遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
8月の宝篋山
at 2017-08-06 23:09
7月の宝篋山
at 2017-07-23 20:43
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
以前の記事
最新のコメント
hutatuyanosi..
by 92robin at 23:10
ひえ~ そんなことがあ..
by hutatuyanosiki at 16:56
>Mr.mud さん ..
by 92robin at 17:30
>> くにさん ども。..
by Mr.mud at 08:13
bebeさん お、大雪..
by 92robin at 22:27
大雪山のアブといい宝篋山..
by bebe at 14:25
ぼんぼんさん いや~4..
by 92robin at 22:29
う、、うわぁ~ 災難 (..
by ぼんぼん at 23:46
早く腰の症状がなくなると..
by 92robin at 20:47
昨日コメント入れたと思っ..
by betty at 12:27
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
タグ:その他茨城の山 ( 13 ) タグの人気記事
難台山近くのスズラン群生地 道祖神峠から
さて、この茨城県石岡市と笠間市の境位にあるこの山域。
結構近くと言えば近くなんだけれども、行ったことがありませんでした。
スズラン群生地があるってことで見たいな~とは思っていたのですが。

5/8(日)0945道祖神峠⇒スズラン群生地⇒道祖神峠⇒旧洗心館方向散歩⇒1245道祖神峠
GPSログはルートラボに
稜線から北東に降りてログがループになっているところがスズラン群生地です。

さて、道祖神峠(どうろくじんとうげ)から出発です。
駐車スペースはここと向かいに合わせて13~4台程度。
難台山(なんだいさん)方向に向かいます。
a0157297_22154696.jpg

しばらくはヒノキの植林の中を歩きますが、やがて出てヤマツツジ満開。
a0157297_22154886.jpg

結構な登りを2度ほど終えるとスズラン群生地分岐の標識。
a0157297_22155107.jpga0157297_22155381.jpg


降りて行くと・・・おお、出てきた出てきた。
ちなみにスズランも毒草ね。食べなければ大丈夫。
あんまり香らなかったな。岩手山で見たスズランはすごく香ったけれども。
a0157297_22160985.jpga0157297_22161288.jpg

a0157297_22161551.jpg


でも、柵と電気柵の中。
a0157297_22161882.jpg



上部のベンチでまったりお茶を飲み、また登り返します。

標高の低い所のスミレの季節も終わりでニョイスミレさえも花が落ちているものも多かったです。
a0157297_22162176.jpg


代わりにチゴユリなどが咲始め・・・季節の移ろいを感じます。
a0157297_22162385.jpg



いったん、道祖神峠まででてから逆方向である吾国山(わがくにさん)方向へちょっと散歩。

あら。キンラン。
a0157297_22162634.jpg


ハナイバナ、ヤブテマリも。
a0157297_22162856.jpga0157297_22163127.jpg


ササバギンランかギンラン。
でも、花柄に毛があるからササバかな。
a0157297_22163571.jpg



道祖神峠に戻ると記念碑が目につきました。
ん?北筑波稜線林道?
a0157297_22163712.jpg


ええ?起点湯袋峠で終点道祖神峠?
北筑波稜線林道ってここまでなんだ~。
a0157297_22164059.jpg


ほれ、北筑波稜線林道ってアレですよ。
きのこ山とか足尾山とか一本杉峠通る道ですよ。
板敷に下って終わりなのかと思っていたら、ここまで延びて終点だったとは。

とスズランとは別の感動でfin。笑


[PR]
by 92robin | 2016-05-08 23:48 | その他茨城の山 | Comments(2)
八溝山
さて、石川@さんのヤマシャクヤクの画像を見て、八溝山です。
目的は、ヤマシャクヤクとシロヤシオ偵察。

結果からいうとシロヤシオはぼちぼち咲始め、ヤマシャクヤクは蕾。
その他はトウゴクミツバツツジは見ごろ~やや終盤。
ヤマツツジぼちぼち蕾。

さて今回の同行はリンゴさんchikoやん、私の旦那サン。
リンゴさんとは山では何度も会っていますが、一緒に歩くのは初めて!

では詳細。
5/5(木・祝)0907山頂P⇒茗荷沢⇒真名畑八溝林道⇒鹿ノ又沢⇒1415山頂P

それにしても今年のGWの山の天気は散々でしたね。
恒例の会津三岩岳~会津駒の縦走を4/29-30でchikoやんと計画していましたが断念。
29の会津駒なんて吹雪でホワイトアウトだったそうで。

いやいや、八溝。八溝の話。
でも季節の記録のため、ウチのの裏のホオノキとホウチャクソウの画像を。
ホオノキは咲きはじめ。ホチャクソウ満開でした。
a0157297_21055025.jpg

a0157297_21055225.jpg




さて、頂上の駐車スペースからスタート。
頂上付近もすっかり木々は芽吹いています。
4月24日に歩いた時とは大違いです。
たかだか10日でこんなに違うんですね~。

足元には今シーズン初のギンリョウソウがにょきにょき。
a0157297_21055577.jpg

そして、ちょいと下ると、おお、シロヤシオもぼちぼち咲き始めています。
a0157297_21055759.jpg

a0157297_21055982.jpg



チドリノキの花も咲いています。
a0157297_21060264.jpg


まだまだ蕾は多いものの咲いているのもぼちぼち。
花芽もまずまずな模様。
a0157297_21060526.jpg


茗荷の沢に下りて、今度は尾根を登ります。
登って真名畑八溝林道に出ます。

真名畑八溝林道ではアケボノスミレが残っていました。
a0157297_21060717.jpg


で、真名畑八溝林道から鹿ノ又林道へ下ります。
ここのシロヤシオも結構咲いていました。
a0157297_21060901.jpg

a0157297_21061241.jpg


鹿ノ又林道で花を愛でながらぶらぶら。
ミツバウツギは全く咲いてませんでしたが、ヤマブキソウ、コンロンソウ、ラショウモンカズラ、ルイヨウボタンが咲いていました。
a0157297_21061480.jpg

a0157297_21061815.jpga0157297_21062275.jpg

a0157297_21062514.jpg


そして鹿ノ又沢のほとりでお昼。
chikoやんと記念撮影♡(chikoやん経由で流れて来たリンゴさん撮影の画像)
沢と緑がちょ~キレイ。
a0157297_21473303.jpg



鹿ノ又林道を歩き定点観察。
まだヤマザクラが残っています。
a0157297_21063194.jpg

鹿ノ又林道終点から遊歩道で上がります。
しばらくは沢沿い。
素晴らしい新緑にうっとり。
a0157297_21063482.jpg

尾根に出るとシロヤシオとトウゴクミツバのコラボ。
(シロヤシオは蕾のがほとんどでした)
a0157297_21063738.jpg



最後に展望台のある山頂詣で。
山頂に植えられているアズマシャクナゲで締め。
a0157297_21064024.jpg




……ヤマシャクヤクは幾株か確認しましたが蕾でした。
a0157297_21062875.jpg

八溝の美しい沢と緑、同行の皆さんに感謝。



[PR]
by 92robin | 2016-05-05 22:39 | その他茨城の山 | Comments(19)
八溝山 不明スミレ
さて、八溝山です。
目的は、八溝の春の進み具合の偵察、スミレ、山菜。

昨年の偵察は4/29で標高900~1000mの木々が芽吹いていましたが、
今年は4/24で800m台前半以下の木々が芽吹いていました。
なので山菜もコゴミ以外は少し早かったなといった感じ。

スミレはタチツボスミレ、フモトスミレ、エイザンスミレ、マルバスミレ、
アケボノスミレ、不明スミレ。

では詳細。
4/24(日)0925山頂P⇒茗荷沢⇒真名畑八溝林道⇒鹿ノ又沢⇒1550山頂P

これで標高830m程度。うっすら芽吹き。
a0157297_23521512.jpg


800mを切るとようやく木々も芽吹きだしてるといった感じでした。
a0157297_23522351.jpg

沢のほとりにはニリンソウが盛り。
a0157297_23521921.jpga0157297_23522711.jpg


尾根を登り真名畑八溝林道へ。
林道脇にはアケボノスミレ。
いや~きれいですね、アケボノスミレ。
スミレサイシンの仲間なので距はぽってり。
a0157297_23524095.jpga0157297_23524313.jpg

フォトジェニックなエイザンスミレも。
a0157297_23524600.jpg


ヒゲネワチガイソウもたくさんありました。
a0157297_23525047.jpg


さて、これが不明スミレ。
マキノスミレとフモトスミレ(斑入り)の交雑種ではないかと思いますが。
今回は見ませんでしたが、昨年同時期にここでマキノスミレをみました。
しかし葉っぱは立っていたものの葉の形状はシハイスミレっぽい感じでいわゆる中間型と言えるものだったように思います。
で、近くにフモトスミレ(斑入り)もある、と。
今回のは葉っぱがほぼ横向きで形状はシハイスミレ、距はちょっと短め?で少し上向き。
こうくるとシハイスミレなのか?とも思いますが、そもそもシハイスミレとマキノスミレは境界がはっきりしないと言われるスミレ。
それでフモトスミレの交雑種と判断したポイントは側弁がごっそり有毛だったことです。
シハイスミレはごくごくまれに有毛。マキノスミレは無毛。
いや・・・、意外にものすごく毛がごっそりあるシハイスミレって可能性もあったりしてね。
ちなみにシハイスミレの裏は地域によっては必ずしも紫ではないそうですからまったく難しいですよね。
a0157297_23525359.jpga0157297_23525637.jpg
a0157297_23533636.jpg

a0157297_21343980.jpga0157297_23530386.jpg

a0157297_23533855.jpga0157297_23534271.jpg




スミレの難しさに頭を悩ませながら、咲き始めたトウゴクミツバツツジを観賞。
a0157297_23534538.jpg

イワウチワはほぼ終わりでしたが、ところによりまだ残っているところもありました。
a0157297_23534892.jpg


鹿ノ又林道に出てたくさんのマルバスミレ。
分かりやすいスミレは実に安心感がありますね。笑
a0157297_23535132.jpg

沢をバックにエンレイソウ。
a0157297_23535635.jpg

ヤマブキも咲き始め。
a0157297_23535944.jpg

林道からの定点観察的な山肌。
いままでで一番ヤマザクラが盛大。
a0157297_23540226.jpg

鹿ノ又林道終点から遊歩道へin。
珍しくダンナさんが同行。
a0157297_23540572.jpg

や~まったくすがすがしい八溝山でした。
今度の八溝はシロヤシオかな。


[PR]
by 92robin | 2016-04-25 23:51 | その他茨城の山 | Comments(10)
八溝山
さて、今年は春の進みが早いですね。
昨年は5月の20日でシロヤシオ満開でした。
しか~し、今年は本日5月10日でももう見ごろは過ぎていました。
それでもって、昨年の森が白くなるほどの花付の良さはなくちょっと寂しい感じ。
ヤマシャクヤクももう遅いかな~と思って出かけましたが、なんと石川@さんにお会いして、新発見株の位置を教えていただいてきれいに咲いたヤマシャクヤクを愛でることができました。


■行程■
5/10(日)0700山頂P⇒茗荷沢⇒真名畑八溝林道⇒鹿ノ又沢⇒1200山頂P

その他駐車場情報などはカテゴリ「その他茨城の山」から過去記事をどうぞ。

さて、山頂Pから出発。
山頂付近ではヤマザクラの散った花弁がたくさん落ちていました。
a0157297_19105581.jpg



新葉に朝陽が透けてキレイな中を歩いていきます。
a0157297_19110061.jpg


標高1000m付近のぼちぼち出てくるシロヤシオ。
しかし、たくさん出てくるのは標高900m~800m付近です。
さあ、どうか。
a0157297_19110465.jpga0157297_19110741.jpg
a0157297_19111165.jpg



ふ~むぅぅ。
たしかに咲いている・・・咲いているけれども、昨年よりずっと花付がよくない・・・。
それに落ち始めているものも多いし。
昨年は森が白くなるほどだったのになぁ。

顔を上げればヤマツツジが陽に透けて。
a0157297_19111467.jpg


ヤマツツジ、色鮮やかに。
a0157297_19111835.jpg

シロヤシオも。
a0157297_19112229.jpg


う~ん、森に映えるのはヤマツツジばかり。
a0157297_19112511.jpg


まあ、花付がいい株もたまには出てくるんですけどねぇ。
a0157297_19113074.jpg


a0157297_19113509.jpg


標高800m程度ではずいぶん花が落ちていました。
a0157297_19114251.jpg


シシガシラは初々しく展開。
a0157297_19113946.jpg



茗荷の沢沿いにはヤグルマソウがあるんですが、もう蕾を付けていました。
a0157297_19114616.jpg



4月の終わりには出たばっかりだったコンロンソウもたくさん花を付けています。
a0157297_19114942.jpg



ユキザサもそこここで咲いています。
a0157297_19115316.jpg





さて、ここから尾根に乗って真名畑八溝林道に出ます。
ブナの巨木が美しいです。
a0157297_19115743.jpg




真名畑八溝林道に出て、鹿ノ又沢に降りる遊歩道へ向かうと・・・
あれ?あの車は石川@さん?
会えるかな?と真名畑八溝林道から遊歩道に入り降りていきます。
こちらのツツジ類はもう終わり。

お!オトコヨウゾメがぽつぽつと。
a0157297_19120094.jpg



で、この鹿ノ又沢に降りる遊歩道の途中で石川@さんと交差。
ここで、新発見株の位置を教えていただきます。
うっひょ~まだ咲いてるってさ~。

鹿ノ又沢に下って・・・
あ~昨年あれほど咲き誇っていたヤマブキソウもなんだかもう終盤な模様。
株数もなんだか少ない感じ。
a0157297_19120466.jpg



さて、林道鹿ノ又支線を歩いて行くわけですが、おお~あったよ~。
しかも何株も。
それと私も別場所で新発見株一つ。
やっぱりキレイですね~。
来た甲斐があったわ~。
a0157297_19120867.jpg
a0157297_19121551.jpg



クルマムグラ?クルマバソウ?(左)
サルトリイバラの花も咲いていました。
サルトリイバラは雌雄異株、これは雌花だから雌株。
a0157297_19122264.jpga0157297_19122764.jpg


ミツバウツギの花にスジグロシロチョウが。
a0157297_19123439.jpg



林道から見える山肌はもう緑一色。
a0157297_19123156.jpg



林道鹿ノ又支線終点まで歩いて鹿ノ又沢源流部を歩く遊歩道へ。
a0157297_19124208.jpg



しばらく沢沿いを歩き、その後尾根へ。
う~ん、ものすごく緑緑している。
a0157297_19124784.jpg


こっちのシロヤシオは茗荷に降りる方よりも花付がよくないし、もうお終いだしで残念な感じ。
それでも、途中でお茶を飲んで数少ないシロヤシオを愛でました。
a0157297_19125637.jpg


ハウチワカエデの花がキレイなのが救い。
a0157297_19125173.jpg



で、また真名畑八溝林道に出て山頂Pまで歩いて終了~。

いや~昨年がすごかっただけに今年はちょっと残念な感じでしたが、遅いかと思われた(実際私が4月の終わりに見ていた蕾はもう花は落ちていました)ヤマシャクヤクにも会えたし、よかったよかった。
石川さん@、毎度ありがとうございます!


[PR]
by 92robin | 2015-05-10 20:32 | その他茨城の山 | Comments(9)
4月終わりの八溝山
八溝山、石川@さんに教えていただいてお気に入りになったコースです。
今回も石川@さんが4/25に歩いたレポを見て行ってきました。



今回のトピックスは初めてマキノスミレとヒトツバエゾスミレを見たことです。
そうそうそれと初見といえばルイヨウボタンも初見でした。
それとシロヤシオか紅葉の時期しか歩いてなかったこの八溝のコースをこの時期に歩けたのはよかったです。
沢沿いのニリンソウやら、いろいろなスミレ、木々の芽吹きなどとても美しいものでした。

■行程■
4/29(水・祝)0820山頂P⇒茗荷沢⇒真名畑八溝林道⇒鹿ノ又沢⇒1600山頂P
(途中なごみまくりで普通に歩く人にはまるで参考にならないタイムです)

その他GPSログ、駐車場情報などはカテゴリ「その他茨城の山」から過去記事をどうぞ。

さて、それでは山頂Pから歩き始めます。

ずいぶんヌカボシソウがありました。
a0157297_22255925.jpg


ちょっと遠かったのですが、たぶんオオカメノキ。
まだ芽吹いて間もない木々の中でひときわ白い花が目立っていました。
a0157297_22275005.jpg



いや~朝の陽に新葉がきれいです。
a0157297_22280097.jpg


まだ1000m~900m位は芽吹きも浅く・・・。
a0157297_22280795.jpg


足元には、ほとんど終わっているとはいえカタクリが。
a0157297_22281051.jpg


800m位のシロヤシオはまだまだ蕾です。
a0157297_22281404.jpg


イヌブナの新葉、うっすら毛で覆われていてきれいです。
a0157297_22281794.jpg


茗荷の沢に降りるとフタバアオイがたくさん。
ちょうど咲いています。
a0157297_22282139.jpg


ミヤマキケマン、ミヤマハコベもたくさん。
a0157297_22282495.jpga0157297_22282627.jpg



コチャルメラソウもたくさんありました。
a0157297_22282993.jpg



沢沿いにはニリンソウが群生しているところも。
a0157297_22283264.jpg


それにしても美しい。八溝は豊かな山だと思います。
a0157297_22283695.jpg
a0157297_22283996.jpg



さて、八溝真名畑林道出るのに尾根を登ります。
その尾根ではポツポツとトウゴクミツバツツジが咲いていました。
a0157297_22284212.jpg



八溝真名畑林道に出ると・・・アケボノスミレだ!
石川@さんに鹿ノ又林道にあるよ~と教えてもらっていたけれど、ここで見っけ。
(で、鹿ノ又林道では見つけられなかった)
葉が出るのが遅く、花期にはまだ葉が展開しきってない。
側弁は毛のあるものと無いものがある。これはあるね。
a0157297_22284797.jpga0157297_22285046.jpg

スミレサイシンの仲間だから距は丸くぽってり。
a0157297_22285337.jpg




さて、少し八溝真名畑林道を歩いたら今度は鹿ノ又沢に向かって降りていきます。
するとすると!
はっ!と目を惹くスミレが。
こ・・・これは、マキノスミレ。
a0157297_22285743.jpga0157297_22290113.jpg

a0157297_22290850.jpg
a0157297_22290407.jpg
いや~あるところにはあるんでしょうけど、ワタシ初めて見ました。
感動。
でも、葉の形状などはシハイスミレっぽいですよね。
こういうのが中間型っていうのかしらん?

アケボノスミレは見ちゃったし、マキノスミレにも出会えたし、いや~よかったよかった。

で、この鹿ノ又沢に降りる遊歩道が結構春が早いようで、トウゴクミツバツツジはたくさん咲いているは・・・
a0157297_22291176.jpg


なんとシロヤシオまで結構咲いてました。
あら~こんなに早く咲いちゃうんだ。
a0157297_22291981.jpg
a0157297_22292201.jpg



そうそう、フモトスミレもありましたよ。
a0157297_22291493.jpg





鹿ノ又林道に降りて鹿ノ又沢沿いを歩きます。
鹿ノ又林道にはたくさんのマルバスミレ。
圧巻でした。
a0157297_22292674.jpg


そしてそしてヤマシャクヤクの偵察w
a0157297_22292851.jpg

それにしても、昨年何箇所か教わったのに一株しか見つからないとは・・・自分のニブさに落ちこ・・・
む間もなく取り頃のコゴミの群落が出てきて、そっちに夢中w
ほかの群落はもうすっかり取り頃は過ぎていたけど、いや~よかった。
(((ヲイ、ヤマシャクヤクは?)

で、林道脇にはヤマブキ。
そしてヤマブキソウも咲き始めていました。
ヤマブキソウ、好き。
a0157297_22293147.jpga0157297_22293756.jpg



ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)
真っ白なのと、ちょっとピンクがかったのと。
a0157297_22294089.jpga0157297_22294331.jpg



そして、もうひとつ初見のルイヨウボタン。
ボタンの葉に似ているということで類葉牡丹。
a0157297_22294740.jpga0157297_22295090.jpg



そしてのこの林道沿い、結構ニホンタンポポがありました。
おそらくエゾタンポポでないかと思いますが、もう大きく括ってニホンタンポポ。
a0157297_22295380.jpg



林道から見える山肌も春爛漫。
a0157297_22295762.jpg



さて鹿ノ又林道終点からまた遊歩道に入ります。
まあ、沢沿いのニリンソウが見事でした。
a0157297_22301570.jpga0157297_22302073.jpg

ねえ、ホントに美しくてうっとりしますね
a0157297_22303589.jpg



沢を離れて尾根に向かうところでエイザンスミレがたくさんありました。
a0157297_22304008.jpg


こちらの遊歩道は春が遅め。
まだイワウチワも残っていました。
a0157297_22304711.jpga0157297_22304312.jpg


さて、上の舗装路に出てヒゲネワチガイソウ。
a0157297_22305072.jpg


で、とてもピンクがかった花弁のエイザンスミレ。
右は別株ですが、花弁の裏がものすごくピンク。
a0157297_22305388.jpga0157297_22305721.jpg



さて、山頂Pまで舗装路歩きになりますが、道路の法面には、
エイザンスミレの葉が単葉化したヒトツバエゾスミレがありました。
a0157297_22310002.jpga0157297_22310464.jpg



山頂Pに着いてFin.

いや~初見の花もさることながら、道中、寝ころんでくつろいだり、鳥の声を聞きつつお茶を何度となく飲んだり、山菜を採ったりでココロの洗濯になりました。

鳥はオオルリ、キビタキ、ミソサザイ、ツツドリ(声)、シジュウカラ
山菜はコゴミ、モミジガサ、コシアブラ、タカノツメ


[PR]
by 92robin | 2015-05-01 00:15 | その他茨城の山 | Comments(6)
八溝山
さて、もう遅いだろうな~と思っていた八溝山の紅葉。
ところによりまだ残っていて楽しめました。
今回も石川@さんに教えていただいてお気に入りになったコースです。
同行はbetty氏。

■行程■
11/8(土)0840山頂P⇒茗荷沢⇒真名畑八溝林道⇒鹿ノ又沢⇒1355山頂P
■GPSログ■クリックすると別タブでルートラボに飛びます



■駐車場について■
山頂手前の道路脇に7~8台。
山頂下300mほどに12~3台。

■携帯電波■(ドコモ)
可:山頂P、鹿ノ又沢から山頂に戻る遊歩道の尾根
その他未確認

■その他■
なんと長らく不通だった県道248八溝山公園線が開通していた。
(といっても今年2月開通、その後大雪の影響で不通、3月に再開通だったらしい)
八溝山周辺の道路は不通県道や通行止め林道が多いので要注意要確認です。
茨城県側からの通常のアプローチは県道28⇒県道248または県道28⇒蛇穴から八溝林道(全面舗装)。
一度栃木県側から、R461⇒県道13⇒県道321⇒林道八溝山線で山頂Pまで入ったこともありました。
ちなみに県道28は茨城⇔栃木は不通なのは有名(どこでw)
(実は未舗装路の道はあり、全く通行できないわけでもないらしい。でも、一般の四輪はムリです)

【詳細】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
11/8(土)0840山頂P⇒茗荷沢⇒真名畑八溝林道⇒鹿ノ又沢⇒1355山頂P
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
betty氏と山頂Pで待ち合わせで出発。
ホントは建築日和のbebe夫妻も同行するはずだったのですが、
駐車場までのアプローチで躓いてしまって別行動。

さて、歩きだし。
さすがに木々は葉を落としています。
a0157297_22323795.jpg

でも標高850m程度になると、おおお、すばらしい紅葉。
a0157297_22324262.jpg

茗荷沢に降りると、いや、なんともはやステキな雰囲気。
なんだか春先とは違ったステキさ。
a0157297_22324889.jpg

うっとりするな

a0157297_22325553.jpg
a0157297_22330167.jpg



で、茗荷沢の支沢からの尾根を登り返して、真名畑八溝林道に出ます。
真名畑八溝林道沿いはほぼ紅葉おしまい。
a0157297_22330522.jpg

下り方向に歩いて行きます。
林道脇には色鮮やかで目を惹くムラサキシキブが。
a0157297_22331028.jpg

で、林道から遊歩道の案内板で鹿ノ又沢に降りて行きます。
そ~したら、この鹿ノ又沢までのこの遊歩道の紅葉が素晴らしくキレイだったのです。
紅葉終盤には変わりはないですが、その分紅葉が残っているのが
モミジやカエデだったんでまあなんとも色鮮やか。
a0157297_22331605.jpg

秋の陽に透ける感じがステキすぎ。
a0157297_22332100.jpg

ほんとため息の出るステキさ。
a0157297_22332609.jpg

ねえ、だれか昨日来てコレ塗ったでしょ?赤い絵具で。
a0157297_22333374.jpg


クルマバハグマのふわふわの冠毛も陽に照らされて秋の甘い感じ。
a0157297_22333884.jpg

まあ、ホントきれいで振り返ったり立ち止まって呆けたり。
a0157297_22334894.jpga0157297_22334479.jpg


そして、鹿ノ又林道降りて鹿ノ又沢の沢へりで余韻をたのしみつつご飯。
でれでれと楽しんでいたら、なんだか急速に厚い雲がきたので、
撤収して進むことに。

鹿ノ又林道終点から、また遊歩道でまた真名畑八溝林道に登りかえす。
ちなみに鹿ノ又沢は久慈川源流だそうな。
この登り返しの尾根道は紅葉終了でした。

山頂Pに戻るとbebe夫妻が待っててくれた。
一緒に山頂見物してFin.

いや~八溝って紅葉もいいんですね。
紅葉も終盤とはいえよい山でした。


[PR]
by 92robin | 2014-11-09 18:04 | その他茨城の山 | Comments(10)
八溝山 シロヤシオ ヤマシャクヤク
さてさて。
郡界尾根のアカヤシオとサクラスミレを堪能し、足尾のかじか荘で
風呂に入った後、向かった先は八溝山。
目的はたぶん満開であろうシロヤシオと、きっと咲いているのが
残ってるハズ・・・のヤマシャクヤクだ。

2012年に歩いた時は一週程遅かったし、先週のシロヤシオ
まだ蕾が多かった。
でも、先週は出発前の駐車場で偶然にも石川@さんにお会いして
マル秘スポットを案内していただけたという僥倖。

■行程■
5/18(日)0615山頂P⇒1300山頂P

■GPSログ■
画像は2012年 05月 26日に歩いたものだけど、花の寄り道以外ほぼ同様。
ピンクの点は登山道外。黄土色の点は非舗装林道。
山頂起点で反時計回り。
ルート詳細については2012年の過去記事参照で。
a0157297_21382512.jpg



先週も咲いている部分のシロヤシオを紹介しているから、
今回は咲いている(ハズの)ヤマシャクヤクの画像だけアップして
終わろうと思っていたのだけど、シロヤシオのものすごい花付きの
良さに、う~んこれは載せずにはいられない。笑


さあ、それでは山頂Pから、先週よりいくぶん緑濃くなった
八溝の森へ。

先週はトウゴクミツバツツジから始まったけど、今週は
もうトウゴクミツバは終わっていてヤマツツジが。
a0157297_17503969.jpg


山頂Pから茗荷沢に下っていく形になるので、先週は標高の高い
所では花を付けているシロヤシオはほとんどなかったのだけど、
今週は標高900m辺りからもう超絶満開シロヤシオ。
(((日本語の乱れw)
しかも絶賛の花付き。a0157297_17504994.jpga0157297_17504507.jpg


とにかく森の中は真っ白。
a0157297_17510315.jpg
ただね、上の画像でも分かると思うけど、八溝のシロヤシオは 巨木が多くって
いささか見上げる感じになるところが多い。


茗荷沢に降りて行く途中で、今季初のギンリョウソウ。
a0157297_17510732.jpg


茗荷沢でちょっとうろうろして、今度はさっき歩いた尾根の
一つ北の尾根を登り返して林道八溝真名畑線(未舗装)に出る。
 この尾根もシロヤシオが多い。

そしてこの林道を入山方面に歩いて行くと「遊歩道」の道標が
 あるので、これを降りて鹿ノ又沢に。

この遊歩道も先週とは違った花が咲いている。

初見初撮りのオトコヨウゾメとツクバネウツギの変種。
a0157297_17510965.jpga0157297_17512376.jpg


ここのヤマツツジはもう咲いている。
a0157297_17512700.jpg


コバノガマズミも咲き始め。
(葉柄が短く、托葉がある)
a0157297_17514077.jpg


鹿ノ又沢に降りて沢沿いの林道を歩くと、これも先週は
まだだったミツバウツギが咲き始めている。
a0157297_17520057.jpga0157297_17520462.jpg


そうかと思えば、ヤマブキソウとラショウモンカズラで 埋め尽くされたような所も。

a0157297_17515681.jpg

そして沢沿いの林道を源流に向かって歩いて行くと鹿ノ又沢林道終点。
そしてここからがまた遊歩道。案内看板あり。
鹿ノ又沢を登っていく。
鹿ノ又沢ってのは久慈川の源流なんだそうな。

沢沿いから尾根に取り付き、ここからも素晴らしい
シロヤシオの尾根となる。
a0157297_17520906.jpg
a0157297_17521485.jpga0157297_17522501.jpga0157297_17522970.jpg






さて、最後にヤマシャクヤクを。 もう大半の株は花が落ちていたけど、二株花が残っていた。 一週前は蕾、咲いているのを見たのは初めて。 いや、すばらしい。 (一番上の画像だけクリックすると大きくなります。是非大きな画像で) 石川さん@ありがとうございます!
a0157297_17523965.jpg
a0157297_17524652.jpg
a0157297_17525009.jpg





それにしても、この行程で会ったのは3人だけ。 シロヤシオ、満開なのにね。
でも、そんな八溝だからこそいいではないかとも思えるけどね。

[PR]
by 92robin | 2014-05-20 01:21 | その他茨城の山 | Comments(16)
八溝山 邂逅 僥倖
カテゴリを「茨城の山」、タグを「その他茨城の山」にしちゃったけど、
実際歩いたのは福島側。

さて、かねてからいろいろネット上ではお世話になっている石川@さん。
一昨年も石川@さんのヤマレコを見て八溝山のシロヤシオを見に行った
去年は八溝に行けなかったが、今年はシロヤシオ最盛期にいってやるぞと
張り切って出発。

結果から言うと、シロヤシオ最盛期にはちょいと早かった。
おそらく今週末あたりが最盛期となるであろう。

が、なんとなんとその石川@さんに会ってしまったのだ。
そしてお供させていただき、自生のアズママシャクナゲや
珍しいヤマシャクヤクを見ることができたという僥倖。

さて、みなさんも魅惑の八溝へ。

【概要】
■行程■
5/9(金)2307つくば発⇒2350県1のビーフライン入り口
⇒2420R118ビーフライン入り口⇒2433R118西金⇒2527山頂P
(帰路計測128km)

5/10(土)0700山頂P⇒1625山頂P

■GPSログ■
画像は2012年 05月 26日に歩いたものだけど、花の寄り道以外ほぼ同様。
ピンクの点は登山道外。黄土色の点は非舗装林道。
a0157297_21382512.jpg
駐車場やその他詳細については過去記事参照で。
携帯の電波は山頂駐車場OK。


【詳細】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/9(金)2307つくば発⇒2350県1のビーフライン入り口
⇒2420R118ビーフライン入り口⇒2433R118西金⇒2527山頂P
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
一昨年は行きは高速利用だったが、その時と10分程度しか変らない
というのは一体なんなんだろとか思いつつ山頂駐車場に到着。
筑波山の朝日峠のトンネルが開通したっていうのも大きいな~。
これで峠越えは道祖神峠だけになったもんね。

山頂Pではすばらしい星空。
a0157297_1094675.jpg




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/10(土)0700山頂P⇒1625山頂P
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、朝起きて山頂を散歩した後、支度をしていると
小さくクラクションを鳴らす車が。
ワタクシ、石川@さんのお顔は存じ上げておらなんだが、
車種は知っているw
「ひょっとして石川@さんですか?」


さあ、ここから石川@さんにお供させていただくことに。
a0157297_1095010.jpg



頭の中は蕾膨らむヤマシャクヤクがぐるぐると。
ああ、いったいどこにあるのだろう。
ひょっとしてシャクナゲの場所も連れてってくださったりして。
などと煩悩の嵐w
家を出るときは、シロヤシオが見られればいいと思っていたのにね。

トウゴクミツバツツジ、朝の陽に輝き美しく。
a0157297_1095381.jpg



標高を下げていくと咲いているのが出てきたよ出てきたよ~。
a0157297_1095524.jpga0157297_1095894.jpg



沢に近くなるとミヤマハコベがたくさん出てくる。
a0157297_1010021.jpg


咲き始めのコンロンソウもたくさんだ。初見初撮りのコチャルメルソウ。a0157297_1010384.jpga0157297_1010668.jpg


沢沿いにはニリンソウがたくさん。
最盛期を過ぎているとはいえキレイだ。
てか、八溝の沢はホントにキレイ。
a0157297_1010946.jpg











ここで山菜摘みw
かねてからモミジガサとヤブレガサの違いがよく分からなかったけど、
石川さんに教えていただいた~。
人によってはヤブレガサもモミジガサ同様に利用するみたいだけどね。


ラショウモンカズラも咲き始め。
a0157297_10101257.jpg
















木にオヒョウって札があるけど、オヒョウって魚いたよね?
a0157297_10101593.jpg


などと思いつつ、支沢を渡って尾根に取り付く。
この尾根はすごくシロヤシオの木が多いのだ。
a0157297_10101844.jpg
a0157297_10102294.jpg


咲いている所を写しているが、実際はまだ蕾のものも多い。

さて、八溝真名畑林道(未舗装)に出て、今度は鹿ノ又沢に降りる遊歩道へ。


カエデの花も美しく。
a0157297_10102568.jpg


こちらではヤマツツジも咲き始め。
a0157297_10102773.jpg



この遊歩道にはフモトスミレも咲いていたな。

鹿ノ又林道に出るとマルバスミレがたくさん残っていた。
a0157297_10103244.jpga0157297_10113641.jpg


そして、シロバナエンレイソウが。
しかも、ピンクっぽい。
a0157297_10115199.jpg









これなんか隣り合った株が白とピンクだもんね。
まったく参るわ~。
a0157297_10124369.jpg




林道沿いにはヤマブキがものすごい密度で。
a0157297_1012524.jpg





ヤマブキもすごい密度だけど、ヤマブキソウもこれまたものすごい。
一面にヤマブキソウのじゅうたんみたいなところがあった。
一昨年来た時にはここでヤマブキソウを初めて見て小躍りしたけど、
その時は時期が遅かったからホンの数株だったもんね。

ヤマブキソウ
a0157297_20333039.jpg

そして世にも美しい光景にココロ打ち震える。
ヤマブキソウと鹿ノ又沢。
a0157297_10161517.jpg






お昼にはシェフ石川のジェノベーゼ。
(((これがものすごくおいしいのだ)
なんてオシャレな食べ物だろう。
そして、駒の小屋(会津駒ね)オリジナルコーヒーも振舞って
いただいちゃった。
a0157297_1014389.jpg



a0157297_10141190.jpg





鹿ノ又沢から八溝林道に出る遊歩道もシロヤシオの木が多い。
いたるところにシロヤシオ。
だけど、ここのはまだまだ蕾が多いがきれいな尾根道で
歩いているだけで楽しい。
a0157297_10164356.jpg



画面左側の白っぽいのはシロヤシオね。
a0157297_10165458.jpg



上部はブナの大木が多い。
a0157297_1017770.jpg




林道八溝線(八溝真名畑林道とは別の舗装林道)まで上がって
舗装路を歩いて山頂Pまで戻る

駐車場手前の道路脇にはヒゲネワチガイソウが残ってた。
a0157297_10171693.jpg



画像は石川@さんひみつの場所で撮ったシロヤシオ。
アカヤシオもいいけど、私は断然シロヤシオが好きだ。
a0157297_1014225.jpg



a0157297_1014314.jpg



a0157297_10144638.jpg


アブラツツジ
a0157297_10151133.jpg



そして、八溝のアズマシャクナゲ。
a0157297_10132569.jpga0157297_10134149.jpg
a0157297_10135288.jpg




そしてそして、魅惑のヤマシャクヤク。
一株はもう少しで咲きそうだったのがニクいわ~。
a0157297_10162659.jpg



や~も~すばらしかった。
石川@さん、改めてお礼を申し上げます。


モミジガサ(シドケ)、胡麻和えとお浸しにしていただきました。
タカノツメはコシアブラご飯のようにしてタカノツメご飯で。
a0157297_11293841.jpg




[PR]
by 92robin | 2014-05-11 21:34 | その他茨城の山 | Comments(10)
スハマソウ
石川@さんに場所を教えていただいたので、今年こそは!と。

まだ蕾だった。
a0157297_17411162.jpg



しかしながらずいぶん毛がある。
a0157297_17411313.jpg




母種はキンポウゲ科ミスミソウ属のミスミソウ。
変種でオオミスミソウ、スハマソウ、ケスハマソウとあるけれども、
それぞれ分布や葉の先がとがってるか丸いかとか毛があるかとかで分けられるらしいけど、
葉の形状やら毛の具合なんかはけっこう曖昧みたい。


石川@さん、ありがとうございました!
[PR]
by 92robin | 2014-03-17 17:46 | その他茨城の山 | Comments(6)
鍋足山
ん~スハマソウが見つけられれば、タイトルを「県北某山」として
スハマソウの画像だけ上げようかと思ったんだけど、見つからなかったので
残念なレポ・・・いや、フツ~にレポします。笑

初、鍋足山です。

いや~石川@さんにヒントをもらって行ったんだけどなぁ~(つД`)

しかしながらダンコウバイはきれいだったし、シュンランもものすごい株数
だったし、アセビもキレイだったのでヨシとしまふ。

【概要】
■行程■
3/24(日)2240つくば発⇒ビーフライン経由⇒2420猪鼻峠
3/25(月)0900猪鼻峠駐車場⇒1350猪鼻峠駐車場

■GPSログ■ 下の図をクリックするとルートラボに飛びます



■駐車場について■
猪鼻峠ロードパークという駐車スペース、7~8台程度か。
トイレ、東屋あり。

■携帯電波■(ドコモ)
駐車場、551.7三角点ピーク、鍋足山山頂でOK




【詳細】
前夜発。
前に車がほとんどいないという稀有な状況で快速で到着。
下道レコードだなこりゃ。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3/25(月)0900猪鼻峠駐車場⇒1350猪鼻峠駐車場
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
前夜発としたのは、早立ちして、見つからなかったら笹原の方からも
登ってみようかと思ったから。
でも、起きられなくって結局9時発。

さて、出発。今回はソロ。
ログハウス風なのがトイレ。
駐車場のすぐ脇に登山口。
a0157297_2021489.jpg


後ろ向きの看板はこれ↓
a0157297_20215040.jpg



最初はスギやヒノキの林。
で、いきなり画像は551.7m三角点ピークから見た鍋足山。
ちなみにこの三角点は三等で「笹原入」
a0157297_20215370.jpg



ダンコウバイがキレイだな~。
a0157297_20215576.jpg



ちょうどアセビが咲き始まっていた。
とてもきれい。
a0157297_20215837.jpg



で、驚いたのがシュンランの多さ。ものすごい株数だった。
タチツボスミレもかわいく咲いていたな~。
タチツボスミレは今シーズン初かも。
a0157297_2021591.jpga0157297_20221130.jpg




石川@さんのヒントは岩壁下と落ち葉の堆積している所だったので、あっちへ
うろうろこっちへうろうろしてみるが見つからず、とうとう鍋足山に着いてしまった。(つД`)
a0157297_2022250.jpg



さて、引き返そう。
引き返す折にもピークを巻いたところではピークを通ってみたり、別の分岐で
少し降りて様子を見てみたり。

それにしても結構いくつかの小ピークがあるので、思いのほか堪えるな~。
(てか、今日はどうも体が重く感じた~)
a0157297_202254.jpga0157297_2022840.jpg



きれいなダンコウバイと三角点ピーク。
a0157297_20221559.jpg



そそくさと駐車場まで戻った。

今度は笹原から上がろうw
[PR]
by 92robin | 2013-03-26 23:24 | その他茨城の山 | Comments(16)