人気ブログランキング |
遊山通信 
bluerobin.exblog.jp

2009年9月から歩き始めた 山の記録。静かな山が好き。茨城県県南在住。
カテゴリ
最新の記事
安達太良山
at 2019-08-14 17:09
7月の宝篋山
at 2019-07-09 20:48
奥鬼怒温泉郷 日光澤温泉
at 2019-06-27 13:27
2019 残雪の会津三岩岳
at 2019-05-27 21:08
5月の宝篋山 
at 2019-05-20 22:35
筑波山
at 2019-04-21 21:34
以前の記事
最新のコメント
ぼんぼんさん ぼんぼん..
by 92robin at 14:15
お盆休みじゃないぼんぼん..
by ぼんぼん at 21:33
charmy さん お..
by 92robin at 13:59
きのこ素敵
by charmy at 05:26
ぼんぼんさん あら!ぼ..
by 92robin at 12:11
うっほ♪ タマゴダケって..
by ぼんぼん at 20:14
charmyさん ここ..
by 92robin at 14:58
いい感じですね。歩いて温..
by charmy at 05:18
ぼんぼんさん 残雪期に..
by 92robin at 21:29
さすがの会津方面  雪..
by ぼんぼん at 22:42
最新のトラックバック
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
信越国境の秘峰
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
新潟県、群馬県にまたがる..
from dezire_photo &..
タグ
サイト内山名別リンク
検索
記事ランキング
リンク
キレンゲ日記 
登山・花日記 
登山・花日記II 
Toby's blog
岩手、山小屋の日記 
山登りと音楽があれば
やまブログ
リンゴの叫び!
あの空に背伸びして2
デイダラボッチの山日記
二ッ箭の四季のブログ
めもがわり
いなかの240
山あるきと山はしり日記
ぼんぼんトントン 写真
な~んちゃってコンパス!
ゆっくりと山登り
bebeDECO
バイク旅日記 改
山婆の、のんびり山散歩
楽山紀行
テントミータカ、山と猫の記憶
タグ:筑波山 ( 48 ) タグの人気記事
筑波山 湯袋沢コース 日ハム西側
さて、先週に続きまた筑波山です。
早春の花が目当て。
先週早かったから今週はいいだろうと。

湯袋沢コースから入ります。
ミヤマカタバミかカントウミヤマカタバミか。
カントウミヤマカタバミとしたいところだけど、カントウミヤマカタバミは分布がモノによっては関東地方南西部~東海地方とされているのが悩ましい所。
ミヤマカタバミは古い葉柄の基部が根茎を密に覆うっていうけど、これはそんな風にみえないしな~。
毎度イマヒトツすっきりしませんが、好きな花なので2点。
a0157297_21121673.jpga0157297_21122411.jpg


蕊の色は変わっちゃってもう終わりかけだけどヒナワチガイソウ。
a0157297_21122741.jpg

ナガバノスミレサイシンはたくさん出てきます。
a0157297_21122912.jpg

ナガバノスミレサイシンばっかりみてるととりわけ華やかに見えるヒナスミレ。
a0157297_21123579.jpg

この個体はちょっとうっすら斑が入ってます。
a0157297_21123968.jpg

ニリンソウの白とタチツボスミレのうす紫色が美しいですね。
湯袋は標高が低いのでだいぶニリンソウが咲いていました。
a0157297_21125020.jpg

あんまりなかったヤマエンゴサク。
a0157297_21125335.jpg

沢と絡めてニリンソウが撮りたかったけれども、そうはいかず。
a0157297_21125584.jpg

フタバアオイはこれか開くところでした。
a0157297_21125885.jpg

石段のあたりにまたヒナスミレ。
ここには何株かありましたけど、花が開いているのはこの一株のみ。

a0157297_21130031.jpga0157297_21130510.jpg

ヤブツバキも陽を浴びて美しいです。
a0157297_21130947.jpg

ここら辺はアブラチャンがとりわけ多くって眩いばかり。
a0157297_21131490.jpg

エンレイソウはこれでもかってくらいあります。
a0157297_21131751.jpg


ささ、ちょっと手をつけてみようかなと思ってるネコノメソウの仲間。
これはこの前も見たツルネコノメソウ。
a0157297_21132384.jpg

そしてこれはニッコウネコノメソウ。
a0157297_21132647.jpg

で、これはムカゴネコノメソウでいいのかしら?
萼裂片は淡黄緑色で直立から斜開。
a0157297_21133024.jpg


マルバコンロンソウもそちこちに。
a0157297_21133653.jpg


淡き春よ。
画像には入ってないけど咲き始めているヤマザクラもありました。
a0157297_21133258.jpg


さ~日ハムのカタクリ。
もうヒャッハー!ですね。
a0157297_21134089.jpga0157297_21134443.jpg

a0157297_21134741.jpg


キクザキイチゲも美しく。
a0157297_21135358.jpga0157297_21135714.jpg


堪能いたしました。
a0157297_21140021.jpga0157297_21140357.jpg


林道もアブラチャン満開でした。
a0157297_21140617.jpg


湯袋沢コースピストンで終了~。
それにしても暖かかったです。
あ、エイザンスミレはまだ開花せずでした。

覚書:里のソメイヨシノは満開。里のヤマザクラ咲き始め。里のコブシはほぼ終わり。
by 92robin | 2019-04-06 22:25 | 筑波山系 | Comments(2)
筑波山 女の川日ハム西側
さて、春の筑波山です。
昨年は4月8日で標高680m以下のカタクリは終わっていたので、今年は機を逃すまいと参上。
で~も~ね~やっぱり早かった。まだまだこれからといった感じ。これからの気温にもよるけれども、4~5日後でもいい感じでした。
過去の記録を見直すとだいたい4月10日前後ですもんね。昨年が特に花が早かったんですね。

さて、男の川の駐車スペースに車を置いて女の川へ向かいます。
男の川から程なくいつもヒトリシズカが咲いている斜面にはナガバノスミレサイシンがたくさん。
a0157297_20495153.jpg

女の川にin。
カタクリはまだまだ蕾。ほころんでもいやしないったら。
a0157297_20495446.jpg

アズマイチゲもぽろぽろ出てきますが、なんせ陽が差さないので開かず。
a0157297_20495761.jpg

女の川にもナガバノスミレサイシンがありました。
a0157297_20495992.jpg

キクザキイチゲも出てきますがやはり開かず。
a0157297_20500262.jpg

昨晩の雨でしっとりして美しいですね。
a0157297_20500564.jpg

それにしても10時から晴れの予報だっていうのにさっぱりです。ガスガス。
a0157297_20500917.jpg

アブラチャンは花盛り。
a0157297_20501258.jpg

エンレイソウもたくさん咲いていました。
a0157297_20501440.jpg

なんか札がついてました。はて?
a0157297_20502409.jpg

女の川上部もまだまだ。
a0157297_20502675.jpga0157297_20502824.jpg


女の川上部でツルネコノメソウ。
a0157297_20503109.jpg

雄蕊は8個で花は平開、葉っぱはこんな。
同定を投げているものの一つのネコノメソウだけどちょっとよく見てみようかな。
a0157297_20503757.jpg


さて、今度は日ハムの森の西側。
林道から少し上の部分でようやくこんな。
a0157297_20504155.jpg

一番咲きそうなのでこんな。これくらいなら陽が差したら開くかな?
a0157297_20504448.jpg


そしてなんと何年かぶりにふるさと山歩き」さんにお目にかかりました。
や~めっきり更新しなくなったというのにご覧いただいていなんてありがたい限りです。

林道に降りるとアオイスミレ。
よかった。先日の宝篋山では会えなかったので期待していたのです。
a0157297_20504820.jpg

a0157297_20505336.jpg



時期、天気となかなか条件がそろうってのは難しいものですね。
しかしながら寒かったな~。

覚書:里のソメイヨシノは3分咲き位。コゴミ出始め。

by 92robin | 2019-03-31 23:07 | 筑波山系 | Comments(2)
筑波山 男の川⇒YH跡 //庭のフクジュソウ開花
さて、筑波山。
記事にしそびれたけど、先週は小町山。
とにかくダンナさんにどこがいい?って聞くと小町山。
ああ、今日は高気圧がデンとあったから西吾妻の樹氷の絶好のチャンスだったろうになあ・・・と思いつつ筑波山。
久々に男の川とYH跡コース。
鬼ヶ作林道起点の駐車スペースから出発。
さすが裏筑波。空気がキリッとしてる!
a0157297_17163494.jpg

初めは杉林、やがて岩ゴロ。
a0157297_17163640.jpg

薬王院からの道と合わせると陽も差して植物も生き生きして見える。
a0157297_17163867.jpg

フデリンドウも蕾をつけてスタンバイ。
a0157297_17164091.jpg

なんてことない葉を落とした木々の枝だけど、はっとするくらい美しかった。
a0157297_17164361.jpg

まずまずの賑わいの御幸ヶ原をスルーして木の芽が何となく動き出した気配の男体山を左に見ながらYH跡に向かう。
a0157297_17164499.jpg

YH跡コースは当然まだカタクリも咲いてないし特筆すべきことはなし。
林道を歩いて地点まで戻り終了。
林道でシダ。
ヤブソテツの仲間。ヒロハかテリハかミヤコか。
もっとシダが分かれば冬も楽しめるのにな。
a0157297_17164768.jpg

ソーラスはついてなかった。
a0157297_17165057.jpg


あっという間に終わってしまった。
むむ、これじゃ小町山と変わんないわ。
でも、やっぱり筑波山はなんてか空気感が違うな。


そして家に帰って来てみたら、あら?もう今年はなくなっちゃったかと思ってたフクジュソウが開花してた。
しかも二株になってた。(昨年一株になっちゃってた)
いよいよ春ですな。
a0157297_17165366.jpg
by 92robin | 2019-02-24 18:15 | 筑波山系 | Comments(2)
筑波山 湯袋尾根コース
いや、湯袋沢コース⇒女体山⇒湯袋尾根コースと思ったのですがね。
結局は湯袋尾根コースピストン。
しかも上まで行かず筑波高原キャンプ場で折り返しw
同行はダンナさん。

まず、最初は沢コースから登って行ったわけです。
a0157297_22103376.jpg

入り口に咲いていたカントウヨメナかノコンギク(総苞を確認しなかった)がきれいね、とか思いながら。
a0157297_22102863.jpg

斜光に浮かぶ実をつけたコアジサイも趣があっていいな、なんて思いながら。
a0157297_22103876.jpg


で、30分も登ったあたりでしたでしょうか。
「!」
ゾロゾロぶんぶん、巣と思われるポイントに多数のスズメバチが。
「ニゲロ!」
も~踵を返しましたよ。
や~なんたって去年大量のスズメバチに刺されましたからね。
少なくとも1~2年は刺されたら危ない。
実は入り口に注意書きがあったんです。
a0157297_22103656.jpg

でもまさか11月にもなってあんなに元気なスズメバチがいるなんて思わなかった。

お~こわ、お~こわとか言いつつ、じゃ尾根コースにするかと移動。

尾根コースにin。
登って行きます。

カエデ類はなかなか覚えきれないけれども、これは深裂して分かりやすいエンコウカエデ。
a0157297_22104223.jpg


うっすら色づいている感じ。
葉っぱはだいぶ落ちて見通しがよくなっています。
a0157297_22104901.jpg

ミヤマシキミの赤い実がたくさんあって目立ってたな。
a0157297_22104582.jpg

仙郷林道に出て、センニンソウの実。卍的な。
a0157297_22105257.jpg

そしてシロヨメナ。
ヨメナといってもシオン属でノコンギクの亜種とされているそうな。
a0157297_22105509.jpg

ほら、総苞もノコンギクっぽい。
a0157297_22105950.jpg


で、ちょっと休憩しようかと筑波高原キャンプ場に行ってくつろいでいたらなんだか下ろうかってことになって尾根コースを戻ました。
登りも下りも尾根コースでは誰にも会わない静かな山でした。



by 92robin | 2018-11-11 22:49 | 筑波山系 | Comments(0)
筑波山
あ~今年は花が早いから大入道辺りはシロヤシオが咲いてるんだろうな~と思いつつ・・・筑波山。
コースは女の川⇒日ハム西側。

いや~この時期の女の川や日ハムなんて行ったことなかったけれども、まあなんとカタクリの時期と様子が違うことよ。
ちとびっくりしました。
木々が繁るとああも違うものなのですね。


木漏れ日揺れるひんやりした沢沿いを歩いて行くわけですが、まあ陽に透けた緑のきれいなこと。
a0157297_23192801.jpg

女の川下部ではソウシチョウが、上部ではミソサザイが飛び交っていました。
ミソサザイは3~4羽で地面と岩の上を円舞。
またそのうちの1羽は近くの枝に移り美しいトレモロを効かせてさえずってくれました。
巣立ち雛を連れていたのかな?
いいものみたな~。

などと思いながらすっかり葉が伸びたイワタバコをつつきつつ筑波高原キャンプ場からの道に出て日ハムの森へ。
日ハムの森もこれまた全く違う森のよう。
コアジサイがスタンバイするなか降りて林道へ。
林道ではヤブテマリとニシキウツギがたくさん。
ヤブテマリ、きれいですよね~。
a0157297_23193148.jpg

a0157297_23193361.jpg


薫風香る筑波山でした。


by 92robin | 2018-05-20 23:43 | 筑波山系 | Comments(2)
筑波山 
さあて、久しぶりの山。
ワタシのダンナさん、年明け早々の宝篋山で捻挫、その後捻挫とは別で入院の憂き目と相成りすっかり山とはご無沙汰となりました。
先週退院となったばかりなので軽めのコースチョイスで女の川⇒日ハム西側。
ちなみに日ハム東側はコース入り口(林道側)に「コース整備のため立ち入り禁止」の札が下がってました。

最初に花の具合を言っておきますと、カタクリは標高680m以上が見ごろでそれ以下は終わってました。
その代わりニリンソウが標高500m程度から咲き始めで680m程度は蕾、てな具合でした。
日ハムの森のカタクリは完全に終了。

男の川の取り付き口に車を駐めて出発。
しばらく道路を歩きますが道路脇にはヒトリシズカが幾株も。
ヒトリシズカ好きなのでいきなりテンション上がります。
a0157297_22025523.jpg


歩を進めると法面にナガバノスミレサイシン。
a0157297_22030198.jpg

女の川の手前の北斜面が大規模に伐採されていて展望がとてもよくなってました。
あら、いつの間に。
a0157297_22030459.jpg


で、女の川からin.

女の川の取り付きのカタクリはもうおしまい。
あら~だいたい4月の一週目じゃなかった?
それにしてもこの時期の女の川はホント久しぶりです。
とにかく取り付いてからしばらくはカタクリは終わっていてニリンソウが目立ちます。
あれ?こんなにニリンソウってあったかしらん。(さらにこの後そう思うことに)
a0157297_22030638.jpg

およ?ヒナワチガイソウ。
a0157297_22030865.jpg


しかしながら女の川ってこんなにニリンソウだらけだったかしらん。
a0157297_22031247.jpg


標高を上げると終わりじゃないカタクリも出てきました。
が、花がちょっと傷んでいるな。
a0157297_22031609.jpg

カタクリもニリンソウも開いてないのが惜しい~。
a0157297_22031903.jpg

標高700m付近でようやくキクザキイチゲやらアズマイチゲも出てきました。
下の方はさっぱりだったからな~。
a0157297_22032208.jpga0157297_22032560.jpg

ユキザサ展開中。
a0157297_22032874.jpg

もうすぐキャンプ場からのコースと合流しちゃうって頃に・・・
a0157297_22033158.jpg

開きかけたカタクリが美しく登場。
a0157297_22033848.jpg

a0157297_22034294.jpg

お、エイザンスミレも。
a0157297_22034834.jpg





さて、キャンプ場コースへ合流後、今度は日ハムの森に向かいます。
その途中でエイザンスミレのいい株が。
やはりスミレは美しい。
a0157297_22035577.jpga0157297_22042443.jpg

西側の日ハムの森はミヤマシキミが花盛り。
a0157297_22042868.jpg

カタクリは完全に終わりで残念。
林道に降りればアブラチャンも花盛り。
a0157297_22043254.jpg

林道脇にヤマエンゴサク
陽に当たって輝き風にそよぐ姿はもう妖精かと思えるほど。
a0157297_22043560.jpg




林道を歩き男の川に置いた車に戻って終了。

でも、あまりに早く終えてしまったので、茨城県中央青年の家へスミレ詣。
しか~し、施設の正規利用の方がいたのでちょいと遠慮。
道路沿いのスミレとマルバスミレはスミレ→色抜け、マルバスミレはなぜか見当たらずでした。
フデリンドウを愛でて終了。
a0157297_22043976.jpg


それにしても女の川、ものすごく道がはっきりしていたのが驚き。



by 92robin | 2018-04-08 23:46 | 筑波山系 | Comments(2)
筑波山
久々に筑波山です。
てか、山自体ほんと久しぶり。
まあなんせゴルフばっかりやってました。
とはいってもなかなかコースには出られない。
だってプレフィーが高いんだもの。
でもね、つくば周辺にはショートコースなるものがたくさんあるのです。
(ここら辺だけみたいですね、これだけあるのは)
これなら安い所は安い。
それで毎週ショートコースと練習場通い。
一年でスコア100切りを目標に(これは本コースのね)を目標にしていたのだけど、
これがなかなか切れない。
ベストスコアは100。もちろんレディースティからの話です。

まあ、ゴルフの話はいいとして。
筑波山ね。
みかんコースから峠コースです。
冬枯れの山を落ち葉をかさこそ言わして歩くのはとても気持ちがいいですね。
快晴でもあったし。
やっぱり山はとてもすがすがしいかったです。
同行はだんなさん。

0900みかんコース取りつき⇒1015自然研究路⇒1025展望岩1050⇒1155林道沼田酒寄線⇒1220駐車箇所

林道沼田酒寄線の路肩の幅があるところに車を駐めて出発。
久しぶりなので努めてゆっくり歩を進めます。
朝の陽が差し込んでとてもキレイ。
a0157297_20410095.jpg


最後の方は岩々してますが、できるだけ巻いて登りました。
で、意外にさくっと自然研究路に出ちゃって驚き。
いや~振りまでつけて歌うたいながら歩いてたら人が歩いていて「!」
とまあそこが自然研究路だったわけでw

自然研究路に出て御幸ヶ原方面に進み展望岩の所でコーヒータイムを満喫。
富士山も浅間山も日光連山もスカイツリーもよく見えました。
画像は宝篋山。
a0157297_20410878.jpg

さて、下ります。
a0157297_20411324.jpga0157297_20411641.jpg



アオキの葉っぱがあんなに厚いくせに陽に透けていてキレイだったのがこれまた印象的でした。
a0157297_20411864.jpg

やっぱり山はいいな。

by 92robin | 2017-12-23 21:21 | 筑波山系 | Comments(2)
筑波山 湯袋・日ハム 春の花見
4月の8日に平地で降ったみぞれは筑波山では雪だったそうで、
はて、咲き始めた花が傷んでしまったのではないかな?、
ここのところ低温続きだったからちゃんと春が進んでいるかな?などと
ちょっと心配しながら湯袋へ向かいました。

今回もソロ。
花見だってのに寂しいね~。

ルートは湯袋沢コース⇒日ハムの森周回⇒湯袋尾根コース
ルートラボにGPSログをアップしてあります。

今回のトピックスはきれいな状態のヒナワチガイソウを見ることができたこと。
このコースでは初めてヒナスミレを見たこと。
ヌカボシソウ初見。

さて、昨年も同じアングルのを載せた気がしますが、つくば市国松あたりからの筑波山。
平地でもヤマザクラほぼ満開だけど、もう山でもだいぶ咲いていますね。
春よの~。
a0157297_20100984.jpg


湯袋沢コースから出発です。
トウゴクサバノオがわらわらと出てきます。
a0157297_20101592.jpg

ちょいと登ると、おお出てきたよナガバノスミレサイシン。
距は短くぽってり。
a0157297_20102315.jpga0157297_20102777.jpg


ミヤマカタバミ。
ミヤマカタバミの変種、カントウミヤマカタバミだと思うのですが。
蒴果が短く葉の裏面の毛が少ないってことだけど、ミヤマカタバミにせよカントウミヤマカタバミにせよ蒴果(さくか)は見たことないんだよね~。
ま、なんにせよ、好きなので二態。
a0157297_20103047.jpga0157297_20103457.jpg


ニリンソウも咲いています。
a0157297_20103971.jpg

そして、ヤマエンゴサク。
この個体は花色が青いです。
日ハムの森には赤っぽいのが出てきますので後の画像も見てみてください。
a0157297_20104455.jpg


ハルトラノオもそこここにあります。
a0157297_20104966.jpg


そして、おお~!と目を惹く濃いぃぃ色で赤みの強い花色のナガバノスミレサイシンが。
こんな濃くて赤っぽいの初めて見たわ。
a0157297_20105215.jpg


そしてそして!初見のヌカボシソウ。
漢字で書くと糠星草。
イグサ科 スズメノヤリ属。
一般的に見られるものらしいけど、地味といえば地味な花なので気付かなかったか。
透明感のある披針形の花弁がぱしっと開いていていい感じでした。
a0157297_20105668.jpg


おなじみのツクバネソウ(まだ蕾)とエンレイソウ。
a0157297_20110132.jpga0157297_20110645.jpg


散り落ちるヤブツバキもいとをかし。
a0157297_20111098.jpg


ミヤマシキミの花は満開でとてもよい匂いが山道に漂います。
これもこのコースを選ぶ理由の一つ。
雄花と雌花。
a0157297_20111479.jpga0157297_20112215.jpg


で、またですけど、ナガバノスミレサイシン。
どうぞ花色の違いをお楽しみください。
今回は歩いたコース、ナガバノスミレサイシンだらけだったのです。
なんだか例年より見かけた感じ。
a0157297_20112676.jpga0157297_20113471.jpg


フタバアオイの花はまだ開かずでした。
a0157297_20113065.jpg


好きなので、もうひとつミヤマカタバミ。
a0157297_20115875.jpg



で、あれ?なんかナガバノスミレサイシンとは感じが違う・・・な?
と思ったら、あらら、ヒナスミレだわ!
うっすらピンクっぽく、葉はほぼ平らに広がる。
葉の裏は紫、ということだけど、ここのは緑~うっすら紫。
a0157297_20113959.jpga0157297_20114465.jpg

もういっちょヒナスミレ。
葉がこんな濃い緑のもあるんだね。
a0157297_20114841.jpg


石段のいつもの所のエイザンスミレはまだ開かず蕾。
ちとピンが来てないw
a0157297_20115297.jpg


ほぼ同定をなげているネコノメソウの仲間だけど、これはきっとニッコウネコノメソウ。
a0157297_20120238.jpg


ずんずん登って湯袋沢コースの上部になると豊かな株のナガバノスミレサイシンが出てきた。
しかしながらホントこんな濃くって赤っぽいの初めて見たよ。
花色の薄い青紫の感じのタイプと濃い紫赤っぽいタイプ。
a0157297_20120650.jpga0157297_20121139.jpg


仙郷林道に出て、またナガバノスミレサイシン。
奥にはカタクリ。
以前はここで色の濃いエイザンスミレを見た気がしたけど、葉っぱもなし。
a0157297_20121505.jpg


仙郷林道を日ハムの森へ向かって、日ハムの森の入口にヤマエンゴサク。
ここのは赤っぽいのが多いです。
a0157297_20122060.jpg


筑波山のカタクリ、久しぶりですね~。
a0157297_20122480.jpg


ヒトリシズカも久しぶりに見た~!
a0157297_20123945.jpg



で、なんと。ヒナワチガイソウ。
ここで見たの初めて。
以前は湯袋コースの下の方で見たのだけれど。
まだ紅い蕊が残ってるのを発見し、ご機嫌で撮影します。
ちなみにヒナワチガイソウは茨城県、千葉県、東京都、三重県、愛媛県など点々としか自生地が知られていない稀産種なんだそうな。
a0157297_20123179.jpga0157297_20123560.jpg



それにしても日ハムの森の東側のコースはだいぶ荒れてしまっていました。
丸太階段が崩れ落ちている部分がたくさん。
崩れている部分には花は皆無。あ~もったいないな。
a0157297_20124352.jpg


でも、西側のコースは相変わらず見事でした。
先日の雪で花が傷んでいるものも多かったけどね。
a0157297_20124918.jpg


ユキザサ、展開中。
a0157297_20130087.jpg


ようやく咲いている(咲きかけだけど)エイザンスミレに会えました。
a0157297_20130407.jpg


いや~やっぱりこの光景を見なくっては春って感じがしないよ。
a0157297_20130847.jpg


と日ハムの森をぐるりと回って仙郷林道へ。
お?アオイスミレが残っています。
花が白っぽいけど、これは花期が終わりで花の色が抜けちゃったんだな。
a0157297_20131171.jpg


紫青色のキクザキイチゲとユリワサビ。
そして、ヤマブキ咲き始め。林道を歩いても飽きませんね。
a0157297_20131566.jpga0157297_20132099.jpg




さて、帰りは湯袋尾根コースで参りましょう。
下部にフモトスミレがあるし。


あらら?
仙郷林道から登山道をしばらく行くと土俵場林道を突っ切る部分があるのですが、
その土俵場林道に降りる部分に掛かっていた簡易梯子的なものが全部なくなっていました。
まあ、木の根っこにつかまってソロソロと土俵場林道に降ります。
ちなみに土俵場林道は仙郷林道の分岐林道でチェーンゲートで車両クローズ。
また、貫抜き林道ではなくピストン林道です。
a0157297_20132452.jpg


さあさ、ほぼ満開でたくさん出てくるクロモジ。
たまにはちょっと違ったアングルで。
透明感のある花がとても美しい。
a0157297_20132859.jpg


キブシもほぼ満開です。
a0157297_20133355.jpg



日当たりのよいところのヤマザクラも満開。
ヤマザクラはいいなあ~。
a0157297_20134002.jpg


湯袋尾根コース下部のヤマツツジはもう咲いているのもちらほら。
a0157297_20134779.jpg


モミジイチゴも満開です。
a0157297_20135248.jpg


で~も~ね~、昨年あんなにたくさんあったフモトスミレは一株もなし。
葉も出てない。まだ早かったのかな?残念。

残念がりながら車道に出て歩いたら、駐車した場所と反対側に歩いてちゃって湯袋峠の最高地点まで行って、あれ??違うんじゃないww
もうがっかり感ダブルでハンパなしw
しかし、春の筑波山を堪能したので満足満足でした。

おまけ:帰路にちょっと寄り道して撮ってきました。
R125つくばバイパスの展望所?から筑波山~宝篋山。
右の端の峰が宝篋山です。
(クリックで大きくなります)
a0157297_22024523.jpg
by 92robin | 2015-04-12 22:00 | 筑波山系 | Comments(16)
積雪の筑波山
さて、積雪の筑波山です。

冬型の気圧配置である程度の標高の山は条件が悪いだろうということで、
金曜に降雪のあった筑波山にイケちゃんと行って参りました。

0855つつじヶ丘手前のP⇒東筑波ハイキングコース⇒護摩壇の北尾根⇒女体山山頂⇒キャンプ場コース⇒日ハムの森⇒東筑波ハイキングコース⇒1445つつじヶ丘手前のP


積雪は深いところで足首上位。
女体山山頂付近は凍結しているところもあったけど、
念のため持参した軽アイゼンを使うことありませんでした。
風もほぼ無く登っていると暑い位の晴天のスノーハイクでした。

登るよ登るよ~。
昨日も今日も気温が高かったせいか霧氷は見られず、ちと残念。
しかし、女体山山頂直下まではファーストトラックで気分上々。
イケちゃんは新しい冬靴の履き慣らし。
a0157297_16074491.jpg


御幸ヶ原手前のベンチでゆるゆるとお昼を摂り、
隣にいたワンコ連れのおじさんと一緒に下ることに。
a0157297_16074877.jpg


かわいくかしこいワンコのハチは14歳で、生後半年から山を歩いているそうな。
ハチっていうから雄なのかと思ったら実は雌。
「ハチなのに~?」って言ったら、
「(名前付けるの)間違っちゃったの~」と笑うおじさんはちょ~ベテランでいろいろ山の話を伺いながら一緒に歩きました。

ゆるゆるなよいスノーハイクでした。


by 92robin | 2015-01-31 16:30 | 筑波山系 | Comments(10)
筑波山
筑波山の市営駐車場が7月下旬からすべて有料となったそうな。
といっても、今まで無料だったのはたしか梅林下部の第一のみだったはず。
その梅林の駐車場の奥に駐車場を設け(たぶん今まで臨時駐車場だったところ)
普通車204台のキャパとして運用。

この土日はなんたって盆のUターンラッシュで遠征は遠慮したいところだし、
なにより前線が居座って天気が悪い。

しばらくごぶさたな筑波山だけど、地元民としてはどうなったか見てきましょう。


う~ん、上はガスですね~。
a0157297_20063560.jpg


さて、駐車場。
県道42から梅林方面へ。
と・・・ゲートが出来てますね~。
ゲートの右側の道は林道沼田酒寄線。
a0157297_20063955.jpg

そしてここから梅林方向へ少し進んだ右側の砂利駐車場も有料表示。
ただ、料金を徴収している様子はありませんでしたが。
画像の「P300円」の脇の小さい看板は「ここは市営駐車場ではありません」と。
まあ、第一が有料になったので市営じゃないけど有料化しちゃったんでしょうね。
ちなみに県道42から梅林方向へ曲がる所の反対側のスペースも「P200円」の
表示がありました。
a0157297_20064381.jpg




そしてここから上は有料ではありませんでした。
いつも駐めるとしたら梅林上部なのでよかったよかった。



さて、久しぶりにイワタバコを見にV字谷へ。
ちょっとイワタバコには遅いだろうけど。

ホントに久しぶりだったので、ちょっとルートミスが2か所程。
ミスった梅林コースにマツカゼソウがたくさんあっていい感じ。
a0157297_20064609.jpg

一瞬そのまま梅林コースで登ってしまおうかとも思ったのですが、
戻ってV字谷へ。

でも、V字谷の東尾根に乗りかかってしまうミス。
ルートを戻して、V字谷。
いや~久しぶり。
V字谷あたりのイワタバコはだいたい終わり。
a0157297_20064906.jpg

V字谷の上部は相変わらずの美しさでしたが、随分蚊がいるので閉口しました。
でも、イワタバコの花はだいぶ残っていました。
a0157297_20065372.jpga0157297_20065688.jpg

a0157297_20065990.jpg


もうすっかりガスの中。
(ブレ写真ですみません。蚊がうるさくってISOを上げそこなった)
a0157297_20070270.jpg


自然研究路の7看板付近のあずまやに出て、あずやまの裏から
これまためずらしく男体山山頂~御幸ヶ原へ。
途中ヤマジノホトトギス。
a0157297_20070541.jpg

御幸ヶ原に出たと思ったらものすごい雨となったこともあり、
たまには・・・とケーブルカーで下山。
たぶん17~8年ぶり。
a0157297_20070979.jpga0157297_20071839.jpg

下山すると雨も上がり、
第一駐車場へ戻り途中の梅林の上部でよい匂いのクサギ。
何が臭いのかって葉が臭いんだそうで、葉を少しもんでみたらたしかにw
(すみません、レンズに水滴が付いたまんまですね)
a0157297_20071589.jpg


帰り途中で、またものすごい雨になりそのまま夕方まで続きました。
あれ?今日ってそんな予報だっけ?
曇りのまま持つのかと思ってたw

筑波山、花の季節には北面に足を運んではいたけれども、
南西面は本当に久しぶりでした。
薄暗くって湿度が高くって、鼻やあごの先から汗が落ちましたが、
久しぶりの感触を楽しみました。


by 92robin | 2014-08-16 21:03 | 筑波山系 | Comments(10)