ブナさえもまったく芽吹いてませんでした。
まあ、その分三岩岳のイワウチワはこれまでになく絶好調でした。
同行はダンナさん。山上のテント泊は初めてだけど、初めてなのに雪上とはw

【概要】
■行程■
5/3 0755小豆温泉駐車場→旧道→1035新道分岐付近1105→1400避難小屋→1505三岩岳(7h10m)→1515テン泊地(山頂すぐ隣のピーク)
5/4 0705テン泊地→0845大戸沢岳0905→0950会津駒ヶ岳→1005駒の小屋1020→1150階段登山口→1215滝沢登山口バス停==会津バスで小豆温泉まで戻り

■GPSログ■
過去記事参照してください。
どうもfirefoxがNPAPIプラグイン終了でルートラボのSilverlightが動かないようです。
さて、これからどうしよかな?

■登山道について■
三岩岳旧道登山口~三岩岳は、ほぼ夏道通り。
標高1000mちょい位から積雪路となる。
会津駒~三岩岳は基本ピークを繋ぐが、大戸沢岳と会津駒の間のP2098はピークを北側に巻く。
その他雪庇がある箇所は樹林帯へ。
会津駒~滝沢登山口は、ほぼ夏道通り。
(三岩岳~駒間は夏道はなし。積雪期のみ歩けるルート)
全行程トレースあり。

■装備について■
一日目はつぼ足。
二日目はアイゼン使用。
そのまま会津駒下山途中までアイゼン。
全行程ストック。

泊まり装備:モンベルULスーパースパイラルダウンハガ#3、マットはサーマレストRidge Rest Solite
テントはNatureHike2人用⇒この前紹介した記事

夕方3.5℃、夜間3℃、朝5℃
やっぱりマットはサーマレストRidge Rest Soliteじゃうす寒い。
サーマレスト 40th Anniversary Edition サイズS  480g R4.0を使用したダンナは寒くなかったとのこと。
う~ん、この時期はそれにするか、そうでなけりゃRidge rest Solite(R2.8)+サーマレスト Prolite サイズXS R2.4)を重ねて使うかだな。手持ちの中で使いまわすなら。

人柱的テントのインプレ:まあ、ほぼ風のない状態だったので特に問題なく使用できました。
メッシュ部分が多いので結露も全くなし。
ただ当たり前だけど付属のペグは雪上では利きません。

【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/3 0755小豆温泉駐車場→旧道→1035新道分岐付近1105→1400避難小屋→1505三岩岳(7h10m)→1515テン泊地(山頂すぐ隣のピーク)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、小豆温泉駐車場からスタート。
標高890mのアンテナ塔を過ぎて少しするといや~イワウチワがまさに咲き誇っていました。
a0157297_14575247.jpg

a0157297_14575896.jpg

標高1000m手前のいつもの所からの三岩岳。
a0157297_14583564.jpg

1000mちょいから積雪路となります。
マンサクもちらほらと咲始め。タムシバなんかまったく蕾もふくらんでません。
a0157297_14580734.jpg

新道分岐の1300m地点がいつもこの時期のなごみスポット。
コーヒーを入れて長々と。
a0157297_14584229.jpg

休憩後、歩を進め・・・
a0157297_14584791.jpg

今年もこの光景を見ることが出来たな~としみじみ。
a0157297_14585123.jpg

でもさ、この先標高1700m位までが急で辛いんだよね。
a0157297_14585592.jpg

で、1840m付近の避難小屋。まだ屋根すら全部出てない。2階小窓から出入り可能。
a0157297_14585880.jpg

窓明山越しに遠く飯豊が浮かぶ。
a0157297_14590108.jpg

そして、三岩岳山頂。
a0157297_14590479.jpg


山頂隣のピークから縦走路を臨む。
そしてこの地に幕営決定。
a0157297_14591007.jpg

いや~雪もくさってだいぶ足が埋もれるようになってきたし、ちょうどどなたかのテント泊跡が
あったもんで。半掘り込み、雪壁、テーブル付きで上等上等。ありがたい。
a0157297_14591506.jpg

新潟側のロケーションも良好。
a0157297_14592269.jpg



さて、暮れてきました。
a0157297_14592539.jpg

a0157297_14593201.jpg

夜は星がきれいかな?と思ったけど、そうでもなくおぼろ月夜なかんじ。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/4 0705テン泊地→0845大戸沢岳0905→0950会津駒ヶ岳→1005駒の小屋1020→1150階段登山口→1215滝沢登山口バス停==会津バスで小豆温泉まで戻り
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、朝です。出発です。
a0157297_14593510.jpg

やっぱりこの光景を眺めて歩けるのはなんとも言い難いよさ。
a0157297_14594150.jpg

歩を進めて~
a0157297_14595837.jpga0157297_15000241.jpg

ふと振り返れば迫力ある雪の風景。
a0157297_15000630.jpg

振り返っての三岩岳。
a0157297_15001270.jpg

大戸沢への登りを終えたらもうそんな登らないような気がしたけれども、
会津駒への登りもあったわ~。
と、会津駒へ。
a0157297_15001904.jpg

山頂標は「会」までしか出てなかったです。
a0157297_15002370.jpg

で、会津駒から下って、バスに乗って戻りでFin.

ま~ほんと天気に恵まれてよい二日間でした。

a0157297_16303841.jpg
a0157297_16304190.jpg

[PR]
# by 92robin | 2017-05-05 16:50 | 東北の山 | Comments(10)
4月 宝篋山
さて、upが遅くなりましたが4月も終わりの宝篋山。
4/23の宝篋山です。

スミレはタチツボスミレ以外はほぼ終わりで、ヤマザクラは終盤。
ちなみに下界の平地ではウワミズザクラが満開の状態でした。

今回は珍しくR125からの小田城コース⇒山頂⇒極楽寺⇒純平歩道⇒小田城コース。
まあ、なぜかってね?
小田休憩所Pが満車だったのですよ。
なのでR125の駐車場からスタート、同行はダンナさん。

駐車場から少し南へ歩いたところから山側へ入ると、あらオドリコソウ。
a0157297_14403324.jpg


で、神社が二つ出てきた。
あら?そんなの初めて見たよ。
なんだか新鮮ね。
a0157297_14403706.jpg


山の中はまさに新緑。
a0157297_14404039.jpg


チゴユリなんかも咲きだしてた。
a0157297_14404330.jpg


ヤマザクラは終盤だけど、ずいぶん残っていた。
a0157297_14404622.jpg


サルトリイバラ、ヤマツツジ
a0157297_14405080.jpga0157297_14405375.jpg


見下ろせば全力で春。
a0157297_14405666.jpg


でも、スミレはタチツボスミレだけ。
あ~常願寺の方に降りればニオイタチツボスミレやスミレがあっただろうに。
a0157297_14405866.jpg


春に咲くのにナツトウダイ。
a0157297_14410133.jpg


山頂でたけのこご飯食べて下山。
極楽寺コースと純平歩道が出会うところの沢にニリンソウ。
a0157297_14410558.jpg


たまには違うコースもいいけれども、足元の花はやっぱり極楽寺、常願寺かな。

[PR]
# by 92robin | 2017-05-05 14:55 | 筑波山系 | Comments(0)
2017 角田山・弥彦山
さて、花の季節となりました。
オオミスミソウを見に角田山と弥彦山へ。

みなさんのレポを見てみるとあれ?3月半ば過ぎくらいで
随分咲いていたようなので、ちと遅いかな?と思いつつGo~!
昨年は行きそびれたから今年は見たいよ、オオミスミソウ。

同行は花なんぞちっとも興味のないダンナ。

■行程■
4/1(土) 
0430つくば発⇒北関東道桜川筑西IC⇒関越道⇒北陸道巻潟東IC⇒0815角田浜P
0845角田浜P⇒桜尾根⇒1020角田山頂上1045⇒灯台コース⇒1200角田浜P
4/2(日)
0710八枚沢登山口P⇒雨乞尾根⇒0900弥彦山山頂0930⇒妻戸尾根⇒1040八枚沢登山口P

駐車場などの詳細情報は過去記事参照。
角田山  
弥彦山

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4/1(土)0845角田浜P⇒桜尾根⇒1020角田山頂上1045⇒灯台コース⇒1200角田浜P
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
前半はうす曇りでなかなか花が開いてはくれませんでしたが、
またそれもなかなかに風情がある面持ちです。
a0157297_14114278.jpg
a0157297_14121208.jpg


角田山のいい所は登り始めから大株が出てきて見応えがあるところだと思いますが、
ま~人が多い。
さらに2団体と前後することになって渋滞。

しかしながらオオミスミソウは美しい。
a0157297_14114805.jpg
a0157297_14115351.jpg
a0157297_14122281.jpg

そしてスミレサイシンもちらほらと出てきます。
やはりスミレは美しい。
a0157297_14115898.jpg

カタクリもありますが、陽が当たらないので良く開かず。
a0157297_14122137.jpg

し~ばらく登るとキクバオウレンが群生しているところがあります。
オウレン好きな私は喜びの舞。
a0157297_14130077.jpg

a0157297_14125155.jpga0157297_14123001.jpg


そうしているうちに頂上着。
一休みして灯台コースを下ります。

うす曇りでしたが、春が躍るようです。
a0157297_14123831.jpga0157297_14120184.jpg

コシノカンアオイみっけ!
a0157297_14124062.jpg

下部には実をつけたキヅタがたくさんありました。
a0157297_14124529.jpg

さあ、エンディングの灯台へ。
a0157297_14125001.jpg


角田浜に降りた後は寺泊の市場通りで浜焼きなどを食すうちに食い気が走り、
お寿司やらなにやらと海産物をいただきました。
あれ?さっき山頂で昼を食べたような気がしたのはきっと気のせいに違いない。

で、とりあえず道の駅国上(くがみ)で風呂に入って、夜は燕市の回転寿司屋「廻る鼓響」へ。

車中泊、そして翌朝は弥彦山です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4/2(日)
0710八枚沢登山口P⇒雨乞尾根⇒0900弥彦山山頂0930⇒妻戸尾根⇒1040八枚沢登山口P
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
夜のうちに結構な雨が降りさらに冷えたようで、車のフロントガラスが凍っていました。
あら。ぬるぬるかしら?登山道・・・と思いつつも八枚沢登山口にGo~。
さすがにこの時間だと2台目の到着となり余裕で駐車。
(帰りは道路わきに駐めた車がスカイライン手前までありました)

さて、まずスミレサイシン。
まあ、前日の角田山と近いんで花の種類がかぶるところが多いですが載せますw
a0157297_14132763.jpg

この八枚沢コースはカタクリの群生が素晴らしいのですが、陽は当たっているものの
ちょっと朝が早いからかまだしっかり開いてませんでした。
a0157297_14135790.jpg

陽を受けてミチノクエンゴサクが美しいです。
a0157297_14140023.jpg

日陰になったミチノクエンゴサクももちろん美しい。
a0157297_00152233.jpg

アブラチャン咲始め。
a0157297_14133627.jpg

毎度分からないのがこれ。
a0157297_14140647.jpg

そうこうしているうちに弥彦山が見えてきました。
ねえ、木々の緑が動く前に足元にはこんなにも春。
a0157297_14134462.jpg

北を見ればまた美しい。妙高火打あたり?と思ったけどカシミール先生に
よると米山らしい。
a0157297_14143115.jpg

ナガハシスミレも。別名テングスミレっていうけど、私にはちょんまげに見えて仕方ない。
a0157297_14135460.jpg

アオイスミレも今年はたくさんありました。
カタクリもいたるところに。
a0157297_14141147.jpga0157297_14141797.jpg


標高400mあたりから昨日降ったかと思われる雪が。
ナニワズとキクバオウレン。
a0157297_14144656.jpga0157297_14142382.jpg

ここらへんから上のカタクリはまだまだ蕾でした。
a0157297_14150132.jpg


さて、そうこうしているうちに頂上。
今度は下山後昼食とするために、抜かりなく軽く補給程度にw
そして、妻戸尾根を下ります。

マンサクもまだそれほど咲いているわけではありませんでした。
春が早いかと思われたのは3月半ばまででそれから低温続きだったからかな?
a0157297_14143792.jpg


妻戸尾根の上部はオウレンが多いので楽しみでした。
オオミスミソウもそりゃ~いいけれども、オウレンもたいそう好きなのです。
なんともはや美しい。
a0157297_14151190.jpga0157297_14151478.jpg


なかよくお集まりな皆さん。なんだか楽しそうです。
a0157297_14151786.jpg


ああ、すばらしいな。
a0157297_14151905.jpg
a0157297_14145796.jpg


下部になってようやく開いているキクザキイチゲが。
いや、これまでもたくさんあったのですが、みんな開いてなくって。
a0157297_14150147.jpg


で、終了~。

さて、一昨年寄って気に入った弥彦のラーメンたかみちに行くか~と思ったら、なんと休業中。
え~~~ということで、燕三条ご当地ラーメンの元祖「杭州飯店」へ。
なんと行列店だったOrg
普段は行列には並ばないのだけれども、せっかくなのでイベント気分でならんじゃおう。
a0157297_14152964.jpg

背油たっぷりでたいへんかな?とも思いましたが、なんのなんの。
まったくしつこさを感じずに食せます。
麺がまた個性的。うどんに近いような組成と太さ。
やや、大変おいしゅうございました。
今度行ったらあの大きい餃子も食べよう。

と最後は花より団子的な感じになりましたが、春の遠征第一弾終了です。

[PR]
# by 92robin | 2017-04-04 00:54 | 越後の山 | Comments(6)