遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
日光 社山
at 2017-02-12 01:37
2016会津三岩岳~窓明山周回
at 2016-09-27 06:37
以前の記事
最新のコメント
石川@さん スミレ、難..
by 92robin at 15:26
おはようございます。 ..
by 石川@ at 06:19
charmy さん ..
by 92robin at 00:13
お花の季節が来ましたね・..
by charmy at 04:58
charmyさん でし..
by 92robin at 12:26
ぼんぼんさん そ~な..
by 92robin at 12:21
この価格でこの軽さなら試..
by charmy at 05:07
ご無沙汰してます(^O^..
by ぼんぼん at 00:06
chikoやん や~お..
by 92robin at 22:27
お声がけいただきありがと..
by chikoやん at 23:09
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
2016岩手山 馬返しから
もはや6月の第一週目週末の恒例な岩手山。
ナントカの一つ覚え的な感もありますが、行かずにはいられない
シラネアオイとタカネスミレ礼賛の旅vol.6です。

結果から言いますと、花が早いといわれた昨年ほどではありませんでした。
シラネアオイの咲いているピークは五合目半から7合目手前まで。(新道)
ただ、やはり開花は早かったようでだいぶ色が抜けていました。
それと6月頭の寒波の影響だと思いますが、少し花が傷んでいました。
タカネスミレはまだ早いのか出ている株数も少なく、開花株は数えるほど。
エゾツツジは蕾。

【概要】
■行程■
6/3(金)1905つくば発⇒常磐道⇒仙台経由⇒東北道 滝沢IC⇒2405馬返し登山口P
6/4(土)0730馬返しP⇒新道⇒1305不動平避難小屋1330⇒1350外輪の淵⇒1405不動平避難小屋(泊)
6/5(日)0635不動平避難小屋⇒旧道⇒1005馬返し登山口

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
馬返し登山口の駐車場は公称150台のキャパ
トイレあり
雰囲気は画像を参照ください

■水場について■
利用した水場は、登山口駐車場奥のキャンプ場の鬼又清水と
八合目避難小屋の前の御成清水

■携帯電話■ (mineo/ドコモ)
可:馬返し登山口P、八合目避難小屋前、
不動平避難小屋(ただし建物の外もしくは窓際)、旧道3合目
その他未確認

■泊まり装備■
不動平避難小屋内 19時 6℃ 翌5時00分 5℃
モンベル U.L.スーパーストレッチダウンハガー#3&薄いダウンジャケットとダウンパンツ


【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/4(土)0730馬返しP⇒新道⇒1305不動平避難小屋1330⇒1350外輪の淵⇒1405不動平避難小屋(泊)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
昨年までは6月の一週目か二週目で日曜出勤があって花の予定をやりくりするのに
大変でしたが、今年からなくなったのでよかった。
betty氏夫妻と同行する予定でしたが都合がつかなくなり、夫と同行。
登りやすい馬返し口からの岩手山だけど、頂上までの標高差は1400m超ですから
そんな標高差を登ったことがないダンナ、ハテ、大丈夫かなと思いましたが、
案外元気に登れてよかったよかった。

さて、前日入りして車中泊した翌朝の駐車場からの岩手山。
うっひょ~すごく晴れてます。
こんな岩手山を見るのは本当に久しぶりです。
そのせいか車もちょっと多め。
ちなみにトイレは駐車場奥の登山口看板のある階段を登ってすぐ右にあります。
きれいな非水洗ですけど、水洗がよければさらに3分ほど登ったキャンプ場のトイレが水洗です。
a0157297_08480187.jpg

7時半に駐車場を出たのはいいけれど、私がカメラを落として戻り結局登山口出発は7時50分に。

ちょっとバタバタしたけど、さて歩き出します。
クジャクシダの大きな株が陽に当たってきれいでした。
a0157297_08480616.jpg


あら、ツリバナ。
a0157297_08481095.jpg

新緑に輝くミズナラやブナの森をずんずん登っていきます。
ここでも今年はツツジ類がよいのか、ヤマツツジはとても花付きがよくって美しく森を飾っていました。
a0157297_08481694.jpg

a0157297_08482344.jpg

レンゲツツジもね。
a0157297_08481931.jpg

ヤマオダマキも開花しているのが二株位。
a0157297_08483446.jpg

そうそう、一昨年に新道で見つけたけど、奥過ぎて撮れなかったカラスシキミ!
今年は新道旧道分岐手前で見つけた~。
a0157297_08483743.jpg

タニウツギもちょうどいい感じ。
a0157297_08483981.jpg

今年はやけにハクサンンチドリがたくさんでした。
ミヤマカラマツも咲いているのがぼちぼち。
a0157297_08484291.jpga0157297_08484404.jpg

ハウチワカエデの花がたくさん。
あれ?いつもこんなに咲いていたかな?
a0157297_08484644.jpg



さてさて、シラネアオイ。
昨年は花が早かったので、三合目位のはもう実になっていましたが、
今年はそこら辺のも終わりかけですがぼちぼち残っています。
ダンナに、ほれ、これだよとかいいながら標高を上げ、五合目半くらいになると・・・
ひゃっは~!
a0157297_08484997.jpg

a0157297_08485937.jpg

もうね、なんと美しいことでしょう。
a0157297_08485504.jpg

ところどころ混ざっているサンカヨウの純白にも酔いしれ・・・
a0157297_08490370.jpg

なんだか今年は開花株がとりわけ多いような気のするシラネアオイの群生にノックアウト。
a0157297_08490757.jpg

白花も束になってあったり。
見てください、この奥までずっとシラネアオイです。(クリックすると大きくなります)
a0157297_08491203.jpg

もうさ、ホントにどういうことなんだかと。
a0157297_08492100.jpg

オオバキスミレも絶好調。
a0157297_08492441.jpg

でも今年はミヤマスミレが不調w
斑の入っているのと入っていないのと。
a0157297_08492831.jpga0157297_08493117.jpg



隣の尾根が旧道なんですが、山肌のミネザクラは終盤?
a0157297_08493481.jpg

エゾハタザオも絶好調でした。
上の砂礫のところにイワテハタザオがあるんですが、もう少し後なんだな。
a0157297_08493763.jpg

七合目手前でも大群落。
a0157297_08494196.jpg

クリックすると大きくなります↓
a0157297_08494657.jpg

ここでもオオバキスミレ絶好調。
毎年同じ時期に来ているのにやっぱりその年によっていろいろ違います。
a0157297_08495020.jpg

シラネアオイ、すごい群落なんだけど、やっぱり咲いて時間がたっているみたいで
少し色が薄くって残念。
咲きたてが並ぶとホントめろめろにすごいのだけど。
a0157297_08495266.jpg

a0157297_08495557.jpg

a0157297_08495824.jpg


ここら辺のサンカヨウはまだ蕾。ミヤマメシダもたくさん。
a0157297_08500336.jpga0157297_08500658.jpg

ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)もたくさんあります。
花が大きくってとてもきれいです。
a0157297_08501218.jpg

五合目、六合目あたりのミネザクラは終わっていましたが、
七合目手前では満開です。
a0157297_08501530.jpg

ミヤマキンバイが出てきたら七合目。
a0157297_08501747.jpg

八合目の御成清水目指して歩きます。
七合目からドカンと見える頂上の外輪山を目にして、ダンナ、
「あれか?あれなのか?・・・ウソつき~」
うん、まあ七合目過ぎたらあとはゆるゆる登っていくだけだからって言ったわな、ワタシ。
あの外輪山、よっぽど登るって思ったんだなw
まあ、山はえてして「もうちょっと」詐欺などが横行しますからねw
a0157297_08502037.jpg

まあ、七合目を過ぎればすぐの八合目避難小屋前の御成清水で水を汲み・・・
a0157297_08502248.jpg

九合目の不動平避難小屋に到着~。
a0157297_08502513.jpg

さて、八合目位から急速にどんより曇ってきて、どうするかな?と思ったのですが、
なんとまあ頂上に上がると言うではありませんか。
え~ここですらかなりな強風、上はきっとものすごいよ?
でも、不動平は標高約1828m、標高差1200を登ってきてさらに登る気力が
あるって言うんだからあっぱれです。行こうではありませんか。
それでは空身で出発。
鬼ヶ城の稜線越しに秋田駒、笊森山、乳頭山が見えます。
あ~またあんな縦走がしたいと2011年の縦走を思い出します。
a0157297_08502792.jpg

で、外輪の淵に出たら爆風ww
頂上とご対面ということでここで戻りました。
矢印が山頂。
a0157297_08503066.jpg



避難小屋は毎度のことながらとてもステキ。
九合目避難小屋は水場はないのですが、まあ馬返しから登れば
いやでも八合目避難小屋前を通るのでそこで水を汲めばいいし、八合目から九合目は
ゆるゆるな登り(ゆるゆる詐欺じゃないですよ)で20分も歩けば着きますからね。
a0157297_08503393.jpg



さて、作るのと食べるのに忙しく画像を撮るのをすっかり忘れましたが、
小屋到着後からなんだかんだと食べ始め呑み始めました。
今晩のメニューはマカロニグラタンとかぼちゃと新たまねぎのサラダとミネストローネ。
ミネストローネは大豆とバターをうっかり用意し忘れてちょっとあっさりでした。
が、いや食べること食べること。
避難小屋に荷物を置いて頂上に向かうときに小屋で休憩していた二人組の
「それを山太りっていうんだよな」とかいう雑談が聞こえてきて、
小屋を出てからダンナが「なんだよ?山太りって?登って太るわけネ~じゃんな?」
とか言っていたのですが、15時前から飲み食いを始めてしばらくすると
「わかった!山太りって、わかった!なんか際限なく食べられる!」
とハタと膝を打ったのがこの山行のクライマックスでしたw

夜半からものすごい風雨。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/5(日)0635不動平避難小屋⇒旧道⇒1005馬返し登山口
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、ぐーすか寝て翌朝。
早朝はも~れつにガスってましたが、出発時はいくらかガスが切れてきました。
a0157297_08503919.jpg


さあ、今度は旧道でタカネスミレ詣でです。
今年はまだ出ている株も少なかったのですが・・・
a0157297_08504577.jpg

a0157297_08504339.jpg

アップで
a0157297_08504918.jpg

別株もういっちょ。
あ~よかった。もう言うことなし。
a0157297_08505319.jpg

ガスも切れ間が出てきて下界がすがすがしく見えます。
a0157297_08505669.jpg

ミヤマハンショウヅルはまだ蕾。
a0157297_08510096.jpg

旧道のいつものすごい群落は今年はそうでもなし。
ちょっと昨日の風雨にうなだれているし。
a0157297_08510491.jpg

チングルマは咲いているのと場所によっては終わり。
イワヒゲも多くはないけどあります。
a0157297_08510733.jpga0157297_08511149.jpg


四合目手前で最後のタカネスミレを愛でます。
タカネスミレは秋田駒と岩手山だけですからね、奥様。((((誰)
a0157297_08511499.jpg

イワカガミは盛り。
a0157297_08511760.jpg

ムシトリスミレに蕾のエゾツツジ。
a0157297_08512039.jpga0157297_08512300.jpg

ほとんど終わっちゃっているけどミネズオウにコメバツガザクラ。
a0157297_08512883.jpga0157297_08513141.jpg

ようやくここへきて咲いているヒロハヘビノボラズが出てきました。
a0157297_08513461.jpg

四合目下から樹林帯に入り、三合目ベンチ前のアオダモ。
アオダモ好き。
a0157297_08513681.jpg

初めて廻ってみた改め所。
a0157297_08514167.jpg

そしてその付近にクルマムグラ。
a0157297_08514562.jpg

似たようなものにクルマバソウ、オククルマムグラがありますが、
クルマバソウは花が漏斗状。
漏斗状じゃないのがクルマムグラとオククルマムグラですが、
オククルマムグラは茎に下向きの棘があります。
なので、花が漏斗状じゃないこと、茎に棘がないことで、
これはクルマムグラでよいかと思います。
ちなみにクルマバソウは先週の尾瀬にありましたね。

と、説明してはみましたが、花には一切の興味がないダンナですから、
案の定見事に独り言w

改め所から少し歩いてキャンプ場の鬼又清水で家のコーヒー用の水を汲んでfin。


そして、網張温泉の白濁した硫黄泉に入って、盛岡IC近くのぴょんぴょん舎で
焼き肉&盛岡冷麺を食べ、盛岡ICから一路茨城へ。

ちなみに網張温泉は国民休暇村岩手網張温泉の日帰り入浴施設薬師の湯。(600円)
ピョンピョン舎は稲荷町本店。
盛岡冷麺は普通の冷麺とは一線を画すものです。
ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺の説明⇒こちら
私は麺食いなので熱弁しますと、発祥である盛岡の中心部の『食道園』、
盛岡駅前の『盛楼閣』もオススメです。
ぴょんぴょん舎は私が学生のころに新しく出来た店で学生終わるころにはかなり名を上げていました。
ぴょんぴょん舎は近頃では関東にも進出し、銀座、三郷、スカイツリー、川崎に店舗があります。

盛岡に行ったら是非食べてみてください。
盛岡の三大麺は冷麺、じゃじゃ麺、わんこそばです。
じゃじゃ麺はジャージャー麺とは違います。
じゃじゃ麺は白龍(パイロン)な。
わんこそばは地元の人は食べません。

と、なんだか最後は麺の話になっちゃいましたが、これでお終い。
学生時代にいたからというのもありますが、岩手良いとこ何度もおいで。


[PR]
# by 92robin | 2016-06-06 11:59 | 東北の山 | Comments(14)
尾瀬 トガクシショウマ
さて、chikoやんに誘われて尾瀬です。
目的はあこがれのトガクシショウマと久しぶりのテント泊。
トガクシショウマ、いつもその時期は岩手山のシラネアオイやらなにやらで機会に恵まれませんでした。
しか~し、今年は少雪ゆえの雪消えの早い尾瀬。
これぞ好機とばかりに行こうではありませんか、いよいよトガクシショウマを見に!


【行程】
5/27(金)2040つくば発⇒R294⇒R408⇒R4⇒県道185⇒R400⇒R121⇒R352⇒2405御池
5/28(土)0640御池=バス=沼山峠休憩所0715⇒尾瀬沼ビジターセンター⇒沼尻⇒1345見晴(テン泊)
5/29(日)0700見晴⇒段吉新道⇒燧裏林道⇒1320御池

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
御池Pは公称440台。一回1000円。

■水場について■
利用した水場は見晴キャンプ場のみ。

■携帯電話■ mineo(ドコモ)
不可:御池P、見晴キャンプ場

■泊まり装備■
アライテント トレックライズ0
モンベル U.L.スーパーストレッチダウンハガー#3
温度:見晴キャンプ場で29日4時3℃、5時1℃
モンベル#3でやや寒かったので、アルミが貼ってある薄いレジャーシートを掛け布団状態で快適。
カイロなし。


【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/28(土)0640御池=バス=沼山峠休憩所0715⇒尾瀬沼ビジターセンター⇒沼尻⇒1345見晴(テン泊)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて前夜入り車中泊で御池スタートです。
実に久しぶりな御池、2010年8月の燧ケ岳以来です。
御池⇒燧ケ岳⇒尾瀬沼キャンプ場⇒沼山峠⇒御池で初のテント泊と
いう設定でしたが、今思えばなんで重いテン泊装備で燧ケ岳なんか登った後に
張ろうと思ったのか。
まあ山を始めて一年位なもんでしたからね~。笑

などと思いつつ現地集合のchikoやんとバスに乗り込み沼山峠休憩所へ。

さて、歩きだしますけどね、chikoやんザックでかっww
a0157297_23364143.jpg

なんだろ?この芽は?
と思ったらなんとゴゼンタチバナの新芽でした。
ミツバオウレンなんかもポツポツと。
a0157297_23364595.jpga0157297_23364847.jpg

サンカヨウが萌え出て、タケシマランも。
a0157297_23365174.jpga0157297_23365397.jpg


なんてやってるうちに湿原にでました。
a0157297_23365641.jpg

湿原の際の新緑がすばらしいです。
a0157297_23365856.jpg

ワタスゲはまっしろほわほわになる一歩手前。
chikoやんによれば、よごれたウサギの尻尾。なるほど。
a0157297_23370137.jpg

陽が差してきたので大江湿原一面にあるタテヤマリンドウが開花し始めます。
a0157297_23370483.jpg


リュウキンカも出てきました。
a0157297_23370946.jpg

そうこうしているうちに尾瀬沼が見えてきました。
お~あれが3本カラマツか。
a0157297_23370625.jpg



長蔵小屋に植えてあるシラネアオイを見物したり。
a0157297_23371292.jpg

沼越しの燧ケ岳を眺めたりしつつ沼尻に向かいます。
a0157297_23371597.jpg

オオカメノキは花盛り。
a0157297_23371816.jpg

コヨウラクツツジもぽつぽつと。
a0157297_23372023.jpg

ミズバショウがわっさ~とあるとこもたくさん。
a0157297_23372446.jpg

そうかと思えばコミヤマカタバミやら・・・
a0157297_23372849.jpg

んんん?!こりゃミヤマスミレ!
いや~尾瀬で初めて見た!
a0157297_23372694.jpg

そして鮮やかなムラサキヤシオもたくさん。
a0157297_23373988.jpg

でも基本湿原。
a0157297_23374203.jpg

a0157297_23373644.jpg


するといつの間にか沼尻。
沼尻休憩所は昨年焼失してしまったそうな。

a0157297_23374777.jpg


焼け跡脇にてしばし休憩し、燧ケ岳の裾を見晴らしに向かって歩きます。
木道脇にはチングルマも出てきました。咲き始めです。
そしてあちこちにヒメシャクナゲも。
a0157297_23374492.jpga0157297_23374923.jpg


大好きなミツガシワも咲き始め。
水面に影が写っていとをかし。
a0157297_23375238.jpg

ミネザクラがまだ残っている所がありました。
a0157297_23375551.jpg

森の新緑が水面に写ってうっとりするほどきれいでした。
a0157297_23380004.jpg

ミツガシワ、萌え萌えなコバイケイソウ
a0157297_23380438.jpga0157297_23375706.jpg


今度は色の濃いミネザクラ。
ミネザクラは花や葉の色に変化があってとてもきれいですよね。
a0157297_23380737.jpg

サンカヨウの花の白さに息をのみ・・・
木道脇のミズバショウを愛で・・・
a0157297_23381044.jpga0157297_23381619.jpg

イワナシの花の造詣に感嘆し、形のいいミズバショウににっこり。
a0157297_23381996.jpga0157297_23382113.jpg

なんてやってたら、おや、キヌガサソウ。
a0157297_23382443.jpg


意外とたくさんあったエゾノヨツバムグラ。
同じアカネ科、クルマバソウ。
a0157297_23382770.jpga0157297_23383225.jpg

ピンクのコミヤマカタバミを熱心に撮り、ふと顔を上げればルイヨウボタン!
尾瀬で初めて見たわ~。
a0157297_23383022.jpga0157297_23383596.jpg


そしてナツトウダイ。 腺体は緑色のタイプ。
次の日撮った腺体が赤っぽいタイプも並べておきます。
a0157297_23383880.jpga0157297_23385538.jpg

で、chikoやんとあーだこーだ言って、やっぱこりゃサンリンソウだってことになったサンリンソウ。ホントにサンリンソウでした。
やっぱり花好きな人と歩くと楽しいです。
a0157297_23384265.jpg

ちなみにニリンソウとの区別は葉柄の有無。
葉柄があるのがサンリンソウ。ニリンソウにはなし。
イチリンソウにも葉柄はある。
それじゃ葉柄のあるイチリンソウとサンリンソウの区別は?
というとイチリンソウの葉が細かく切れ込むことと分布。
サンリンソウは亜高山帯。


さて、そしていよいよ見晴に到着です。
chikoやん、テン泊デビューだそうで。
奥がchikoやんのトレックライズ1、手前が私のトレックライズ0。
a0157297_23384550.jpg

張り終えてchikoやんは散策へ、私はお昼寝で至福ww

お昼寝後、ご飯。
a0157297_23384826.jpg

テン場は最終的に60数張でした。
私、尾瀬のテン場は見晴に張ったことなかったんですけど、
見晴が一番いい雰囲気かな。
尾瀬沼もいいけど、予約が必要。
a0157297_23385201.jpg


まあちょっと夕陽を見に行って・・・
a0157297_23390133.jpg

夜ちょっと起きて星空。
a0157297_23390421.jpg


そして、あくる朝。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/29(日)0700見晴⇒段吉新道⇒燧裏林道⇒1320御池
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今日はぴかぴかの晴れ。
奥に見えるは至仏山。
a0157297_23390981.jpg

ズミの花が咲き始め。
a0157297_23391248.jpg

木道脇にはオオバタチツボスミレがたくさんでうっひょ~。
これがね、大柄できれいなスミレなんですよ。
本州では高層湿原あたりで見ることが出来ます。
a0157297_23391585.jpga0157297_23391860.jpg

a0157297_23392007.jpg

そしてミヤマツボスミレ。
ツボスミレ(ニョイスミレ)の高山型といわれるけど、
完全に区別するのはむずかしいような。
a0157297_23385819.jpg



そして、出来れば見たかったオゼタイゲキ。
ハクサンタイゲキの変種とされる出版物と同じされるものもある。
まあ要するにハクサンタイゲキの尾瀬版と思っていればいいですね。
腺体は楕円形で苞が鮮やかな黄色。
子房に長い毛が生えるのが大きな特徴で表面はでこぼこ、だけどこの個体は
まだ子房ができてませんね。
a0157297_23392241.jpg
ちと写りが良くなかったので今度はうまく撮ってこよう。



で、そうしているうちに温泉休憩所。
しばし休憩後、いよいよトガクシショウマへ。
a0157297_23392507.jpg


オオバミゾホオズキはこれまで花を付けたものはありませんでしたが
花を付けたのが一株出てきました。
a0157297_23392862.jpg



そしてそしてそして! トガクシショウマ!
いや~いいもんですね。実に。
a0157297_23393147.jpga0157297_23393384.jpg
a0157297_23393528.jpga0157297_23393815.jpg

a0157297_23394529.jpg

いや~危なかった危なかった。
結構花が終わってる株が多かったですが、なんとか残っていました。

大興奮の後、見上げればツタウルシが陽に輝き・・・。
a0157297_23394979.jpg



尾瀬と言えば、尾瀬ヶ原みたいな湿原のイメージですが、温泉小屋を過ぎてからはずっとブナやミズナラなどのの森。
a0157297_23395220.jpg

裏燧橋という立派な吊り橋が出てきてしばらく行くとまた湿原が出てきます。
a0157297_23395427.jpg

オオバスノキがありましたっけ。
a0157297_23395669.jpg

ずっとムラサキヤシオとともに歩いてきました。
a0157297_23395885.jpg

サラサドウダンかベニサラサか。
a0157297_23400767.jpg

ミズバショウがまた出てきて・・・。
a0157297_23400568.jpg

a0157297_23400284.jpg

上田代のベンチで盛大に休憩。
ここでchikoやんのじゃがりこピザ!たいへんおいしゅうございました。
(食べてから撮ってないの気付いた~。)
a0157297_23400984.jpg

この上田代から平ヶ岳や越後駒、中ノ岳、荒沢岳などが見えて良い気分。
a0157297_23401206.jpg


あ~もう少しで終わってしまうな。
a0157297_23401589.jpg

最後にミズバショウ群生。
a0157297_23401890.jpg

キンコウカと花穂が出始めたコバイケイソウを眺めたら御池P。
a0157297_23402167.jpga0157297_23402366.jpg

いや~トガクシショウマも見ることができたし、オオバタチツボスミレもたくさんあったし、
ムラサキヤシオの鮮やかさにココロ打たれたしで大満足の二日間でした。

誘っていただいたchikoやんに感謝。

[PR]
# by 92robin | 2016-05-31 20:36 | 東北の山 | Comments(8)
高原山 シロヤシオ
さて、恒例の高原山 剣ヶ峰~大入道のシロヤシオ。
今年は早いと見ていつもより一週間ほど早く行ってきました。

結果からいうとあと2~3日で満開といったところか。
剣ヶ峰に近い方はまだまだ蕾が多く、大入道に近い方は8~9割開花といった感じでした。


【行程】
5/21(土)
0730小間々P⇒八海山神社⇒剣ヶ峰⇒大入道⇒1200小間々P

駐車場情報など詳細は左カラムのタグ「高原山」から過去記事で。

小間々Pから歩き出すとズミがきれいに咲いていました。
a0157297_21412725.jpg

そしてヤマツツジもかなり咲いています。
a0157297_21413149.jpg

小間々付近のトウゴクミツバは終盤。

大間々近くになるとトウゴクミツバツツジもまだまだきれいです。
レンゲツツジはまだまだ蕾。
a0157297_21413585.jpga0157297_21413836.jpg


エゾハルゼミのにぎやかな声が聞こえてきます。
抜け殻があちこちに。
a0157297_21414212.jpg



ほぼ満車の大間々台の駐車場を横目に進み、鳥居をくぐり八海山神社方面に。
歩を進めると視界が開けます。
a0157297_21414563.jpg


たくさんの人が休憩している八海山神社をスルーして剣ヶ峰方向へ。
まあ、なんたって視界が開ける手前で補給休憩しちゃいましたからね。
一週間前に歩いたまだ白い三岩岳を見ながら降りて~の登って~の。




剣ヶ峰を過ぎてしばらくしてからのシロヤシオはまだまだ蕾で、
あら~やっぱり早かったかな~とちょいとがっかりしますが・・・
歩を進めると、出てきた出てきた!咲いてるの。
a0157297_21414918.jpga0157297_21415383.jpg

ふふふ、やはりきれいだな。
a0157297_21415736.jpg

まだ蕾なのもたくさんです。あと2~3日後がベストか。
a0157297_21420239.jpg


花付きもよくとてもきれいです。
a0157297_21420868.jpga0157297_21421272.jpg

そしてトウゴクミツバもまだまだきれいに咲いていて森は白×紫でした。
a0157297_21421809.jpg

a0157297_21422203.jpg

a0157297_21422512.jpg


大入道から降りる森のヤマツツジはまだまだ蕾です。
a0157297_21422870.jpg


下って下って沢を二つ越えて小間々へ。
今回もだんなサンが一緒に歩いてくれました。
(でも花には全く興味なしwなお小間々のヤマツツジは誰かが植えたものだと思っている模様)
a0157297_21423103.jpg



やはり評判通り今年のここら辺のツツジ類は良いようですね。
堪能しました。

[PR]
# by 92robin | 2016-05-21 22:09 | 栃木の山 | Comments(10)