遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
日光 社山
at 2017-02-12 01:37
2016会津三岩岳~窓明山周回
at 2016-09-27 06:37
前白根
at 2016-09-09 00:41
以前の記事
最新のコメント
charmyさん でし..
by 92robin at 12:26
ぼんぼんさん そ~な..
by 92robin at 12:21
この価格でこの軽さなら試..
by charmy at 05:07
ご無沙汰してます(^O^..
by ぼんぼん at 00:06
chikoやん や~お..
by 92robin at 22:27
お声がけいただきありがと..
by chikoやん at 23:09
bebeさん 来週末の..
by 92robin at 17:13
hutatuyanos..
by 92robin at 14:41
とてもフレッシュな記事ア..
by bebe at 12:48
おはようございます。 ..
by hutatuyanosiki at 06:00
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
タグ:宝篋山 ( 60 ) タグの人気記事
8月 宝篋山
いやはや、なんとも間が空きました。
前記事とこの記事の間に宝篋山と雨巻山に行ったのですが、書きそびれ。
図らずも多忙で疲弊する出来事の渦中にあり、いろんなことがままならずの日々でした。
そしてそれはおそらくあと少なくとも一か月程度は続くかと思われ。
まったくやれやれな感じ。
夏山、どこいったよ?(T-T)

まあ、ともかく癒されに宝篋山へ。
今回もダンナ同行。
暑いよね?暑いだろ?
と思いつつ小田休憩所Pに着くとなんと満車。
この暑いさなかに宝篋山とは。(←自分もねw)
一台出たところを待って駐車。

駐車スペース探してウロウロしている時に、ここの所山行の相談をしていたN氏に
会ったのですが、N氏、トレランないでたちで4登予定でちょうど3登するところだとか。
4登するという(しかもこの真夏に)超人的な話に打ちのめされつつ出発。


稲穂も色づいてきた宝篋山です。
a0157297_13185312.jpg

いつものよう極楽寺⇒常願寺のコースですが、沢部分は湿度がすごい。
鼻先や顎から汗が落ちまくりで、ぐえ~。
暑さに弱い私ですが4登するというN氏に会ったので触発されて足を止めずに登ります。
まあ足を止める花もなかったのだけれども。

そして山頂。
a0157297_13185672.jpg

日陰にならないベンチには誰も座らず。

宝篋印塔の上の部分がまた落ちてます。
震災の時落ちてしばらくしてから修復されたハズだけど、いつ落ちた?
宝篋印塔の周りはツルボがたくさんでした。
a0157297_13185970.jpg


ゲンノショウコとアキカラマツもぽつぽつと。
a0157297_13190482.jpga0157297_13190651.jpg



昼過ぎでお腹も減ったので下ります。
常願寺上部でヤブテマリの実、クサギ。
a0157297_13190967.jpga0157297_13191121.jpg


常願寺下部でアキノタムラソウ。
a0157297_13191463.jpg



暑かったけれども、やはり山は爽やかでした。
出来れば東北のブナ林で癒されたいのココロ。


[PR]
by 92robin | 2016-08-22 14:01 | 筑波山系 | Comments(8)
6月 宝篋山 2登
さて、18(土)宝篋山です。
暑くなる予報ですが2登。
夫と一緒にトレーニング登山です。
テイカカズラとアカメガシワ香る宝篋山でした。


0820小田休憩所P⇒極楽寺コース⇒山頂⇒山口1⇒山口2⇒山頂⇒常願寺コース⇒1330小田休憩所P

朝はちょっと平地でもガスってました。
a0157297_20320613.jpg


極楽寺コース入り口でオカトラノオ咲始め。
上の方ではまだまだでしたけど。
ヤマアジサイは見ごろでした。
a0157297_20322147.jpga0157297_20322688.jpg


山桜の森に出るあたりまで蒸し暑いのなんのって。
ぐっへ~でした。

で一回目の山頂。
シモツケがぽつんと一株。
a0157297_20322806.jpg


山口1で降りて、リエゾンの田んぼの畔でウツボグサ。
a0157297_20323183.jpg

山口2コースの霊園部分でノイバラ。
a0157297_20323427.jpg

山口2コース途中でテイカカズラ。
a0157297_20324056.jpg

2度目の山頂でゆっくり休んで常願寺で降りました。
いや~久しぶりに2登、しかもこの時期は初めて。
暑かったけど、思いのほかよく歩けました。
a0157297_20324373.jpg




[PR]
by 92robin | 2016-06-19 20:57 | 筑波山系 | Comments(2)
5月 宝篋山
さて、5月の宝篋山。
コースは常願寺⇒極楽寺。

常願寺コースに向かう田んぼの畔からすっかり緑な宝篋山。
a0157297_22150471.jpg


常願寺コース取りつきにノアザミとニワゼキショウ。
a0157297_22145010.jpga0157297_22145938.jpg

常願寺コース上部でハハコグサとヤブテマリ。
a0157297_22151139.jpg
a0157297_22150758.jpg


ヤマツツジも満開。
a0157297_22151317.jpg

ミヤマナルコユリはまだ咲いてない。
a0157297_22151688.jpg



バイオトイレのあたりでウマノアシガタがわっさーと。
全草毒で、草の汁も毒なので手折らないよう注意。
a0157297_22151894.jpg


頂上、さわやかな薫風の中、お茶でまったり。
a0157297_22152103.jpg



下り。
どこで撮ったか忘れてしまったがヤブジラミ。
少し紫色を帯びているのでオヤブジラミかも。
a0157297_22152431.jpg

極楽寺コース下部でノイバラ咲始め。
a0157297_22152748.jpg



薫風吹き渡る宝篋山でした。




[PR]
by 92robin | 2016-05-08 23:03 | 筑波山系 | Comments(0)
4月 宝篋山
さて、朝に雨が降った日曜日。
そんな天気予報だったかな?と思いつつも午後から宝篋山へ。

今回も極楽寺⇒常願寺で。

定点観察。
コブシの白が目立ちますけど、中腹より下ではヤマザクラももう咲き始めているようです。
え~里のソメイヨシノだってまだ満開ってわけでもないのに?
a0157297_20490124.jpg


とか登り始めると・・・なんと降りてくるOさんとイケちゃんに遭遇。
おお~久しぶり!とひとしきり歓談し、さて再び登ります。

ジロボウエンゴサク満開。
でも、アオイスミレはお終い。

おそらくセントウソウ。
(((だからセリ科は苦手だとw)
a0157297_20490434.jpg

ニリンソウなんかももうかなり咲いていました。
a0157297_20490758.jpg

珍しくコブシのたくさんある道をチョイスし、進みます。
コブシは満開~やや終わりかけ。

そして、あら?ヤマザクラの花が落ちてるよ?
a0157297_20490893.jpg

うわ、もう満開に咲いているヤマザクラが。
まあ盛大に咲いていたのはこの木だけでしたけど。
a0157297_20491101.jpg



コスミレもほぼお終い。
a0157297_20491324.jpg

そしてこれも定点観察的な山頂からの筑波山。
a0157297_20491545.jpg


おやつのおいなりさんと熱い紅茶でなごんだ後、下山します。

はらはらと落ちるコブシが印象的でした。
a0157297_20491777.jpg



そして、は~もうスミレが咲いています。
まさにすみれ色なスミレ。
これを見ると本当になごみますね。すばらしい。
a0157297_20492048.jpga0157297_20492385.jpg


そして田んぼの畔をてこてこ歩き小田休憩所Pへ。
ん~それにしてもスミレの開花を見るのが4月の3日とはね・・・。
いつも4月の中旬位なのになあ。



[PR]
by 92robin | 2016-04-03 21:16 | 筑波山系 | Comments(0)
3月 宝篋山
ひさしぶりな宝篋山です。
空気はやや冷たいもののすっかり春めいていました。
しかしながらやはり一週間弱位花が早い印象でした。



3月終わりの宝篋山のスミレといえばアオイスミレとコスミレ。
やはりこれを見なくてはスミレシーズンが始まらないわけです。

21(月・祝)12時半過ぎの小田休憩所到着。
駐車場の入りは約9割程度。
極楽寺⇒常願寺です。

小田休憩所駐車場から出発。
a0157297_22064748.jpg

春っぽい田んぼの畔を歩いていきます。
春の日差しがまぶしいわ~。
a0157297_22065001.jpg
a0157297_22065400.jpg


極楽寺コース登り口に新しい案内板。
a0157297_22065715.jpg

登り口付近にはタチツボスミレ。
a0157297_22065951.jpg

ジロボウエンゴサクにマルバコンロンソウ。
a0157297_22070201.jpga0157297_22070746.jpg

少し登って、ヒメカンスゲかな?カンスゲかな?
a0157297_22071410.jpg


そして目当てのアオイスミレの群生を愛でます。
a0157297_22071078.jpg

純平歩道にでてウラジロの新芽が可愛く並んでいたり。
a0157297_22072190.jpg

ずいぶん株が少なくなった印象のウグイスカグラ。
a0157297_22072434.jpg

ずんずん登ってコブシのたくさんあるところでは気の早いコブシがちらほら開花
しているのを眺め、ヤマザクラの森を過ぎると・・・コスミレ登場。
a0157297_22072788.jpga0157297_23593766.jpg

a0157297_22073195.jpga0157297_22073585.jpg

かわいく咲いていたので他二株。
a0157297_22073713.jpga0157297_22074042.jpg



やっぱりスミレはいいなぁ。
満足満足。
と歩を進め山頂。
a0157297_22074346.jpg



保温水筒の紅茶と山頂の空気を楽しみさて常願寺コースで戻りです。
ヤマザクラの森の辺りも随分こざっぱりしたみたいです。
a0157297_22074855.jpg

常願寺コースの上部には立派なベンチも二つできてました。
a0157297_22075107.jpg

そして、常願寺コース上部と言えばニオイタチツボスミレ。
ちょっとまだ早いかな?とも思いましたが、幾株か咲いていました。
a0157297_22075489.jpga0157297_22075675.jpg


途中、ちょっとショートカットして・・・
ヤブツバキがまだたくさん残っているところも。
a0157297_22080495.jpg


純平歩道を通りますがここの区間は人も少ないようで
道に落ち葉がたくさん残っていました。
以前の宝篋山は極楽寺コースだってこんな感じだったのにな。
a0157297_22081293.jpg

純平歩道から常願寺コースへ戻ります。
常願寺コースの沢が木漏れ日に輝いてとてもキレイでした。
a0157297_22082048.jpg

常願寺下部から舗装道路にでてまたタチツボスミレ。
a0157297_22082370.jpg


や~久しぶりの宝篋山、よかったです。



[PR]
by 92robin | 2016-03-22 00:04 | 筑波山系 | Comments(6)
霜月 宝篋山
10月飛びまして、霜月11月の宝篋山です。
天気のいい日曜日だけあって、いや~混んでました。
駐車場も混み混みで、ほぼ満車。
ちょうどお昼だったので、一台二台と出る車があって駐められたけれども、
次々車が来る状態。
ひゃ~すごいね。
a0157297_20373883.jpg

ま、そんななんでいつもの逆に常願寺⇒極楽寺としました。
田んぼの畔を歩き、新池ではカワセミが水面を飛ぶのを眺めて歩きます。
最後の民家を過ぎると、里の秋よの~。
a0157297_20374107.jpg

登山道の手前からオオフユイチゴがたわわに。
【訂正】フユイチゴです
a0157297_20374443.jpg

ムラサキシキブも晩秋の陽に照らされキレイ。
a0157297_20374636.jpg

ヤブコウジも赤い実をつけているのがたくさん。
a0157297_20374821.jpg

登山道に入るとヤツデの花がスポットライトに輝きます。
a0157297_20375193.jpg


テイカカズラの実がたくさん落ちていました。
a0157297_20375334.jpg

常願寺コースの踊る沢水を撮ってみたり。
a0157297_20375609.jpg

なごんで歩きましたが、わりに脚は進みます。
ヤマザクラの森を過ぎると珍しく赤。
あまりないモミジがきれいに色づいていました。
a0157297_20375940.jpg

バイオトイレのところにはものすごい数の団体さん。
頂上に登っても別の団体さんでごった返し。
団体さんが去ったところで定点観察的な一枚。
a0157297_20380217.jpg


団体さんが去ったといっても山頂のテーブルは8割方
埋まっているという状況でしたが、一気に静かになりました。
保温水筒の紅茶を飲んで雪をかぶった日光の山を眺めつつ
携帯電話の電波チェックをし~の。(ちゃんと入りました)
しばらく憩いましたが、山頂を後に極楽寺コースで下山。
久々の宝篋山、やっぱりよかったな。


[PR]
by 92robin | 2015-11-29 21:12 | 筑波山系 | Comments(4)
長月 宝篋山
いや~7月8月とまさかの連続落ちだった宝篋山。
3か月落ちってのはないよね~と9月の最終日曜行ってまいりました。

コースは極楽寺⇒常願寺です。

a0157297_20423482.jpg



極楽寺コース沢沿いでキバナアキギリ真っ盛り。
a0157297_20424761.jpg



頂上では咲残りのセンニンソウ。
a0157297_20425183.jpg

筑波山にかかっていた雲も取れてきました。
てか、車で向かうときは曇り空で涼しく登れると思ったのですが、
登り始めると陽ざしが出てきていや~暑い。
しかも蒸し暑い。
久しぶりに鼻の先から汗がぽたぽたと落ちました。
a0157297_20425403.jpg

せっかく保温水筒に紅茶を作ってきたのに汗だくです。
でもあったか紅茶うまし。
小一時間なごんで下山。

バイオトイレの向かいにクサギの花。
カラフルです。
a0157297_20425800.jpg



常願寺下部でツリフネソウ。
a0157297_20430271.jpg



カントウヨメナ。
総苞が短く、葉がつるつる。
a0157297_20430569.jpga0157297_20430997.jpg



田んぼの畔でミゾカクシ。
ほとんど咲いてないので会えたらラッキー。
a0157297_20431349.jpg


14時ちょいすぎスタートだったんで、曇りのままだったら少し暗くなるかな?
とも思いましたが、晴れたので、ちょいと夕焼けっぽい位で駐車場に着。

やっぱり行ってよかった。
すっきり。

[PR]
by 92robin | 2015-09-27 21:02 | 筑波山系 | Comments(6)
水無月 宝篋山
さて、マンスリー宝篋山、6月です。
6月の最終日に行きました。
ふ~危ない危ない6月が落ちるところだったわ~。

今回は極楽寺ピストン。
そして、頂上下から表筑波スカイラインゲートまでの林道の途中まで。
この6月7月はね、この林道がなかなかに花いっぱいなのです。

さて、駐車場にバイクを駐め、歩きだそうとすると・・・
あれ?Oさん?
降りてきたOさんと会いました。
Oさん、時間があるからとこれから登る私に途中まで同行してくださいました。
お話、楽しかったです!

と、そんなOさんと歩きだし、すっかり緑濃くなった宝篋山を眺めます。
a0157297_21071574.jpg


ムラサキニガナ咲き始め。
a0157297_21072180.jpg

ヤマアジサイも咲いていました。
a0157297_21072994.jpg


ウラジロの新葉もすっかり緑濃くなりました。
a0157297_21073558.jpg


イワガネソウもみずみずしい緑。
a0157297_21073930.jpga0157297_21074241.jpg

おや?チダケサシが咲いています。
あら。ここで見るの初めて。
上の林道にたくさんあるからそれを見に来た今回、極楽寺の沢部分で見るとは。
a0157297_21074680.jpga0157297_21074970.jpg
a0157297_21075351.jpg


倒木にウスヒラタケみっけ。
a0157297_21075911.jpg


さあて、いい匂いが漂っているなと思ったら、アカメガシワの花。
a0157297_21080485.jpg

登山道中に花が落ちてました。
a0157297_21080835.jpg


上部にはオカトラノオ。
a0157297_21081109.jpg


テイカカズラの花もたくさん落ちています。
テイカカズラもよい匂いよね。
a0157297_21081535.jpg


そして、山頂下のバイオトイレ増設。
でも、まだ使用不可です。
a0157297_21081940.jpg


ささ、頂上はスルーで、林道に入ります。

ニガイチゴの実がたくさんなっていました。
「ニガ」と付いていますが、特に苦いってわけではないです。
a0157297_21082238.jpg


ムラサキシキブの花も咲いています。
これも大変良い匂い。
a0157297_21082779.jpg


そして、タカトウダイ。むふふ。これも見たかった。咲き始めです。
a0157297_21083105.jpga0157297_21083550.jpg


シモツケはもう終盤な株が多かったけれども、まだこれからの株もアリ。
a0157297_21083911.jpg


チダケサシ、まだちょっと早かったね。咲き始め。
白っぽく見えるけど、うっすらピンクっぽいのがステキ。
a0157297_21084702.jpg
a0157297_21084920.jpg



ノリウツギも咲き始め。
a0157297_21085488.jpg


オカトラノオもたくさん。咲き始め~まずまず見頃。
a0157297_21090057.jpg



二基目のアンテナの所で折り返し、また極楽寺コースへ。
登りでは、Oさんのおしゃべりに夢中で見逃したコクラン。
a0157297_21090497.jpg



や~6月の宝篋山、落とさなくってよかったよかった。
アカメガシワの花の香りの宝篋山でした。

Oさんありがとうございました!


[PR]
by 92robin | 2015-06-30 21:47 | 筑波山系 | Comments(2)
皐月 宝篋山
さて、五月のマンスリー宝篋山。

いや、ホントは袈裟丸山と思ったのですが、時間が取れず。
もうさ、今年は一週繰上げだよね花の予定も。
だから来週が高原山だな。
今年は袈裟丸はパスだ。

宝篋山、コースチョイスはいつものように極楽寺⇒常願寺。
15時からの歩きだしで、人もほとんどおらずよかったです。
それにしても最近さっぱり極楽寺の登りが1時間を切れなくなっちゃった。
なんでだろ??
今回なんか1時間10分だもんね~。
結構せっせと歩いたのにな~。


ま、15時スタートで歩きだします。
さすがにこの時間だと駐車場も3割程度の入り。

歩きだすとイボタノキ。
ちょっとピンは来てないわ、まだ咲いてないわでスマヌ。
a0157297_22282087.jpg


ノアザミが咲きだしていました。
a0157297_22282338.jpg


ずんずん登ってオカタツナミソウ。
a0157297_22282670.jpg


頂上手前にあるバイオトイレは増設らしい。
a0157297_22283078.jpg


頂上から。
水の入った田んぼがよく見えます。
a0157297_22283333.jpg


頂上から山口コースに入るところにコゴメウツギ。
a0157297_22283676.jpg


そしてカマツカ。
雌蕊が先で3つになります。
a0157297_22284028.jpg


カマツカ、といえばナナツカマツカ。
『ひげよ、さらば』上野瞭(1982年)
カテゴリとしては児童文学になるらしい。
主人公のヨゴロウザがナナツカマツカで目を覚ますことから始まる物語。
ナナツカマツカはもちろん架空の地名なのだが、カマツカが七本あったということだろうか。
記憶喪失のネコのヨゴロウザが野良猫×野良犬の縄張り争いに巻き込まれていくという人間模様というかネコ模様が描かれているのだけれども、私はこの物語が大好き。


まあ、そんなことはどうでもいいことですが、私はすっかり夏模様。
宝篋山はね、もうね、夏は半ズボン。
イマドキは半ズボンの下にサポートタイツを履くんだろうけど、私は暑くってダメ。
a0157297_23043438.jpg


さて、常願寺コースで降りましょう。

ナルコユリもたくさんありましたがまだ蕾で、これはアマドコロ。
アマドコロの方が少し花が早いのです。
決定的な違いは茎に角があるか丸いかだけど。角があるのがアマドコロ。
a0157297_22284342.jpg



これはミヤマナルコユリ。
ナルコユリは花が一列だけど、ミヤマは二列。
a0157297_22284896.jpg


ヤブテマリ。
5つに別れた花冠のうちの一つが小さい。
a0157297_22285315.jpg


あれ?ジャケツイバラの花が落ちてるよ?
上を見たけど、いまひとつどこに咲いているか分からず。
a0157297_22285783.jpg


常願寺下部ではエゴノキの花が落ちていた。
これは上を見るとちゃんと確認できた。
a0157297_22290187.jpga0157297_22290596.jpg



常願寺コースの登り口からさらに下ると砂防ダムがあるんだけど、そこで咲いているジャケツイバラを確認。
イバラとか言うけど、マメ科のつる性の低木。
a0157297_22290916.jpg



先月咲いていたナツグミも実になっていた。
a0157297_22291357.jpg


ウツギも咲きだしている。(ヒメウツギかも)
a0157297_22291750.jpg


常願寺コースの田んぼに入るところにはノイバラが群生。
たいへんよい匂い。
a0157297_22292256.jpg


常願寺コースからの宝篋山。
田んぼに写って逆さ宝篋山。
a0157297_22281606.jpg



白い花がたくさんでよい匂いの五月の宝篋山でした。


[PR]
by 92robin | 2015-05-17 23:31 | 筑波山系 | Comments(7)
卯月 宝篋山
4/23(水)のマンスリー宝篋山です。

午後休みを取って所用を済ませた後、宝篋山へ。
一瞬、19の日曜日に行こうかと思っていた雪入の稜線にしようかとも思ったのですが、まあおそらくヤマザクラは終わっちゃってるだろうしなってことで、落としてはならぬマンスリー宝篋山。

しかしながら画像を整理していて思ったのは、植物ってのはホント限りがないものですね。
山登りを始めて5年半、宝篋山に登るのもこれで51回になるわけですが、まだまだ知らない花があったし、樹木にも目を向ければあれ?これって?なんてのも多々。
まあたかだか5年や6年でなんでも知った気になっているわけでもないのですが。
なんにせよ、知る楽しみは尽きませんね。

さて、あんまり時間もないので極楽寺ピストンにしようかな?とも思いましたが、常願寺コースの入り口にスミレもあることですし、極楽寺⇒常願寺です。

小田休憩所から出発します。
ん~少しだけヤマザクラも残っていそう。
a0157297_23563141.jpg



極楽寺コースへ向かう田んぼの畦には、わっさーとノミノフスマ。
いままでも見たことはあったと思うのですが、ちゃんと撮ったことはなかったので初掲載。
a0157297_21313528.jpg



そして、こりゃ??と思ったのがコレ。
見たいもんだと思っていたキュウリグサ。
先日栃木県鹿沼の二股山で初見だったヤマルリソウと同じムサラキ科だけあって花の構造が似てますね。
a0157297_21314153.jpg


極楽寺下部ではタニギキョウがわっさーとありました。
a0157297_21314664.jpg


チゴユリ、ホウチャクソウも所々にあります。
a0157297_21315242.jpga0157297_21315529.jpg


ニリンソウはほぼ終盤。
a0157297_21315921.jpg


ヤマザクラの散った花びらがたくさんの道を登って行くと、おお?結構残ってますよヤマザクラ!
ヤマザクラ、いいですよね~好きなんだな~。
a0157297_22412569.jpg


クサイチゴは登山道全般にたくさん。
クサイチゴっていうけど、草でなく木です。
赤い実がなるのですが、おいしいですわよ。
a0157297_21320192.jpg



さて、ニョイスミレ。
極楽寺下部から上部までたくさんありましたが、花弁がうっすらピンクなのみっけ。
a0157297_21320434.jpg



山桜の森にあるエイザンスミレはもう終わってました。残念。
で、山桜の森の薄いピンクがかったタチツボスミレ。
色抜けの過程なのか、もともとそういう色なのか。
a0157297_21320707.jpg



で、これも初見というか・・・初めて知ったよ。
側弁が無毛のアカネスミレ。
現地では、「お、アカネスミレ!」と思って愛でて撮っていると・・・
奥さん(誰)!大変です!側弁に毛がありません!
え~でも、咲き方も色も距も葉も全体的な毛の生えっぷりも完璧アカネスミレ。
そ~したら、あるんだって、側弁が無毛のアカネスミレも。
a0157297_21321356.jpga0157297_21323136.jpg


a0157297_21323559.jpga0157297_21323962.jpg


距と葉。これは典型的なアカネスミレですよね。
a0157297_21324327.jpga0157297_21324683.jpg




ふ~。
基本種さえこうだもの。
スミレの魅力は果てしない。
(ちなみに交雑種はまったくわかりませんw)

そして、あれ?こんなにあったかな?と思ったニオイタチツボスミレ。
バイオトイレから山頂までにほんとたくさん。
戻りの常願寺の上部にもほんとたくさん。
a0157297_21325346.jpg



クサボケも美しく。
これも草ってつくけど、木。
クサイチゴにせよクサボケにせよ木なんだから草ってつけなければいいのになんて思っちゃうけど、まあそこは名前。
a0157297_21325702.jpg


筒井康隆の割と初期の作品「メタモルフォセス群島」ってので、いい加減な生物学者が見た目でテケトーに名前を付けちゃうってのがあるのですが、なんだかそれを思い出しましたよ。

頂上から雪入山方面です。
やっぱりヤマザクラ、終わってますね。
ん、宝篋山にしてよかったかも。
a0157297_21330039.jpg


コナラの萌え出る新葉と展開途中の雄花も実に美しいです。
ブナの新葉も毛が生えてますけど、コナラも新葉は毛があるんですね~。
a0157297_21330664.jpg


さて、山頂は結構風があって寒かったのでさっさと降りることにします。

ツクバキンモンソウ
a0157297_21330919.jpg


オオバタネツケバナ
これも見たことはあったのですが、タネツケバナは種類が多いので調べずスルーしていたもの。
a0157297_21331127.jpg

ゴヨウアケビの花はとてもいい匂いでした。
a0157297_21331573.jpg


常願寺下部はヤブニンジンにおそらくセントウソウ。
a0157297_21331809.jpga0157297_21332196.jpg



登山口から出て道路脇の大きなクヌギの木も新葉と花が美しいです。
a0157297_21332502.jpg


道路脇にシャガとおそらくナツグミ。
a0157297_21332856.jpga0157297_21333191.jpg



ここら辺の山ツツジは咲き始めていました。
a0157297_21333457.jpg

民家が出てくるあたりではスミレの群落があります。
a0157297_21333995.jpg


ずんずん歩いて小田休憩所手前でキツネノボタン。
a0157297_21334289.jpg





や~なんだかいろいろ見ることができた気がします。
ヤマザクラが残っていたのもよかったし。

帰着して猫の額畑に夏野菜の苗を植え付けて表遊びは終了。
植え付け最後の頃は小雨がふってくるは薄暗くなるはで、ちとたいへんでしたけどねw


[PR]
by 92robin | 2015-04-23 23:22 | 筑波山系 | Comments(4)