遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
大雪山縦走 反省w
at 2017-07-19 01:01
大雪山縦走 その3
at 2017-07-13 20:33
大雪山縦走 その2
at 2017-07-12 22:08
大雪山縦走 その1
at 2017-07-11 20:46
平山
at 2017-07-09 18:23
馬滝から愛宕山手前周回
at 2017-06-08 00:03
以前の記事
最新のコメント
はたけんさん そうで..
by 92robin at 22:59
hutatuyanos..
by 92robin at 22:52
bettyさん 私の..
by 92robin at 22:43
chikoやん も~..
by 92robin at 22:36
羨ましくないもん! ボ..
by はたけん at 21:51
いや~ パソコンの前の..
by hutatuyanosiki at 19:14
初日の化雲岳から一気に読..
by betty at 12:14
をぉぉぉぉ、素晴らしくよ..
by chikoやん at 12:43
はたけんさん それがね..
by 92robin at 22:17
今年の北海道、好天(暑す..
by はたけん at 21:33
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
タグ:スミレ ( 76 ) タグの人気記事
大雪山縦走 その3
二日目、三日目をその2でまとめようと思っていたのですが、ちょっと長くなったので三日目をその3とします。

ほぼ予定通りだった白雲岳までのその1は⇒こちら
日和ってヒサゴ沼まで行けなかったその2は⇒こちら

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7/5(水)0545忠別岳避難小屋⇒0700五色岳0750⇒0940化雲岳1010⇒1600天人峡
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
朝起きるとガスガス。
他の青年2人はガスガスの中出発して行ったけど、私はどうも出る気にならずしばらくしてから出発。
すると間もなく晴れてきました~!
ガスに浮かぶのは忠別岳
a0157297_16122334.jpg

稜線に出ると薄くガスが掛かるものの行く先が見えます。
a0157297_16122618.jpg

歩を進めるとガスがきれいに取れました。
あ、化雲岳は右のピークの奥かも。
クリックすると大きくなります。
a0157297_16123083.jpg

ホソバイワベンケイ、この縦走中ここでしか見なかったな。
a0157297_16123325.jpg

そしてどんどこ進み五色岳に着くとすばらしい展望。
五色岳山頂
a0157297_16123908.jpg

トムラウシ山、いいな~存在感あるな~。
a0157297_16124571.jpg

そして、旭岳方面。これまで歩いた道が見えるのは気分がいいものですよね。
クリックすると大きくなります
a0157297_16124820.jpg

そしてはっと息をのんだのが石狩岳方面のこの光景です。
これは五色岳の山頂から少し沼ノ原・石狩岳方面に行かないと見えません。
1~2分程度進むだけですから五色岳山頂に立ったら是非石狩岳方面へ。
クリックすると大きくなります。
a0157297_16124110.jpg


たっぷり景色を堪能して化雲岳へ向かっていきます。
ハイマツの下にはエゾイチゲ。
a0157297_16125135.jpg

エゾノツガザクラもあんまりこんもりしてはいないけど&咲いてるのが少ないけどあちこちに。
a0157297_16125404.jpg

五色岳~化雲岳はずっとトムと一緒。ホント「王冠」だな。
a0157297_16130759.jpg

実にいいですね~。クリックすると大きくなります。
a0157297_16125839.jpg

そしてまた出てきたジンヨウキスミレ。結構まとまってありました。(嬉)
a0157297_16130100.jpga0157297_16130447.jpg

化雲岳手前で木道が出てくるころになると、これがまたすばらしい花の風景です。
a0157297_16130962.jpga0157297_16131518.jpga0157297_16131806.jpg

そして、おお!時期的にまさか見ることが出来るとは思っていなかったリシリリンドウ!
しかしながら平開してない副萼片とかイイデリンドウに似てない?
花色はものすごいブルーでした。
a0157297_16131242.jpg

ひゃ~いいもの見たな~と踊りながら歩くと、ま~ホソバウルップソウがこれでもかってほど。
a0157297_16132329.jpg

そんでもってウルップソウとトム。
クリックすると大きくなります。
a0157297_16132114.jpg

もういっちょ大きくなる画像で。
とにかくこの光景に胸が打ち震えちゃうわけですよ。
a0157297_16132503.jpg

ここらへんはチングルマだらけ。ただし咲いてないw
a0157297_16132844.jpg

メアカンキンバイはホントにずっとずっとたくさんありました。
a0157297_16133329.jpg

そしてコマクサも。
a0157297_16133510.jpg

振り返って、え~と奥が五色岳かな。
a0157297_16133712.jpg

ええと、またしつこく大きくなる画像。花とトム。
是非大きな画像で。
a0157297_16133937.jpg

すばらしい花と山の光景にずっとこのままいたい気持ちになりますが、いけませんいけません化雲岳から天人峡まで5時間半もあるんだから進まねば。

そして化雲岳。
なん・・・だ・・と・・天人峡温泉11.5km・・・だ・・と?!
長いよww
a0157297_16134262.jpg

トムを背に自撮り。
a0157297_16134694.jpg

化雲岳から小化雲岳に向かって進みます。
a0157297_16134962.jpg

この間もなかなか花がきれいでした。
a0157297_16135119.jpg

a0157297_16135392.jpg

でもまだ残雪の上を歩く所がところどころ。
a0157297_16135548.jpg

その後はハイマツの中の道になり・・・
a0157297_16135770.jpg

第二公園手前では岩ゴロの足場のあまりよくない道となり・・・
第二公園周囲はこんなかんじ。落差は大きいし深い水たまりで足の置き場に苦労しました。
もうね、公園ってなに?
a0157297_16140088.jpg

それで第一公園辺りになると木道が出てくるわけですが、この木道の手前あたりからがアブがぶんぶん。
a0157297_16140431.jpga0157297_16140742.jpg

でも、まだ木道があるあたりはまだましで、木道がなくなってからがアブ地獄。
長袖着ているからと思っても服の上から嚙んでくるし、じゃウインドブレーカーでも着るかと思っても、とにかく歩調を緩めるだけで全身アブだらけになるので、とても足を止められないのです。
後半何とかウインドブレーカーを着ることができてだいぶましになりましたが、いや~ひどかった。
画像はアブだらけの道でなんとか撮ったブレブレの一枚。
a0157297_16141044.jpg

とにかくここを通るのなら防虫ネットをかぶって厚めのウインドブレーカーを木道手前から着ることですね。ハッカスプレーはあまり効果的ではありませんでした。
恐ろしい吸血アブに20か所以上噛まれてめろめろになって天人峡に下山となりました。
とにかく天人峡まで3時間以上アブに付きまとわれます。
たしかにね白雲岳の避難小屋で大雪山に詳しい方が言っていたっけ、アブがひどいから休憩を取るなら木道があるうちにって。(でも木道はるか手前からアブ)

ま、なんとかかんとか天人峡の公共駐車場に下山。
a0157297_16141255.jpg
タクシーを呼んで、旭岳の公共駐車場まで戻って、旭岳温泉勇駒荘で風呂に入ってFin.

最後のアブが一番過酷だったかもw


しかしながら、いや~大雪、イイ!
こんな山が近くにあればいいのになぁ。
化雲岳手前(化雲岳の東)のあの光景は素晴らしかったけど、今度行くって言ったらどこからのアプローチがいいんだろ?
天人峡-ヒサゴ沼泊-天人峡てのはないよね~。アブだし、ヒサゴ沼は稜線から標高差200mも下るし。
かといってトムラウシから上がってというのも遠いし。
ヌプントムラウシ温泉(沼ノ原)からってのがいいかなとも思うけど、登山口までの林道が崩落で通行止。
ちなみにクチャンベツからの沼ノ原も林道がダメ。(でも、こちらは来年位には通れそうって白雲岳小屋の管理人さんが言っていました)
う~ん、結構辿り着きづらいんだな。
だったら赤岳~小泉岳~緑岳辺りの花もいいから銀泉台か大雪高原温泉から入って白雲岳小屋泊まりってのがお手軽かな。
などと、次の大雪について思いを巡らせずにはいられません。


それでは長いこと読んでいただいてありがとうございました。
どんどはらい




[PR]
by 92robin | 2017-07-13 20:33 | 北海道の山 | Comments(8)
大雪山縦走 その2
大雪山縦走その1は⇒こちら
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、大雪山縦走その2です。

ヒサゴ沼泊のはずが手前の忠別岳避難小屋泊となった二日目。
二日目はずっとガスっていて、忠別岳を越えたところでは小雨が降ったこともありますが、とにかく広い大雪山に圧倒され日和りました。

とはいえ、天気のよかった三日目に化雲岳手前のすばらしい花と山の光景を見ることができましたから塞翁が馬。
二日目、三日目で花がよかったのは高根ヶ原分岐付近と化雲岳手前と小化雲岳手前です。季節が違うとそうでないのかもしれませんが。

でね、参ったのが、化雲岳から天人峡への下りなんです。
第二公園の途中からどうにも足場に困る水たまりの道だったのと、第一公園からがもう歩調を緩めることさえできないアブ地獄。

前置きが長かったですね。
さあ、始めましょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7/4(火)0530白雲岳避難小屋⇒1015忠別岳⇒1155忠別岳避難小屋
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、翌朝。
夜は雨予報だったのに雨は降らずでした。
だったらテント泊でもよかったかな~。まあ小屋泊だと撤収が簡単でいいですね。

いささかガスっていますがこの時点ではまだ行く先の忠別岳、その奥にはトムラウシ山まで見えました。
a0157297_16082176.jpg

小屋から少し降りたらチシマアマナにジンヨウキスミレ!
いや~今回はジンヨウキスミレにもう会えないかと思っていただけにうれしい~。
このジンヨウキスミレね、大雪山系の一部と札幌近郊の山の一部にしかないということなので貴重です。
唇弁が網目模様。(ちょいとこの個体はラフな網目)
ジンヨウは腎葉で、葉っぱが腎臓の形だからだそうな。
a0157297_16085161.jpga0157297_16092062.jpg

ジンヨウキスミレを見て「あははは~ん」と浮かれて歩けば、またどっちに向かうんだよ?的な残雪が。
a0157297_16095416.jpg


残雪を越えて行けば、おおハクサンイチゲが出てきましたよ。
エゾノハクサンイチゲだね。
a0157297_16095890.jpg

そしてキバナシャクナゲ&ジンヨウキスミレ。
a0157297_16102156.jpg

振り返って白雲岳を仰ぎます。
a0157297_16104096.jpg

そして高根ヶ原分岐前後がすごいったら。
チシマキンレイカ(タカネオミナエシ)
にエゾハハコヨモギ。
ピンが来てなくって恐縮ですがエゾハハコヨモギは大雪山固有種。
a0157297_16104531.jpga0157297_16104884.jpg

そしてホソバウルップソウがじゃんじゃか出てきました。
a0157297_16105157.jpg

かと思えばおなじみコバイケイソウ。
a0157297_16105700.jpg

エゾノハクサンイチゲもどっさり。
a0157297_16110001.jpg

エゾノハクサンイチゲとホソバウルップソウのコラボ。白×青はなんとすがすがしいことでしょう。ニクいわ~。
a0157297_16110697.jpg

そしていよいよ咲いているのが出てきたキバナシオガマ。
キバナシオガマは日本では大雪山と空知(空知っていうけど空知のどこの山なんでしょね)のみ。
a0157297_16110313.jpg

ホソバウルップソウにキバナシオガマ。ああ、もうThe大雪。
a0157297_16110865.jpg

で、意外にあちこちに多かったのがコマクサ。
おおきな群落はないのですが、もうところどころにコマクサ。
コマクサが幼虫の食草となるウスバキチョウが飛び回ってました。
a0157297_16111124.jpg

イソツツジもあちこちに。
a0157297_16111527.jpg

コケモモも。
a0157297_16111833.jpg

ガスっていてよく見えませんが、ここら辺は東側が切れ落ちています。
a0157297_16112154.jpg

咲いてないけどエゾツツジ、それにこれはおなじみハクサンチドリ。
a0157297_16112436.jpga0157297_16112817.jpg


歩を進め・・・
ガスっていて遠望が利かないのも萎えたな~。
a0157297_16113116.jpg

咲いてないけど、これはナガバノキタアザミかな。
a0157297_16113459.jpg

咲始めのウコンウツギ。
a0157297_16113814.jpg


忠別沼の辺りは木道がついてたり。
a0157297_16114197.jpg

まだ咲いてないのが多かったけど、エゾノツガザクラもたくさん。
a0157297_16114415.jpg

それとミヤマキンバイはそこここにたくさん。
a0157297_16114809.jpg


忠別沼を過ぎてひと登りで忠別岳です。
a0157297_16115188.jpg

忠別岳頂上の南斜面にはキバナシャクナゲとエゾノハクサンイチゲの群落。
a0157297_16115641.jpg

そして初見。現地ではなんだろ?だったミヤマオグルマ。
これも北海道の一部の山にしかないです。
a0157297_16115950.jpga0157297_16120269.jpg

ヒメイソツツジも出てきました。
イソツツジとの違いは葉っぱの幅。細いです。
これも大雪山と道東の一部の山の分布。
a0157297_16121274.jpg

そしてチシマヒョウタンボク。
花が白いオオヒョウタンボクとは花色が違って紅紫色。
ちなみに赤い実が成るけど毒だからたべたらいかんですの。
a0157297_16120868.jpg

で、忠別の下り途中で小雨。カッパ着用。

さて、忠別岳を下って行って稜線から標高差約70m下に忠別岳の避難小屋。
忠別の小屋はあんまり下らないからいいな。
途中から雪渓となります。
a0157297_16121575.jpg

まあなんせまだお昼。
誰もいないかな?と思われた小屋ですが、なんと白雲岳の避難小屋で一緒になった青年がいるではないですか。
彼もヒサゴ沼まで行くつもりが気持ちが折れてさっさと忠別の小屋に入ってしまったらしいw わかる~w
で、しばらく後に前泊は黒岳の石室だっという青年が来ました。
彼もヒサゴ沼まで行くつもりがなんかバテたし、膝の調子がよくないということで忠別。
結局、小屋は3人で、みんなヒサゴ沼脱落組w
で、テン場は一部雪から出ていたんですけど、地面も湿ってるし小屋も3人で余裕なのでまたしてもテントは出さずに小屋泊w
黒岳石室前泊青年もテントは持ってきているけど、小屋も余裕だし快適だからとテントは出さず。

小屋についてしばらくすると雨もすっかり上がって晴れ間も見えてきました。
なんたって時間がありますから、みんな雨に当たった衣類を干したり、雪渓をうろうろしたり。
そうそう、小屋の周りや雪渓上部で灌木がでているところは、ものすごい密度でノゴマがいてさえずっていました。
小屋からの忠別岳と小屋前の雪渓。
クリックすると大きくなります。
a0157297_16121899.jpg


二日目と三日目を一部でまとめようかと思ってましたが、どうもえらく長くなりそうなので分けますね。
まだしばらくお付き合いください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
北海道遠征1登目の平山は⇒こちら
大雪山縦走その1は⇒こちら
大雪山縦走その3は⇒こちら
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



[PR]
by 92robin | 2017-07-12 22:08 | 北海道の山 | Comments(0)
大雪山縦走 その1
北海道遠征、1登目の平山は⇒こちら

さて、いよいよ大雪山縦走です。
2014年の北海道遠征時、この縦走の準備として
1、大雪山を遠くから眺める⇒ニセイカウシュッペ山
2、大雪山の一角を登ってみる⇒銀泉台からの赤岳と小泉岳
と我ながらなかなかの用意周到ぶり。

今回は、旭岳から天人峡へとぐるっと縦走。
予定では、
<Plan1>
Day1 旭岳ロープウエイ⇒旭岳⇒北海岳⇒白雲岳避難小屋(テント泊)
Day2 白雲岳避難小屋⇒忠別岳⇒五色岳⇒ヒサゴ沼避難小屋(テント泊)
Day3 ヒサゴ沼避難小屋⇒トムラウシ山⇒ヒサゴ沼避難小屋(テント泊)
Day4 ヒサゴ沼避難小屋⇒化雲岳⇒天人峡

<Plan2>
Day1 旭岳ロープウエイ⇒旭岳⇒北海岳⇒白雲岳避難小屋(テント泊)
Day2 白雲岳避難小屋⇒忠別岳⇒五色岳⇒ヒサゴ沼避難小屋(テント泊)
Day3 ヒサゴ沼避難小屋⇒化雲岳⇒天人峡

Plan1は天気の条件がよければ3泊4日で3日目をトムラウシ山ピストンの※ゴールドプラン。
Plan2はトムラウシピストンをなくした2泊3日のシルバープラン。
※公共の交通機関を利用するならば2泊3日でトムラウシを抜けて新得側に降りちゃうのが普通です

としたのですが・・・まあ、実際の行程はこのようになりました。
Day1 旭岳ロープウエイ⇒旭岳⇒北海岳⇒白雲岳避難小屋(小屋泊)
Day2 白雲岳避難小屋⇒忠別岳⇒忠別岳避難小屋(小屋泊)
Day3 忠別岳避難小屋⇒五色岳⇒化雲岳⇒天人峡

特に天候が大荒れだったとかではないのですが、日和ったねワタシww
いや、大雪の広さに圧倒されたわけですよ。

昔の俳人が、「山の高さを知りたいなら富士山に登れ、山の広さを知りたいなら大雪山に登れ」と言ったそうですが、いや、大雪、ホントに広かった。

【概要】
a0157297_23101957.jpg

■行程■
7/3(月)0730ロープウエイ姿見駅⇒1005旭岳1020⇒1235北海岳⇒1445白雲岳避難小屋
7/4(火)0530白雲岳避難小屋⇒1015忠別岳⇒1155忠別岳避難小屋
7/5(水)0545忠別岳避難小屋⇒0700五色岳0750⇒0940化雲岳1010⇒1600天人峡

■駐車場について■
旭岳ロープウエイ駐車場は有料(一日500円)、そのすぐ手前の無料公共駐車場を利用。

■携帯電話■ mineo-ドコモ
可:旭岳姿見駅、旭岳山頂、白雲岳避難小屋の2階窓際、忠別岳、五色岳、化雲岳、第二公園手前、天人峡
不可:忠別岳避難小屋
その他は未確認

■装備■
軽アイゼン⇒使用しなかった
泊まり装備:モンベルU.L.ドームシェルター1型、イスカ150X+シュラフカバー
夜間最低気温は6℃~8℃
⇒テント泊装備だったが2泊とも避難小屋泊。二日目6℃はこの装備ではやや寒かった
■利用した水場■
白雲岳避難小屋の水場
忠別岳避難小屋の水場(小屋から雪渓を100m位降りていくと水の流れがあります。雪渓尻の水)
いずれにしても北海道なんで水は浄水器(スーパーデリオス)使用。

■その他■
★天人峡からの戻りはタクシー利用、5230円。
 (千鳥ハイヤーを利用しましたが東交ハイヤーの方がいいかも。東交ハイヤーは東川町に営業所があるのを帰りがけに発見。つまりタクシーを呼んでから来るのが早いかと思われます。他はおそらく旭川市内か旭川空港あたりから来るのか呼んでから45分位かかることになります。)
★避難小屋のトイレは使用した紙は持ち帰り。
★白雲岳避難小屋は夏シーズンのみ管理人が入り、料金1000円。テン場は300円。
★忠別岳避難小屋は管理人なし、無料。
★天人峡から旭岳ロープウエイ駅までは山と高原地図などによると登山道がありますが一部崩落しているようで、白雲岳避難小屋の管理人のいうことには少なくとも荷物を背負っては絶対行かない方がいいということでした。
事前調査でも直近の記録が見つからなかったし、数年前の数少ない記録でも(一つしか見つからなかった)すでに崩落していたので、ここは歩かずタクシーで戻る計画にしました。


【詳細】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7/3(月)0730ロープウエイ姿見駅⇒1005旭岳1020⇒1235北海岳⇒1445白雲岳避難小屋
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、下界駐車場の出発時の天気は濃霧~霧雨的な感じ。
う~む、そんな予報じゃなかったはずだけど。
まあ、雨雲の動きを見ると好転するようなので時間を少し遅らせてロープウエイに乗り込みます。
ロープウエイ駅乗り場には上の姿見駅からの旭岳ライブ画像が映っていたのですがなんと晴れてる!
こんなで?と思いつつロープウエイで高度を上げていくと陽が差してきました。おお。
ロープウエイを降りて少し歩けばこんな。感動的に晴れている!
a0157297_23102799.jpg

旭岳に向かって登っていくとキバナシャクナゲがたくさん。
a0157297_23103129.jpg

ショウジョウバカマも。
a0157297_23103355.jpg

ジムカデも。
a0157297_23103516.jpg

振り返ればすでに遠くに姿見駅。
この画像の左手はエゾノツガザクラかと思われる群落。咲いてないのが惜しい~。
今年の北海道はどうも春が遅いらしいみたい。
a0157297_23103782.jpg

咲いてないかな~ときょろきょろしながら歩いていると咲いているのも少し出てきました。
私、このエゾノツガザクラ好き。
分布としては東北にもあるってことだけど見たことないもんね。
ワタシ的には北海道の花。
a0157297_23104033.jpg

なんだかんだずっとあるのがメアカンキンバイ。
a0157297_23104306.jpg

火山ガスがもくもくしている旭岳。
a0157297_23104535.jpg

しばらく歩くと旭岳の岩室。緊急時のみ使用可ということらしい。
a0157297_23104794.jpga0157297_23105193.jpg

まあ、とにかくいやというほどキバナシャクナゲ。
3日間すべての行程でわんさか出てくるけど、本州では2600m程度以上の高所でないと出てこないので見飽きる位なのは贅沢なことですな。
a0157297_23105465.jpg

そうこうしているうちに旭岳が近くなってきましたよ。
a0157297_23105701.jpg

9合目表示あたりからはもう素晴らしい展望。
二日目の縦走路がよく見えました。
雲が掛かってますが十勝の山も見えます(右奥)。
(クリックすると大きくなります)
a0157297_23110084.jpg

ちょいと黒岳方面を見やれば、本日の行程と、2014年に登った赤岳や小泉岳、奥にニセカウ、おととい登った平山も見えます。
公共の交通機関を使うのなら黒岳から入るのもいいですね。
a0157297_23110344.jpg

そしてもうひと登りで旭岳山頂。
a0157297_23110634.jpg

さあ、裏旭に下って行きます。
途中にジムカデがたくさん。メアカンキンバイも。
a0157297_23110905.jpg

で、途中から残雪歩き。
でも、雪がやわらかいし斜度もないので安心。
緑の丸印が裏旭のテン場。テレマークスキーの人が一張。
a0157297_23111128.jpg

キバナシャクナゲに囲まれたテン場なんていいな~。
a0157297_23111342.jpg

ちなみにチングルマの群生が見事といわれる裾合平経由で・・・とも考えましたが、どうも今年は残雪も多いようなのでまだ咲いてないだろうと思ってやめときました。

イワウメもあちこちにへばりついてます。
a0157297_23111606.jpg

旭岳を降りて裏旭を見やればこんなに雪がべったり。
a0157297_23111870.jpg

コメバツガザクラあり~の。
ミヤマタネツケバナ、チングルマもようやく咲いているのがちらっとあり~の。
a0157297_23112293.jpga0157297_23112817.jpg

それで、キバナシャクナゲとともにずーっとたくさんあったのがミヤマキンバイ。
a0157297_23113891.jpg

間宮岳の登り途中から南方面を見やれば、あ~ら忠別岳へのだだっぴろい稜線。
(だなんてね。二日目にこのだらだらした行程に嫌気がさして予定変更となるとはこの時は思わずw)
a0157297_23113699.jpg


まあ、とにかくどんどこ歩けって。
a0157297_23112459.jpg

キバナシャクナゲは美しい。
a0157297_23114202.jpg



間宮岳あたりから、黒岳方面。
a0157297_23114452.jpg

そしていよいよ北海岳と白雲岳が見えてきました。
a0157297_23114628.jpg

そこらへんには、エゾタカネスミレが一面に咲いているところも。
いや~これまでも葉っぱだけはあったんだけどなかなか咲いているのがなかったんでこれはうれしい~。
a0157297_23114969.jpg

エゾノツガザクラも咲いたばかりのがぽつぽつと出てきます。
a0157297_23115145.jpg

そして北海岳。
黒岳から入って白雲岳に向かう場合も分岐になる地点です。
a0157297_23115347.jpg

北海岳を通過して白雲岳に向かいます。
それにしても、大雪山、色の名前の山が多いですね。
黒岳に白雲岳、赤岳、緑岳と。
a0157297_23115554.jpg

この北海岳~白雲岳間の花がすごかったです。
3年前に行った小泉岳のあたりと同じような植生。
でも、チョウノスケソウはここではついぞ見つからなかったな。
小泉岳あたりよりはちょっと花の数も種類も少ない気がします。
まあ、そもそも花が遅くってまだ咲ききってない感じです。
a0157297_23115859.jpg

キバナシオガマもたくさんありましたが、まだ咲いてないOrg
a0157297_23120043.jpg

a0157297_23121310.jpg

ミネズオウにまだ蕾のチシマクモマグサ。
a0157297_23121558.jpga0157297_23121990.jpg


イワウメを烏帽子岳バックに。
a0157297_23121707.jpg

咲いてないけどイワヒゲ。ここまでヒゲヒゲしているイワヒゲは初めて見た~。
なるほど髭だよね。
a0157297_23122156.jpg

なんてやってると白雲岳目前。
a0157297_23122337.jpg

花が多いと足も軽いです。
a0157297_23122593.jpga0157297_23122703.jpg


白雲岳山頂に向かう道はスルーして白雲岳避難小屋へ。
お~随分下るな~。
a0157297_23122912.jpg

下る途中から見た小泉岳~緑岳の稜線。
花を見るならここ、銀泉台から赤岳~小泉岳~緑岳がおすすめ。
a0157297_23123162.jpg


エゾイチゲなんかがさいてますけど・・・、避難小屋への道は川となってます。
a0157297_23123681.jpga0157297_23123824.jpg

小屋直前に水場。
この後の小屋、忠別岳避難小屋にしても行かなかったヒサゴ沼避難小屋にしても結構稜線から降りたところにあるんですよね。これってみんな雪渓尻の水を水場にするためってのもあるのかしらん。とにかく水場と言う水場は雪渓からの水。
a0157297_23124122.jpg

小屋前にはミヤマアズマギクがありましたっけ。
a0157297_23124498.jpg

で、テント泊のつもりだったのですが、どうも予報では夜に雨、また小屋も空いているようなので小屋泊まりとしました。
小屋は12人くらいで余裕。


さて、大雪山縦走 その1はこれでおしまいです。

その2はヒサゴ沼まで行くはずが忠別岳避難小屋泊まりになる二日目と、晴天の中トムラウシを見ながら花の中を歩く三日目です。三日目はうっとりする素晴らしい花の風景と、化雲岳からの下りのアブ地獄という両極端な醍醐味w


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
頂上まで行かなかった北海道1登目の平山は⇒こちら
大雪山縦走その2は⇒こちら
大雪山縦走その3は⇒こちら


[PR]
by 92robin | 2017-07-11 20:46 | 北海道の山 | Comments(2)
平山
平山?
平山って?

と思ったでしょ?
それはですね、ニセイカウシュッペ山の南東5km位にある峰続きの山。
ちなみに平山の峰続きの北には比麻良山(ひまらやま)という名前の山が
あったりしてちょっと面白いですね。だってヒマラヤま、よ?

ま、それはいいとして、平山は3年前に北海道に行ったときの大雪山ふもとの温泉で
幾人かにニセカウよりも花が多いと聞いたので行ってみました。

そう、3年ぶりの北海道遠征です。ソロ。

では、1登目の平山レポ。
条件が良ければ平山の隣の比麻良山までピストンできるといいな、とか思いながら出発。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7/1(土)0710平山登山口P⇒1020稜線⇒1225平山登山口P
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
まず、前日夜入り。
30日の20時過ぎにフェリーを下船して登山口着は翌1時40分。
登山口手前はダート9km位だったかな。フラットダート。普通の乗用車でも余裕。
a0157297_17124712.jpg


駐車場は登山口と手前100mにありますが、登山口スペース手前には
「ここから先は一般車進入禁止」の看板が。
ネットでの情報ではみんな駐めているみたいだったけど、いちおう手前の駐車場に。
登山口駐車場。画像は帰りに写したもの。
a0157297_17125523.jpg

手前駐車場。やはり画像は帰りに写したもの。
a0157297_17133411.jpg


さて、歩き出します。
単管パイプで組んだ橋を幾つか渡っていきます。
a0157297_17133993.jpg


ツバメオモトがたくさん花をつけていました。
a0157297_17134395.jpg

ツルシキミはところどころに。
a0157297_17134717.jpg


オオバミゾホオズキはあちこちにたくさん。
a0157297_17125068.jpg

ノウゴウイチゴもあちこちに。
a0157297_17135326.jpg

新緑美しい谷沿いの道を進んでいきます。
a0157297_17135830.jpg

サンカヨウがごっそりあるところも。サンカヨウはキレイね~。
a0157297_17140392.jpg

エゾエンゴサクが出てきた。
やっぱりエゾエンゴサクは大柄だ。
a0157297_17140783.jpg

ミヤマハンショウヅル、ツマトリソウ。
a0157297_17141269.jpga0157297_17141732.jpg

ムラサキヤシオツツジが満開。
a0157297_17142278.jpg

そして・・・これは何サクラなんだろ?チシマザクラなんだかカスミザクラなんだか。
とにかく花柄と葉に毛がある。
a0157297_17142809.jpg

そしてずっと手前からちらほらあったミヤマスミレとキバナノコマノツメ。
やはりスミレは美しい。
a0157297_17143153.jpg

a0157297_17143423.jpg

北海道では初めて見た気がするエゾハタザオ(岩手山でしかまだ見たことなかった)
と、初見なフユユキノシタ!
a0157297_17143788.jpga0157297_17144167.jpg

アカバナ・・・何アカバナかな?
a0157297_17144377.jpg

そしてこれも初見のハクセンナズナ。やっぱ初見な花は萌える~。
a0157297_17471346.jpg

それで、すごかったのがエゾノリュウキンカ。
すこし下の方は終わっていたけれども、沢沿いにたくさんで支沢などはうめつくすほど。
雪渓脇の咲始めはとてもキレイ。
a0157297_17144956.jpg

でも、これが伸びだすと60㎝位になってとてもリュウキンカとは思えない風情に。
a0157297_17152850.jpg

向かいの斜面はエゾノリュウキンカで埋め尽くされています。
a0157297_17145342.jpg

まあとにかく沢沿いの道はエゾノリュウキンカだらけ。
a0157297_17152522.jpg

で、沢の源頭部あたりから雪渓が出てきます。
これが3つくらい出てくるんだけど、ひとつめが結構急でしかもこの日は雪が少し硬かった。
少しツボ足で進んだものの、蹴ってもなかなか安定してステップを作れずで途中から軽アイゼン装着。
急な所の途中でつけるのは緊張を強いられました。
始めから着けとけばよかったのにね。
a0157297_17145503.jpg


稜線手前になってキバナシャクナゲ。
a0157297_17145936.jpg

ほぼ稜線に出てエゾノツガザクラ、イワウメ。
a0157297_17150247.jpga0157297_17150632.jpg

そして、咲いてないけどウスユキトウヒレン。
3年前も思ったけど、咲いたの見たい。
ちなみに北海道固有種ね。
a0157297_17151015.jpg

で、稜線に。
でも、体がふらつくくらいの強風。
a0157297_17151312.jpg

山頂方向に脚を向けるもガス&強風。
なので、もう撤退w
a0157297_17151560.jpg


さて、下ります。
雪渓脇の緑はまだ初々しさを見せてくれます。
a0157297_17152201.jpg

これはヒメイチゲでいいんだよね?
どうも北海道は本州と植物がちょいと違うことが多いからホントにいいのかどうか
わからなくなっちゃいますね。
a0157297_17151877.jpg

これはコヨウラクツツジ。
a0157297_17153169.jpg


渡渉が一か所。
岩にヌルがついてないので滑らないからよかった。岩飛びでぴょんぴょんと行けました。
a0157297_17153541.jpg




1登目、平山はおしまいです。
ワタシ的には花としてはニセカウの方がよかった気がするな。
稜線を進めばまた違ったのだろうけどね。
まあそれも登ってみないことにはわからないことだから仕方ない。

さて、2登目は(というか今回は2登のみ)ですね、大雪山縦走です。
乞うご期待。


わくわくの大雪山縦走は⇒こちら



[PR]
by 92robin | 2017-07-09 18:23 | 北海道の山 | Comments(8)
4月 宝篋山
さて、upが遅くなりましたが4月も終わりの宝篋山。
4/23の宝篋山です。

スミレはタチツボスミレ以外はほぼ終わりで、ヤマザクラは終盤。
ちなみに下界の平地ではウワミズザクラが満開の状態でした。

今回は珍しくR125からの小田城コース⇒山頂⇒極楽寺⇒純平歩道⇒小田城コース。
まあ、なぜかってね?
小田休憩所Pが満車だったのですよ。
なのでR125の駐車場からスタート、同行はダンナさん。

駐車場から少し南へ歩いたところから山側へ入ると、あらオドリコソウ。
a0157297_14403324.jpg


で、神社が二つ出てきた。
あら?そんなの初めて見たよ。
なんだか新鮮ね。
a0157297_14403706.jpg


山の中はまさに新緑。
a0157297_14404039.jpg


チゴユリなんかも咲きだしてた。
a0157297_14404330.jpg


ヤマザクラは終盤だけど、ずいぶん残っていた。
a0157297_14404622.jpg


サルトリイバラ、ヤマツツジ
a0157297_14405080.jpga0157297_14405375.jpg


見下ろせば全力で春。
a0157297_14405666.jpg


でも、スミレはタチツボスミレだけ。
あ~常願寺の方に降りればニオイタチツボスミレやスミレがあっただろうに。
a0157297_14405866.jpg


春に咲くのにナツトウダイ。
a0157297_14410133.jpg


山頂でたけのこご飯食べて下山。
極楽寺コースと純平歩道が出会うところの沢にニリンソウ。
a0157297_14410558.jpg


たまには違うコースもいいけれども、足元の花はやっぱり極楽寺、常願寺かな。

[PR]
by 92robin | 2017-05-05 14:55 | 筑波山系 | Comments(0)
2017 角田山・弥彦山
さて、花の季節となりました。
オオミスミソウを見に角田山と弥彦山へ。

みなさんのレポを見てみるとあれ?3月半ば過ぎくらいで
随分咲いていたようなので、ちと遅いかな?と思いつつGo~!
昨年は行きそびれたから今年は見たいよ、オオミスミソウ。

同行は花なんぞちっとも興味のないダンナ。

■行程■
4/1(土) 
0430つくば発⇒北関東道桜川筑西IC⇒関越道⇒北陸道巻潟東IC⇒0815角田浜P
0845角田浜P⇒桜尾根⇒1020角田山頂上1045⇒灯台コース⇒1200角田浜P
4/2(日)
0710八枚沢登山口P⇒雨乞尾根⇒0900弥彦山山頂0930⇒妻戸尾根⇒1040八枚沢登山口P

駐車場などの詳細情報は過去記事参照。
角田山  
弥彦山

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4/1(土)0845角田浜P⇒桜尾根⇒1020角田山頂上1045⇒灯台コース⇒1200角田浜P
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
前半はうす曇りでなかなか花が開いてはくれませんでしたが、
またそれもなかなかに風情がある面持ちです。
a0157297_14114278.jpg
a0157297_14121208.jpg


角田山のいい所は登り始めから大株が出てきて見応えがあるところだと思いますが、
ま~人が多い。
さらに2団体と前後することになって渋滞。

しかしながらオオミスミソウは美しい。
a0157297_14114805.jpg
a0157297_14115351.jpg
a0157297_14122281.jpg

そしてスミレサイシンもちらほらと出てきます。
やはりスミレは美しい。
a0157297_14115898.jpg

カタクリもありますが、陽が当たらないので良く開かず。
a0157297_14122137.jpg

し~ばらく登るとキクバオウレンが群生しているところがあります。
オウレン好きな私は喜びの舞。
a0157297_14130077.jpg

a0157297_14125155.jpga0157297_14123001.jpg


そうしているうちに頂上着。
一休みして灯台コースを下ります。

うす曇りでしたが、春が躍るようです。
a0157297_14123831.jpga0157297_14120184.jpg

コシノカンアオイみっけ!
a0157297_14124062.jpg

下部には実をつけたキヅタがたくさんありました。
a0157297_14124529.jpg

さあ、エンディングの灯台へ。
a0157297_14125001.jpg


角田浜に降りた後は寺泊の市場通りで浜焼きなどを食すうちに食い気が走り、
お寿司やらなにやらと海産物をいただきました。
あれ?さっき山頂で昼を食べたような気がしたのはきっと気のせいに違いない。

で、とりあえず道の駅国上(くがみ)で風呂に入って、夜は燕市の回転寿司屋「廻る鼓響」へ。

車中泊、そして翌朝は弥彦山です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4/2(日)
0710八枚沢登山口P⇒雨乞尾根⇒0900弥彦山山頂0930⇒妻戸尾根⇒1040八枚沢登山口P
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
夜のうちに結構な雨が降りさらに冷えたようで、車のフロントガラスが凍っていました。
あら。ぬるぬるかしら?登山道・・・と思いつつも八枚沢登山口にGo~。
さすがにこの時間だと2台目の到着となり余裕で駐車。
(帰りは道路わきに駐めた車がスカイライン手前までありました)

さて、まずスミレサイシン。
まあ、前日の角田山と近いんで花の種類がかぶるところが多いですが載せますw
a0157297_14132763.jpg

この八枚沢コースはカタクリの群生が素晴らしいのですが、陽は当たっているものの
ちょっと朝が早いからかまだしっかり開いてませんでした。
a0157297_14135790.jpg

陽を受けてミチノクエンゴサクが美しいです。
a0157297_14140023.jpg

日陰になったミチノクエンゴサクももちろん美しい。
a0157297_00152233.jpg

アブラチャン咲始め。
a0157297_14133627.jpg

毎度分からないのがこれ。
a0157297_14140647.jpg

そうこうしているうちに弥彦山が見えてきました。
ねえ、木々の緑が動く前に足元にはこんなにも春。
a0157297_14134462.jpg

北を見ればまた美しい。妙高火打あたり?と思ったけどカシミール先生に
よると米山らしい。
a0157297_14143115.jpg

ナガハシスミレも。別名テングスミレっていうけど、私にはちょんまげに見えて仕方ない。
a0157297_14135460.jpg

アオイスミレも今年はたくさんありました。
カタクリもいたるところに。
a0157297_14141147.jpga0157297_14141797.jpg


標高400mあたりから昨日降ったかと思われる雪が。
ナニワズとキクバオウレン。
a0157297_14144656.jpga0157297_14142382.jpg

ここらへんから上のカタクリはまだまだ蕾でした。
a0157297_14150132.jpg


さて、そうこうしているうちに頂上。
今度は下山後昼食とするために、抜かりなく軽く補給程度にw
そして、妻戸尾根を下ります。

マンサクもまだそれほど咲いているわけではありませんでした。
春が早いかと思われたのは3月半ばまででそれから低温続きだったからかな?
a0157297_14143792.jpg


妻戸尾根の上部はオウレンが多いので楽しみでした。
オオミスミソウもそりゃ~いいけれども、オウレンもたいそう好きなのです。
なんともはや美しい。
a0157297_14151190.jpga0157297_14151478.jpg


なかよくお集まりな皆さん。なんだか楽しそうです。
a0157297_14151786.jpg


ああ、すばらしいな。
a0157297_14151905.jpg
a0157297_14145796.jpg


下部になってようやく開いているキクザキイチゲが。
いや、これまでもたくさんあったのですが、みんな開いてなくって。
a0157297_14150147.jpg


で、終了~。

さて、一昨年寄って気に入った弥彦のラーメンたかみちに行くか~と思ったら、なんと休業中。
え~~~ということで、燕三条ご当地ラーメンの元祖「杭州飯店」へ。
なんと行列店だったOrg
普段は行列には並ばないのだけれども、せっかくなのでイベント気分でならんじゃおう。
a0157297_14152964.jpg

背油たっぷりでたいへんかな?とも思いましたが、なんのなんの。
まったくしつこさを感じずに食せます。
麺がまた個性的。うどんに近いような組成と太さ。
やや、大変おいしゅうございました。
今度行ったらあの大きい餃子も食べよう。

と最後は花より団子的な感じになりましたが、春の遠征第一弾終了です。

[PR]
by 92robin | 2017-04-04 00:54 | 越後の山 | Comments(6)
焼石連峰 東焼石岳
いや、もうすばらしかった!の一言です。
タイミングも天気もばっちりでした!
水と緑と花の焼石、堪能しました~。


【概要】
■行程■
6/10(金)2000つくば発⇒常磐道⇒東北道⇒2410平泉前沢IC⇒2445中沼登山口
6/11(土)0550中沼登山口⇒1020姥石平⇒1125東焼石岳⇒姥石平⇒1425中沼登山口

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
中沼登山口の駐車場は約50台程度。
国道からのアプローチは非舗装林道になるが、車高の高い車でなくても大丈夫。
実際、駐車場にある車の大半が普通のセダンとかそんな感じの車。
(ただし、非舗装林道の状況は変わりますのでご注意を)
トイレあり。

■水場について■
銀明水避難小屋前の銀明水

■携帯電話■(mineo/ドコモ)
登山口駐車場は圏外。その他は不明。


【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/11(土)0550中沼登山口⇒1020姥石平⇒1125東焼石岳⇒姥石平⇒1425中沼登山口
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
計画当初はえぶり差岳か焼石か、でした。
しかし今年は飯豊も少雪だったようで5月の28-29あたりで咲きそろい、
6月の4-5あたりで満開は満開だけどもう花を落としているものもあったとか。
byやまさん
ん~ならばこの週末はもう遅い・・・と焼石連峰へ。
昨年私がえぶり差岳(てか頼母木だ)の時にのんびり夫婦の山遊びさんが
焼石のハクサンイチゲ満開のレポを見てうらやましかったのです。
だいたいにしてで、今さらながらだけど焼石の方が遅い?

とまあ、2週連続の岩手です。
で、今回はソロですからちょっとしんどいかなとも思いましたが、
まあ、天気予報も良好、ハクサンイチゲもちょうど週末辺りが咲き揃いそう
ということでこんなチャンスはそうそうないと職場から飛んで帰って一路岩手へ。
だって、ちょうど東北も梅雨に入るかどうかっていう時期、こんな良い天気
逃す手はないですよね。
だいたい焼石大好きだし。


前置きが長かったですが、夜着で中沼登山口Pへ。
2450着で駐車場は4割の入り。
星のきれいな夜でした。
a0157297_21092507.jpg


さて、朝~。
起きた5時15分の時点でもう満車。
a0157297_21092947.jpg


駐車場左奥の登山口からスタート。
樹林帯の中をずいずい上ります。
しばらく行くと、ツクバネウツギ。
花が大きいのでオオツクバネウツギかな?とも思いましたが、
オオツクバネウツギは萼片の一つが極端に小さいか欠落するということなので
これはツクバネウツギでよいかと思います。
【訂正追記】と思ったけど、葉っぱが大きく光沢があるからおそらくウゴツクバネウツギ。
a0157297_21093536.jpg

進んでいくと中沼と焼石連峰。
もう、水面に映る緑と焼石の美しさに見惚れるばかり。
(クリックすると大きくなります)
a0157297_21094010.jpg

湖畔の(いや、沼か)森にはヒメモチ、コヨウラクツツジ
a0157297_21094359.jpga0157297_21094512.jpg

ツルシキミ
a0157297_21094862.jpg


登山道は木道だったり、普通の道だったり。
沢沿いを歩く所が多いのも焼石の良い所。(中沼からしか登ったことないですけどw)
a0157297_21095053.jpg

オオバミゾホオズキやらカラマツソウも出てきます。
a0157297_21095388.jpga0157297_21095620.jpg

リュウキンカはもうたくさん。
a0157297_21100702.jpg

シラネアオイもぽつぽつと。
a0157297_21101120.jpg

なんてやっているうちにミツガシワ満開の上沼。
いや~ほんと満開で見事。
ただ、群生しているところは登山道から離れているので近くで見られないのがちょっと惜しい。
a0157297_21102393.jpg

a0157297_21102121.jpg

近くにあるのは少しだけ。
a0157297_21102736.jpg

上沼周辺にはハクサンチドリがたくさんありました。
a0157297_21101829.jpg


進んでいくと、リュウキンカが見事。
a0157297_21102987.jpg

a0157297_21122866.jpg

つぶ沼分岐辺りの雪田には出たばかりのミズバショウ。
a0157297_21103772.jpg



登るにつれ、フレッシュなミズバショウが。
a0157297_21124547.jpg

上沼あたりから花を撮りに来たおじさんと一緒に歩きました。
おじさん青森からで、なんとフィルムカメラなんですと。
おじさんと花の話で盛り上がりつつ銀明水避難小屋到着。
銀明水はかわらずの冷たさとおいしさ。
a0157297_21124891.jpg

もう少し休んでいくというおじさんにしばしの別れを告げ(どのみち上できっと会う)
先へ進みます。

ミヤマメシダもところどころに。
a0157297_21125148.jpg

ここら辺になると水芭蕉も見ごろ。
a0157297_21125381.jpg

a0157297_21125734.jpg

もうね、きらっきら。
a0157297_21130398.jpg

とにかく何もかもがきらっきらに輝き、美しすぎます。
感嘆のため息をつきつつ進みます。
a0157297_21130720.jpg

や~ほんとたくさん出てくるミズバショウ。
咲きたてで香りますので鼻をすんすんさせて歩きます。
a0157297_21131067.jpg

おやおや?もうミヤマキンポウゲが咲きだしてるよ。
a0157297_21131998.jpg

オオバキスミレもたくさん!
a0157297_21131301.jpg

ここら辺になると残雪が出てきて緑の山がますます美しく見えます。

下の沢沿いでは咲いてなかったのに、咲いているカラマツソウが幾株か。
イワイチョウも気の早いのが咲いていました。
a0157297_21132947.jpga0157297_21133341.jpg


それとこれまでもあちこちにあったミヤマツボスミレですが、もうわっさ~と咲いているところが。
陽を受けてますますきれい。
a0157297_21133695.jpg

おおお~とか言ってたら、ん!ヒナザクラ!
これもわっさ~と。
a0157297_21134204.jpga0157297_21134734.jpg

幾度か雪渓を歩く所があります。
a0157297_21135451.jpg

振り返れば雪渓と下界。
a0157297_21141515.jpg

これまでのムラサキヤシオはほぼ終わっていましたが、咲き残っているのが出てきます。
a0157297_21142182.jpg

残雪バックのシラネアオイはすがすがしいですね。
a0157297_21142702.jpg

さあて、まだ登るんだっけかなとか独り言をつぶやいて進み・・・。
a0157297_21144381.jpg

上部では今にも崩れそうなスノーブリッジのを渡るところが。
帰路ではここ、違うところを通るように紅がらが撒いてありましたよ。
a0157297_21144977.jpg

ミネカエデの花も満開。
ミネカエデも種類があるんそうですが、よく分かんないのでみんなミネカエデw
a0157297_21145776.jpg

そして、とてもたくさんのキバナノコマノツメ。
ホソバイワベンケイも陽を受けきらっきらです。
a0157297_21150636.jpga0157297_21151136.jpg

さああて、焼石岳が見えてきました。
左が西焼石岳で真ん中が焼石岳、右が東焼石岳です。
2012年の時はこの登山道はまるで川でしたが、本日は大丈夫。
a0157297_21153801.jpg

お!タカネシオガマが出てきた!
a0157297_21151986.jpg

鮮やかなミヤマキンバイ。
a0157297_21152264.jpg


もういっちょタカネシオガマ。
いや、蕊が出てるの初めて見た気がするんで。
a0157297_21152816.jpg

なんてやってると、出てきましたよ~ハクサンイチゲ!
この素晴らしい白さ!
a0157297_21154840.jpg


私ね~すんごく好きなんですよ、ハクサンイチゲ。
シラネアオイの次位に好きかな~。

ちょいと陽が強すぎましたが、ミヤマダイコンソウ
a0157297_21155270.jpg


そして姥石平に到着~。
ひゃ~一面のハクサンイチゲだ。
a0157297_21155871.jpg


それではハクサンイチゲ劇場をお楽しみください。
まず、焼石岳バックに。
(↓クリックすると大きくなります)
a0157297_21160158.jpg

これは大きくなりません。
a0157297_21160950.jpg


ひとしきり姥石平のハクサンイチゲを堪能しましたので、東焼石岳方面に向かいます。
とにかく、ハクサンイチゲ、タカネシオガマ、ミヤマキンバイがセットです。
a0157297_21161295.jpg

振り返れば、一面のハクサンイチゲと下界。
a0157297_21161698.jpg


とにかく見ごろ!
a0157297_21161814.jpg

登山道脇にもびっしり。
a0157297_21162151.jpg

知らないお兄さんだけどなんか雰囲気がよかったので。
a0157297_21162499.jpg

ムシトリスミレも交じってぽつぽつありました。
a0157297_21162827.jpg


そしてそして!出来れば見たいと思っていたユキワリコザクラがたくさん出てきます。
いや~ラッキー。前回は全くでしたから。
a0157297_21163215.jpg




もうどれだけ歩いてもたくさん。
左端は焼石岳ね。
クリックすると大きくなります。
a0157297_21163570.jpg



もうさ、きれいできれいで困っちゃいます。
a0157297_21163863.jpg

足が進まなくって、ちょいとそこなハズの東焼石岳山頂がえらい遠いww
とはいえ、ようやく見えてまいりました。
a0157297_21164427.jpg

ここへ来るとチングルマもわっさ~と咲いているところが。
a0157297_21164701.jpg

振り返れば西焼石岳とハクサンイチゲ。
a0157297_21165447.jpg

またチングルマ。ここのはにょきにょきしているな~。
a0157297_21165733.jpg

ものすごい大株のタカネシオガマが。
a0157297_21170037.jpg


まあ、とにかく素晴らしい美しさ。
a0157297_21170936.jpg

東焼石岳山頂について一息入れて、また姥石平に下ります。

下っていくと、「白花だぁ~」とおじさん二人組が喜びの舞。
どれどれ?わ、ミヤマタカネシオガマの白花だ~!
a0157297_21171342.jpg


下って行ってもまたステキ。
a0157297_21171668.jpg


もうとにかく、サクサク歩いている人などほとんどいない。
みんなうろうろうろうろ。笑
a0157297_21171855.jpg




あまりの美しさに降りるのがつらかったのですが、まあ降りないわけにはいかないのが山。

避難小屋まで下り、しびれるほど冷たい銀明水をぐびぐび。
プラティパスを忘れたことに気づきがっかり。
まあね~日帰りだからね~うっかりした。
お土産に汲んで帰ろうと思ってたのに。
これだけが残念だった今回の焼石ですが、避難小屋前の咲きたてのベニバナイチゴに
癒されます。
a0157297_21172216.jpg



下って下って・・・
行きにはまだ開ききっていなかったコミヤマカタバミを愛で~。
a0157297_21172541.jpga0157297_21172884.jpg

上沼の手前で、行きには目に留まらなかったミヤマスミレ。
a0157297_00560166.jpg


ずいずいずいっと下って行くと、中沼がはっとする美しさで現れました。
a0157297_21173015.jpg

近づいても、いや~きれいです。
やっぱり焼石はいいなあ~。
a0157297_21173488.jpg


とかいいながらずいずい下り、中沼P到着。


トイレに張り紙のお知らせ。
橋が壊れていて夏油に降りられないらしいです。
いっぺんでいいから夏油や秋田側に降りてみたいけれども、なんせ登山口間のアシがな~。
a0157297_21173891.jpg




いやはや、まったく素晴らしい水と緑と花の焼石でした。
風呂は焼石クアパークひめかゆ。
萌黄色のヌル系のいいお湯にゆったり浸かりました。

最後に胆沢ダム。
堤高127.0m、堤頂長723.0m
a0157297_21174336.jpg

洪水吐もデカイ!
a0157297_21174588.jpg




[PR]
by 92robin | 2016-06-13 00:14 | 東北の山 | Comments(16)
2016岩手山 馬返しから
もはや6月の第一週目週末の恒例な岩手山。
ナントカの一つ覚え的な感もありますが、行かずにはいられない
シラネアオイとタカネスミレ礼賛の旅vol.6です。

結果から言いますと、花が早いといわれた昨年ほどではありませんでした。
シラネアオイの咲いているピークは五合目半から7合目手前まで。(新道)
ただ、やはり開花は早かったようでだいぶ色が抜けていました。
それと6月頭の寒波の影響だと思いますが、少し花が傷んでいました。
タカネスミレはまだ早いのか出ている株数も少なく、開花株は数えるほど。
エゾツツジは蕾。

【概要】
■行程■
6/3(金)1905つくば発⇒常磐道⇒仙台経由⇒東北道 滝沢IC⇒2405馬返し登山口P
6/4(土)0730馬返しP⇒新道⇒1305不動平避難小屋1330⇒1350外輪の淵⇒1405不動平避難小屋(泊)
6/5(日)0635不動平避難小屋⇒旧道⇒1005馬返し登山口

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
馬返し登山口の駐車場は公称150台のキャパ
トイレあり
雰囲気は画像を参照ください

■水場について■
利用した水場は、登山口駐車場奥のキャンプ場の鬼又清水と
八合目避難小屋の前の御成清水

■携帯電話■ (mineo/ドコモ)
可:馬返し登山口P、八合目避難小屋前、
不動平避難小屋(ただし建物の外もしくは窓際)、旧道3合目
その他未確認

■泊まり装備■
不動平避難小屋内 19時 6℃ 翌5時00分 5℃
モンベル U.L.スーパーストレッチダウンハガー#3&薄いダウンジャケットとダウンパンツ


【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/4(土)0730馬返しP⇒新道⇒1305不動平避難小屋1330⇒1350外輪の淵⇒1405不動平避難小屋(泊)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
昨年までは6月の一週目か二週目で日曜出勤があって花の予定をやりくりするのに
大変でしたが、今年からなくなったのでよかった。
betty氏夫妻と同行する予定でしたが都合がつかなくなり、夫と同行。
登りやすい馬返し口からの岩手山だけど、頂上までの標高差は1400m超ですから
そんな標高差を登ったことがないダンナ、ハテ、大丈夫かなと思いましたが、
案外元気に登れてよかったよかった。

さて、前日入りして車中泊した翌朝の駐車場からの岩手山。
うっひょ~すごく晴れてます。
こんな岩手山を見るのは本当に久しぶりです。
そのせいか車もちょっと多め。
ちなみにトイレは駐車場奥の登山口看板のある階段を登ってすぐ右にあります。
きれいな非水洗ですけど、水洗がよければさらに3分ほど登ったキャンプ場のトイレが水洗です。
a0157297_08480187.jpg

7時半に駐車場を出たのはいいけれど、私がカメラを落として戻り結局登山口出発は7時50分に。

ちょっとバタバタしたけど、さて歩き出します。
クジャクシダの大きな株が陽に当たってきれいでした。
a0157297_08480616.jpg


あら、ツリバナ。
a0157297_08481095.jpg

新緑に輝くミズナラやブナの森をずんずん登っていきます。
ここでも今年はツツジ類がよいのか、ヤマツツジはとても花付きがよくって美しく森を飾っていました。
a0157297_08481694.jpg

a0157297_08482344.jpg

レンゲツツジもね。
a0157297_08481931.jpg

ヤマオダマキも開花しているのが二株位。
a0157297_08483446.jpg

そうそう、一昨年に新道で見つけたけど、奥過ぎて撮れなかったカラスシキミ!
今年は新道旧道分岐手前で見つけた~。
a0157297_08483743.jpg

タニウツギもちょうどいい感じ。
a0157297_08483981.jpg

今年はやけにハクサンンチドリがたくさんでした。
ミヤマカラマツも咲いているのがぼちぼち。
a0157297_08484291.jpga0157297_08484404.jpg

ハウチワカエデの花がたくさん。
あれ?いつもこんなに咲いていたかな?
a0157297_08484644.jpg



さてさて、シラネアオイ。
昨年は花が早かったので、三合目位のはもう実になっていましたが、
今年はそこら辺のも終わりかけですがぼちぼち残っています。
ダンナに、ほれ、これだよとかいいながら標高を上げ、五合目半くらいになると・・・
ひゃっは~!
a0157297_08484997.jpg

a0157297_08485937.jpg

もうね、なんと美しいことでしょう。
a0157297_08485504.jpg

ところどころ混ざっているサンカヨウの純白にも酔いしれ・・・
a0157297_08490370.jpg

なんだか今年は開花株がとりわけ多いような気のするシラネアオイの群生にノックアウト。
a0157297_08490757.jpg

白花も束になってあったり。
見てください、この奥までずっとシラネアオイです。(クリックすると大きくなります)
a0157297_08491203.jpg

もうさ、ホントにどういうことなんだかと。
a0157297_08492100.jpg

オオバキスミレも絶好調。
a0157297_08492441.jpg

でも今年はミヤマスミレが不調w
斑の入っているのと入っていないのと。
a0157297_08492831.jpga0157297_08493117.jpg



隣の尾根が旧道なんですが、山肌のミネザクラは終盤?
a0157297_08493481.jpg

エゾハタザオも絶好調でした。
上の砂礫のところにイワテハタザオがあるんですが、もう少し後なんだな。
a0157297_08493763.jpg

七合目手前でも大群落。
a0157297_08494196.jpg

クリックすると大きくなります↓
a0157297_08494657.jpg

ここでもオオバキスミレ絶好調。
毎年同じ時期に来ているのにやっぱりその年によっていろいろ違います。
a0157297_08495020.jpg

シラネアオイ、すごい群落なんだけど、やっぱり咲いて時間がたっているみたいで
少し色が薄くって残念。
咲きたてが並ぶとホントめろめろにすごいのだけど。
a0157297_08495266.jpg

a0157297_08495557.jpg

a0157297_08495824.jpg


ここら辺のサンカヨウはまだ蕾。ミヤマメシダもたくさん。
a0157297_08500336.jpga0157297_08500658.jpg

ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)もたくさんあります。
花が大きくってとてもきれいです。
a0157297_08501218.jpg

五合目、六合目あたりのミネザクラは終わっていましたが、
七合目手前では満開です。
a0157297_08501530.jpg

ミヤマキンバイが出てきたら七合目。
a0157297_08501747.jpg

八合目の御成清水目指して歩きます。
七合目からドカンと見える頂上の外輪山を目にして、ダンナ、
「あれか?あれなのか?・・・ウソつき~」
うん、まあ七合目過ぎたらあとはゆるゆる登っていくだけだからって言ったわな、ワタシ。
あの外輪山、よっぽど登るって思ったんだなw
まあ、山はえてして「もうちょっと」詐欺などが横行しますからねw
a0157297_08502037.jpg

まあ、七合目を過ぎればすぐの八合目避難小屋前の御成清水で水を汲み・・・
a0157297_08502248.jpg

九合目の不動平避難小屋に到着~。
a0157297_08502513.jpg

さて、八合目位から急速にどんより曇ってきて、どうするかな?と思ったのですが、
なんとまあ頂上に上がると言うではありませんか。
え~ここですらかなりな強風、上はきっとものすごいよ?
でも、不動平は標高約1828m、標高差1200を登ってきてさらに登る気力が
あるって言うんだからあっぱれです。行こうではありませんか。
それでは空身で出発。
鬼ヶ城の稜線越しに秋田駒、笊森山、乳頭山が見えます。
あ~またあんな縦走がしたいと2011年の縦走を思い出します。
a0157297_08502792.jpg

で、外輪の淵に出たら爆風ww
頂上とご対面ということでここで戻りました。
矢印が山頂。
a0157297_08503066.jpg



避難小屋は毎度のことながらとてもステキ。
九合目避難小屋は水場はないのですが、まあ馬返しから登れば
いやでも八合目避難小屋前を通るのでそこで水を汲めばいいし、八合目から九合目は
ゆるゆるな登り(ゆるゆる詐欺じゃないですよ)で20分も歩けば着きますからね。
a0157297_08503393.jpg



さて、作るのと食べるのに忙しく画像を撮るのをすっかり忘れましたが、
小屋到着後からなんだかんだと食べ始め呑み始めました。
今晩のメニューはマカロニグラタンとかぼちゃと新たまねぎのサラダとミネストローネ。
ミネストローネは大豆とバターをうっかり用意し忘れてちょっとあっさりでした。
が、いや食べること食べること。
避難小屋に荷物を置いて頂上に向かうときに小屋で休憩していた二人組の
「それを山太りっていうんだよな」とかいう雑談が聞こえてきて、
小屋を出てからダンナが「なんだよ?山太りって?登って太るわけネ~じゃんな?」
とか言っていたのですが、15時前から飲み食いを始めてしばらくすると
「わかった!山太りって、わかった!なんか際限なく食べられる!」
とハタと膝を打ったのがこの山行のクライマックスでしたw

夜半からものすごい風雨。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6/5(日)0635不動平避難小屋⇒旧道⇒1005馬返し登山口
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて、ぐーすか寝て翌朝。
早朝はも~れつにガスってましたが、出発時はいくらかガスが切れてきました。
a0157297_08503919.jpg


さあ、今度は旧道でタカネスミレ詣でです。
今年はまだ出ている株も少なかったのですが・・・
a0157297_08504577.jpg

a0157297_08504339.jpg

アップで
a0157297_08504918.jpg

別株もういっちょ。
あ~よかった。もう言うことなし。
a0157297_08505319.jpg

ガスも切れ間が出てきて下界がすがすがしく見えます。
a0157297_08505669.jpg

ミヤマハンショウヅルはまだ蕾。
a0157297_08510096.jpg

旧道のいつものすごい群落は今年はそうでもなし。
ちょっと昨日の風雨にうなだれているし。
a0157297_08510491.jpg

チングルマは咲いているのと場所によっては終わり。
イワヒゲも多くはないけどあります。
a0157297_08510733.jpga0157297_08511149.jpg


四合目手前で最後のタカネスミレを愛でます。
タカネスミレは秋田駒と岩手山だけですからね、奥様。((((誰)
a0157297_08511499.jpg

イワカガミは盛り。
a0157297_08511760.jpg

ムシトリスミレに蕾のエゾツツジ。
a0157297_08512039.jpga0157297_08512300.jpg

ほとんど終わっちゃっているけどミネズオウにコメバツガザクラ。
a0157297_08512883.jpga0157297_08513141.jpg

ようやくここへきて咲いているヒロハヘビノボラズが出てきました。
a0157297_08513461.jpg

四合目下から樹林帯に入り、三合目ベンチ前のアオダモ。
アオダモ好き。
a0157297_08513681.jpg

初めて廻ってみた改め所。
a0157297_08514167.jpg

そしてその付近にクルマムグラ。
a0157297_08514562.jpg

似たようなものにクルマバソウ、オククルマムグラがありますが、
クルマバソウは花が漏斗状。
漏斗状じゃないのがクルマムグラとオククルマムグラですが、
オククルマムグラは茎に下向きの棘があります。
なので、花が漏斗状じゃないこと、茎に棘がないことで、
これはクルマムグラでよいかと思います。
ちなみにクルマバソウは先週の尾瀬にありましたね。

と、説明してはみましたが、花には一切の興味がないダンナですから、
案の定見事に独り言w

改め所から少し歩いてキャンプ場の鬼又清水で家のコーヒー用の水を汲んでfin。


そして、網張温泉の白濁した硫黄泉に入って、盛岡IC近くのぴょんぴょん舎で
焼き肉&盛岡冷麺を食べ、盛岡ICから一路茨城へ。

ちなみに網張温泉は国民休暇村岩手網張温泉の日帰り入浴施設薬師の湯。(600円)
ピョンピョン舎は稲荷町本店。
盛岡冷麺は普通の冷麺とは一線を画すものです。
ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺の説明⇒こちら
私は麺食いなので熱弁しますと、発祥である盛岡の中心部の『食道園』、
盛岡駅前の『盛楼閣』もオススメです。
ぴょんぴょん舎は私が学生のころに新しく出来た店で学生終わるころにはかなり名を上げていました。
ぴょんぴょん舎は近頃では関東にも進出し、銀座、三郷、スカイツリー、川崎に店舗があります。

盛岡に行ったら是非食べてみてください。
盛岡の三大麺は冷麺、じゃじゃ麺、わんこそばです。
じゃじゃ麺はジャージャー麺とは違います。
じゃじゃ麺は白龍(パイロン)な。
わんこそばは地元の人は食べません。

と、なんだか最後は麺の話になっちゃいましたが、これでお終い。
学生時代にいたからというのもありますが、岩手良いとこ何度もおいで。


[PR]
by 92robin | 2016-06-06 11:59 | 東北の山 | Comments(14)
尾瀬 トガクシショウマ
さて、chikoやんに誘われて尾瀬です。
目的はあこがれのトガクシショウマと久しぶりのテント泊。
トガクシショウマ、いつもその時期は岩手山のシラネアオイやらなにやらで機会に恵まれませんでした。
しか~し、今年は少雪ゆえの雪消えの早い尾瀬。
これぞ好機とばかりに行こうではありませんか、いよいよトガクシショウマを見に!


【行程】
5/27(金)2040つくば発⇒R294⇒R408⇒R4⇒県道185⇒R400⇒R121⇒R352⇒2405御池
5/28(土)0640御池=バス=沼山峠休憩所0715⇒尾瀬沼ビジターセンター⇒沼尻⇒1345見晴(テン泊)
5/29(日)0700見晴⇒段吉新道⇒燧裏林道⇒1320御池

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
御池Pは公称440台。一回1000円。

■水場について■
利用した水場は見晴キャンプ場のみ。

■携帯電話■ mineo(ドコモ)
不可:御池P、見晴キャンプ場

■泊まり装備■
アライテント トレックライズ0
モンベル U.L.スーパーストレッチダウンハガー#3
温度:見晴キャンプ場で29日4時3℃、5時1℃
モンベル#3でやや寒かったので、アルミが貼ってある薄いレジャーシートを掛け布団状態で快適。
カイロなし。


【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/28(土)0640御池=バス=沼山峠休憩所0715⇒尾瀬沼ビジターセンター⇒沼尻⇒1345見晴(テン泊)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さて前夜入り車中泊で御池スタートです。
実に久しぶりな御池、2010年8月の燧ケ岳以来です。
御池⇒燧ケ岳⇒尾瀬沼キャンプ場⇒沼山峠⇒御池で初のテント泊と
いう設定でしたが、今思えばなんで重いテン泊装備で燧ケ岳なんか登った後に
張ろうと思ったのか。
まあ山を始めて一年位なもんでしたからね~。笑

などと思いつつ現地集合のchikoやんとバスに乗り込み沼山峠休憩所へ。

さて、歩きだしますけどね、chikoやんザックでかっww
a0157297_23364143.jpg

なんだろ?この芽は?
と思ったらなんとゴゼンタチバナの新芽でした。
ミツバオウレンなんかもポツポツと。
a0157297_23364595.jpga0157297_23364847.jpg

サンカヨウが萌え出て、タケシマランも。
a0157297_23365174.jpga0157297_23365397.jpg


なんてやってるうちに湿原にでました。
a0157297_23365641.jpg

湿原の際の新緑がすばらしいです。
a0157297_23365856.jpg

ワタスゲはまっしろほわほわになる一歩手前。
chikoやんによれば、よごれたウサギの尻尾。なるほど。
a0157297_23370137.jpg

陽が差してきたので大江湿原一面にあるタテヤマリンドウが開花し始めます。
a0157297_23370483.jpg


リュウキンカも出てきました。
a0157297_23370946.jpg

そうこうしているうちに尾瀬沼が見えてきました。
お~あれが3本カラマツか。
a0157297_23370625.jpg



長蔵小屋に植えてあるシラネアオイを見物したり。
a0157297_23371292.jpg

沼越しの燧ケ岳を眺めたりしつつ沼尻に向かいます。
a0157297_23371597.jpg

オオカメノキは花盛り。
a0157297_23371816.jpg

コヨウラクツツジもぽつぽつと。
a0157297_23372023.jpg

ミズバショウがわっさ~とあるとこもたくさん。
a0157297_23372446.jpg

そうかと思えばコミヤマカタバミやら・・・
a0157297_23372849.jpg

んんん?!こりゃミヤマスミレ!
いや~尾瀬で初めて見た!
a0157297_23372694.jpg

そして鮮やかなムラサキヤシオもたくさん。
a0157297_23373988.jpg

でも基本湿原。
a0157297_23374203.jpg

a0157297_23373644.jpg


するといつの間にか沼尻。
沼尻休憩所は昨年焼失してしまったそうな。

a0157297_23374777.jpg


焼け跡脇にてしばし休憩し、燧ケ岳の裾を見晴らしに向かって歩きます。
木道脇にはチングルマも出てきました。咲き始めです。
そしてあちこちにヒメシャクナゲも。
a0157297_23374492.jpga0157297_23374923.jpg


大好きなミツガシワも咲き始め。
水面に影が写っていとをかし。
a0157297_23375238.jpg

ミネザクラがまだ残っている所がありました。
a0157297_23375551.jpg

森の新緑が水面に写ってうっとりするほどきれいでした。
a0157297_23380004.jpg

ミツガシワ、萌え萌えなコバイケイソウ
a0157297_23380438.jpga0157297_23375706.jpg


今度は色の濃いミネザクラ。
ミネザクラは花や葉の色に変化があってとてもきれいですよね。
a0157297_23380737.jpg

サンカヨウの花の白さに息をのみ・・・
木道脇のミズバショウを愛で・・・
a0157297_23381044.jpga0157297_23381619.jpg

イワナシの花の造詣に感嘆し、形のいいミズバショウににっこり。
a0157297_23381996.jpga0157297_23382113.jpg

なんてやってたら、おや、キヌガサソウ。
a0157297_23382443.jpg


意外とたくさんあったエゾノヨツバムグラ。
同じアカネ科、クルマバソウ。
a0157297_23382770.jpga0157297_23383225.jpg

ピンクのコミヤマカタバミを熱心に撮り、ふと顔を上げればルイヨウボタン!
尾瀬で初めて見たわ~。
a0157297_23383022.jpga0157297_23383596.jpg


そしてナツトウダイ。 腺体は緑色のタイプ。
次の日撮った腺体が赤っぽいタイプも並べておきます。
a0157297_23383880.jpga0157297_23385538.jpg

で、chikoやんとあーだこーだ言って、やっぱこりゃサンリンソウだってことになったサンリンソウ。ホントにサンリンソウでした。
やっぱり花好きな人と歩くと楽しいです。
a0157297_23384265.jpg

ちなみにニリンソウとの区別は葉柄の有無。
葉柄があるのがサンリンソウ。ニリンソウにはなし。
イチリンソウにも葉柄はある。
それじゃ葉柄のあるイチリンソウとサンリンソウの区別は?
というとイチリンソウの葉が細かく切れ込むことと分布。
サンリンソウは亜高山帯。


さて、そしていよいよ見晴に到着です。
chikoやん、テン泊デビューだそうで。
奥がchikoやんのトレックライズ1、手前が私のトレックライズ0。
a0157297_23384550.jpg

張り終えてchikoやんは散策へ、私はお昼寝で至福ww

お昼寝後、ご飯。
a0157297_23384826.jpg

テン場は最終的に60数張でした。
私、尾瀬のテン場は見晴に張ったことなかったんですけど、
見晴が一番いい雰囲気かな。
尾瀬沼もいいけど、予約が必要。
a0157297_23385201.jpg


まあちょっと夕陽を見に行って・・・
a0157297_23390133.jpg

夜ちょっと起きて星空。
a0157297_23390421.jpg


そして、あくる朝。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/29(日)0700見晴⇒段吉新道⇒燧裏林道⇒1320御池
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今日はぴかぴかの晴れ。
奥に見えるは至仏山。
a0157297_23390981.jpg

ズミの花が咲き始め。
a0157297_23391248.jpg

木道脇にはオオバタチツボスミレがたくさんでうっひょ~。
これがね、大柄できれいなスミレなんですよ。
本州では高層湿原あたりで見ることが出来ます。
a0157297_23391585.jpga0157297_23391860.jpg

a0157297_23392007.jpg

そしてミヤマツボスミレ。
ツボスミレ(ニョイスミレ)の高山型といわれるけど、
完全に区別するのはむずかしいような。
a0157297_23385819.jpg



そして、出来れば見たかったオゼタイゲキ。
ハクサンタイゲキの変種とされる出版物と同じされるものもある。
まあ要するにハクサンタイゲキの尾瀬版と思っていればいいですね。
腺体は楕円形で苞が鮮やかな黄色。
子房に長い毛が生えるのが大きな特徴で表面はでこぼこ、だけどこの個体は
まだ子房ができてませんね。
a0157297_23392241.jpg
ちと写りが良くなかったので今度はうまく撮ってこよう。



で、そうしているうちに温泉休憩所。
しばし休憩後、いよいよトガクシショウマへ。
a0157297_23392507.jpg


オオバミゾホオズキはこれまで花を付けたものはありませんでしたが
花を付けたのが一株出てきました。
a0157297_23392862.jpg



そしてそしてそして! トガクシショウマ!
いや~いいもんですね。実に。
a0157297_23393147.jpga0157297_23393384.jpg
a0157297_23393528.jpga0157297_23393815.jpg

a0157297_23394529.jpg

いや~危なかった危なかった。
結構花が終わってる株が多かったですが、なんとか残っていました。

大興奮の後、見上げればツタウルシが陽に輝き・・・。
a0157297_23394979.jpg



尾瀬と言えば、尾瀬ヶ原みたいな湿原のイメージですが、温泉小屋を過ぎてからはずっとブナやミズナラなどのの森。
a0157297_23395220.jpg

裏燧橋という立派な吊り橋が出てきてしばらく行くとまた湿原が出てきます。
a0157297_23395427.jpg

オオバスノキがありましたっけ。
a0157297_23395669.jpg

ずっとムラサキヤシオとともに歩いてきました。
a0157297_23395885.jpg

サラサドウダンかベニサラサか。
a0157297_23400767.jpg

ミズバショウがまた出てきて・・・。
a0157297_23400568.jpg

a0157297_23400284.jpg

上田代のベンチで盛大に休憩。
ここでchikoやんのじゃがりこピザ!たいへんおいしゅうございました。
(食べてから撮ってないの気付いた~。)
a0157297_23400984.jpg

この上田代から平ヶ岳や越後駒、中ノ岳、荒沢岳などが見えて良い気分。
a0157297_23401206.jpg


あ~もう少しで終わってしまうな。
a0157297_23401589.jpg

最後にミズバショウ群生。
a0157297_23401890.jpg

キンコウカと花穂が出始めたコバイケイソウを眺めたら御池P。
a0157297_23402167.jpga0157297_23402366.jpg

いや~トガクシショウマも見ることができたし、オオバタチツボスミレもたくさんあったし、
ムラサキヤシオの鮮やかさにココロ打たれたしで大満足の二日間でした。

誘っていただいたchikoやんに感謝。

[PR]
by 92robin | 2016-05-31 20:36 | 東北の山 | Comments(8)
2016残雪の会津三岩岳(三ッ岩岳)
さて、恒例のGW会津三岩岳~会津駒ヶ岳の縦走も天気でポシャった2016年。
chikoやんの残雪の会津駒のレポを見ていたら、縦走でなくって単体でいいから・・・と
行きたくなった会津三岩岳。
(今年は少雪につき稜線はもう湿原がでているそうで縦走はあきらめました)
最近、山を一緒に歩いてくれるようになったダンナをやや強引に誘って行ってまいりました。

で、まとめちゃうと、まあホントに雪が出てこない。
雪がつながったのが1700mちょい手前、オオシラビソ林に変わったあたりからでした。
まあ、いつもより+10日位ですけど、こんなに雪解けが早いとは。
でも、その分、そこまでは花の道が楽しめました。

【概要】
■GPSログ■
クリックすると別タブでルートラボに飛びます

■行程■
5/15(日)0605小豆温泉登山口P⇒旧道⇒0835新道分岐⇒1010、1720m地点で折り返し⇒1315小豆温泉登山口P

■駐車場について■ 
小豆温泉登山口Pは、小豆温泉窓明の湯(閉鎖)の手前にあります。
スノーシェッドと伊南川の間のスペースです。
台数は20数台位。トイレなし。
詳細画像は過去記事参照。

■携帯電波■(ドコモ)
可:小豆温泉登山口P
その他未確認

【詳細】
前夜発でスムースにアルザ尾瀬の郷Pに到着。
Chikoやんからそこの向かいの桧枝岐スキー場のセンターハウスのトイレが24h使用可能と教えていただきましたのでそこで車中泊。
ここのトイレ、ウォシュレットでありがたかったです。
登山口の小豆温泉Pとは7キロ弱なので戻るとて許容範囲。

朝に小豆温泉Pまで移動してさて出発。
と、小豆温泉Pにはスミレがたくさん咲いていました。
おお~、さすが南会津。
まだスミレに会えるとは!
a0157297_09032849.jpg

駐車場から少し国道を下って国体開催記念の碑がある旧道からin。
するとですね、なんとまあヤマツツジが咲いています。
いや、初めてだわ、三岩岳でヤマツツジ見るの。
ひゃ~とか言いながら登っていくと今度はムラサキヤシオです。
ま、ここら辺のは終わりかけで色も薄いけど。
a0157297_09033145.jpg

とにかくブナ林は新緑新緑。
いつもなら1000m付近から咲きだしているイワウチワもそこら辺はすっかり終わり。
a0157297_09033909.jpg


1000mちょい手前のいつも遠いな~と思う場所。
a0157297_09034602.jpg


それにしてもホントに緑緑しています。
a0157297_09035095.jpg

タムシバは真っ盛りでホントにキレイ。
a0157297_09035419.jpg

足元にはイワナシなども。
a0157297_09035756.jpg

1300m位からムラサキヤシオの咲いたばかりで色の濃いのが出現。
a0157297_09040008.jpg

マンサクも。
a0157297_09040307.jpg


いつものお休みどころの1300m付近はもう普通の夏道でまったく開けてなくって調子が狂いました。
まあ、少し進んで分岐で休憩。
で、この分岐のアズマシャクナゲがものすごかったです。
それまでもアズマシャクナゲは咲いていましたけど、ちょうどここのは見ごろでしかもゴージャス。
a0157297_09040943.jpg


いや、それにしても暑いです。
a0157297_09041125.jpg

ツバメオモトも展開して蕾を持ったのが出てきました。
a0157297_09041470.jpg


イワウチワとショウジョウバカマは1350m位から1650m位までが見ごろでした。
もうね、登山道の両脇にたくさん。
a0157297_09040694.jpg

a0157297_09041742.jpg



1650m付近からの三岩岳。
やっぱり白い所が少ないですね。
a0157297_09041962.jpg

1660m付近の目立つダケカンバはまだ新葉は展開せず。
a0157297_09042555.jpg


このカンバを過ぎて少しするとオオシラビソ林になります。
1680m付近から三岩岳。
a0157297_09043336.jpg

1720m付近で長々と休憩。
思えば最初の残雪三岩岳の幕営はこの辺でした。
でも、あの時はもっと雪に埋もれていたな~などと思い出します。
で、だいたい標高差1000mを目標にしていたのでここで折り返し。
標高差1000mなら隣の隣の会津駒に・・・という話もありますが、まあそこは私の趣味嗜好w

戻ります。

オオカメノキもたくさん咲いてましたよ。
a0157297_09043551.jpg


下って下って分岐のシャクナゲをもう一度観賞。
a0157297_09044551.jpg


さらに下って下って国道に降りて小豆温泉Pまでてくてく歩きます。
今年は横断幕が。
a0157297_09044714.jpg


いや~あんまり雪上は歩けませんでしたが、その分花の道が続いてよかった。
今年は少雪だからってのもあるのでしょうがちょっと季節が進むとだいぶ違うもんですね。



[PR]
by 92robin | 2016-05-16 10:22 | 東北の山 | Comments(14)