遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
NatureHike テント
at 2017-03-23 18:10
西大巓
at 2017-03-05 23:25
春の便り
at 2017-02-25 14:57
日光 社山
at 2017-02-12 01:37
2016会津三岩岳~窓明山周回
at 2016-09-27 06:37
前白根
at 2016-09-09 00:41
以前の記事
最新のコメント
ご無沙汰してます(^O^..
by ぼんぼん at 00:06
chikoやん や~お..
by 92robin at 22:27
お声がけいただきありがと..
by chikoやん at 23:09
bebeさん 来週末の..
by 92robin at 17:13
hutatuyanos..
by 92robin at 14:41
とてもフレッシュな記事ア..
by bebe at 12:48
おはようございます。 ..
by hutatuyanosiki at 06:00
hutatuyanosi..
by 92robin at 14:42
こんにちは! お久しぶ..
by hutatuyanosiki at 13:53
きなこさん はじめまし..
by 92robin at 17:17
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
タグ:日光白根山 ( 6 ) タグの人気記事
前白根
さて、遠くの山、行程の長い山には行けない日々。
でも、山に入って癒されようと日光白根山へ。
と言っても、前白根まででしたけどね。

今回も夫が同行。

■行程■ 
9/3(土)
0735湯元P⇒0810登山口(スキー場上部)⇒0950外山鞍部⇒1055前白根1150⇒1230外山鞍部⇒1345登山口⇒1405湯元P

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります

■駐車場について■
日光湯元の無料駐車場 トイレあり

■携帯電波■
可:日光湯元P、外山鞍部
不可:前白根
その他は未確認


【詳細】
さて、どこからにしようかと思ったけれども、菅沼は駐車料金がかかるようになったので
なんとなく気が向かないし・・・。
金精峠か湯元からか迷って湯元から。

ちなみに丸沼スキー場から入ったことはありません。
つくばからだと、日光まわりでも沼田まわりでもやっぱり丸沼からって遠い感覚。
でも、よく考えてみれば湯元からだってグリーンシーズンに入るのは初めて。
グリーンシーズンはどんな感じなのかちょっと興味もありました。

さて、湯元スキー場を登っていきます。
あら?夏は作業道を通っていくんだ。
積雪期はスキー場の端っこを歩いていくんだもんね。
a0157297_21514870.jpg

作業道を登っていくとシロヨメナ。
a0157297_21515084.jpg

山道に取りつくと右手にあら、砂防ダムが。
これも初めて見た気がします。
a0157297_21515271.jpg

積雪期も外山鞍部までは急登だけど、グリーンシーズンも急登でしたw
ピストンですからこれを下るのかと思うとちとたいへんな予感。
a0157297_21515446.jpg


外山鞍部からも積雪期とは違った様相で新鮮でした。

で、前白根山頂手前でほとんど終わりな感じのコマクサ。
a0157297_21515692.jpg


山頂からちょっと進むと五色沼を抱く奥白根が見えるハズ・・・だけど見えませんね~。
奥白根まで行くつもりだったけど、沸き立つガスを見たら足が止まっちゃいました。
a0157297_21515854.jpg


五色沼を眺めながらかなり長くお昼とコーヒータイム。

戻りは外山鞍部からの落差のある下りがやはり大変でふひー。

でも、久しぶりのお山はやっぱりよかったです。



[PR]
by 92robin | 2016-09-09 00:41 | 栃木の山 | Comments(6)
日光白根山  湯元から
や、すばらしかった。

ずっと天気待ちだった週末。
西大巓~西吾妻山にするか、日光白根にするか少し迷ったけど、
樹氷にはやや遅いかな?と思い日光白根にした。

同行はbetty氏。

【概要】
■行程■
3/15(金)2100つくば⇒R294⇒R352⇒R120⇒2330日光湯元

3/16(土)0810湯元P⇒1115外山鞍部1135⇒1305前白根⇒1345避難小屋
3/17(日)0800避難小屋⇒0925奥白根山頂1000⇒1033避難小屋⇒1430湯元P


■GPSログ■クリックするとルートラボに飛びます


■駐車場について■
湯元温泉の無料駐車場。
何箇所かあるけど、観光案内所道路向かいのトイレのある駐車場を利用した。

■携帯電波■
山中は未確認。避難小屋は×、湯元温泉では入った。

■登山届について■
駐車場から湯元スキー場に向かう駐在所とスキー場ベース部分に提出箱がある。

■登山道について■
おおよそ夏道通りだが、奥白根 標高2440m~2530mは直登。(ログ参照)
道標も雪から出ているし、要所には赤布あり。

■装備について■
アイゼン、ストック、ピッケル。その他泊まり道具。
スノーシューは一応持っていったが使わなかった。



【詳細】
湯元スキー場のリフトは土曜は9時からで日曜は8時半から。
リフト利用にしようかとも思ったけど、状況次第では土曜登頂も
視野に入れてリフトの運行を待たずにゲレンデの端を登る。
第2ペアリフト終点から取り付き。
a0157297_153554.jpg



去年もアゴが出た急登だが、今回はそれほど踏みぬかないでいくらか楽。

・・・だけど、やっぱり堪えるわ~。
と、外山鞍部。
a0157297_154385.jpg



ま、それもそのはず、今回は泊まりだからね。
私のザックでさえ13kgオーバーだったし。

外山鞍部で暖かい日差しを浴びながらお茶。

そこからはそんなに登るとこないような気がしたけど、案外登る。
おまけに着ているものをどんどん脱いでいくくらい暑い。
a0157297_155028.jpg



でも、登るにつれて眺望がよくなってきた!
a0157297_154772.jpg



前白根のあたりで奥白根の美しさにココロ揺さぶられたが、
この辺りから風がびゅ~びゅ~になってきた。
a0157297_155342.jpg



五色沼も雪でまっしろ。
で、ここで目を見張るべきは奥白根のトレース!
ええ?直登?!((((ものすごく急じゃない?)
(オレンジ色の点を付けた右にトレース)
a0157297_155676.jpg



えええ~とか思いながら、避難小屋に向けて歩を進める。
ん?まだ登るのかいっ(←ココロの声)
a0157297_155856.jpg



と、まあこの稜線から下れば間もなく避難小屋。

う、やっぱり戸が埋まってる・・・。
a0157297_16018.jpg



先週位のどなたかの記録で戸が埋まっている画像があったんで
覚悟はしてたけど。
よく見れば、戸の左側に梯子が掛かっている冬期入口らしきものが
あるけど、それも、窓の枠がビミョ~にずれていて開かない。

仕方ない・・・掘るか~とスコップを出したけど、横の窓が開くぞ~。
a0157297_1638.jpg



入り口も掘らなくってよくなったし、登頂しようかとも思ったけど、
前白根の辺りからかなりの強風となったので、今日はここまで。
明日、トップを狙うとする。

さて、今回、いよいよ冬シュラフを使う。
(使いたくって泊まりにしてみたってのもあるw)
私はナンガ オーロラ750DX ショート、betty氏はモンベルの♯0で
だいたい温度帯は一緒。
⇒18時で小屋内-5℃、翌朝6時小屋内-10℃でよく眠れた。
念のため使い捨てカイロ併用。
a0157297_167100.jpg



夕ご飯は私が担当。
永谷園の煮込みラーメンキムチ味。
a0157297_161010.jpg



18時過ぎには就寝。
幾度か目が覚めたけど、翌朝6時までぐーぐー寝た。

起きたら小屋内-10℃だけあって、ナルゲンボトルの水は凍ってたね。
用心して靴の中敷きはシュラフの中に入れて寝た。
a0157297_161265.jpg



朝ごはんはbetty氏の担当でハムステーキ&目玉焼き、ご飯、味噌汁。
おいしゅうございました。
a0157297_161552.jpg



さて、小屋内撤収。
荷物を詰めたザックは小屋の隅に置いて出かける。
朝方まで強く吹いていた風も出かけるときにはすっかり止んでいた。


うっほ~。
a0157297_161856.jpg



カンバの林のなかを上がる。
a0157297_162153.jpg



カンバの林を抜けると・・・ものすごい急登だ!
a0157297_173375.jpg



しかしながらきれいだなぁ。
a0157297_182624.jpg



振り返れば、うわ~中禅寺湖の湖面がこれまたきれい!
a0157297_183717.jpg



なんて言ってるけど、急登ではへはへ。
もう少しだ~と思ってからが意外と長いけど、なんとか急登終了~。
おお~至仏やら巻機山やら!
a0157297_185418.jpg



で、近くにはこの前行った川場スキー場の武尊山。
a0157297_184571.jpg



祠を過ぎて少し下って登れば、山頂だ!
も~最高。言うこと nothing !
a0157297_19510.jpg



とにかく360℃の大展望。
好きな三岩岳ももちろんばっちり。
それにしても双耳峰の燧ケ岳はいいランドマークだね。
a0157297_192517.jpg



三岩岳の右奥には浮かぶように飯豊。
a0157297_194751.jpg



富士山だって見えた。
a0157297_19561.jpg



そして、今年こそは!の白錫尾根と錫ヶ岳。
a0157297_110787.jpg




もうね。
いつまでもここにいて山々を見ていたい感じ。
betty氏が持って上がってくれた水筒の紅茶は景色にしびれたココロにも沁みた。


そうは言っても降りないわけにいかないのが山。

まあ、下るか~。
直登ルートじゃ下りはあまりにオソロシイので夏道をトレースしてみるけど・・・。
やっぱりこの後は急。
a0157297_1102067.jpg



クラストしている所もあって、ちと、な~。
もうね、恰好はともあれ後ろ向きに四ッ這いで下るぞ!

と・・・四ッ這いで下っていくと・・・。
あれ??
asanoさん
a0157297_1103342.jpg




し、しまった~カッコ悪いところだったのに~。笑

ものすごい遭遇率なasanoさんとひとしきりお話をして別れた。

や~下るのはあっという間。
a0157297_1104358.jpg



小屋からまた稜線に出るのに登るのが辛いわ。
登りに来たのに登るので文句言うってどうよ?
などとお互いに突っ込み合い歩を進める。

葉を丸めて風雪に耐えたシャクナゲも、今か今かと雪融けを待っているようだった。
a0157297_1105266.jpg



外山鞍部からの下りでは、凍っている部分を避けようとしたらかえってずっこけて
プチ滑落したり、スキー場の上部のロープで宙づりになりかけたり、トレースを
外して適当に降りたら腰まで埋まったりしたけど、まあ無事に?降りた。
(((ここが一番デンジャラスゾーンだったかもw)


素晴らしい天気と同行のbetty氏に感謝。
asanoさんとは次にどこの山で会うのかも楽しみ~♪
[PR]
by 92robin | 2013-03-18 00:50 | 栃木の山 | Comments(26)
前白根山 外山鞍部で撤退
さあて、やってみたいな~と思いつつも天気に振られっぱなしだった前白根。
4/7(土)に行ってきました。
でも途中敗退。笑

週後半の天気予報では良かったのだけど、前日になって曇りの予報。
でも、雨雲の動きなどの予報を見てみると、さほど悪くはならないだろうと決行。

【概要】
■行程■
4/7(土)0440つくば発 一般道→0720湯元温泉無料駐車場
0745湯元温泉無料駐車場→0755日光湯元スキー場→0845登山口
→1130外山分岐~(休憩)~1215外山分岐→1255登山口
→1335湯元温泉無料駐車場

■GPSログ■
a0157297_20303131.jpg

a0157297_20303351.jpg


■駐車場について■
湯元温泉の無料駐車場。
何箇所かあるけど、観光案内所前のトイレのある駐車場を利用した。

■携帯電波■
山中は未確認。でも、湯元温泉では入った。

■登山届について■
駐車場から湯元スキー場に向かう駐在所とスキー場ベース部分に提出箱がある。

■登山道について■
おおよそ夏道通り。稜線の気温-6℃。

■装備について■
アイゼン、スノーシュー。
ピッケルは持たず、ストックのみ。
(((でも、ものすごい急登でピッケルがあってもよかったかも)



【詳細】
さて、湯元スキー場の営業は3/31でおしまい。
なので、スキー場を歩いて登る。

前の白い山はたぶん五色山。
今回の同行も85嬢。
a0157297_20303713.jpg


スキー場トップが登山口。
標識がある。その後もこの標識と赤布や赤テープがしっかりとあった。
a0157297_20303914.jpg


登山口に入って少ししてからスノーシュー装着。
雪面はクラストしているところとしてないところがあって、歩きづらい。
踏みぬくところも多く、しかもかなり急登で、スノーシューではちと苦戦。
標高差30mくらい登ってアイゼンに変えた。

先行は、埋もれ気味だったけどワカンのトレースが2つあり、ほぼ同じ場所で
ワカン(我々はスノーシューだけど)からアイゼンに変えた模様。

とにもかくにも急登ww
a0157297_2030427.jpg

a0157297_20304351.jpg

a0157297_20304621.jpg


天候は曇りから少し晴れ間が見えてきた。
風は所々びゅ~だけど、そんなにつらくないレベル。

もがきながらようやく稜線の外山鞍部に到着。
a0157297_20304816.jpg


ええと~こっちが前白根だよね?
a0157297_20305112.jpg


まあ、ここからはそんなに急な登りはほとんどないのだけど、気力折れ。笑
なんせ、私は前日に新人歓迎会で帰宅が遅くなり、85嬢は洗濯をしていたら
夜中の2時になったという。(((てかそんな時間に洗濯するかね?w)

そんなに体調が悪かったわけではないけど、なんせ、急登で歩きづらい雪面
でもがいたので、まあ今日はここまでということにした。

稜線はさすがに風が吹き抜けていたので、ツェルトを風除けにして休憩。
((張り方が雑なのは愛嬌w)
a0157297_20305297.jpg



さて、ゆるゆると休憩して、下山。
登りは登山口から2時間45分もかかったけれども、下りは40分とは~。笑
(((ちなみに夏道の山と高原地図のコースタイムは登り1時間30分)

そうそう、後から風が強くなったので、登りにつけたトレースは消えていた。
でも、途中で外国人2人と交差、トレース復活。
この方々は、本日は避難小屋まで、明日奥白根だそうだ。
大きなザックでヒ~ヘ~してた~。
(((でも、すごいよね~)


下山後、いつも立ち寄る湯元温泉奥日光高原ホテルでお風呂。
露天風呂が改修されて湯量がふえたからということで600円から800円に
値上げになってた。
(((む~ん、600円だからよかったのにな~)
ヒガラが高い声で鳴きながら露天風呂の隣の屋根に遊びに来ているのを
眺めつつ入湯。

例幣使街道で帰宅。

前白根までは到達しなかったけど、久々に挑む山登り的な感じで燃えましたw
[PR]
by 92robin | 2012-04-07 21:25 | 栃木の山 | Comments(8)
日光白根山 菅沼から周回
9/19(月・祝)に日光白根山へ。

ホントは17-19と白馬の予定だったんだけど、台風の
進路に翻弄された。
3度目の正直だったはずの白馬に振られてがっかり。

さて、日光白根山は去年の7月の終わりに行ったので、2度め。
今回は、行ってみたかった菅沼⇒弥陀ヶ池⇒奥白根⇒避難小屋分岐
⇒前白根⇒五色山⇒金精山⇒金精神社⇒菅沼の周回コースとした。
【GPSログ】 クリックすると大デス
a0157297_20355557.jpg


【概要】
■水場について
ルート上には水場なし。
ただし、菅沼登山口駐車場にあるのだが、ちょっとこれは分かりにくい。
(駐車場右手の斜面を登った所にある。駐車場奥から行くと斜面を
登らずにたどりつく)

■携帯電波
菅沼駐車場では圏外。
でも、登山道の所々で入るようだった。

■時間
0610菅沼駐車場⇒0940奥白根山頂⇒1610菅沼駐車場
(遅足、休憩時間含む、あまり参考にならないタイム)


【詳細】
前日入りして車中泊。
朝を迎えて、さて、行きます。
今回の同行も85嬢。

コメツガなどの針葉樹林を緩やかに登る。
a0157297_2036161.jpg


弥陀ヶ池に着いた。
a0157297_2036337.jpg


弥陀ヶ池からずんずん登って行く。
a0157297_2036516.jpg


だいぶ山頂が近くなったよ。
a0157297_2036881.jpg


振り返れば、おお~燧ケ岳が見える。(たぶん。違ったら教えてプリ~ズ)
a0157297_20361097.jpg


最後に岩々をごりごりと登って山頂。
a0157297_20361321.jpg


山頂からちょっと下った祠のあたりで休憩~。
梨がおいしい~。
山で果物っていいね♪
a0157297_20361559.jpg


ガレ&ザレを下って樹林帯に入るとニホンジカの親子がすぐ近くに。
てか、2~3mなんだけど逃げない。ずいぶん人間慣れしてるもんだ。
a0157297_20361889.jpg


避難小屋まで下って、避難小屋すぐ隣の分岐を上がる。
ダケカンバが多くきれいな道だ。

避難小屋からほどなく尾根にでると、ほうほう、男体山だ。
a0157297_20362047.jpg


去年は、避難小屋から五色沼へ出て菅沼に戻ったので、この尾根歩きは
初めてだけど、なんともすばらしい尾根道だった。
前白根へ向かって歩く。
a0157297_20362223.jpg


もう花は終わっていたけど、ゴマナが残ってた。
a0157297_20362412.jpg


前白根へ登る道から五色山あたりまで、すばらしい眺望。
奥白根の美しさ、大きさがこっちからの方がよくわかって感嘆。
(((弥陀ヶ池辺りからだと上半分しか見えない感じ)
クリックで大デス
a0157297_20362842.jpg


うおうお感嘆していると前白根山頂だ!
a0157297_20363087.jpg

a0157297_2036335.jpg


さて、今度は五色山へ向かって行く。
a0157297_20364210.jpg


五色山山頂。
a0157297_21185855.jpg


五色山から、今度は金精山に向かって行く。
a0157297_21154372.jpg


しばらく行くと樹林帯に入る。
ツルリンドウの実、初めて見た!
a0157297_2119965.jpg


金精山。ガスってしまって展望なし。
a0157297_21191238.jpg


オオカメノキが色付いている。ナナカマドも真っ赤な実をつけていた。
a0157297_21192178.jpg


金精山からの下りは、かなり激下りで、怪しい梯子やらお助けロープが
出てくる。ひょえ~。
a0157297_21193023.jpga0157297_21191936.jpg


ようやく金精神社に出た。
a0157297_21192580.jpg


金精神社からは、勝手知ったる?道。
菅沼登山口から金精神社までは、私の鳥撮りポイントなので、
何度も歩いている。

ゆるゆるな道を下って、登山口着。
うっほ~このコース、よかった!
a0157297_21193338.jpg


登山口で85上にコーヒーを入れてもらい、しばしくつろぎタイム。
なんてやってたら雨が落ちてきた。
日光湯元の奥日光高原ホテルでお風呂に入って終了~!
(源泉かけ流し露天風呂あり600円)

行きはR294⇒R408⇒R121⇒栃木県道3⇒県道70⇒R119⇒R120と
したが、帰りはR119から久々に例幣使街道(れいへいし)街道を使いR294の
長田まで出て帰宅。

や~このコース、よかった~!
85嬢も気に入った様子♪
また行きたいコースとなった。
[PR]
by 92robin | 2011-09-20 21:40 | 栃木の山 | Comments(16)
日光白根山
7月31日(土)日光白根山

6:10菅沼登山口~弥陀ヶ池~9:30奥白根山頂~五色沼避難小屋
~五色沼~弥陀ヶ池~14:00菅沼登山口

<概略>
菅沼登山口自体が標高1700m位あるので、しばらく続く針葉樹林帯の
中もそれほど暑さにやられることもなく歩けた。湿度は高かったけど。
急登を終えて弥陀ヶ池まで来るとホッとするが、目の前にそびえたつ
奥白根の急登に唖然とする。五色沼の湖畔は広く爽やかで和みスペース。

<詳細>
0時15分駐車場着。
駐車場には、まだ4~5台。
朝、mixiの山コミュの方々と顔合わせをしてスタート。
総勢12名。

日光白根山は、私にとって思い入れのある山。
ここ何年か日光白根山の下の方の登山道(菅沼~金精神社)で鳥を
撮っていて、そこで下山者を見て感じ入るものがあって山登りを始めた。

山登りをはじめてみると、今までオフロードバイクで走っていた林道には、
いくつも登山口があったことを思いだす。
栗原川林道の皇海山、五枚沢林道の飯豊山、甲子林道の甲子山~三本槍岳、
七ヶ岳林道の七ヶ岳、田代山林道の田代山、川俣桧枝岐林道の帝釈山、
四国の剣山スーパー林道の剣山、北海道の飽別白水林道の雌阿寒岳、等々。
登山口ではなかったけど、北海道の十勝岳~トムラウシ山の懐を走る林道も
思い出深い。
違ったことをやりだしたようでも、なんだかんだやっぱりリンクしてるんだな、と。

話がそれた。

そそ、日光白根山。
去年の10月にも登ろうと思ったのだけど、天気が悪くってやめてしまった。
その時は、筑波山と宝篋山、北海道の雌阿寒岳しか登ったことがなかったので
ちょっとチャレンジ的な山だったけど、今回は少しゆとりのある気分だ。

駐車場からしばらく平坦な道を歩く。
ハンゴンソウ(まだ蕾)の群生。
その後、気温はそうでもないけどやや湿度感のある針葉樹林帯を登る。
林床にはカニコウモリの群生。

弥陀ヶ池までくると、目の前に奥白根。
結構登った気がするけど、まだあんなに登るのかと( ´゚д゚`)エー
a0157297_11202333.jpg



そこからちょっと行くとヤマオダマキが何株か。
とてもきれいだ。
a0157297_123228100.jpg



ひいひいふうふう歩く。近くに見えるが、遠くも感じるな。
a0157297_1232313.jpg



最後は岩場で山頂だ。急速に雲がやってきた。
イワヒバリが間近に来る。
ああ、鳥撮りカメラにするんだったな。
アマツバメも飛び交っていた。
a0157297_12323432.jpg



山頂から中禅寺湖と男体山。
a0157297_12323729.jpg



山頂から下りて五色沼まではいろいろな花がある。
マルバタケブキ                    ハンゴンソウ(まだ蕾)
a0157297_12323993.jpga0157297_12324278.jpg



アザミ(何アザミ?)                 ハクサンフウロ
a0157297_12324499.jpga0157297_12324986.jpg



かわいいバンビも大接近
a0157297_12324664.jpg



五色沼避難小屋をちょっとのぞき。
使えそうだけど、ちょっとカビと埃っぽいな。

五色沼でごはん。
やはり一人じゃないとお昼がワンダーで、コーヒーミル持参の人、
スイカを担ぎあげた人なんかがいてすばらしい。
a0157297_12325271.jpg



五色沼湖畔のたぶんきっとシラネニンジン。
a0157297_12325424.jpg



満腹を抱えての下山。
といっても五色沼からちょっと登り返すのが不意打ち。笑
菅沼の登山口の駐車場でひらひらと飛ぶアサギマダラを見た。

帰りは日光湯元の奥日光高原ホテルで乳白色のお湯の風呂に入って帰着。
源泉かけ流し、露天風呂あり600円(10名以上は団体割引で500円♪)は
湯元では安くってよい。
お湯も良かったな。

日光湯元は、どこも硫黄泉だけど、ここのところ透明なものばかり
だった。
観光案内所で出来れば乳白色!と聞いたら、どれも源泉は同じで
それはお湯を入れる時間によるものだとのこと。

でも、湯畑に行くとそれぞれ源泉何号的なものに旅館名が
書いてあったような気がするので、微妙に違うんじゃ?とも思ったけどね。
[PR]
by 92robin | 2010-08-01 12:10 | 栃木の山 | Comments(8)
雨だよ
今日は雨。
ほんとは日光白根山に登るはずだった。

ツマンネ。

意気込みムンムンだったのにな。
初の2000m級の山なのにな。

ま、山は逃げないやね。

b0053472_9523854.jpg

(夏、金精神社より男体山、湯ノ湖を望む)
[PR]
by 92robin | 2009-10-06 00:00 | Comments(0)