遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
KATADYN BeFree
at 2018-07-12 23:47
7月の宝篋山
at 2018-07-08 21:03
2018飯豊連峰 朳差岳 え..
at 2018-06-04 23:33
朳差岳
at 2018-06-04 01:26
筑波山
at 2018-05-20 23:43
5月の宝篋山
at 2018-05-13 21:06
以前の記事
最新のコメント
はたけんさん 北海道で..
by 92robin at 14:38
然別湖畔の山を廻り、然別..
by はたけん at 22:15
石川@さん やっぱりい..
by 92robin at 11:26
最近は、浄水器を持ってる..
by 石川@ at 06:11
charmyさん 私は..
by 92robin at 22:40
昨日私も行きました! ..
by charmy at 05:02
やまさん 私も現地で思..
by 92robin at 21:53
お久しぶりです! 素晴ら..
by やまさん at 09:58
ぼんぼんさん いや~も..
by 92robin at 00:10
あれ? コメント入れてた..
by ぼんぼん at 23:01
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
続・リンゴの叫び!
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
白峰三山(白根三山)縦走
白峰(しらね)三山は、南アルプスの北岳、間ノ岳、農鳥岳。
3座とも3000m峰だ。
考えてみれば、3000m超えって初めてかも。
てか、そもそも、南アルプスって初めて。


や、ホントはね、7/14-17は飯豊でゆっくりするつもりだったんだけど、
どうにも前線が上がらない。
で、天気が少しでもよさそうな南アルプスへ。

ほら、北岳は花が多いそうだし、今ならキタダケソウに間に合いそうだし。


【概要】
■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります。→こちら

■行程■
7/14(土)つくば発北関東道経由で奈良田へ (だいたい15時出発21時過ぎ位に到着)
7/15(日)0530奈良田⇒(バス)⇒0620広河原0635⇒大樺沢二股⇒右俣⇒1240北岳山頂
       ⇒トラバース道⇒1420北岳山荘(テン泊)
7/16(祝)0600北岳山荘⇒0740間ノ岳⇒1130農鳥岳⇒1515大門沢小屋(テン泊)
7/17(火)0600大門沢小屋⇒0910奈良田


■駐車場について■
以下画像参照。今回は、奈良田の第一駐車場は満車で第二駐車場に駐めた。
第二駐車場のバス停は「丸山林道入口」
a0157297_045769.jpg

ちなみに広河原側に駐めるならこちら↓
a0157297_0451051.jpg


※駐車場は無料だが、奈良田⇒広河原間のバスは1000円+なんとか協力金100円。

■水場について■
広河原のインフォメーションセンターで汲める。
奈良田の第2駐車場には沢水が引いてあったが、殺菌してませんからね~って看板。
北岳山荘は300m下の雪渓から引水で、100円/L。
大門沢小屋は、どこからの水かは?だけど、蛇口があって無料。
その他は未調査。

■テン場について■
北岳山荘は公称80張 600円
大門沢小屋は公称50張 500円

■携帯電話■(ドコモ)
奈良田駐車場 ○、大樺沢二股 ○、北岳山荘 ○、 大門沢小屋×
その他、確認はしてないが、大門沢下降点から大門沢小屋までの山道に2~3か所
「ここら辺で入ります」の看板あり。



【詳細】
今回もソロ。おおにょさんは歯が痛いんだそうな。ヽ('A`)ノェェェ

■7/14(土)つくば発北関東道経由で奈良田へ (だいたい15時出発21時過ぎ位に到着)■
中央道を使おうかと思ったけど、出る時点で渋滞のようだったので、
北関東道経由で。
北関東道も下仁田で降りてそこから下道で節約節約。
それにしても、山梨なんて高速道路で通り過ぎたことはあっても、行ったことなかったな。
((あ、清里って山梨?清里なら通ったことがあるか)


■7/15(日)0530奈良田⇒(バス)⇒0620広河原0635⇒大樺沢二股⇒右俣⇒1240北岳山頂
       ⇒トラバース道⇒北岳山荘(テン泊)■
さて、バスで奈良田から広河原まで移動。バスは同時に3台もキタ。
小一時間、かなり古めなバスに揺られてあんまり気分は良くなかったな~。
とはいえ、このバスのおかげで縦走も楽に計画できるからありがたい。
a0157297_0451335.jpg


広河原にはインフォメーションセンターなるものがあって、きれいなトイレがあり、
給水や休憩が出来る。

インフォメーションセンターの少し先のつり橋を渡って登山道へ。
やっぱりこの時期はどこでもそうなのか、登山道には水が流れている箇所が多々。
バイカウツギがよい香り。
a0157297_0451537.jpga0157297_0451723.jpg


少し登ると、見たこともない花が~(゚∀゚)
ミヤマハナシノブ                タカネグンナイフウロ
a0157297_0452096.jpga0157297_0452113.jpg


ミヤマハナシノブは、北アルプスの後立山連峰清水岳(しょうずだけ)および
南アルプス(北岳、鳳凰山)のみに隔離分布するのだそうだ。
うっひょ~いいの見ちゃったな。
青っぽいフウロなタカネグンナイフウロも初見。
これは本州中部の分布。


二股の少し手前かな?まっすぐ続いているのが左俣コース。
今回は右俣コースで。
二股あたりから、ガスガスとなった。
a0157297_0452439.jpg


キバナノコマノツメ、ウラジロナナカマドがたくさん。
a0157297_0452655.jpga0157297_0452824.jpg


小太郎尾根分岐手前辺りでは、シナノキンバイの群落が。
a0157297_0453030.jpg

a0157297_0453364.jpg

a0157297_0454077.jpg


タカネヤズハハコやハクサンイチゲも出てきた~♪
ああ、またハクサンイチゲに会えるとは。
そうか。東北が終わったらこっちに来ればいいんだね。
a0157297_0454246.jpga0157297_0454424.jpg



稜線では、あちこちにあったミヤマシオガマ、オヤマノエンドウ
a0157297_1293542.jpga0157297_1293072.jpg


イワウメもそれはそれはあちこちに。 ミヤマタネツケバナも。
a0157297_1293775.jpga0157297_129425.jpg


ハクサンイチゲ、この規模の群落がどんどこ出てくる~。
a0157297_1294093.jpg


で、肩の小屋通過~。
そうそう、稜線に出てからは、かなり強風とガス。

だけど、素晴らしい花の稜線が続く。
初めてみたキバナシャクナゲ。しかもすばらしい群落。これがもうあちらこちらに。
a0157297_1294757.jpg


クモマナズナ(タカネナズナ)     ガスに濡れていっそう輝くハハコヨモギ(これも初見)
a0157297_1294989.jpga0157297_129557.jpg


そしてそして!チョウノスケソウ       で、さらにさらにシコタンソウ!!
a0157297_130173.jpga0157297_130359.jpg


チョウノスケソウは、去年8月の八ヶ岳でその名残を見て花が見たいな~と思っていた。
シコタンソウもその花弁のきれいな模様を見るのを楽しみにしていたから嬉。

ミヤマオダマキ。すごく花が大きい。  ミヤマダイコンソウもたくさん。
a0157297_1301315.jpga0157297_1303945.jpg


タカネツメクサもたくさん。 そして、萼片が緑色のハクサンイチゲ。ミドリハクサンイチゲっていうらしい。
a0157297_1493788.jpga0157297_130630.jpg


なんてやってると、またハクサンイチゲの群落。ああ、素晴らしい。
a0157297_13043100.jpg


ガスの濃い中、花ばかり見てうきうき歩いていたらいつの間にかあっさり山頂。
a0157297_1305749.jpg



さて、ガスガスの全く展望がない山頂をさっさと後にして、八本歯のコル方面に
降りてトラバース道で北岳山荘に向かう。
や、トラバース道にキタダケソウがあるっていうから。

降りて行く途中で、早くも「!」
・・・・だ~け~ど~もうボウズになっちゃってるよ?
ちょうど、ハクサンイチゲと並んでいたので比較を。
画像の左、花が終わっちゃってるのがキタダケソウ(の葉)。
a0157297_1575918.jpg


さて、トラバース道分岐からトラバース道を行くと・・・。
おお!あったあった♪ キタダケソウ。 北岳の固有種。
a0157297_158938.jpg

a0157297_158116.jpg


キタダケナズナ(ハクホウナズナ)     ミネウスユキソウも 
a0157297_1595047.jpga0157297_158459.jpg


清楚な青がステキなミヤマムラサキもたくさん。 そして、タカネマンテマ !(^^)/
a0157297_1582285.jpga0157297_1581695.jpg


やほ~い!タカネマンテマ見ちゃった♪


シロウマオウギ                  イワオウギ
a0157297_2112317.jpga0157297_2112591.jpg


シロウマオウギは、本州中部の雨飾山、北アルプス北部、白山、八ヶ岳、南アルプス
で見られる、そうな。


さて、進むと、ふと、ガスが一瞬切れて少し遠望がきくようになった。
お!北岳山荘だな!
a0157297_214135.jpg


山荘の手前には、ミネズオウのじゅうたん。うほ。  キンロバイもあったね。
a0157297_1571619.jpga0157297_1572071.jpg


や~ミネズオウね、花が終わっちゃったのしか見たことなかったから
見たかったんだよね~。


さて、北岳山荘のテン場はもう七割がた埋まってた。
受付をして、そそくさと設営。
風が強かったので、油断すると上手く設営できない。
テントを風で転がしている人もいた~。
a0157297_233870.jpg


それにしてもガスガス&強風。
北岳山荘のテン場は左に北岳、正面に富士山、右に間ノ岳という
絶好のロケーションらしいけど、まったく何にも見えないw

夜中、強風でテントがガバガバ言っていたり、しなっていたけど、
まあ、それなりに寝た。



■7/16(祝)0600北岳山荘⇒0740間ノ岳⇒1130農鳥岳⇒1515大門沢小屋(テン泊)■

4時起床。やはりガスガス&強風。
しかし、一瞬ガスが取れた瞬間、テン場の皆の歓声があがった。
a0157297_234164.jpg


さて、朝食を済ませ撤収し、間ノ岳(あいのだけ)に向かう。
a0157297_234636.jpg


ハクサンイチゲや、キバナシャクナゲの群落、これまで出てきた稜線上の
花が出てくるが、ガスと強風のためボツ画像を量産。

結構長いな~と思いつつも間ノ岳到着。
雨が降ってるわけじゃないけど、ガスと強風でカッパがなくては濡れ濡れだ。
a0157297_251461.jpg


さて、間ノ岳山頂をあとに、今度は農鳥岳を目指す。
a0157297_251959.jpg

この間のルートも、今までに比べれば数は少ないものの、花を楽しめる。
a0157297_252711.jpg




下って下って、陽が差して、目の前のガスが取れてキタ!うほ!
あれが?あれが農鳥なのか?((そ~です)
a0157297_274460.jpg


でも、また何回もガスが流れてきて見えなくなったりもしたけれども、いよいよ
ちょうど9時チョイ前、スカッと視界が開けた~!

農鳥岳と左に富士山。(((見えてるのはたぶん西農鳥ですね)
農鳥岳、いいね~~。
a0157297_28027.jpg



ここまで来て、ようやく山容が見えた山となった農鳥岳。
北岳も間ノ岳もよく分かんなかったもんね。

農鳥小屋の近くで一休み。
さて、農鳥岳に登っていく。
a0157297_2121423.jpg


で、振り返れば間ノ岳がそのどっしりした山容で鎮座。
a0157297_2121984.jpg


ある程度登ったら、いったん西側に。
塩見岳がいい感じで見える。
a0157297_2122828.jpg


目の前のピークが西農鳥だったかな~?奥の黄色の点が農鳥岳の山頂。
a0157297_2123289.jpg


案外なかなか遠く感じる農鳥岳山頂。
前を歩く二人組は、ここらへんから前後して大門沢小屋まで一緒だった。
a0157297_2124531.jpg


いよいよ、農鳥岳山頂!
a0157297_2125197.jpg


そして、間ノ岳と北岳。
あ~北岳ってあんなにとんがった山だったんだ~。
a0157297_2124031.jpg


農鳥岳を下る。 
目指すは、今宵の宿泊地、大門沢小屋。
いよいよ、この稜線から降りることになる。
a0157297_2153253.jpg


大門沢の下降点付近は、要アイゼンということだったが
(ヤマケイオンラインの大門沢小屋からの情報)、たしかに残雪はあったけど、
アイゼンはいらない。
((((せっかく持って歩いていたのにね~)

下降点までは、アオノツガザクラ、ミネズオウの群落があったり。


さて、稜線上の櫓の道標のある分岐から降りていくと灌木の親しみやすい道。
a0157297_2154163.jpg


花も見たことのあるもので、なぜかホッとした気持ちになる。
ツマトリソウ                  ゴゼンタチバナ
a0157297_2153553.jpga0157297_2153964.jpg


そうは言っても、ところ変わればってやつで、なんだこりゃ?も出てくる。
オオヒョウタンボク (まだ蕾だけど)
a0157297_2153773.jpg


そして、灌木帯の後はシラビソなどの針葉樹林帯へ。
ルリビタキが鳴いていたな~。 沢沿いではミソサザイの鳴き声も。
a0157297_2154420.jpg


も~歩くのイヤだ~と思った頃、ようやく大門沢小屋へ。
テン場は段々になっている。
(公称50張だけど、あまりそうは見えない)
テン場の裏では、なんとまあコマドリが鳴き交わしているという贅沢さ。
a0157297_2154847.jpg


まあ、天気も穏やかだし、この日はゆっくり寝られた。
夜に一度起きて星空観賞。ちょっと雲が多かったな。


■7/17(火)0600大門沢小屋⇒0910奈良田■
さて、この日は奈良田に下るだけ~。
朝焼けが富士山を赤く染めた。
このテン場は正面に富士山が見えるロケーション。
a0157297_2155078.jpg


さて、朝食を食べて、コーヒーを一服。
車を置いた奈良田に向かって下るぞほい。
道はテン場からいったん小屋の方に向かって行ってから沢沿いの道に入る。

で、しばらくは沢沿いを行くわけだけど、何度めかのこんな橋で・・・・
a0157297_2155239.jpg


足がつるっと・・・・・で、、ドボ~ン w(゚o゚)w
ハイ、やらかしちゃいました~。胸下ずぶぬれ~~ww
a0157297_21165190.jpg


や、なんかね、やらかすような気がしてたんだよねw
小屋から30分でずぶぬれ。

で、上の画像を最後にカメラは作動しなくなったので、以下画像なし~。
きれいな森を歩いたんだけどね~。
吊橋も3回渡った。
(結構近代的な吊橋だったけど、怖かった。ああ、こんな橋で怖いと思ったり、
あんな沢にかかった橋で足を滑らすようでは、朝日の三面コースの吊橋は無理だな~
としみじみ)

で、南アルプス林道(舗装路)へ出ててくてく歩き、車を駐めた奈良田の第2駐車場へ。
まあ、このころには濡れた着衣もだいぶ乾いた。
町営の奈良田の里温泉に入って帰路に着く。


********************************************************

なかなか足の伸びなかった山域だったけど、やはりいつもと違う花が
たくさんでよかったな~。
初見な花も多かったし。

それに、やはり標高が高いところから登り始められるのは暑くないから楽。

連休だから混むかな?とも思ったけど、人が前後していたのは北岳の肩
あたりまでで、あとはちらほらといった感じだった。

や、よい山でした!
[PR]
by 92robin | 2012-07-19 21:43 | 南アルプス | Comments(28)
Commented by hataken at 2012-07-19 22:00 x
おつかれ~&濡れぬれ~w
まーそーいう事もあるでしょう。次に生かせればOKですちゃ。
農鳥岳、ステキだ。狭い日本が広くなってきます。
行きたいトコ多すぎで困ります。
Commented by Toby at 2012-07-19 22:04 x
すごーい<(゚▽゚;)>
いいなぁ。今シーズンはね、夏に南をやりたいなぁと思っているんですよ。あんまり天気よくなさそうだったのに、ソロでテン泊で縦走とは恐れ入ります。ぼくらは全然おでかけできませんでした(ToT)
農鳥岳のあたりはドドーンと晴れてよかったですね〜。やっぱ南も楽しそうだなぁ。ますます楽しみになってきた。
Commented by 92robin at 2012-07-19 22:11
hatakenさん
うひw トホホ~な感じで。
あ~いう時、一人だと寂しいですね。
誰かいれば笑ってもらえるのに。

農鳥岳、いいですよね~。
間ノ岳も、どか~んとしていていいし、北岳もとがっていていいですが、
私はなんだか間ノ岳方面からの農鳥の山容が気に入っちゃいました。

なんか人がたくさんいそうで少し躊躇してましたが、行ってよかったな~と
思いました!
Commented by 92robin at 2012-07-19 22:18
Tobyさん
や、予報ではね、結構良かったの。南ア。
でも、土曜はやっぱりよくないようだったから日曜から登りました。

テン泊にしたのは、小屋が絶対混んでいるだろうと思って~。
なぜだかね、避難小屋が混んでいるのは耐えられる気がするんです
けど、営業山小屋が混んでいるのはどうにも耐えられないような気が。
(北岳山荘の受付には、本日は一枚の布団に2人ですって案内が・・)

Tobyさんとこは、去年の夏休みは北アでしたものね。
私、今年の夏休み、山もそうだけど、休みの時期さえ(夏休みだけど
いつでも取っていい)決めかねてるんですよ~。
なんかね~行きたいとこ多すぎで~。
困った困った。
Commented by リンゴ at 2012-07-20 06:28 x
さすが南アルプス、花の種類も量も半端じゃないですね。
またそれを丁寧に調べるくにさんにも感心します。

キタダケソウのピークは6月ごろなのでしょうかね?
Commented by yamasanpo at 2012-07-20 12:55 x
天気が回復し展望も良く花も多く良かったですね。
私達も計画しており参考になります。
昨年も歩いたのですが北岳から下山、リベンジです。
北岳から農鳥までの展望尾根をぜひ歩いてみたくて。
機会を狙ってます。
Commented by 92robin at 2012-07-20 21:37
リンゴさん
キタダケソウは6月中旬~7月上旬なんだそうです。
ちょっと遅めでしたけど、なんとか見ることができてよかったです。

北岳、花が豊富で花を見ながらうきうき歩いていたら、あっさり
山頂についてびっくり。笑
花の名前で分からないものは調べますが、同定の難しさも
また楽しみのうちで苦になりません。
(((ただ、間違っているのもあるかもしれませんので、見つけたら
教えてくださいね)
Commented by 92robin at 2012-07-20 21:57
yamasanpoさん
去年のyamasanpoさんのレポ、読みました!
大樺沢の登山道はちょうどこの連休前に復旧しておりました。

初日、稜線に出てからと、次の日の農鳥岳の手前までは
時折身体が振られるほどの強風でした。
二日目は北岳山荘のテン場からそのまま北岳を降りようかとも
迷いました。
思いのほか前線が上がらなかったようです。
ホント、天気って分からないですね。
私も展望のいい時に北岳登ってみたいです!
Commented by 石川@ at 2012-07-21 06:19 x
災難でしたね。
アレー、落ちたのは大門沢のグラグラ丸太橋やその先のインクライン跡の上の木の橋ではないのですか。
特に、インクライン跡より上の木の橋なんか、水量が多いので水が綺麗だなんて思いながら歩いていると、丸太2本に板を打ち付けただけなのでビビリますよね。
Commented by y at 2012-07-21 08:18 x
やー 晴れて 良かったー 雨女に変身したのかなーと 心配しちゃったよ、でも また 行きたいな この山
私 以東で 暑くて 良く焼けました。
Commented by おおにょ at 2012-07-22 07:18 x
キタダケソウ、見られてよかったですね~。
南アルプス天然水にドボンは、かなり冷たかったんじゃ?(>_<)
カッパ、見逃さなかったですよ~(^^)
Commented by 92robin at 2012-07-22 15:59
石川@さん
マンガのようにツルッ⇒ドボ~ン!でした~。笑
結構深さがあるところで、ちょっと流されかけて立ち上がったら胸くらい。
これが初日とかじゃなくってよかったですよね~。
そもそもワタシ、橋って苦手なんですよ~。
やりそうだ・・と思っていたら案の定的にやっちゃいました。
Commented by 92robin at 2012-07-22 16:01
yさん
どうも今年は雨っぽくってダメですね。
でも、二日目の9時から晴れたからまあヨシとします。
私も朝日行きたかったなぁ~。
焼けるほどのよい天気でうらやましいです!
Commented by 92robin at 2012-07-22 16:03
おおにょさん
キタダケソウ、もう終わり気味だったけどなんとかみられました。
まあ、ドボンしたのがこの季節でよかったよね~。
初日とかだったら相当にめげたろうし。
カッパはいい感じだった。
Commented by デイダラボッチ at 2012-07-23 22:10 x
くにさん、こんばんは。
いい山に登ってきましたね~。
北岳界隈には10回を下らないだけ登っていても、
大門沢を降ったのはもう50年近くも前のことになります。
当時は足の便が悪くてね~。
白鳳三山を縦走するのに(辰野から)一週間もかかりました。
隔世の感がします。
Commented by 92robin at 2012-07-23 23:37
デイダラボッチさん
カナディアン・ロッキー・トレッキング、素晴らしいですね!
その風景に目を見張りながら読ませていただいています~。

>50年近くも
ご・・ごじゅうねんですか?!(@@)
私は、もちろん今の状況しか分かりませんが、車の乗り入れこそ
規制されているものの、登山口となる各所をバスが繋いでいて
さすが人の多い山域は違うな~と感心してしまいました。^^


でも、私、どうも中央道で行くエリアというのがダメで・・・
いや、エリアがダメなんじゃなくって中央道が苦手なんですね。
混んでいるのがどうにもこうにも。
で、行かないから土地勘がない⇒土地勘がないからますます
親しみがわかないといった図式でしたので、私にしては
ちょっと思い切った計画となりました~。
花が豊富で素晴らしかったです!(^^)/
Commented by charmy at 2012-07-24 05:20 x
おおおっ!憧れの3000縦走コースっすね!

いいなぁ・・・羨ましい・・・
Commented by KA at 2012-07-24 19:15 x
自分が北岳に行ったのは、9月上旬で、小屋はかなり空いてましたね。お花は完全に時期外れだと思っていましたが、結構、咲いていたので、驚きました。

八本歯のコル、北岳バットレスが印象的でした。

テン泊するなら、雨畑から、笊ヶ岳を経由し、ずっと縦走したいです。営業小屋や避難小屋があると、テン泊する気がしなくなります・・・。
Commented by 92robin at 2012-07-24 21:25
charmyさん
おかえりなさいませ!!(^^)/
ね~利尻行ったんでしょ~利尻ぃぃぃぃ~(←ものすごく行きたい)
いいなぁ~いいなぁ~。
レポ楽しみにしてますね。((早くアップしてくださいねw)


あ、そうそう、私の方は、3000m峰は初めてだっていうのに
三座も踏んじゃった。
北岳は登ってるときは見えなくってよくわからなかったのですが、
離れてから見たら結構とんがってるんですね。。
Commented by 92robin at 2012-07-24 21:29
KAさん
バットレス、見えなかったんですよね~。ちと残念。
今回は海の日の連休で小屋が混んでるだろうな~と思って
テン泊にしてみました。
南アルプスでは、仙丈ヶ岳にも行ってみたいです。
Commented by asano at 2012-07-29 12:45 x
こんにちは!
北岳、いいですね~
私は学生時代に登り、あまりの素晴らしさに
登山を始めるきっかけとなった山です。
本当にいい山ですよね~。
本当は南アルプスの南部の山にも行ってみたいのですが
流石に遠くて・・・。
それにしても、よく花の名前、これだけ分かりますね。
素晴らしいです。
私も勉強になります。
お疲れ様でした。
Commented by 92robin at 2012-07-29 20:40
asanoさん
今、北岳の記事を読み返してみたら、ちと編集ミスがあったので、
修正いたしました~。

私の所からも南アルプスって、とても行きにくい山域なんですよ~。
だったらまだ北アルプスの方が行きやすいくらい。
(これも場所によりますけど・・・)
今回は、ムリクリ的に北関東道経由で行ってみましたが、
ん~やっぱり効率が良いとは言えませんね~。

しかしながら、思いのほか素晴らしかったので、今度は仙丈ヶ岳に
行ってみたいなと思ってみたり。

花は、この山域にしか見られないものがあったりで、初めてみるものや
分からないものが多かったです。
でも、それを同定するのが楽しかったりもするので、やはりなじみの
薄い山に行くのはいいものですね~。
Commented by やまさん at 2012-08-01 21:32 x
7月は結構山に登ったのですが、半分は雨で大変でした!
月末の30,31は、飯豊(足の松尾根)に登り杁差で泊まりました。大石山で「頼母木山のイイデリンドウがきれいですよ!」と聞いて時間もあるので行くことにした。杁差小屋の前は、ニッコウキスゲが咲いてました(ひと月前ならハクサンイチゲ)。
南アルプス! 縦走! 羨ましいです。8月後半は東北の山を狙ってるのですが・・・

Commented by 92robin at 2012-08-01 23:29
やまさん
私も8月後半に夏休みを取ることが決定しました~!
ゆっくり飯豊を満喫する予定です。大日岳、御西を踏んできます。
でも、天気が分からないので、北東北と北アルプス、南アルプス等
地域を分けて3パターン位考えとかねば・・。

南アルプス、行ってみたら思いのほかよくって、
なんどか足を運ばねばと思いました~。
行きたいところは増えていくばかり。。。笑
Commented by 石川@ at 2012-08-04 08:49 x
暑いですね~ェ。
今日は、八溝山の蓮華升麻の状態と滝の倉湿原のサギソウでも見てこようかと思い、玄関出たのですが自宅の駐車場で早くも撤退。この陽気で里山行ってしまったら、熱中症になってしまうよね。飯豊にいった知人達はかなり暑かったそうです。8月後半であれば秋風が立ち涼しくなってきますので歩きやすそうですね。
春に知り合った方の家の窓からは、まるでポスターのように大日岳や御西が見えました。私は秋にこれらのお世話になったところを訪ねて、弥平四郎から登る予定です。
Commented by 92robin at 2012-08-06 19:57
石川@さん
あれっ?!八溝山にレンゲショウマがあるんですか!
私、今シーズンは、レンゲショウマがどうしても見たいのです。
栃木の県民の森の宮川渓谷にあるという話なので、今週末あたり
行ってみたいと思っていたんですよ。
もしよければ、八溝のどこらへんにあるか教えていただけますか?
(公開するのが良くないのであれば、非公開コメントとしていただけたら・・と)

弥平四郎ですか、いいですね。私はまだそこから登ったことは
ありません。
今度の飯豊は、福島の川入から入るか、山形の大日杉から入るか
思案中です。
Commented by 石川@ at 2012-08-06 20:35 x
去年も他の方が見に来られていますので、皆さん知っていると思いますので秘密の場所では無いですよ。
真名畑林道と八溝林道が交差するあたりに車を止め、八溝林道のアンテナのところから、ふれあいの森ハイキングコースを降りていき、沢から林道終点辺りにあります。昨年も確認してます。でも、残念ながら福島県ですよ。
滝の倉湿原は、自治体や地元の保護者により、ここ10年位は隠された存在になっています。前は標識や案内板があったのですが今は、完全にありません。でも木道が整備されていて、木道も何年かおきに交換されてます。何年か前に、サギソウやトキソウの大量盗掘と、湿原の乾燥化のために行われた処置です。
茨城県で唯一の湿原なのですが、行政ももっと違うやり方も有るのじゃないかと思います。

女性の単独行では、弥平四郎からは歩かない方が良いそうです。こちら側はクマも多いそうですし。
Commented by 92robin at 2012-08-06 22:42
石川@さん
そうですか林道終点付近にあるのですね。
弥平四郎の情報と併せてありがとうございます。

滝の倉湿原は君田にあるのですね。
やはり盗掘って起きているんですね。