遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
10月の宝篋山
at 2017-10-14 09:30
2017会津三岩岳~窓明山周回
at 2017-10-03 21:33
速報 三岩岳~窓明山
at 2017-10-02 00:39
8月の宝篋山
at 2017-08-06 23:09
7月の宝篋山
at 2017-07-23 20:43
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
以前の記事
最新のコメント
charmy さん 週..
by 92robin at 22:40
週末天気がもったら行く予..
by charmy at 05:09
ケーコちゃん なんかゴ..
by 92robin at 16:16
chikoやん あ~..
by 92robin at 16:08
bettyさん 毎年春..
by 92robin at 15:31
毎年恒例の山行があるって..
by ケーコ at 16:54
テントを背負ってあの急登..
by chikoやん at 12:51
今年も行ったんですね!!..
by betty at 12:40
charmyさん 久..
by 92robin at 00:26
のんびりで好きな山を満喫..
by charmy at 05:08
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
平山
平山?
平山って?

と思ったでしょ?
それはですね、ニセイカウシュッペ山の南東5km位にある峰続きの山。
ちなみに平山の峰続きの北には比麻良山(ひまらやま)という名前の山が
あったりしてちょっと面白いですね。だってヒマラヤま、よ?

ま、それはいいとして、平山は3年前に北海道に行ったときの大雪山ふもとの温泉で
幾人かにニセカウよりも花が多いと聞いたので行ってみました。

そう、3年ぶりの北海道遠征です。ソロ。

では、1登目の平山レポ。
条件が良ければ平山の隣の比麻良山までピストンできるといいな、とか思いながら出発。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7/1(土)0710平山登山口P⇒1020稜線⇒1225平山登山口P
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
まず、前日夜入り。
30日の20時過ぎにフェリーを下船して登山口着は翌1時40分。
登山口手前はダート9km位だったかな。フラットダート。普通の乗用車でも余裕。
a0157297_17124712.jpg


駐車場は登山口と手前100mにありますが、登山口スペース手前には
「ここから先は一般車進入禁止」の看板が。
ネットでの情報ではみんな駐めているみたいだったけど、いちおう手前の駐車場に。
登山口駐車場。画像は帰りに写したもの。
a0157297_17125523.jpg

手前駐車場。やはり画像は帰りに写したもの。
a0157297_17133411.jpg


さて、歩き出します。
単管パイプで組んだ橋を幾つか渡っていきます。
a0157297_17133993.jpg


ツバメオモトがたくさん花をつけていました。
a0157297_17134395.jpg

ツルシキミはところどころに。
a0157297_17134717.jpg


オオバミゾホオズキはあちこちにたくさん。
a0157297_17125068.jpg

ノウゴウイチゴもあちこちに。
a0157297_17135326.jpg

新緑美しい谷沿いの道を進んでいきます。
a0157297_17135830.jpg

サンカヨウがごっそりあるところも。サンカヨウはキレイね~。
a0157297_17140392.jpg

エゾエンゴサクが出てきた。
やっぱりエゾエンゴサクは大柄だ。
a0157297_17140783.jpg

ミヤマハンショウヅル、ツマトリソウ。
a0157297_17141269.jpga0157297_17141732.jpg

ムラサキヤシオツツジが満開。
a0157297_17142278.jpg

そして・・・これは何サクラなんだろ?チシマザクラなんだかカスミザクラなんだか。
とにかく花柄と葉に毛がある。
a0157297_17142809.jpg

そしてずっと手前からちらほらあったミヤマスミレとキバナノコマノツメ。
やはりスミレは美しい。
a0157297_17143153.jpg

a0157297_17143423.jpg

北海道では初めて見た気がするエゾハタザオ(岩手山でしかまだ見たことなかった)
と、初見なフユユキノシタ!
a0157297_17143788.jpga0157297_17144167.jpg

アカバナ・・・何アカバナかな?
a0157297_17144377.jpg

そしてこれも初見のハクセンナズナ。やっぱ初見な花は萌える~。
a0157297_17471346.jpg

それで、すごかったのがエゾノリュウキンカ。
すこし下の方は終わっていたけれども、沢沿いにたくさんで支沢などはうめつくすほど。
雪渓脇の咲始めはとてもキレイ。
a0157297_17144956.jpg

でも、これが伸びだすと60㎝位になってとてもリュウキンカとは思えない風情に。
a0157297_17152850.jpg

向かいの斜面はエゾノリュウキンカで埋め尽くされています。
a0157297_17145342.jpg

まあとにかく沢沿いの道はエゾノリュウキンカだらけ。
a0157297_17152522.jpg

で、沢の源頭部あたりから雪渓が出てきます。
これが3つくらい出てくるんだけど、ひとつめが結構急でしかもこの日は雪が少し硬かった。
少しツボ足で進んだものの、蹴ってもなかなか安定してステップを作れずで途中から軽アイゼン装着。
急な所の途中でつけるのは緊張を強いられました。
始めから着けとけばよかったのにね。
a0157297_17145503.jpg


稜線手前になってキバナシャクナゲ。
a0157297_17145936.jpg

ほぼ稜線に出てエゾノツガザクラ、イワウメ。
a0157297_17150247.jpga0157297_17150632.jpg

そして、咲いてないけどウスユキトウヒレン。
3年前も思ったけど、咲いたの見たい。
ちなみに北海道固有種ね。
a0157297_17151015.jpg

で、稜線に。
でも、体がふらつくくらいの強風。
a0157297_17151312.jpg

山頂方向に脚を向けるもガス&強風。
なので、もう撤退w
a0157297_17151560.jpg


さて、下ります。
雪渓脇の緑はまだ初々しさを見せてくれます。
a0157297_17152201.jpg

これはヒメイチゲでいいんだよね?
どうも北海道は本州と植物がちょいと違うことが多いからホントにいいのかどうか
わからなくなっちゃいますね。
a0157297_17151877.jpg

これはコヨウラクツツジ。
a0157297_17153169.jpg


渡渉が一か所。
岩にヌルがついてないので滑らないからよかった。岩飛びでぴょんぴょんと行けました。
a0157297_17153541.jpg




1登目、平山はおしまいです。
ワタシ的には花としてはニセカウの方がよかった気がするな。
稜線を進めばまた違ったのだろうけどね。
まあそれも登ってみないことにはわからないことだから仕方ない。

さて、2登目は(というか今回は2登のみ)ですね、大雪山縦走です。
乞うご期待。


わくわくの大雪山縦走は⇒こちら



[PR]
# by 92robin | 2017-07-09 18:23 | 北海道の山 | Comments(8)
馬滝から愛宕山手前周回
例年なら6月の一週目の週末は岩手山なんだけど…
どうも岩手山の天気が良くないってんで断念。

で、地元(でもないか)の行ったことない所に。
(クリックすると大きくなります)
オレンジの丸が馬滝、青い丸が駐車地点。
a0157297_00223348.jpg

馬滝の駐車場から登って行って愛宕山~難台山の縦走路に出て馬滝の東側に降りてくるという周回。


ですけどね、P304からの下降路の入り口すらよく分からず藪に突入w
途中ふみ跡が出てくるところもあったのですが、それも続かず。
林道に出る直前はかなりな藪で難儀しました。
はてね?廃道状態だったのかそれとも私らがただただロストしていたのか。
そもそも馬滝上部は登山道表記はなかったので藪っぽいかな?とは思っていたのですが、
そっちの方がよっぽど藪も薄くって歩きやすかったわ~。

てな具合。
ちょいと画像を置いてみます。

馬滝駐車場は3~4台位。
そこからちょいと登ると馬滝。
a0157297_23323661.jpg

馬滝から登山道表記はなってないけど尾根に取りつき登ります。
a0157297_23534788.jpg

途中、地形図には表記のない林道が出てきたりしました。
コアジサイがあったり、モミジイチゴがあったり。
a0157297_23324075.jpg

a0157297_23324527.jpg

しっかりした踏み跡が出てきたり。
a0157297_23325316.jpg

ウグイスカグラが出てきたり、ナルコユリも。
a0157297_23330098.jpg

a0157297_23330525.jpg

なんてやってると縦走路に出ました。
a0157297_23330952.jpg

P304 には展望台があったんですけど、どうもそこから降りるところが分からない。
何度も鐘転山(ころばしやま)の方に降りかけて、ええい、ならば登山道があると思われし方に
強引に降りてしまえと藪に飛び込みます。
しばらく行くとおお?これじゃん?と登山道らしきものが出てきました。
a0157297_23331594.jpg

でも、しばらく行けばやはり藪。
a0157297_23331917.jpg

まあ、このくらいの藪ならかわいいもので、林道手前はもうどうにもならない藪。
すぐそこが林道なのにな。
で、迂回して脱出。ふ~。
となかなかワイルドな山歩きとなりましたw


[PR]
# by 92robin | 2017-06-08 00:03 | その他茨城の山 | Comments(4)
2017残雪の会津三岩岳⇒会津駒ヶ岳縦走
毎年恒例、といっても昨年は行けなかったな。
しかし、ほぼ同時期に行った中では今回が一番積雪があったし、麓も春が遅かったです。
麓の伊南川のオオヤマザクラを楽しみにしていたのにな~。
ブナさえもまったく芽吹いてませんでした。
まあ、その分三岩岳のイワウチワはこれまでになく絶好調でした。
同行はダンナさん。山上のテント泊は初めてだけど、初めてなのに雪上とはw

【概要】
■行程■
5/3 0755小豆温泉駐車場→旧道→1035新道分岐付近1105→1400避難小屋→1505三岩岳(7h10m)→1515テン泊地(山頂すぐ隣のピーク)
5/4 0705テン泊地→0845大戸沢岳0905→0950会津駒ヶ岳→1005駒の小屋1020→1150階段登山口→1215滝沢登山口バス停==会津バスで小豆温泉まで戻り

■GPSログ■
過去記事参照してください。
どうもfirefoxがNPAPIプラグイン終了でルートラボのSilverlightが動かないようです。
さて、これからどうしよかな?

■登山道について■
三岩岳旧道登山口~三岩岳は、ほぼ夏道通り。
標高1000mちょい位から積雪路となる。
会津駒~三岩岳は基本ピークを繋ぐが、大戸沢岳と会津駒の間のP2098はピークを北側に巻く。
その他雪庇がある箇所は樹林帯へ。
会津駒~滝沢登山口は、ほぼ夏道通り。
(三岩岳~駒間は夏道はなし。積雪期のみ歩けるルート)
全行程トレースあり。

■装備について■
一日目はつぼ足。
二日目はアイゼン使用。
そのまま会津駒下山途中までアイゼン。
全行程ストック。

泊まり装備:モンベルULスーパースパイラルダウンハガ#3、マットはサーマレストRidge Rest Solite
テントはNatureHike2人用⇒この前紹介した記事

夕方3.5℃、夜間3℃、朝5℃
やっぱりマットはサーマレストRidge Rest Soliteじゃうす寒い。
サーマレスト 40th Anniversary Edition サイズS  480g R4.0を使用したダンナは寒くなかったとのこと。
う~ん、この時期はそれにするか、そうでなけりゃRidge rest Solite(R2.8)+サーマレスト Prolite サイズXS R2.4)を重ねて使うかだな。手持ちの中で使いまわすなら。

人柱的テントのインプレ:まあ、ほぼ風のない状態だったので特に問題なく使用できました。
メッシュ部分が多いので結露も全くなし。
ただ当たり前だけど付属のペグは雪上では利きません。

【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/3 0755小豆温泉駐車場→旧道→1035新道分岐付近1105→1400避難小屋→1505三岩岳(7h10m)→1515テン泊地(山頂すぐ隣のピーク)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、小豆温泉駐車場からスタート。
標高890mのアンテナ塔を過ぎて少しするといや~イワウチワがまさに咲き誇っていました。
a0157297_14575247.jpg

a0157297_14575896.jpg

標高1000m手前のいつもの所からの三岩岳。
a0157297_14583564.jpg

1000mちょいから積雪路となります。
マンサクもちらほらと咲始め。タムシバなんかまったく蕾もふくらんでません。
a0157297_14580734.jpg

新道分岐の1300m地点がいつもこの時期のなごみスポット。
コーヒーを入れて長々と。
a0157297_14584229.jpg

休憩後、歩を進め・・・
a0157297_14584791.jpg

今年もこの光景を見ることが出来たな~としみじみ。
a0157297_14585123.jpg

でもさ、この先標高1700m位までが急で辛いんだよね。
a0157297_14585592.jpg

で、1840m付近の避難小屋。まだ屋根すら全部出てない。2階小窓から出入り可能。
a0157297_14585880.jpg

窓明山越しに遠く飯豊が浮かぶ。
a0157297_14590108.jpg

そして、三岩岳山頂。
a0157297_14590479.jpg


山頂隣のピークから縦走路を臨む。
そしてこの地に幕営決定。
a0157297_14591007.jpg

いや~雪もくさってだいぶ足が埋もれるようになってきたし、ちょうどどなたかのテント泊跡が
あったもんで。半掘り込み、雪壁、テーブル付きで上等上等。ありがたい。
a0157297_14591506.jpg

新潟側のロケーションも良好。
a0157297_14592269.jpg



さて、暮れてきました。
a0157297_14592539.jpg

a0157297_14593201.jpg

夜は星がきれいかな?と思ったけど、そうでもなくおぼろ月夜なかんじ。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/4 0705テン泊地→0845大戸沢岳0905→0950会津駒ヶ岳→1005駒の小屋1020→1150階段登山口→1215滝沢登山口バス停==会津バスで小豆温泉まで戻り
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、朝です。出発です。
a0157297_14593510.jpg

やっぱりこの光景を眺めて歩けるのはなんとも言い難いよさ。
a0157297_14594150.jpg

歩を進めて~
a0157297_14595837.jpga0157297_15000241.jpg

ふと振り返れば迫力ある雪の風景。
a0157297_15000630.jpg

振り返っての三岩岳。
a0157297_15001270.jpg

大戸沢への登りを終えたらもうそんな登らないような気がしたけれども、
会津駒への登りもあったわ~。
と、会津駒へ。
a0157297_15001904.jpg

山頂標は「会」までしか出てなかったです。
a0157297_15002370.jpg

で、会津駒から下って、バスに乗って戻りでFin.

ま~ほんと天気に恵まれてよい二日間でした。

a0157297_16303841.jpg
a0157297_16304190.jpg

[PR]
# by 92robin | 2017-05-05 16:50 | 東北の山 | Comments(10)