遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
2017残雪の会津三岩岳⇒会..
at 2017-05-05 16:50
4月 宝篋山
at 2017-05-05 14:55
2017 角田山・弥彦山
at 2017-04-04 00:54
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
以前の記事
最新のコメント
石川@さん 今年の春は..
by 92robin at 20:56
会駒、いいねぇ。 その..
by 石川@ at 20:07
chikoやん 昨年..
by 92robin at 20:11
もぉ、去年のGWに、この..
by chikoやん at 12:59
asano さんは鳳凰..
by 92robin at 23:13
charmyさん いく..
by 92robin at 23:07
おはようございます。 ..
by asano at 05:40
素晴らしい設営地ですねw..
by charmy at 05:03
betty さん い..
by 92robin at 22:38
お疲れさまでした! 前..
by betty at 22:14
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
タグ:その他の筑波山系 ( 22 ) タグの人気記事
筑波連山縦走
さて何度目かな?
筑波連山縦走です。
でも、昨年はやってないのでなんだか久しぶりな気分だし、
これまではだいたい冬でしたから6月下旬にやるのは初めてなのでちょっと新鮮かも。

な~んて思っていたのは歩きだして15分位までで、
いや~やっぱり冬の方がいいなとw
気温はさほどでもなかったと思うのですが湿度がすごくって、
はへはへしちゃいました。
いつかは筑波山まで・・・なんて思ってはいるけれども、
なんだかやっぱり無理っぽいかもw

今回は夫と。

■行程■ 6/25(日)
0810登山口P⇒御嶽山⇒雨引山⇒燕山⇒加波山⇒丸山⇒一本杉峠
⇒足尾山⇒きのこ山⇒1615レストハウスみかげ

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
御嶽山登山口に4~5台、レストハウスみかげに12~3台。
どちらもトイレあり。


【詳細】
さて、また今回も真壁(桜川市)のレストハウスみかげに車を一台デポして、
岩瀬(筑西市)の御嶽山登山口にもう一台で向かいます。
ちなみにレストハウスみかげは昨年位から営業してません。
ただ、テニスコートがあるので駐車場もトイレも水道も使えます。
トイレはテニスコートの一段上です。

レストハウスみかげに行く途中からこれから歩く山並みを
ながめるのはなかなかに良い気分です。
a0157297_23450619.jpg


御嶽山Pに車を駐めてさて出発。
程なく現れる御嶽山神社に手を合わせ、ずいずい進んで雨引山。
雨引山から行く先と筑波山方面を眺めます。
手前にそびえる燕山がニクいわ~。
あ、そうそう、画像がボツなんですけどここまでの行程で
オオバノトンボソウがたくさんありました。
a0157297_23450995.jpg



雨引山から燕山がなかなか長いし登るしで大変なのですが、
この日は前日に降った雨でぬるぬるなところも多くってやっぱり大変でした。
と、言葉で書けば2行で終わりますが、湿度は高いわ歩くと暑いわで
もうはへはへ。
まあともかく着きました。燕山。木漏れ日がキレイ。
a0157297_23451196.jpg

燕山の先のあずまやでお昼。
そういや燕山山頂を過ぎてすぐにアンテナが一基増えてました。
a0157297_23451400.jpg


しかしここまで暑苦しいとホットコーヒーじゃなくって
アイスコーヒーの方がいいな。
いつもワンドリップのコーヒーとサーモスの800ml(もしくは500)に
お湯を入れてホットコーヒーなのですが、今度はサーモスの800に
アイスコーヒーかな~でも、サーモス800はお湯専用にしておきたいんだよな~
とか思いつつ、加波山へ。
ちなみに現行のサーモス山専ボトルの大きい方は900mlです。

加波山の登りもなんだか緑緑していて新鮮でした。
いつも冬枯れの風景でしたからね。
a0157297_23451658.jpg


加波山を越えて丸山へ。
丸山から一本杉峠までの山道は丸山側の発電風車にむかっていくと右手にあります。
発電風車の付近にクマイチゴ。
なかなかおいしいキイチゴです。
a0157297_23451871.jpga0157297_23452222.jpg


そして一本杉峠から足尾山へ。
足尾山山頂から筑波山方面。
矢印がきのこ山です。
a0157297_23452879.jpg


で、山頂にある祠が新しくなった・・・と思っていたら・・・
a0157297_23452517.jpg

おやや、神社が建て直されていました。
いつできたのだろか、ぴかぴかです。
社務所もありましたが無人。
a0157297_23453137.jpg


足尾山からは北筑波稜線林道(舗装路)を歩きます。
道路の法面にはおそらくアカショウマ。たくさんありました。
a0157297_21093766.jpg



きのこ山のあずまやで最後の休憩をしたのち、レストハウスみかげに向かって山を降りました。
(山道はパラグライダーのテイクオフ場の右奥脇から入ります)

ずいずい下ってレストハウスみかげPに到着。
で、デポした車で御嶽山Pまで移動。終了~。

や~やっぱりこの蒸し暑い季節にやるのは大変でした。
花もほとんどないからココロ踊らないし。
でも、まあ歩きとおせてよかったな。


[PR]
by 92robin | 2016-06-28 21:32 | 筑波山系 | Comments(10)
千代田アルプス 茨城県立中央青年の家から閑居山百体磨崖仏ピストン
ホントは八溝に行こうかと思っていたのだけど、諸般の事情で雪入方面。
茨城県立中央青年の家から閑居山百体磨崖仏ピストンです。

GPSログはルートラボに。

青年の家駐車場の土手にはフデリンドウにスミレ。
a0157297_20250045.jpga0157297_20250442.jpg


もう遅いかと思っていたけど、まだまだ残っているヤマザクラ。
あの稜線を歩いていきます。
a0157297_20250789.jpg


急登をこなしてアンテナ塔をいくつか過ぎると剣ヶ峰。
剣ヶ峰から神立方向。
a0157297_20250996.jpg


ヤマザクラは咲いているのですが、大きな木が多くって歩いているとあまり近くでは見えません。
a0157297_20251222.jpg


散った花びらが道一面に。
a0157297_20251852.jpg

筑波山がよく見えるところも。
a0157297_20252188.jpg


ナツトウダイ。
腺体がは三日月形なので分かりやすいです。
a0157297_20252456.jpg

そしてアカネスミレの豊かな株がいくつか。
a0157297_20253879.jpga0157297_20253531.jpg

いや~実に魅力的。
a0157297_20252712.jpg



いささか花が落ちてしまったヤマザクラと後ろの春のもこもこした緑。
a0157297_20254523.jpg


閑居山の百体磨崖仏を久しぶりに見て折り返します。

帰りは剣ヶ峰からたいして眺望はない眺望コースで。
ヤマザクラはホントいいですね~。
a0157297_20254880.jpg

ジュウニヒトエもたくさんありました。
a0157297_20255113.jpg

そして最後にマルバスミレ。
白いスミレはまた違った魅力。
a0157297_20255477.jpg


とまあ、結構いいペースで歩いたせいか足ダル~。
でも里山の春を満喫しました。


[PR]
by 92robin | 2016-04-16 20:52 | 筑波山系 | Comments(6)
千代田アルプス 茨城県立中央青年の家から三ッ石森林公園ピストン
どうも千代田アルプスということになったみたいですw
地元民以外はそれどこ?て感じでしょうけど、筑波連山の東へ延びる尾根です。

さて、シルバーウイークに遠征はしなかった私、まあ少しは歩くかとちょいと足慣らし。
宝篋山と迷ったのですが、この季節に歩いてなかったこちらにしました。
マンスリー宝篋山、なんと7月8月とまさかの連続落ち。

さて、青年の家の駐車場からから歩き始めます。

いやしの里(旧ふじがみ旅館)手前でヒガンバナ。
a0157297_00040343.jpg


直登コースでパラボナ山手前でノコンギク。
はっぱざらざら、総苞が長い。
a0157297_00040696.jpga0157297_00040877.jpg


そして、険しくもなんともない剣ヶ峰。
剣ヶ峰広場って看板がいつのまにか立ってました。
a0157297_00041154.jpg

で、何箇所かに地形図のルート案内が。
(クリックすると大きくなります)
a0157297_00041906.jpg
千代田アルプス !!
a0157297_00041517.jpg


青木葉峠(あきばとうげ)手前の旧パラグライダーテイクオフ場から霞ケ浦と神立方面。
a0157297_00042366.jpg


いったん車道をまたぎます。
a0157297_00042631.jpg


シラヤマギクと夏の名残のような日差し。
a0157297_00042975.jpga0157297_00043390.jpg


よけて歩くのが大変なくらいのザトウムシたち。
クモに似てるけど、クモにあらずのザトウムシ。
a0157297_00043685.jpg


稜線を三ッ石森林公園に向かって降りて、三ッ石森林公園でちょいと休憩後戻ります。

ヤマザクラはぼちぼち葉っぱを落とし始めているようで、春よりもすっきりした感じ。
a0157297_00044099.jpg


戻りは剣ヶ峰から眺望コースで。


道路に戻るといやしの里向かいでホオノキの実。
a0157297_00044895.jpg



それと、いやしの里から少し下ったところに雪入ふれあいの里への道ができてました。
ここともう一箇所剣ヶ峰眺望コースを少し降りたところにもありました。
前からあったかな?
a0157297_00045218.jpg



久々に歩いたので良い運動になりました。

[PR]
by 92robin | 2015-09-26 00:27 | 筑波山系 | Comments(2)
二股山/茨城県立中央青年の家
さて、ヒカゲツツジとタカオスミレ(斑入り)を見に栃木県は鹿沼の二股山へ。

まあ、先週末あたりには古賀志山のヒカゲツツジも見ごろだったと言うし、もう遅いかな~残ってるかな~と思いを馳せながら車を走らせました。

今回も加園(かぞの)からですが、今年は周回コースです。
今回のトピックスは初見2種、クラマゴケとヤマルリソウです。

GPSログはルートラボに。
0750つくば発
0950駐車地点(登山口手前1.1km)⇒1025登山口⇒1145南峰⇒北峰⇒1250登山口⇒1315駐車地点

登山口まではダートですが、普通の車高の乗用車でも行けます。
が、このダートの林道に用があるんだな~。
そうそう、駐車地点からいくらもしないうちにヒナスミレの群落が・・・
あれ?
なんと今年はありません。
よくよく見ると葉はあるのですが、花は全くなし。
あれ?
なんだか遅いのか早いのかさっぱりわかりませんが、株数も少ない感じ。
あれ?

そりゃ~斑入りのタカオスミレも楽しみにしてましたけど、ヒナスミレの見事な群落も楽しみにしてたのに。

落胆しつつ歩いて行くと、あれ?
ニョイスミレが咲いてるよ?(((動揺)
(ニョイスミレは比較的花期が遅い)
a0157297_23583513.jpg


・・・だいたい、駐車地点周辺にわんさかあったフモトスミレやエイザンスミレも全くなかったもんな~。
タチツボスミレはあったけど。

ふ~。
元気印の黄色い花、ミツバツチグリはたくさんありました。
a0157297_23584025.jpg


落胆の気分を上げてくれたのは、お初のクラマゴケ。
コケという名前が付いていますが、シダの仲間です。
ちとピンが来てないところが残念ですが、お初なので載せちゃおう。
a0157297_23584468.jpg


ジロボウエンゴサク     ヤマブキはやや終わりかけ
a0157297_23584944.jpga0157297_23585368.jpg



さて、出てきた!斑入りのタカオスミレ。
ちょっと終わりかけで朔果が付いているのもある位でホント滑り込みセーフ。
それにしても、ここのは見事に鮮やかな斑入りで美しい。
a0157297_23585701.jpg


葉の裏は緑なので、厳密に言えばハグロスミレの斑入り。
a0157297_23590117.jpg

でも、タカオスミレも葉の裏までこげ茶色っていうのはまれなんだそうで、あえて分ける必要はないと。byいがりまさし「山渓ハンディ図鑑増補改訂日本のスミレ」


ムラサキケマンもそこここに。
a0157297_23590935.jpg



山道入り口にキケマンもたくさんあったのだけど、なぜかいつもキケマンはまともに撮れたためしがないのはなぜだ?

山道に入るとエイザンスミレがたくさん。
a0157297_23591549.jpg


カテンソウ、今年はちゃんと開いてる。
開くとかわいいもんですね~。
a0157297_23592102.jpga0157297_23592595.jpg



そして、アカネスミレ。
でも、葉にうっすら毛があるのみで、花柄や萼片にも毛がない。
オカスミレと言いたいところだけど、やっぱり葉にうっすら毛があるからアカネスミレだよね。
この2個体、ほぼ同じ場所にあったけど、右のは花色がすごく濃いぃ。
a0157297_23592961.jpga0157297_23593245.jpg



杉林の林床には豊かな株のフモトスミレがたくさんでうわ~。
フモトスミレ、ちっちゃいけど、端正ないでたちで好き好き。
斑入りも斑なしもたくさんありました。
a0157297_23593699.jpg


杉林を抜けるとあらら?もうヤマツツジの蕾が大きくなってます。
a0157297_23594123.jpg


ツツジ岩のヒカゲツツジはお終いで一輪だけ残ってるのを観賞w

昨年は咲いたばかりの様子だったトウゴクミツバツツジもしっかり咲いています。
a0157297_23594521.jpg


アセビの新芽が鮮やかでステキ。
a0157297_23594855.jpg


イワウチワもさすがに終わりで1~2輪残っているのを激写w
でも、ちょうど陽が差してきれいでした。
a0157297_23595054.jpg


昨年は終わりかけとはいえあちこちに見られたアカヤシオもわずかに残るのみでした。
a0157297_23595357.jpg




さあて、メイン二本立てのうちの一つ、ヒカゲツツジ。
こちらも滑り込みセーフ。
雷神様の祠から南峰~北峰~アンテナ塔までは何とか残ってました~。
(ちょっと終わりかけでしたけどね)
a0157297_23595798.jpg
a0157297_00000747.jpg
a0157297_00000326.jpg
a0157297_00001006.jpg




や~やはりすばらしいヒカゲツツジ。
たまらない美しさに酔い、さて、今年は周回してみましょう。
いや~じゃんじゃかあるね、エイザンスミレ。
a0157297_00001525.jpg


あれ?これは!
なんと初見のヤマルリソウ。
そんなに珍しくもないのでしょうけれども、ワタシ、見たことなかった。
他の方のブログでよく見ていて、見たいもんだと思っていたけど、やあやあここで会うとは。
a0157297_00001995.jpg


トウゴクサバノオもありました。
a0157297_00003006.jpg


周回路の西側のコースはずっと杉林ですが、結構明るいので歩いていてもあんまり気持ちが暗くなりません。
a0157297_00003571.jpg


周回路東西ともにたくさんあったマルバコンロンソウ。
a0157297_00003832.jpg


マルバコンロンソウを撮ってたらふと横にあったヒトリシズカ。
実に美しいですね。
a0157297_00004209.jpg



たくさんありすぎて撮らなかったけど、さすがにこの群落は見事だったタチツボスミレ。
a0157297_00004659.jpg



やがて山道は平坦になり・・・
おお、またヤマルリソウがたくさんだ!
とてもきれいで感激。
a0157297_00005129.jpg





林道に出てしばらくすると、南峰であったおじさんに会いました。
おじさんったら下久我に車を置いて入ったのに、加園に降りちゃったって。
もう一回登り返すかな~っていうので、それじゃ~下久我まで送りましょうということになって、ぺらぺらおしゃべりをしながら林道を歩きました。
おじさん、白河から来たそうで、ええ~白河から?と思ったら福島にはないからと。
ああ、そうだよね。
ヒカゲツツジの分布って関東地方以西でした。

************************************************

さて、帰りに古峯ヶ原のあたりを見てこようかな~なんても思いましたけど、どうにもスミレが気になって、帰路に着き、茨城県立中央青年の家へ。

まず、フデリンドウ。
a0157297_00005416.jpg


そして、スミレ。
うふふ。やはりそうこなくっちゃ。((((何w)
a0157297_00005865.jpg


ニオイタチツボスミレ
風がびゅーびゅーでね、シャッタースピード上げたのはいいけど、花が右によってしまった。
a0157297_00010279.jpg


ヒメスミレ
a0157297_00010564.jpga0157297_00010968.jpg
a0157297_00011288.jpga0157297_00012097.jpg




オトメニオイタチツボスミレ
なんでオトメスミレとしなかったかって?
だって、周りはニオイタチツボスミレだらけだし、距の色が濃いし。
a0157297_00012420.jpga0157297_00012833.jpg




マルバスミレ
a0157297_00013543.jpg



今年はアカネスミレがなかったな。

雪入山に続くパラボナ山は山桜がキレイ。
あ~明日行けたらあそこ歩きたいなと思いつつ終了。
やっぱりスミレはすばらしいと思うとともに、自分は白いスミレがかなり好きらしいということを自覚した春の日。
白いスミレを見るとココロの踊りっぷりがハンパないことに気づきました。
なるほど、だからシレトコスミレを見に行っちゃったんだ。(((今さらw)
a0157297_00013978.jpg



[PR]
by 92robin | 2015-04-19 01:35 | 栃木の山 | Comments(6)
筑波山 / 茨城県中央青年の家
さあさあ、春爛漫な筑波山の北側へ。
それと、時間次第では茨城県中央青年の家にスミレ詣で。

今回のトピックスはフモトスミレを筑波山では初めて見たことと
マルバスミレを中央青年の家では初めて見たことかな。

今回はソロ。

4/12(土)
■湯袋沢コース⇒日ハムの森周回⇒湯袋尾根コース■

向かう道中ちょいと寄り道。
つくば市の国松あたりからの筑波山。
春よの~。
手前が男体山で右奥が女体山、左のピークが坊主山かな。
a0157297_22314488.jpg



さて、登山口近くに車を駐めて歩きだす。
県道150沿いにはヤマエンゴサク。
後で日ハムの森の赤紫色のヤマエンゴサクの画像を載せるけど、
ずいぶん色が違うのがあるもんだね。
a0157297_22314769.jpg



去年の同時期にはヤマブキが県道沿いにたくさん咲いていたけど、
今回は咲いてるのはほとんどなくってこれだけだった。
ん~今年はあんまり気温があがらなかったからかな?
a0157297_22315438.jpg


そうは言っても県道沿いにはニョイスミレ(ツボスミレ)なんかも咲いていたり。
a0157297_22315516.jpg




さて、湯袋沢コースへ。

タネツケバナの仲間は難しいな。
a0157297_223216.jpg



トウゴクサバノオ
a0157297_22325100.jpg


ミヤマカタバミがこれでもかって位たくさん。
a0157297_2232976.jpg


で、去年よりもずっと下の方からナガバノスミレサイシンが。
やっぱり今年は花が少し遅れてる?
a0157297_22321484.jpga0157297_22321891.jpg


ハルトラノオ
a0157297_22322213.jpg


ニリンソウは半分くらい咲いている。
a0157297_2232512.jpg


キクザキイチゲもぽつぽつ。
a0157297_22325773.jpg


花はないけどヒナワチガイソウ。
去年の所ではみつからず。
a0157297_2233234.jpg


筑波山のエンレイソウの萼は緑色。
a0157297_2233650.jpg



美しい株のナガバノスミレサイシン。
a0157297_22331192.jpg



あれ。貧相な株だけどコゴミがあるね。
a0157297_22331521.jpg



いつもの所にエイザンスミレ。
今年はエイザンスミレ初見だな。
a0157297_22344539.jpg



フタバアオイもまだ開いてない。
去年は開いてるのばっかりだったのにね。
a0157297_22345558.jpg



クロモジ満開。
a0157297_2235369.jpg


コアジサイも新芽が出てきた。
a0157297_22352159.jpg


すばらしい芽吹きの風景。
a0157297_22353196.jpg


ヤマザクラも咲いてるんだけど木が高くってよく写らないな~。
a0157297_22353985.jpg




なんて言っているうちに仙郷林道に出た。
仙郷林道を歩くと・・・

ユリワサビもわんさと咲いている。
a0157297_22354692.jpg



アオイスミレがまだ残ってた。
a0157297_22355749.jpg



日ハムの森、入り口からこれだもんな。
a0157297_2236846.jpg



で、日ハムの森の入り口のヤマエンゴサク。
a0157297_22362375.jpg



日ハムの森はかたくり祭り。
a0157297_22365134.jpg


エイザンスミレもあるよ。
a0157297_22371212.jpg


花が二段になっているキクザキイチゲがあった。
a0157297_22393918.jpg


ここではめずらしいな。
うっすらピンクがかったキクザキイチゲ。
a0157297_033045.jpg


ユキザサも。
a0157297_22395915.jpg



それにしても見事。
a0157297_224081.jpg

a0157297_22401634.jpg



カタクリ園状態の日ハムの森を堪能して仙郷林道へ。
初めは湯袋沢コースピストンと思っていたのだけど、
ひさしぶりに湯袋尾根コースで降りてみるか。

仙郷林道を歩くと、おやや?
距には色が残ってるしから完全な白花とは言えない気もするけど、
かなり白いアオイスミレが。
a0157297_22402446.jpg


ナガバノスミレサイシンもたくさん。
しかも色が濃いのが多い。
a0157297_22403425.jpg

a0157297_22413019.jpg



同定を投げているネコノメソウの仲間。
a0157297_22415738.jpg



湯袋尾根コース上部はちょっとヤブっぽい。
でも、ヤマザクラもまずまずよく見られる。
a0157297_2242582.jpg


湯袋沢コースもそうだったけど、ミヤマシキミの花の香りが登山道に漂っていてすばらしい。
a0157297_22422531.jpg


ヤマザクラとクロモジのコラボ。
a0157297_22431413.jpg



咲き始めたツクバキンモンソウ。
筑波山で発見されたからツクバキンモンソウだけど、
筑波山だけにあるわけではない。
a0157297_22432750.jpg


気の早いヤマツツジが。
a0157297_22433879.jpg



羽根拾った~。
ヤマドリの雨覆だな、多分。
a0157297_22434554.jpg


フデリンドウが咲いていた。
わ~ここで見られると思わなかったからラッキー。
a0157297_22435222.jpg



そして、筑波山では初めて見たフモトスミレ。
それも上弁にまで紫色のすじが入っためずらしいもの。
a0157297_224434.jpg


こっちはノーマルタイプ。
a0157297_2244126.jpg



あ~やはりこの季節はすばらしい、と山を降りて今度は中央青年の家へ。


・・・あれ?いつもの所にスミレがまだ咲いてない。

探して探して、一株だけ花を付けていたのを見つける。

スミレ
う~ん、この「スミレ色」がたまらない。
a0157297_22443364.jpga0157297_22444975.jpg


葉には翼が出る。
a0157297_22451447.jpg



そして、ニオイタチツボスミレ。
色の濃いものも。
a0157297_22452721.jpga0157297_22454167.jpg


今年のニオイタチツボスミレはものすごい株数で圧巻だった。

ジュウニヒトエ、咲き始め。
a0157297_2246043.jpg



そして、たのしみなオトメニオイタチツボスミレ。
ニオイタチツボスミレの白花品だけど距に紫色を残したもの。
a0157297_22461585.jpga0157297_2246272.jpg



今年は極端に株数が少なかったアカネスミレ。
a0157297_22464679.jpg



そして、今まで気付かなかったな~。
青年の家にあったんだね~のマルバスミレ。
a0157297_22465868.jpga0157297_22471328.jpg


青年の家から見たパラボナ山。
すっかり春だ。
a0157297_22472940.jpg



いや~大満足の花見だった。
[PR]
by 92robin | 2014-04-13 00:30 | 筑波山系 | Comments(8)
筑波連山縦走 きのこ山三角点
この季節にやるのは初めてだな、の筑波連山縦走。
思いのほか多くのスミレに出会えたし、
どこにあるか不明だったきのこ山の三角点を発見。

ヤマザクラが岩瀬側で咲き始めていた。

今回の同行もbetty氏。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4月5日(土)
0855御嶽山登山口⇒1120燕山⇒1127あずまや1223⇒1610レストハウスみかげ
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると別タブでルートラボに飛びます


駐車場やその他詳細情報については過去記事参照


県道41号線から少し入った所から見た稜線。
いつみてもすばらしいな。
クリックで大。
a0157297_15384898.jpg



さて、レストハウスみかげで待ち合わせして一台車をデポし、
もう一台で御嶽山登山口に向かう。

御嶽山を過ぎたあたりから富士山が見えた。
a0157297_15392100.jpg


ちょいちょい歩くとアカネスミレ。
まだ咲いてないけどね。
このアカネスミレはとにかく毛がたくさん。
a0157297_15385363.jpga0157297_15385514.jpg



シュンランも幾株もあった。
a0157297_15385992.jpg


雨引山の手前でおそらくマルバスミレ。
a0157297_1539451.jpga0157297_15391085.jpg

a0157297_1539797.jpg


モミジイチゴ、咲き始め。
a0157297_15391374.jpg


ヤマザクラも咲き始め。
a0157297_1711766.jpg


コブシも。
a0157297_15391525.jpg


いちばん盛大だったのはクロモジ。
そこここで満開。
a0157297_1539182.jpg

a0157297_15392160.jpg


ヤブツバキもそこここで満開。
a0157297_15392688.jpg


モミジの新葉も美しい。
a0157297_1539296.jpg



なんてやっていると燕山。
そして燕山の少し先の電波塔基部のあずまやでお昼。
いなりとコゴミとbetty氏の母様特製漬けもの。
a0157297_15393221.jpg

いなりの中のご飯は、山ミツバとタラの芽を湯がいて
細かく刻んで混ぜたもの&厚焼き卵の角切りを混ぜ込んで
ちょいとシャレ込んだ。
山ミツバとタラの芽とコゴミはウチの裏で作ってんのw

さて、腹もふくれて気分よく加波山目指して出発。

加波山降りて、いったん北筑波稜線林道をまたいで、
丸山の2基目の発電風車の手前右からまた山道に入り
ミヤマシキミの甘い香りが漂うなか一本杉峠へ。

ミヤマシキミの雌株。                 ミヤマシキミ雄株。
a0157297_15393573.jpga0157297_15401317.jpg


途中で、ヒナスミレ?の斑入り。
a0157297_1540393.jpg


なんどか北筑波稜線林道に出て山道に入るを繰り返す。
今回は男坂をチョイス。

カタクリが咲いている所もあった。
やっぱり新潟のカタクリとだいぶ印象が違うよね。
a0157297_15402437.jpg


私、この足尾山の山頂って結構好き。
a0157297_15403844.jpg


足尾山から降りて2kmほど北筑波稜線林道(舗装)を歩く。
展望がいいところが何箇所か。
a0157297_15404911.jpg


そして、そして!
さすがは目のいいbetty氏。
いいの見つけた~。
林道脇にヒナスミレ。
や~ヒナスミレ、久しぶりに見た~。
a0157297_15405962.jpga0157297_1541998.jpg


a0157297_15411980.jpg

a0157297_15412770.jpg


さて、気になっていたきのこ山の三角点。
あったあったw
ちなみにきのこ山の三角点は三等三角点で「上曾」
a0157297_15413668.jpg


あずまやの向かいの崩れた小屋の裏手にあった。
a0157297_15431514.jpg


さて、それではまた山道に入る。
a0157297_15432532.jpg


標高を下げるとヤマザクラ。
なんだか南側の方が春が遅いようだったね。
a0157297_15433454.jpg


レストハウスみかげではソメイヨシノが満開。
a0157297_15434351.jpg




17km近く歩けるのは近場では貴重なコース。
季節を変えて歩くのはいいもんだな~。

や~よかったよかった。
[PR]
by 92robin | 2014-04-06 17:31 | 筑波山系 | Comments(8)
筑波連山縦走 男坂・女坂~あずまやの謎
さて、筑波連山縦走です。
はて、何度目になるのかな?
過去記事は左カラムの「タグ」から「その他の筑波山系」から辿ってください。

今回は、まるさんと。
また、今回はトレーニング登山ということでパルスオキシメーターで心拍数を
時々モニターしながら歩いてみました。

パルスオキシメーターというのは、脈拍数と経皮的動脈血酸素飽和度を
モニターする医療機器で、厚生労働省認可のものは何万円もするのですが、
そうでないものは3000円位で手に入るようになりました。
(円高当時は3000円位だったけど、さっき見たら同じモデルが一万円位!ヽ('A`)ノェェェ)


【概要】
■行程■ 12/8(日)
0735御嶽山⇒雨引山⇒1045燕山⇒加波山⇒丸山⇒一本杉峠⇒足尾山
⇒きのこ山⇒1610レストハウスみかげ

■GPSログ■ 画像クリックで別タブでルートラボに飛びます


■駐車場について■
御嶽山登山口に4~5台、レストハウスみかげに12~3台。
どちらもトイレあり。


【詳細】
さて、また今回も真壁(桜川市)のレストハウスみかげに車を一台デポして、
岩瀬(筑西市)の御嶽山登山口にもう一台で向かいます。

御嶽山駐車場はすでに3台、車が駐まってました。

雨引山まで日参にしてるという方が数名。
いや~結構なお年の方もいましてすごいですね~。

歩きだしてすぐにシロダモの赤い実。
シロダモは雌雄異株。
今回は赤い実が目立ちましたので、赤い実特集です。
a0157297_18483486.jpg


御嶽山の神社に手を合わせ、ずんずん進み、雨引山で展望を楽しみます。
a0157297_18483724.jpg



さらにずんずん進むと燕山がそびえたっていて、改めて「なんだかずいぶん登るな~」ww
まあ、実際に鞍部の標高はGPS表示で340m。
燕山は701mですから360m標高を上げなくてはならないわけで。
a0157297_18484181.jpg



燕山手前の急登をせっせと歩き、燕山へ。
そして、その先のあずまやで少し早いお昼としました。
a0157297_18484899.jpg


ここまで私の最高心拍は164bpm、まるさんはやはりMAXは160台まで上がりましたが、
私が150~160程度の所でも120~130とたいして上がらず。
ううむ~、まるさんのトレーニング登山だったのに、これじゃ私のトレーニングだよww
まあ、私としてもいつもそんなペースで登っているわけではないのですが、
今回は心拍を上げて登ろうと思っていました。((((たまにはね~w)
しかし、まるさん、北岳効果すごいな。
(まるさんは、北岳某小屋で5ヶ月間スタッフとして働いていたのです)


そうそう、このあずまやのところでツルウメモドキの赤い実がありましたよ。
a0157297_18484439.jpg



で、日暮も早い時期、早めに昼休憩を切り上げて、今度は未舗装林道をちょいと下り加波山へ。
そして、加波山を少し下ったあたりで、なんと山仲間のぞねさんに遭遇。

ずいずいっと下って、舗装路の北筑波稜線林道に出てすぐに丸山。
去年は丸山にちゃんと上がりましたが、今年は発電風車の横から一本杉峠への山道へ。
a0157297_18485198.jpg


一本杉峠への山道では、また、たくさんの赤い実と会いました。
ミヤマシキミ。これも雌雄異株。
まるさんにこれを話したら、「あ~男女別ってこと!」
う~ん、ナイスセンスw
a0157297_18485498.jpg


そして、ツルリンドウにヤブコウジ。
a0157297_1848573.jpga0157297_1849031.jpg


サルトリイバラもありました。
赤い実祭りですw
a0157297_1849339.jpg



ナイスセンスなまるさん。
a0157297_1849623.jpg



一本杉峠で再び北筑波稜線林道に出たら、今度は林道から山道を繋いで足尾山に向かいます。
今回の男坂女坂は女坂をチョイス。

足尾山手前で北筑波稜線林道に出るちょいと前にひっそりとあずまやがあるのですが、
ここでちょいと小休止でまるさん持参のスイーツを堪能しました。

【追記】
このあずまや、前々回には見た記憶があるのだけど、前回はなし。
よくログを見ればなるほどで、女坂をチョイスしないと通過しないのです。
前回の時に「あれ?あのあずまやってどこだったんだろう?」と思いましたが
これで納得しました。
↓↓青が男坂、赤が女坂。
a0157297_2273139.jpg



で、北筑波稜線林道からまた山道に入って足尾山。
ここで、写真を撮ろうと思ってまるさん、スマホがないことに気付きました。
どこまで戻るか?としばし思案しましたが、後から来た方の手にまるさんのスマホが!!
ううう、大感激です。

この方、HNをしろやぎさんと言って、その後きのこ山からレストハウスみかげまで
一緒に歩いたのですが、甲斐駒の黒戸尾根を日帰りなさったとかひじょ~に健脚。
今回も旧真壁駅に車を置いて、御嶽山の登山口まで歩いて移動して、同行程だとか。
しろやぎさんのブログはこちら。


さて、足尾山から北筑波稜線林道に降りて、ここからきのこ山までは舗装路区間です。
今回はきのこ山のあずまやがある所にも行ってみました。
a0157297_1849946.jpg


このきのこ山で、先ほどのしろやぎさんと合流し、レストハウスみかげまで
歩き方のレクチャーを受けながら降りました。
ま、ワタクシ、落ち葉トラップで3度も尻もちをつきましたがww
a0157297_18491290.jpg


つぼろ台から見た夕日に照らされた筑波連山がきれいで印象的でした。

や~よかったよかった。
たのしい縦走でした~。

同行のまるさんと、まるさんのスマホを見つけていただいたしろやぎさんに感謝!
[PR]
by 92robin | 2013-12-08 20:04 | 筑波山系 | Comments(16)
三ッ石森林公園 閑居山 権現山
マイナーですね。
閑居山、権現山とも地形図に山名表記さえない。
2012年に茨城県立中央青年の家⇒雪入山⇒石岡市(旧八郷町)の五輪堂へ抜ける縦走
で閑居山、権現山を歩いているのだけど、今回は権現山から果樹研究所方向に降りてみた。
なぜって?
2012年五輪堂へ抜けた時はどうも今一つスマートでなかったから。
(車をデポする所とか山から降りて駐車した車までのアプローチなど)

でも、結果から言うと今回も今一つ。
権現山から降りる道がもう一つあったから次回はそっちに降りてみようかしらん。


■行程■
12/1(日)1120三ッ石森林公園⇒1300権現山⇒1410閑居山取り付き⇒1505三ッ石森林公園


■駐車場について■
三ッ石森林公園には10数台駐車可能。


■GPSログ■
クリックすると別タブでルートラボが開きます。




【詳細】
三ッ石森林公園はかすみがうら市にあり、雪入ふれあいの里公園のちょいと東。
三ッ石森林公園の遊歩道の上部に「尾根へ」という道標が出てるのでそこから山道へ。
紅葉も終盤だけどまだ残ってた。
ゆるい山道をのぼのぼ歩く。
a0157297_18413739.jpg


少し傾斜が急になってきたらすぐに稜線だ。
出たとこにはかわいらしい道標。
ここを青木葉峠方向に少し行くと浅間山(せんげんやま)への登り口が
あるのだけど、今日は右へ。
a0157297_18414067.jpg


稜線の道もゆるゆる。
カラの混群が飛び交う雑木林を双眼鏡を片手にのぼのぼ歩いて行く。
メジロがムラサキシキブの実をせっせと食べてたな~。

しばらく行くと「谷津へ」の道標。
その次に「閑居山磨崖仏」の道標。
いずれもスルーで権現山方向へ歩を進める。

権現山は筑波連山の東側に延びる尾根の端で標高99.5m。
ちょっとした史跡公園のようになっている。
あたたかい日差しの中、東屋で保温水筒の紅茶を飲んでしばしまったり。
きれいなゴンズイの実があったな。
a0157297_18414537.jpg



さあて、ここからが本番だ。
前回は権現山からいったん戻って五輪堂へ降りたけど、今回はすぐ下の
果樹研究所千代田試験地のほうへ降りてみる。

て・・・、ホントにすぐだったww
ちょっと降りたら果樹研究所千代田試験地の外周の道。
振り返って降り口をみたところ。(右が権現山の方向)
左のフェンスの中が果樹研究所。
a0157297_18414883.jpg


これを見て、ふんふんここにまあ2~3台置けるかな~なんて思ったのだけど・・・。
この道を降りて行ったら車止めがあって、ここまで車は入れないみたい。


果樹研究所外周路では落葉したイチョウがきれい。
a0157297_18415142.jpg



さあて、下の道まで来たけど、気持ちよく車を置けそうな所はなかったな~。
まあ、次回別な所から降りて要調査。


で、県道から道一本山側に入って集落内の道を歩いて今度は閑居山方面へ。
この百体磨崖仏の看板が所々に出てるのでコレ通りに。
a0157297_18415619.jpg


閑居山(かんきょざん)
a0157297_18415852.jpg


う~ん、これも寄せて駐めて2~3台位かな。
a0157297_1842164.jpg


上の画像の登り口からちょいと登れば磨崖仏。
a0157297_184241.jpg



そこから稜線まで出て、また三ッ石森林公園に戻った。
三ッ石森林公園の谷筋にはモミジが鮮やか。
a0157297_1842744.jpg


晩秋の里山ののんびり歩きを堪能し帰路についた。
[PR]
by 92robin | 2013-12-02 21:43 | 筑波山系 | Comments(9)
筑波山 / 青年の家~剣ヶ峰
筑波山、春の花の季節となりました~。

とはいえ、昨年に比べれば花が早い今年。
さてどうだかな?

4/13(土)
湯袋沢コース⇒仙郷林道⇒女の川⇒日ハムの森

メンバーは山仲間のたけさん、Bettyさん、わこさん、すけさん。

湯袋沢コースの駐車場などについては過去記事参照で。

さて、県道150を少し歩いて湯袋沢コースへ。

県道沿いにはヤマブキがたくさん。
a0157297_18352563.jpg


コース下部はたくさんのタチツボスミレ。
a0157297_18344445.jpg


あら・・・。
感覚的には早咲きのスミレの後にタチツボスミレって感じなので、
ちょいと不安がよぎる。

いや・・・、もちろん春の花のカタクリやらイチゲやらも楽しみなのだけど、
なんと言っても今の私はスミレにココロ奪われてるわけで・・・。

(((((ナガバノスミレサイシンは終わっちゃったかしらん?)

ほら、角田山でスミレサイシンを見たでしょ。
そ~しらたやっぱりナガバノスミレサイシンも見たいじゃない?

なんて思いながら歩を進めると、
ハルトラノオやらミヤマシキミやら。
a0157297_18344634.jpga0157297_18344994.jpg


そして、ニリンソウも結構咲いている。
満開にはもうちょいかな。
a0157297_18345157.jpga0157297_1835589.jpg


そしてヒナワチガイソウ。          フタバアオイはたくさんあったね。
a0157297_18345457.jpga0157297_1834592.jpg


コース下部のナガバノスミレサイシンはもう終わっていたが、少し標高をあげたら
たくさんあったよ、ナガバノスミレサイシン。
このコースは実にナガバノスミレサイシンが多いのだ。

ナガバノスミレサイシン              エイザンスミレ
a0157297_1834571.jpga0157297_1835278.jpg



仙郷林道へ出て女の川へ。
筑波高原キャンプ場の駐車場は少し空きがある程度だったね。

キクザキイチゲ                 アズマイチゲ
a0157297_1835713.jpga0157297_1835136.jpg



カタクリ                     ユキザサ(蕾)
a0157297_18351027.jpga0157297_18351566.jpg


ヤマエンゴサク
a0157297_18352157.jpg


日ハムの森のベンチでまったりお昼。
a0157297_18354884.jpg

a0157297_18355629.jpg


や~やっぱり花見は大勢の方が楽しいね~。
満足満足。





さて、次の日、所用を済ませてスミレ詣で。
茨城県立中央青年の家~剣ヶ峰。
青年の家への道はやけに車が通るなとおもったら、青年の家の
お祭りだった。

青年の家から見たパラボナ山。
春よの~。
a0157297_1839034.jpg



スミレ     
a0157297_18363255.jpga0157297_18364267.jpg



ニオイタチツボスミレ             フデリンドウ
a0157297_18365028.jpga0157297_18371472.jpg



オトメニオイタチツボスミレ
オトメニオイタチツボスミレはニオイタチツボスミレの白花で距に紫が残るもの。
a0157297_183722100.jpga0157297_18372929.jpg


アカネスミレも美しく。
a0157297_18373553.jpga0157297_18375139.jpg

側弁は有毛。
a0157297_18374364.jpg


と、まあ青年の家周辺でスミレを詣でた後、宝篋山へ行こうか迷ったけど、
雪入山の手前の剣ヶ峰まで上がることにする。

いやしの里(旧ふじがみ旅館)の前から山道に入るが、入り口には、
ウワミズザクラが咲き始め。
ウワミズザクラって遠くから見ることが多いけど、近くで見るときれいなんだね。
a0157297_18375724.jpg



そして、植栽だけど、ウコンザクラが満開。訂正:ギョイコウザクラ
a0157297_18382361.jpg



草じゃないのにクサイチゴ            ウグイスカグラ
a0157297_1838654.jpga0157297_1838121.jpg



クロモジも満開        ニョイスミレも咲いていた。(花期がちょいと遅い)
a0157297_18385129.jpga0157297_1839279.jpg



アオキの雌花と雄花(右)
a0157297_1839811.jpga0157297_18391992.jpg


珍しく眺望コース⇒直登コースとしたのだけど、どちらのコースにも
急な所には階段が付けられていた。あら、いつのまに。
a0157297_18393630.jpg



ミツバツチグリ
a0157297_18394429.jpg



剣ヶ峰に到着。
剣ヶ峰の山桜はほぼ終わり。

オカスミレ(基本種がアカネスミレで、毛が多いアカネスミレに対して側弁以外毛がないもの)
a0157297_18395611.jpga0157297_1840510.jpg



や~やはりスミレはすばらしい。



【覚書】
2013年のソメイヨシノは3月の下旬に開花しはじめて4月9日前後に散った。
筑波山のヤマザクラは3/13の時点で散り始めだった。
[PR]
by 92robin | 2013-04-14 23:23 | 筑波山系 | Comments(8)
筑波連山縦走
どうも週末の天気図は雪山にはよろしくないな・・・と思った週半ば。
ちょっとテンションダウンだけど、ならばがっつり距離を歩きたい。

そう思っていたら金曜夕方にbetty氏から「どこか行きませんか?」
のメール。
いくよいくよ~がっつり歩きたかったから、二人なら車デポ計画が
立てられるよ~♪
もっとも、今なら真壁⇔岩瀬間は臨時バスが出てるんだよね。
上記リンクはすぐ切れちゃうと思うけど、まあ、真壁のひな祭り期間は
臨時バスが運行しているらしい。
一人なら、このバスかチャリをデポしてりんりんロード(サイクリングロード)
で戻るというのも考えたけど、二人なら思案することもないね。
というわけで、同行はbetty氏。

おおにょさんも誘ったけど、復活はまだ遠いようす。ヽ('A`)ノェェェ


【概要】
■行程■ 1/23(土)
0730御嶽山⇒雨引山⇒燕山⇒加波山⇒丸山⇒一本杉峠⇒足尾山
⇒きのこ山⇒1545レストハウスみかげ

■GPSログ■ 画像クリックでルートラボに飛びます



■携帯電波■
む、しまった全く見てなかった。
でも、途中でメールが入っていたな・・・。

■駐車場について■
御嶽山登山口に4~5台、レストハウスみかげに12~3台。



【詳細】
このコースは4回目。
もっとも一回目は一本杉峠までだったけど。
4回のうち3回はbetty氏と一緒だったな。
距離があるので、私にとっては「アシを測る」コースでもある
ので、その意味でも楽しみだ。

さて、行くぞ。

一台車をデポするので、ゴール地点の市営レストハウスみかげへ。
県道41から少し入ったところから、今回の縦走路を眺める。
壮観壮観。
a0157297_12561289.jpg


一台デポして、旧岩瀬町(現桜川市)の御嶽山登り口に移動しスタート。

すぐにあらわれる御嶽山神社に手を合わせ、ずんずん歩を進める。
まあこのコース、実に神社が多く現れてまるで神社巡りみたいな感じ。

関東ふれあいの道でもあるので、まあ階段も多く出てくる。
a0157297_12561664.jpg


御嶽山の次は、雨引山。
雨引山からの展望はすがすがしいがこの日は展望があまり利かなかった。
日光連山がうっすら見える程度。
画像は筑波山とこれから向かう燕山。
a0157297_12561753.jpg


斜面の北側には雪が残ってるところも多かった。
a0157297_12561982.jpg


雨引山の次は燕山。
でもね、名前のないピークは何度か出てくるんだけど。
a0157297_12562230.jpg


燕山の少し南の電波塔のあずまやでご飯休憩。

で、次は加波山なのだが・・なぜか画像が一枚もない。(lll゚□゚)
加波山周囲のの登山道が一番凍結していたんだけどなあ。
まあ、よく足場を選べばアイゼンなしでOK。

加波山から降りてくると、北筑波稜線林道(舗装林道)に出る。
降りたところには自由民権運動の碑と林道挟んで向かいには発電風車。
a0157297_1256237.jpg


さて、この発電風車の先が丸山なのだが、いつもピークを踏まずに
進んでしまうので、今回は踏んでやろうと思案していた。

一つ目の風車を過ぎて振り返ると加波山(奥のピーク)が見える。
a0157297_12562663.jpg


ちょっと藪っぽいが・・・進むと丸山の札が掛かってた。
丸山には三角点があると思っていたが、これはただの思い込みで、
この杭は「山」の表記があるものだった。
a0157297_1256279.jpga0157297_12562944.jpg



で、丸山を下ると一本杉峠。
a0157297_12563286.jpg


ここからは北筑波稜線林道から山道に入ったりまた戻ったりだ。

男坂女坂は・・・・
a0157297_12563461.jpg


今回は男坂をチョイス。
a0157297_12563669.jpg


男坂を降りて林道に出て、足尾神社への山道を北から入り足尾山。
(ここには三角点がありますな)
a0157297_1256391.jpg


足尾山を降りて北筑波稜線林道へ。
ここからきのこ山までが結構長く感じる。
ハングライダーのテイクオフ場には、人影なし。
筑波山が見えるね。
a0157297_12564297.jpg


北筑波稜線林道は所々ものすごい凍結路だったな。

てくてく歩いて端上林道終点(始点?)のパラグライダーの
テイクオフ場に。
ここがレストハウスみかげまで降りる山道の入り口になる。
テイクオフ場を降りて行くと入り口が出てくる。
a0157297_12564454.jpg

a0157297_12564617.jpg

あ、ちゃんと名前がついていたんだ。笑
「筑波連山縦走のみち」だって。
じゃ、今後の表記はそうしよう。

まあ、ここからのルートは端上林道を何度かまたぐことになる。
おおよそ林道の対面にルートがつながっているのできょろきょろするが吉。

途中のつぼろ台で小休止後、レストハウスみかげへ。
石畳が出てきたらもうすぐだ。
a0157297_1257487.jpg


市営レストハウスみかげは食事処とテニスコートなどがある施設。
(あ、トイレもある)
足を残して無事Fin.
a0157297_12575825.jpg


betty氏も気持ちも身体もまだ元気!な状態だったらしく、これなら
次はこのコースを筑波山までチャレンジしようかね?とムフフな相談。
や、地元民なら一度はコレ、やってみたいでしょ。

みかげで解散し、まだ陽もあったので雨引観音に寄り道。
や、一度行ってみたかったの。
雨引観音。
だって、縦走路にもこの寺の鐘の音が聞こえるし、なんたってクジャクが
放し飼いにされていると言うではないか。
(いや、一般にはアジサイや桜がきれいなお寺と認識されているハズw)

あらりっぱ。
a0157297_1258648.jpg

a0157297_12581389.jpg


なんだか観光地ちっくだわ。
a0157297_12582132.jpg


意外な光景にちとびっくりしたが(スミマセン、ひなびた山寺だと思ってた~)、
この寺の境内には、ガチョウやらマガモやらがうろうろしている。
クジャク~クジャクはおらんかね~。

・・・い、いたっ♪
尾が全部入らなかったのが悔やまれるw
a0157297_12582947.jpg



まあ、なんと観光までしちゃった山行だった。
[PR]
by 92robin | 2013-02-24 14:26 | 筑波山系 | Comments(14)