人気ブログランキング |
遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
7月の宝篋山
at 2019-07-09 20:48
奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉
at 2019-06-27 13:27
2019 残雪の会津三岩岳
at 2019-05-27 21:08
5月の宝篋山 
at 2019-05-20 22:35
筑波山
at 2019-04-21 21:34
二股山
at 2019-04-21 00:20
以前の記事
最新のコメント
charmy さん お..
by 92robin at 13:59
きのこ素敵
by charmy at 05:26
ぼんぼんさん あら!ぼ..
by 92robin at 12:11
うっほ♪ タマゴダケって..
by ぼんぼん at 20:14
charmyさん ここ..
by 92robin at 14:58
いい感じですね。歩いて温..
by charmy at 05:18
ぼんぼんさん 残雪期に..
by 92robin at 21:29
さすがの会津方面  雪..
by ぼんぼん at 22:42
charmyさん 私も..
by 92robin at 17:25
あいかわらず素敵な山行し..
by charmy at 05:19
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
あの空に背伸びして2
デイダラボッチの山日記
hutatuyanosikiのブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
7月の宝篋山
梅雨時期とはいえ、週末さえない天気が続きますね。
さて、土曜出番の月曜代休、7月8日の宝篋山です。
a0157297_00064974.jpg

今回は極楽寺ピストンで。
少しのぼるとムラサキヤマドリタケ。もうちょっと若かったらよかったのに。
a0157297_00065288.jpg

元気よくぴかぴかなイワガネソウ。
a0157297_00065593.jpg

どんより曇っていたけれども、ときどき差す陽がきれいです。
ここ2~3年ずいぶんイワガネソウが増えた気がする林内。
a0157297_00065814.jpg

ちょっと落ちた花びらも古びていますがテイカカズラの花がたくさん落ちています。
このテイカカズラとアカメガシワの花の匂いがこの時期の宝篋山。
a0157297_00070132.jpg

落ちているアカメガシワの花。
a0157297_00070417.jpg



オカトラノオ咲き始め。
a0157297_00070807.jpg

美しいタマゴタケ。
a0157297_00071053.jpg


今回は山頂はスルーで山頂直下から林道へ。
ヤマアジサイ
a0157297_00071350.jpg

タカトウダイにヒヨドリバナ(ヒヨドリバナはどれもまだ蕾)
a0157297_00071677.jpga0157297_00071994.jpg

チダケサシは咲いてるのがちらほらだけどだいたいはこれから咲く感じ。
a0157297_00072110.jpg

ノリウツギの白さはさわやか。
a0157297_00072414.jpg


ひとしきり堪能して引き返します。
下山の極楽寺コースではだいぶ陽差しがあり万緑が映えていました。
a0157297_00072728.jpg



# by 92robin | 2019-07-09 20:48 | 筑波山系 | Comments(4)
奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉
さて、日光澤温泉です。
温泉好きなワタシ、山に登るようになってから「歩いてしか行けない温泉」がひとつのテーマなのです。
山と絡めて日光・金精からはいろうかな?尾瀬からはいろうかな?などと思案していたこともありますが、今回は純粋に温泉保養なので夫婦渕からの往復としました。
同行はダンナさん。
6/22(土)夫婦渕の駐車場から出発。
a0157297_11140201.jpg

駐車場からほどなく夫婦渕橋。この橋を渡れば遊歩道入り口。
a0157297_11140527.jpg

なんだか長ったらしい名前の吊り橋。意外にぼよんぼよん揺れて気持ちが悪いw
a0157297_11140804.jpg

どんどこ歩いて行きます。
最初の上り下りを除けばあとは沢沿いの道です。
夫婦渕が標高1100m位,日光澤温泉が1400m位で6キロ弱。
a0157297_11141011.jpg

しばらく行くと八丁の湯、ついで加仁湯がでてきます。
これはどちらも夫婦渕から車両で送迎付きの温泉宿。
20代のころにどちらも幾度か行きました。
帰りに撮った八丁の湯の建屋一部。
はて?こんなログハウスあったかいな?とダンナさんと二人で首をかしげつつ進みます。
ダンナさん、その昔手白沢温泉に泊まったことがあるそうで。
(手白沢も八丁・加仁湯の奥で送迎なしの歩いて行くしかない温泉)
a0157297_11143125.jpg

加仁湯を過ぎれば600m弱で日光澤温泉です。
着いた~。長年憧れた日光澤温泉。
a0157297_13332805.jpg

玄関のたたきで眠る看板犬サンボをモフりつつチェックイン。
部屋に通されたあと、さっそく風呂へ。
女風呂内湯。
a0157297_11141690.jpg

露天は上下に分かれていて下の方。
a0157297_11141934.jpg

上の方。
a0157297_11142323.jpg

上の方の泉質が好みかな。
露天風呂は混浴ですが女性専用時間(19時~21時)が設けられています。
出来れば明るい時間に露天を堪能したかったので早く出発し、思惑通り一番着だったのでのびのび湯浴み。
湯浴みのあとは少し午睡。
午睡後夕食。
惜しむらくは夕食、朝食の写真を撮り忘れたこと。
ご飯がね、透明感がすごくってつやつやぴかぴかだったのです。
那須の三斗小屋温泉の煙草屋、大黒屋に泊まった時もご飯がすごく透明感があってつやつやぴかぴかだったのを思い起こさせました。
なんだろ?水か良いからなのでしょうか。
まあとにかくご飯好きなワタクシ、これはたまらんというわけでおひつを空に。

夕食後はしばらく休憩し、露天の女性専用時間に合わせてまた風呂へ。
その時間は内湯も男女入れ替わり。
男湯と女湯で泉質が異なる内湯も堪能。
で、また露天もながながと堪能。

翌朝、ダンナさんはまた風呂に行ったりするわけですが、私は朝が弱く活動できないのでほげほげしてました。(ホントに山ヤなんだろうかワタシw)

サンボとチャングともお別れ。
人間の夕飯時に玄関にいるサンボが「ご飯くれ~」とキュンキュン鳴くのが面白かったな。
a0157297_11142689.jpg


日光澤温泉ではヤマフジの花が咲いていたり、遊歩道ではフタリシズカが咲いていたりでさすがは山奥。
a0157297_11143329.jpg



戻りは下りだから一時間ちょいで楽に夫婦渕着。

帰路に旧栗山村の黒部ダム。
予想外に美しく存在感のあるダムでした。
a0157297_11143660.jpg

a0157297_11143856.jpg


そして鬼怒川の国道もそう混んではいなかったのですが、懐かしい「たくあん街道(もしくは大根街道)」へ。
a0157297_11144253.jpg

たくあん街道または大根街道は私周辺の人たちの間の通称で、藤原から塩谷に抜ける栃木県県道63です。
高原地帯を抜け沿線では牧畜や大根栽培さかんで、秋には沿線農家が庭先で自家製たくあんを、夏には大根を売っていたりしたのでたくあん(大根)街道。
いまでもそうなのかしらん?
そういや途中に途中に尚仁沢湧水がありますね。

昔、R121鬼怒川の渋滞を避けるために通っていた道なのですが、まあこれがまあまあの険道。
(道路マニアの間では酷い国道を’酷道’、県道を’険道’と呼びます)
20代の頃は平気むしろ楽しかったのに、やっぱりちょっとしんどい感じでした。
年を取ったんだな・・・。
いや、待てよ。
今回は助手席だったからで運転してればまた違うのかも?(あがきか?)
インテークフードが写った画像の車、かつての愛車2004年のインプレッサWRX・ペターソルベルグWRC優勝記念モデル(涙目GDA)なのですが、ダンナさんが乗り継いでくれてるんです。
美しいフォルムで未練たっぷりだったので、ありがたいことです。

温泉の話からだいぶそれましたが、これでおしまい。
良い温泉、よいご飯でした。
また行きたいな。

# by 92robin | 2019-06-27 13:27 | 栃木の山 | Comments(2)
2019 残雪の会津三岩岳
さて残雪期の会津三岩岳。
残雪といってももう終わりかね?とも思いましたが意外に雪が残っていました。
4月の終わりごろに降ったからかしらん。
なんだかまだ会津駒まで縦走ができそうなくらい雪が残っていましたが、今回は会津三岩岳のみ。
なんたって重荷を背負って歩くのは久しぶりなので、三岩岳ピストン。
三岩岳のすぐ隣のピークにテントを張って眺望と静謐な山の夕と朝を満喫するのが目的。
同行はダンナさん。



【概要】
■行程■
5/25 0745旧小豆温泉窓明けの湯手前の駐車場⇒旧道⇒避難小屋⇒1530三岩岳⇒テン泊地(P2070)
5/26 0710テン泊地⇒三岩岳⇒避難小屋⇒旧道⇒1120駐車場

■GPSログ■
ルートラボにアップしてあります。⇒こちら

■登山道について■
ほぼ夏道通りですが、避難小屋から三岩岳は夏道のやや西側を通ったほうが楽かも。
雪がつながったのは1500m半ば位からだったかな?

■携帯電波■
可:駐車場、避難小屋付近、山頂、P2070
その他は確認せず


■装備について■
一日目は二日目ともにアイゼン使用。
全行程ストック。

泊まり装備:モンベルULスーパースパイラルダウンハガー#3、マットはサーマレストRidge Rest SoliteサイズS R2.8+サーマレスト Prolite サイズXS R2.4
テントはNatureHike2人用
テントはあの中華テントで都合2回目の仕様。条件がよかったので特に問題なくつかえました。

夕方9℃、夜8℃ 明け方7℃といつもの時期のGWからするとだいぶ暖かかったこともあってシュラフ・マットともに十分。ただ明け方の7℃はちょっとうす寒くって目が覚めました。
マットは今回2枚重ねとしたけど、これは必要十分でした。
同行のダンナさんはサーマレスト40th Anniversary Edition サイズS  R4.0仕様で十分だったみたいなのでR4.0以上あるといいのかな。


【詳細】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/25 0745旧小豆温泉窓明けの湯手前の駐車場⇒旧道⇒避難小屋⇒1530三岩岳⇒テン泊地(P2070)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
だいぶ緑になった国体コース登山口からスタートです。
a0157297_22431969.jpg

ちょいと登るとアズマシャクナゲが咲いてます。
a0157297_22432183.jpg

三岩岳トップが最初に見える標高1000m付近から、遠くに見えるけれどいつか多分着くはずの山頂を眺めます。(この自信のなさよw)
a0157297_22432376.jpg

歩を進めると咲いているオオカメノキやムラサキヤシオが出てきます。
ムラサキヤシオはほんとハッとする鮮やかさでいいですよね~元気が出るわ~。
(以下の標高ではほとんど終わりでした)
a0157297_22432872.jpga0157297_22432568.jpg

それにしても暑いです。
でも、ブナの葉が茂り始めているので日陰を作ってくれているのでしのぎやすいです。
a0157297_22433059.jpg

ひさしぶりだね、和美。(ちなみに和美は1170m付近です)
a0157297_22433242.jpg

歩を進めて、ちょこちょこ雪が出てくるあたりになるとマンサクが。
a0157297_22433454.jpg

ちらりと見えるニクい三岩岳。
a0157297_22433680.jpg

しかしながら、今年はタムシバが大当たりですね。
ものすごく花つきがよかったです。
a0157297_22433884.jpg

青空に純白の花がまあ~ニクいわ~。
a0157297_22434079.jpg

で、分岐とP1309の間の雪があればいつもながながと休むところ。
5月も下旬だからもう夏道になっているだろうと思ったらまあ雪が残ってました。
a0157297_22434438.jpg

ちょうどね、三岩岳と窓明山がよく見えるんですよ。夏山じゃこうは見えないのです。
クリックすると大きくなります。
a0157297_22434922.jpg

コーヒー入れてながなかとくつろいだらさあ、行きましょ。
だいぶ根開きが進んでいますね。
a0157297_22435756.jpg

あそこまで登れば急登は終わりです。
a0157297_22440075.jpg

山頂を左に眺めつつ高度を上げていきます。
a0157297_22440276.jpg

急登の終わりに目立つダケカンバがあります。
a0157297_22440459.jpg

急登の終わりを告げてくれるのでとても好きなこのカンバ、姿も美しいのです。
a0157297_22440617.jpg

で、緩くなったところをしばらく行くと・・・
chikoさん
や~お話したいことがたくさんあって暑い中引きとめてしまってすみませんでした~。
てか、南会津来すぎじゃないですかww
a0157297_22441046.jpg



もうすぐです。すてきだな、三岩岳。
a0157297_22441288.jpg

窓明山の向こうには白い飯豊がぽっかり浮かびます。
あ、この画像だとあんまりわかりませんね。
ダンナさんがあれはなんだというものだから飯豊だよと答えると
「飯豊はいいで~」
いったいどこでそのベタなフレーズ覚えてきたのか。
a0157297_22441426.jpg



ま、そのダンナさん、足がつったりなんだりで大変でしたがなんとか山頂到着。
山頂にはイワナシが初々しく咲き誇っていました。
a0157297_22441704.jpg


ささ、次のピークまで行って幕を張ります。
天候はばっちりなので整地だけして、テーブルとトイレ穴掘りで準備完了。
a0157297_22441996.jpg


bebeさんところでよく見るビール。
a0157297_22442149.jpg


夕飯は鍋。
a0157297_22442244.jpg

暮れてきました。
裏越後三山。
a0157297_22442553.jpg

未丈ヶ岳。
a0157297_22442770.jpg

暮れゆく時間、山で最も好きな時間です。
a0157297_22442860.jpg

そして会津駒への稜線。
a0157297_22443145.jpg

薄暮逍遥。
a0157297_22443403.jpg


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5/26 0710テン泊地⇒三岩岳⇒避難小屋⇒旧道⇒1120駐車場
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
そして朝。
朝日の中の三岩岳。
a0157297_22443927.jpg

ご飯を食べて撤収。下ります。
a0157297_22444263.jpg

沢コースの分岐の所のシャクナゲ、昨日は蕾だったけど咲いてました。
a0157297_22444404.jpg

ちょっと見えにくいんだけど、マンサクがすばらしく満開。
a0157297_22444748.jpg

分岐周囲の雪が残っているところ。ちょっと雪の世界が名残惜しいですね。
a0157297_22445042.jpg

ハウチワカエデの花も咲いてました。新葉がうつくしいです。
a0157297_22445349.jpg


下って下って国道の登山口へ。
は~良い天気に恵まれました。
ちょいと残念だったのは途中でメガネをなくしてしまったこと。
調光レンズで山のサングラスとしても長年愛用してたんですけどね。
でもまあ、カメラの液晶が老眼でピンがあってるかどうかよく分からなくなってるので、これを機に近視乱視メガネを遠近両用にしようかなと。
まあ、メガネはさておき良い山行でした。
暑かったけど、家に帰ったらもっと暑かったw


# by 92robin | 2019-05-27 21:08 | 東北の山 | Comments(10)